FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
夕食は、シンガポールで行列のできる飲茶の人気店“瑞春”を訪ねました。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 2日目 : 2015.2.7 ⑭ 》

私がシンガポール訪問時には必ずチェックするのが『シンガポールナビ』というサイト。ここに「シンガポールで行列のできる店」という記事があって、そこに夜6時から翌朝6時まで営業という変わった飲茶の店が紹介されていました。そこで今回はその店、“瑞春”で夕食をとりました。
“瑞春”が深夜営業していることからあえて遅い時間に夕食をとり、そのまま終電でチャンギ空港に向かうことにしました。そのためサイトでは“瑞春”の最寄駅は、MRT地下鉄ノースイースト線ファーラーパークとされていましたが、チャンギ空港へ向かうことを考え、空港へ連絡するMRT地下鉄イーストウェスト線のブギス駅から歩きました。
ブギス駅に着いて店までの経路を確認しようとすると、持ってきたはずの店までの地図がみあたりません。どうやら自宅に忘れてきてしまったようです。おぼろげに覚えていた“通り”の名を頼りに歩き始めました。

シンガポール2015.2飲茶人気店

15分ほど歩いたでしょうか。もう遅い時間なので閉まっている店も多い通りに賑やかな一画が見えてきて、それがこの“瑞春”でした。地図もなく行きつくことができ、我ながらたいしたもんだと変に感心してしまいました。
着いたこの時は行列も見えず、さすがに遅い時間になると行列もなくなるんだ、と思ってしまいした。

シンガポール2015.2飲茶人気店

しかし店の前に来てみると間口が普通の店の4区画分はある大きな店構えで、どのテーブルもうまっています。店の受付には行列こそないものの多くの人が待っていました。そして受付横には電話予約をするようにと書かれた看板があり、それを見て皆さん携帯で電話をしているようです。
携帯なんて持っていませんし、持っていたとしても予約できるような英語力もありません。とりあえず、受付のちょっと加藤茶に似たお兄さんに「ひとりなんだけど・・・」というと「ちょっと待て」とのお答え。しばらく待つと店の中に案内され、奥に行くように言われました。
奥に行っても空いているテーブルなんかありません。キョロキョロしているともっと奥に行けと言われますが、そうなると店を通り抜けてしまうことになります。

シンガポール2015.2飲茶人気店

で、素直に店を通り抜けてみると、店の裏側の小汚い道路に、こんなテーブルが用意されていました。
床が道路なのでテーブルはガタつくし、なんかそこらへんをネズミが走るのを見かけても不思議ではない(実際には見ませんでしたけど・・・)、こんなところにまでテーブルをつくるこの店にはいったいどれくらいのお客がくるのだろう、と思ってしまいました。
いやがうえにも、料理への期待が高まります。

シンガポール2015.2飲茶人気店

まずは、ライムジュース(1.80Sドル≒150円)を頼み、ひと息つきました。そして最初の2品がきました。
ちなみにシンガポールでは“おてふきタオル”は有料で、ここでは0.20Sドル(≒20円)とられました。拒否できるものかどうかは、わかりません。これぐらいの金額でウダウダ言う人がいるかどうかもわかりませんけど・・・。

シンガポール2015.2飲茶人気店

まずは「糯米鶏」。“糯”は、「餅」の意味でつまり“中華おこわ”です。おいしい一品でした。2.50Sドル(≒210円)。

シンガポール2015.2飲茶人気店

そして「鮮蝦付皮巻」。海老の湯葉巻き揚げです。まあ想像通りのお味ですが、おいしかった。3Sドル(≒250円)。

シンガポール2015.2飲茶人気店

「春巻き」です。おいしかったですが、ごく普通のお味でした。2Sドル(≒170円)。

シンガポール2015.2飲茶人気店

「シュウマイ」です。こちらもごく普通のお味でした。1.80Sドル(≒150円)。一般的に飲茶の店では、1人前(1皿)3ケまたは4ケですが、この店では2ケでした。1ケ食べてしまったわけではありません。
それにしてもステンレスの皿にのってでてくるとおいしくなく見えるような気がするんですが・・・。
小籠包(4.30Sドル≒360円)も頼みましたが、くるのが遅くて、きた途端に口に放り込んでしまったので写真がありません。
以上、いただいてお会計は16Sドル(≒1,350円)。大変、リーズブルな価格でした。

シンガポール2015.2飲茶人気店

デザートを食べなかったなあ、と思いながら店をでると目についたのがお持ち帰り向けこの直売店でした。
さして並んでいなかったので自宅に帰ってから食べるべくデザートを1品買いました。

シンガポール2015.2飲茶人気店

買ったのはこの「エッグタルト」。1ケ、1.30Sドル(≒110円)でした。日本に帰って食べましたが、ごく普通の味でした。

さて“瑞春”の感想ですが、夜も11時過ぎたというのに満席状態であることからして大人気店であることは間違いありません。どの点心もおいしかったのですが、絶品というほどではありません。印象としてはリーズナブルであることが売り、といった感じです。
立地が必ずしも利用しやすいところではないのでの“次はない”かな。

【 瑞春 Swee Choon Tim Sum Restaurant 】
住所 : 183/185/187/189/191 Jalan Besar
営業 : 18:00~翌朝6:00
休業 : (火)
地下鉄ファラーパーク駅からあのムスタファセンター前を通るサイド・アルウィ通りをムスタアファセンターの前をそのまま進み、ジャラン・ベサール通りとの交差点あたり。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/05/09 18:48】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール飲茶  
トラックバック(0) |


R@CDG
有料ナプキンにウダウダ言っているRです。

S$0.20は安いですけど、S$0.30の濡れナプキンを有無を言わさず出してくる姿勢には、正直腹が立ちます。(笑)
って、それがシンガの文化なんでしょうから仕方ないのですが。

そうそう、使わなければ課金取消してくれますよ。
本当の高級店だと、ナプキン代を取る代わりにサービス料を取ると思います。

有料ナプキンを出す店は、同じカテゴリの中でも高級店を自意識している店と言う感じがします。
インド料理店では、1つでは足りないのでいつも困るのですが。(持参のナプキン出してしまいます)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
有料ナプキンにウダウダ言っているRです。

S$0.20は安いですけど、S$0.30の濡れナプキンを有無を言わさず出してくる姿勢には、正直腹が立ちます。(笑)
って、それがシンガの文化なんでしょうから仕方ないのですが。

そうそう、使わなければ課金取消してくれますよ。
本当の高級店だと、ナプキン代を取る代わりにサービス料を取ると思います。

有料ナプキンを出す店は、同じカテゴリの中でも高級店を自意識している店と言う感じがします。
インド料理店では、1つでは足りないのでいつも困るのですが。(持参のナプキン出してしまいます)
2015/05/10(Sun) 23:52 | URL  | R@CDG #ma6QW5LA[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック