FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北・龍山寺へ旅と、そして胃の安全を祈願に
〔 台北 2017.7.7~7.9 (25) 〕

【 第3日 : 2017.7.9 (日) ② 】

すぐそばまで来ているので朝食後、旅と、そして“胃”の安全を祈願のため『龍山寺』にお参りしました。
今回もいろいろと食べていますので。

台北2017.7龍山寺

龍山寺に行く途中で見かけた店先にいた犬(ブルドック?)。
さりげにカワイイ。

台北2017.7龍山寺

ツアーの市内観光では訪れないものもありますが、でも台北では超有名な観光地の龍山寺。
またまた来ました。私は3回目かな。

台北2017.7龍山寺

龍山寺の門をくぐったところにある滝と池。
暑い台北の夏にいかにも涼しげで私が好きな場所です。

台北2017.7龍山寺
台北2017.7龍山寺

皆さん、熱心にお参りされておりました。
中には本堂に背を向けて線香を捧げ持って何やらお祈りしている人がのがちょっと不思議。どういう意味があるのでしょう?

 ★       ★       ★       ★       ★

だいぶ時間が経ってしまいましたが、3月27日(日)夜、無事に台北より帰国しました。
実によく見て回り、よく食べました。
旅のペースにブログが追い付いていないので相当先になると思いますが、今回の旅の報告は、いずれアップしたいと思います。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2018/03/31 20:49】 | 台北2017.7
【タグ】 台北  龍山寺  
トラックバック(0) |
3日目は雲吞麺と水餃子でスタート
~ 台北B級グルメ・雲吞麺 〔海天香餃〕

〔 台北 2017.7.7~7.9 (24) 〕

【 第3日 : 2017.7.9 (日) ① 】


台北2017.7グルメ

3日目(もう最終日)の朝ごはんは、龍山寺近くのこの『海天香餃』にワンタン麺を食べに訪ねました。
台北には意外とワンタン麺屋さんが少ないんですよ。

台北2017.7グルメ

オバチャン二人が朝から懸命にワンタンを包んでいます。

台北2017.7グルメ

店頭に調理場があって注文を受けると早速にワンタンや水餃子を鍋に放り込みます。
この朝の私の注文は、汁なしワンタン麺と水餃子。

台北2017.7グルメ

汁なしワンタン麺(70元≒270円)。
ワンタン麺にはワンタンが4コともやしがのって肉みそがかかっていました。
ワンタンには小海老がひとつ入って肉もたっぷり。ただちょっとだけしょっぱい気がしました。
あぁ~、うまいっ!

台北2017.7グルメ

そしてこちらが水餃子(10コ70元≒270円)。
注文は10コ以上であれば1コ7元ですきな数を注文できるシステム。
写真では区別がつかないと思いますが、海老水餃子の蝦仁韮菜と肉水餃子の鮮肉韮菜を5コづつ注文しました。
ちょっと餡の肉が少なかったように思いましたが、味はなかなかでした。
ボリューミーな朝食となりました。
龍山寺から歩いて5分ほどののところにあるので参拝(観光)の折に立ち寄るのがお勧め。

【海天香餃 】
住   所 : 台北市和平西路三段168号
営業時間 : 8:30~20:30
店 休 日: 不明

 ★      ★      ★      ★      ★   ★

先般、お知らせした通り明日3月23日(金)から2泊3日で台北に行ってきます。
往路は14:35発のCI101便、帰路は14:40発のCI108便ですので実質1日半の滞在です。
この短い時間でどれだけ見れるか、食べれるか。
気候が良いと聞き初めて3月の訪問ですが、果たしてどうなのか。
ドキドキ、ワクワク。
相当先になると思いますが、今回の旅もアップ予定です。
それではいってきます。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2018/03/22 23:54】 | 台北2017.7
【タグ】 台北  B級グルメ  ワンタン麺  
トラックバック(0) |
臨江街で絶品の小籠湯包を食す
~ 台北B級グルメ・小籠包 〔正好鮮肉小籠湯包〕 ~

〔 台北 2017.7.7~7.9 (23) 〕

【 第2日 : 2017.7.8 (土) ⑨ 】


台北2017.7グルメ

2日目の夕食は小籠湯包を目当てにこの『正好鮮肉小籠湯包』でいただきました。
店頭に調理場がある台湾によくある店構えで飾りっ気のない庶民的なお店です。
あちこちのブログとかにもアップされています。

台北2017.7グルメ

清潔だけど折りたたみテーブルにプラスチック椅子と安っぽい 簡素な感じの店内でした。

台北2017.7グルメ

メニューは、小籠湯包、酸辣湯、焼売の3つだけ。
事前の情報では小籠湯包と酸辣湯の2つだけとのことでしたが、焼売は最近メニューに加えたのでしょうか。
いずれにしてもこれだけで勝負(商売)できるということは、それだけ自信があるはず。

台北2017.7グルメ
台北2017.7グルメ

薄い皮でスープでタプタプの小籠湯包を蓮華にのせ、針生姜をのせ、黒酢を垂らして
まずスープをすすり、そして小籠包を口に放り込む。
超うまいっ!
「台北でも指折りの味」というのが私の感想。
8個で100元(≒390円)とお値段もリーズナブル。日本の3分の1ってところですかね。

台北2017.7グルメ

酸辣湯(35元≒140円)は、ニンジン、しいたけ、筍、とき卵、こんにゃく(みたいなもの)が入って具沢山で胡椒たっぷり。
おいしかったのですが、なんとなくウスターソースの味がすると感じたのは私の舌がまだまだ洗練されていない証拠?!
ちょっとだけ不便なロケーションですがお勧めです。
前回紹介のマンゴーかき氷とセットでどうぞ。

【 正好鮮肉小籠湯包 】
住 所 : 台北市通化街57巷6号
営 業 : 17:00~0:30
休 業 : 無休
行き方 : ①地下鉄信義安和駅3⃣または4⃣出口から出る。
      ②信義路を台北101の方向へ向かいワトソンズで通化街へ右折
      ③「年青人眼鏡」の黄色の看板の角を左折。すぐ。
        ※臨江街夜市の1本手前の通りです。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2018/03/21 14:52】 | 台北2017.7
【タグ】 台北  B級グルメ  小籠包  
トラックバック(0) |
 『臨江街夜市』で美味いマンゴーかき氷を食す
~ 台北B級グルメ ・マンゴーかき氷『冰世界』 ~

〔 台北 2017.7.7~7.9 (22) 〕

【 第2日 : 2017.7.8 (土) ⑧ 】


台北2017.7グルメ

夕ごはんを食べにこの『臨江街夜市』へやってきました。
ここの夜市もおいしいものが多いことで有名らしいのですが、今回の目的の店は実にここにはありません。この夜市のすぐ近くなのですが、まだ、開店準備中でしたので先にこの夜市内にある店でデザートをいただくことにしました。
でも食事前にいただくのもデザートっていうのかしら。だって日本語で「お食後」っていうでしょ。

台北2017.7グルメ

デザート(?)はこの『冰世界』でマンゴーかき氷をいただきました。
どなたかのブログでここのマンゴーかき氷は“台北で2番目においしい”って書いてあったので。

台北2017.7グルメ

壁のメニューにはデカデカとマンゴーかき氷が掲げてありました。
160元。日本円にしておよそ620円。今回食べた中では一番高いマンゴーかき氷です。

台北2017.7グルメ

マンゴーたっぷりで練乳もいい具合にかかったフワフワかき氷。
ちょっと高かったけど、いやー、うまい、うまい。
やっぱりマンゴーかき氷大好きです。

 【 冰世界 】
住所 : 台北市大安区臨江街57号
営業 : 16:00~1:00
休業 : 不明

 ☆      ☆      ☆      ☆      ☆      ☆

2017年7月の台北旅行記をアップ中ですが、3月23日(金)から25日まで2泊3日で台北への旅を予定しています。
今回も台北近郊の自然とB級グルメを楽しんできたいと思います。
見にいきたいところ、食べに行きたいところがいっぱいありすぎて1週間をきったのに予定がまだ完全に決まっておりません。
この旅行記もいずれアップしたいと思います。
ここのところいろいろあってアップの間隔が開いてしまっているのでいつになるかはわかりませんけど。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2018/03/18 03:02】 | 台北2017.7
【タグ】 台北  B級グルメ    マンゴーかき氷  
トラックバック(0) |
 台湾のジューススタンドは自分好みにカスタマイズできる‼
~ 台北グルメ .〔 COCO都可 〕 ~

〔 台北 2017.7.7~7.9 (21) 〕

【 第2日 : 2017.7.8 (土) ⑦ 】

亜熱帯の台湾ではその気候からか街のあちこちでいろいろな「ジューススタンド」を見かけます。
遅い昼ごはんにあった魯肉飯などを食べて喉もかわいていたところにこの店が目に入りました。台湾でよく見るチェーン店『COCO都可』です。

台北2017.7グルメ

キャンペーン商品としてパッションフルーツとタピオカのジュース(28元≒110円)があったのでLサイズを早速に注文しました。
そうしたら店員さんが何やら私に聞いている。
でも何を言っているやらちっともわからない。だって中国語だもの。
私が日本人だといったら理解していないことがわかった別の店員が何やら言ったかとおもうと、ジュースがでてきました。
さっぱりしておいしい。ふぅ~、生き返る。
ところで店員さんは何を言っていたのか。
後日わかったことですが台湾ではこのようなジューススタンドでも客の好みを聞いてカスタマイズしてくれるんだそうです。
なのでLやMの大きさはもちろんのこと、冰度=氷の量(去冰=氷ナシ、少冰=氷少な目、多冰=氷多め)、甜度=甘さ(無糖、微糖、半糖、少糖)も指定しなければならない。
いやー、こんなにいろいろ指定できるなんて思わなかった。
ちなみに台湾人は半糖、少冰が好みらしいです。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2018/03/14 22:10】 | 台北2017.7
【タグ】 台北  B級グルメ  スイーツ  
トラックバック(0) |
有名店で魯肉飯を初体験
~ 台北B級グルメ・魯肉飯 〔金峰魯肉飯〕

〔 台北 2017.7.7~7.9 (20) 〕

【 第2日 : 2017.7.8 (土) ⑥ 】


台北2017.7グルメ

中正記念堂駅のすぐそばにこの『金峰魯肉飯』で遅い昼食をいただきました。
私が訪ねた時は入るのに少しだけ行列ができていましたが、さして待つこともなく入店できました。
昼食にはあまりに遅い時間なのに行列ができているとはさすが有名店!?

台北2017.7グルメ

『金峰魯肉飯』は店頭に調理場がある台湾によくあるタイプの店でした。
実は“魯肉飯”はこの時まで食べたことがありませんでした。
台湾も3回目なのになぜ今まで食べなかったのか。
それは香辛料の八角が嫌いだからです。
でもこの店の店頭からあの八角の臭いがあまり漂ってきません。
これならいける!

台北2017.7グルメ

テーブルにつくとメニューが記載されている伝票に注文を書いて店員さんに渡します。
メニューは“魯肉飯”をメインにスープ類が並んでいました。

台北2017.7グルメ

いただいたのは『魯肉飯・小』(30元≒120円)、『煮卵』(20元≒80円)、『タケノコ炒め・小』(15元≒60円)の3品で計65元(≒250円)。
この後、食べることも考え注文は少なめにしておきました。
魯肉飯はちょっと肉が少ない気もしましたがお味はなかなかおいしゅうございました。“キュウリのQちゃん”みたいな漬物がキュートですな。煮卵やタケノコもおいしかった。
日本人が好きな甘辛醤油味は、台湾の人も好きなんですね。
ちょっと小腹がすいた時にここ『金峰魯肉飯』で魯肉飯をいただくのもいいですよ。

【 金峰魯肉飯 】
住所 : 台北市羅斯福路一段10号2
営業 : 8:00~01:00AM
休業 : 無休
交通 :地下鉄中正記念堂駅2番出口から徒歩すぐ
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2018/03/09 22:44】 | 台北2017.7
【タグ】 台北  B級グルメ  魯肉飯  
トラックバック(0) |
台北の迎賓館『台北賓館』〔旧台湾総督公邸〕を見た!
〔 台北 2017.7.7~7.9 (19) 〕

【 第2日 : 2017.7.8 (土) ⑤ 】

今回の台北旅行にあたりいろいろとネットを見ていたらちょうど旧台湾総督公邸で現在の『台北賓館.』の無料公開日であることがわかりました。
月に1回程度しか公開しないのでこの機会に『台北賓館』を訪問してみることにしました。

台北2017.7台北賓館
台北2017.7台北賓館

台湾賓館の正門です。
門のところにはこんな看板が出ていて公開日であることを知らせていました。
以前に総統府に入館したときにパスポートの提示を求められ手荷物検査も受けて首から”入館証”をぶら下げさせられました。
でも、今回は全くのフリーパスで中に入れました。ちょっと拍子抜け。

 台北2017.7台北賓館 

こちらが『台湾賓館』の本館です。
石造りの立派な建物です。

台北2017.7台北賓館

入口を入ると2階へ上がる吹き抜けの階段があります。
ロマネスクっていうのでしょうか、白い壁に金の装飾。いかにも豪華です。

台北2017.7台北賓館

ここは案内板に『第二起居室』とありました。
“居間”っていうところでしょうか。でも我が家の2倍以上はある。
ここにいた年配の男性の案内員さんがこの『台北賓館』の来歴を日本語で説明してくれました。
この方、御年82歳とのことでしたが、いやー、お元気な方でした。

台北2017.7台北賓館

この部屋は『書斎』とありました。あんまり書斎らしくありませんね。
この掛け軸は複製らしいですが、皇族の“北白川宮能久親王”の書とのこと。

台北2017.7台北賓館

この部屋は『大客室』とありました。ここがその入口になるのだと思います。

台北2017.7台北賓館

1階におりてくるとこのような部屋がありました。
ここでは各国首脳との会談などが行われたのでしょう。

台北2017.7台北賓館

更に進むと高齢の男性案内員さんから
「もうすぐ台北賓館の映画があるから見て行きなさい。」と誘われました。もちろん日本語で。
お誘いにのってこの部屋に入ると
「ちょっとついてきなさい」とお声がかかり、いっしょに行くとこの写真の左に写っている窓のところに案内され
「総督がふだん住んでいた日本館に通じる通路だ」と教えてくれました。
映画は中国語でさすがに日本語字幕がある訳もなくでもなんとなくこの台北賓館の歴史がわかりました。

台北2017.7台北賓館

映画が終って建物の外にでてみると広いテラスになって前には日本風の庭園がひろがっていました。

台北2017.7台北賓館 

こちらが日本風の庭園です。
灯篭やこの写真にはうつっていませんが太鼓橋などもありました。

台北2017.7台北賓館

そして庭園左手には台湾総督の日常の住まいだった日本館がありました。
木造平屋の意外と質素な建物でした。

~高齢の男性案内員から聞いた“台北賓館”裏話し~
この『台湾賓館』は日本時代に台湾総督公邸として建設されましたが、実はこの建物は2代目とのこと。最初の建物は台湾の気候風土を考慮せずに建てたためシロアリやられてしまったんだそうです。
そして2代目のこの建物は建築後、当時の台湾総督が公邸として使用する前に皇太子殿下(後の昭和天皇)が台湾行啓の際に宿舎として使用したため恐れ多くて公邸として住まいとすることはなく、隣接の木造平屋の日本館を使用したとのこと。

【 台北賓館 】
住所 : 台北市凱達格蘭大道1号
交通 : 地下鉄台大医院駅から徒歩数分
公開 : 主に第二(土)もしくは(日)に公開(ホームページでご確認を)
料金 : 無料
 *無料だし日程があえばお勧めのスポット。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2018/03/06 22:12】 | 台北2017.7
【タグ】 台北  台北賓館  
トラックバック(0) |
なまった体にきつかった軍艦岩親山遊歩道
〔 台北 2017.7.7~7.9 (18) 〕

【 第2日 : 2017.7.8 (土) ④ 】

軍艦岩。
当初ここに来る予定にはありませんでした。
前日に訪ねたお茶屋さんの若旦那とそのお姉さんが、この山は良いよって勧めてくれたのでつい登ってみる気になったのでした。

台北2017.7軍艦岩

軍艦岩へは地下鉄淡水線レッドライン・石碑(シーパイ)駅で下車します。
その山へのルートは昨日話しに聞いただけなのでちゃんと行けるかとちょっと不安でしたが・・・

台北2017.7軍艦岩

駅の改札口前には“改札口からまっすぐ”と案内があって
改札を出るとこの大きな看板があってまずは地下鉄の高架下の遊歩道を進みました。
途中にはところどころに案内の道標があってしばらく行くと右折するよう案内があり、地下鉄高架下を離れます。

台北2017.7軍艦岩

右折して少し行くとこのような建物(実は陽明大学の建物)があり、左に曲がります。

台北2017.7軍艦岩 

左折するとすぐにこの『国立陽明大学』の門があります。
一瞬、「入っていいのかな」って思いますが、“無問題”です。
大学構内にも『軍艦岩親山遊歩道』の道標があり、それに従って進みました。

台北2017.7軍艦岩

大学の門からは大学構内は緩い登りの道がしばらく続きましたがやがて『軍艦岩親山遊歩道』の入口がありました。
あら~、なかなかの急な階段。
せっかく来たので気合を入れて登り始めました。

台北2017.7軍艦岩

こんな階段がず~っと続き、普段、ろくに体を動かしていない体にはキツイ、キツイ。

台北2017.7軍艦岩

もうヘロヘロになっていた時にこの休憩所が目に入りすぐにここのベンチ目指してまっしぐら。

台北2017.7軍艦岩

『親山遊歩道』入口から30分ぐらいかかったでしょうか、なんとか、なんとか頂上にたどり着きました。
この程度の山(海抜わずか192m)なら普通の人には“山に親しむ”程度なのかもしれませんが、私には“山に挑む”といった感じ道のりでした。
頂上からの眺めはちょっと雲が多いけど疲れを癒してくれる良い眺めでした。
この写真ではほぼ判別不能ですが、遠くに台北101と思しき高層建築物も見えました。
そして私とは違ったルートで登ってきたのでしょう、頂上は結構な人で賑わっていました。

台北2017.7軍艦岩

街並みとは反対側を見ると“観音様の寝姿”といわれる観音山を見ることができました。
今、改めてみるとどっちが頭だったか、わからん。
観音様に見える、という方、きっと信心深き人に違いありません。

台北2017.7軍艦岩

そして“観音様の寝姿”の下には高級そうな大きなお家が立ち並んでおりました。
「通勤。通学に大変だろうなあ。」とか
「近くに店なさそう。買い物はどうするんだろう。」とか
すぐに思ってしまう私はやっぱり庶民です。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2018/03/01 22:37】 | 台北2017.7
【タグ】 台北  軍艦岩  
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。