FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
ハワイの夏休みを決めたら徐々に頭の中は“ハワイモード”。まだ申込金しか払っていないんですけどね。
さて、「シンガポール弾丸旅行記」は、朝食後のシンガポールリバー河岸の朝の散歩についてアップします。
★          ★         ★        ★        ★

公認マーライオンを訪ねてシンガポール弾丸旅行2014.5
【マイル獲得旅日記】

《 2日目 : 2014.5.4 ② 》
朝ごはんを食べたら、チャイナタウン駅から地下鉄に乗りラッフルズプレイス駅で下車。そこから歩いてシンガポール河口に向かいました。
シンガポール2014.5シンガポールリバー

シンガポール市内中心部を流れるその名もズバリ『シンガポールリバー』の河口付近には、歴史的建造物が集まり、河岸は、遊歩道が設けられています。
今回は、ちょっとこの遊歩道を散策してみました。

シンガポール2014.5シンガポールリバー

シンガポール川河岸の遊歩道には、このような植民地時代をモチーフにしたブロンズ像が設置されています。

シンガポール2014.5シンガポールリバー

シンガポールリバー河岸のブロンズ像の中には、こんなユニークなものもあります。
子どもたちが川に飛び込む姿なんて、実によく考えたもんです。

シンガポール2014.5シンガポールリバー

シンガポール2014.5シンガポールリバー

シンガポール川に現存する最古のつり橋の『カペル橋』。
現在は、歩行者専用です。
レトロなボートは、『シンガポールリバークルーズ』の船です。
昼も、夜も、それぞれ趣の違った風景が楽しめます。
シンガポールへ行ったらどちらか一方でも一度は乗ってみて。

シンガポール2014.5シンガポールリバー・博物館

「カペル橋」を渡った先にある「アジア文明博物館」。
一度は訪ねてみなくてはと思っていますが、“日本語ガイドツアー”があるときにと思うとなかなかスケジュールがあわなくていまだ訪問できず。

シンガポール2014.5シンガポールリバー

シンガポール2014.5シンガポールリバー

植民地時代をモチーフにしたブロンズ像は、他にもこのようなものあります。
ブロンズ像を眺めながらプラプラ歩き廻るのも楽しいものです。
但し、なにせ赤道直下の熱帯ですから朝方のあまり暑くない時間がお勧めです。

シンガポール2014.5シンガポールリバー・ラッフル像

ラッフル卿が初めてシンガポールに上陸した地点に立つ『ラッフル卿像』。
ラッフル卿は、当時、東インド会社ベンクーレン副総督としてシンガポールの地政学上の優位性に着目し、1819年、未開のこの地に上陸しました。そしてその後の開発を進め、現在の発展の礎を築いた人です。ホテルの創業者ではありませんよ。
かつては団体ツアーの市内観光では“定番”といってよいぐらいの場所でしたが、最近ではそうでもないようです。
像の左右にある“扇のようなヤシ”(トラベラーズパームというらしいです)に元気がないのはそのためかしら。

次回は、今回の弾丸旅行のテーマ「公認5体のマーライオン」のうち最初に訪ねた『本家・マーライオン』についてアップします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2014/08/16 20:27】 | シンガポール2014.5
【タグ】 シンガポール  シンガポールリバー  ラッフルズ卿像  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック