FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
台北の迎賓館『台北賓館』〔旧台湾総督公邸〕を見た!
〔 台北 2017.7.7~7.9 (19) 〕

【 第2日 : 2017.7.8 (土) ⑤ 】

今回の台北旅行にあたりいろいろとネットを見ていたらちょうど旧台湾総督公邸で現在の『台北賓館.』の無料公開日であることがわかりました。
月に1回程度しか公開しないのでこの機会に『台北賓館』を訪問してみることにしました。

台北2017.7台北賓館
台北2017.7台北賓館

台湾賓館の正門です。
門のところにはこんな看板が出ていて公開日であることを知らせていました。
以前に総統府に入館したときにパスポートの提示を求められ手荷物検査も受けて首から”入館証”をぶら下げさせられました。
でも、今回は全くのフリーパスで中に入れました。ちょっと拍子抜け。

 台北2017.7台北賓館 

こちらが『台湾賓館』の本館です。
石造りの立派な建物です。

台北2017.7台北賓館

入口を入ると2階へ上がる吹き抜けの階段があります。
ロマネスクっていうのでしょうか、白い壁に金の装飾。いかにも豪華です。

台北2017.7台北賓館

ここは案内板に『第二起居室』とありました。
“居間”っていうところでしょうか。でも我が家の2倍以上はある。
ここにいた年配の男性の案内員さんがこの『台北賓館』の来歴を日本語で説明してくれました。
この方、御年82歳とのことでしたが、いやー、お元気な方でした。

台北2017.7台北賓館

この部屋は『書斎』とありました。あんまり書斎らしくありませんね。
この掛け軸は複製らしいですが、皇族の“北白川宮能久親王”の書とのこと。

台北2017.7台北賓館

この部屋は『大客室』とありました。ここがその入口になるのだと思います。

台北2017.7台北賓館

1階におりてくるとこのような部屋がありました。
ここでは各国首脳との会談などが行われたのでしょう。

台北2017.7台北賓館

更に進むと高齢の男性案内員さんから
「もうすぐ台北賓館の映画があるから見て行きなさい。」と誘われました。もちろん日本語で。
お誘いにのってこの部屋に入ると
「ちょっとついてきなさい」とお声がかかり、いっしょに行くとこの写真の左に写っている窓のところに案内され
「総督がふだん住んでいた日本館に通じる通路だ」と教えてくれました。
映画は中国語でさすがに日本語字幕がある訳もなくでもなんとなくこの台北賓館の歴史がわかりました。

台北2017.7台北賓館

映画が終って建物の外にでてみると広いテラスになって前には日本風の庭園がひろがっていました。

台北2017.7台北賓館 

こちらが日本風の庭園です。
灯篭やこの写真にはうつっていませんが太鼓橋などもありました。

台北2017.7台北賓館

そして庭園左手には台湾総督の日常の住まいだった日本館がありました。
木造平屋の意外と質素な建物でした。

~高齢の男性案内員から聞いた“台北賓館”裏話し~
この『台湾賓館』は日本時代に台湾総督公邸として建設されましたが、実はこの建物は2代目とのこと。最初の建物は台湾の気候風土を考慮せずに建てたためシロアリやられてしまったんだそうです。
そして2代目のこの建物は建築後、当時の台湾総督が公邸として使用する前に皇太子殿下(後の昭和天皇)が台湾行啓の際に宿舎として使用したため恐れ多くて公邸として住まいとすることはなく、隣接の木造平屋の日本館を使用したとのこと。

【 台北賓館 】
住所 : 台北市凱達格蘭大道1号
交通 : 地下鉄台大医院駅から徒歩数分
公開 : 主に第二(土)もしくは(日)に公開(ホームページでご確認を)
料金 : 無料
 *無料だし日程があえばお勧めのスポット。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2018/03/06 22:12】 | 台北2017.7
【タグ】 台北  台北賓館  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック