FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナショナルギャラリーは芸術と歴史的建造物の融合だった2
〔 シンガポール 2017.3.3~3.3(8) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑥ 】


シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

ナショナルギャラリーの旧最高裁判所の階段です。
イギリス植民地時代からの建物ですが、黒と白のツートンカラーが現代にあってもちっとも古さを感じさせないのはさすがですねえ。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

ナショナルギャラリーの旧最高裁判所建物の最大の特徴とも言うべきドームは下から見上げるとまた壮大です。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

ナショナルギャラリーの旧最高裁判所の廊下です。
重厚な廊下です。
かつて被告とされた人はどんな気持ちでここを歩いたのでしょうか。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

そして旧最高裁判所の法廷です。
天井が特徴的で私には非常に印象的でした。
そして東南アジアの作品を集めた最高裁判所側のギャラリーへ。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

旧法廷を利用した展示室もありました。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

旧最高裁判所側ギャラリーで印象に残った作品(その1)
 Victors Tardieu作 『籠を持ったトンキンの女性』

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

旧最高裁判所側ギャラリーで印象に残った作品(その2)
 Liu Kang作 『川沿いの暮らし』

さて、『シンガポールナショナルギャラリー』を見た全体的な感想ですが、美術に造詣が深くない私には超有名な作品がある訳ではないのでギャラリー部分はちょっとつまらないなあ、という印象です。建物に興味がある人には、旧最高裁判所やシティーホールはおもしろいかも。
それにしても20Sドル(≒1,700円)は高いと思う。無料で入れる屋上テラス部分だけでいいかな。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/03 23:29】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  ナショナルギャラリー  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。