FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルタ航空166便成田行きで帰国
~ 機内食(朝食、軽食)~

〔 シンガポール 2017.3.3~3.5 (19) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑰ 】


シンガポール2017.3チャンギエアポート
シンガポール2017.3チャンギエアポート

出国審査後グダグダしていて気がついたら出発案内にファイナルコール標示が…。
その日の出発ゲートは“D36”ゲートって出国審査場から遠い、遠い。
もっと手前のゲートはいくらでもあいているんですけど、やっぱりシンガポールではデルタは外様ですからねえ。
やっと着いて私が搭乗するころはもう大半の方は搭乗が終っておりました。

6時45分にドアクローズ、6時50分にプッシュバック開始。定刻6時55分より早い。
7時5分離陸。
水平飛行に移り、程なく食事サービスとなりました。
メインは、オムレツかローカルフードのチキンヌードルからのチョイスでした。

シンガポール2017.3デルタ航空成田行き・機内食

チキンヌードルを選び、飲み物はクランベリージュースをお願いしました。
メインの他にはデニッシュパン、いちごヨーグルト、フレッシュフルーツでした。

シンガポール2017.3デルタ航空成田行き・機内食

チキンヌードルは鶏肉が少しだけ匂ったけど塩味でなかなかおいしかった。
ローカルフードで最後までシンガポール気分を味わいました。
焦げたパプリカはちょっとご愛敬。

シンガポール2017.3デルタ航空成田行き・機内食

フレッシュフルーツは、パイナップル、すいか、パパイヤでした。
機内食で出されるフルーツは、機内という制限のためか熟していなくて硬くてあまりおいしくない。今回もやっぱり同じでした。

フライト中は、映画を見ながら“寝落ち”するの繰り返し。やっぱりホテル・空港ロビーはゆっくり寝られませんね。
途中でギャレーに飲み物をもらいに行きましたが、ピーナッツとプリッツェルが用意されていて、勧められたので飲み物といっしょにいただきました。

シンガポール2017.3デルタ航空成田行き・機内食
シンガポール2017.3デルタ航空成田行き・機内食

到着1時間ほど前に軽食がサービスされました。
暖かいチキンラップサンドとバナナケーキでした。
前回と同じラップサンドでしたが、このラップサンド、なかなかおいしいんです。

シンガポール2017.3デルタ航空・成田空港

デルタ航空166便成田行きは、定刻14時50分の25分早く14時25分に到着しました。
入国審査、手荷物受取もスムーズで定刻より早くこの到着ロビーに出てこれました。

これで「シンガポール2017年3月弾丸旅行記」はアップ終了です。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2017/10/31 21:08】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  デルタ航空  機内食  
トラックバック(0) |
緑あふれるチャンギエアポートはやっぱりきれい
〔 シンガポール 2017.3.3~3.5 (18) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑯ 】


夜遅くなって帰国に向けチャンギエアポートに戻ってきて
プリン食べたり、麺食べたりなぞして
空港内を動き回りましたが、
今更ですが、チャンギエアポートはいつもあちこちに美しい植栽が、緑のアートがあります。

シンガポール2017.3チャンギエアポート

シンガポール2017.3チャンギエアポート

各所にいつもながら見事な植栽です。

シンガポール2017.3チャンギエアポート

西洋凧(カイト)と背景(マリーナベイサンズとガーデンバイザベイ)からマリーナバラージ(シンガポール川河口に設置された水門・ダム)のそばの広大な緑の広場ををイメージしているのと思われる植栽。
マリーナバラージは、今年5月のシンガポール訪問で訪ねました。その時の様子は次の旅行記で。

シンガポール2017.3チャンギエアポート

お夜食の後仮眠をとり、そして出発1時間ほど前に出国審査場へ。
早朝なので出国審査はいつもガラガラ。1人か2人しか並んでいない。

シンガポール2017.3チャンギエアポート

出国審査場を出た正面の植栽。
いつもいろいろなテーマで楽しませてくれるのですが、今回はなんの変哲もない植栽でちょっとつまらない。
そして帰国便デルタ航空166便成田行きへ搭乗。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/29 10:40】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール    チャンギエアポート  
トラックバック(0) |
 チャンギエアポートでシンガポール食べ納め
~ シンガポールグルメ ~

〔 シンガポール 2017.3.3~3.5 (17) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑮ 】

帰国のためチャンギエアポートに戻ってきておやつのプリンを食べ、夜食のためにターミナル3・地下のフードコート・コピティアム(24時間営業)を訪ねました。

シンガポール2017.3グルメ・チャンギエアポート

このコピティアムには何度も来ているので今まで食べたことのないストールにしようかとぐるぐる回ってみるもいま一つ。
閉まっているストールもあり、結局、このストールにしてみました。ここでは食べたことがない、というのがその理由。

シンガポール2017.3グルメ・チャンギエアポート

そして、水餃麺(ダンプリングヌードル)5.50Sドル(≒470円)にしてみました。

シンガポール2017.3グルメ・チャンギエアポート

でてきたのがこれ。メニューの写真とはだいぶ違う。
水餃子は写真通り3ケ入っていたけどだいぶ小さいし、目玉焼きはどこにいった?
麺そのものもおいしくないし、スープも麺を茹でた湯にインスタントの素を入れただけみたいな感じ。
ここのフードコートにはまあまあのストールもあるのでこのストールはハズレだったようです。
残念な今回の旅の食べ納めになりました。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/26 21:55】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  チャンギエアポート  フードコート  
トラックバック(0) |
チャンギエアポートで深夜のおやつにプリンを食す
~ シンガポールグルメ ~

〔 シンガポール 2017.3.3~3.5 (16) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑭ 】


シンガポール2017.3グルメ・チャンギエアポート

帰国に向けチャンギエアポートに戻ってきてターミナルビルを歩いていたらちょいとオシャレなカフェが目に入りました。

シンガポール2017.3グルメ・チャンギエアポート

ショーケースを覗いてみるとケーキが並んでおり、その中の“レインボーケーキ”に心引かれましたが、
なんと8Sドル(≒680円)もする。
空港とはいえそこまで出すようなケーキとも思えず・・・。
でも何かスイーツ食べたい、という欲求が止まらなくなってしまった。

シンガポール2017.3グルメ・チャンギエアポート

ふと目を移すと、牛乳瓶のような容器に入ったプリンが並んでおりましてこちらは1個4Sドル(≒340円)。
ちいとお高めですが、昂った気持ちを押さえるべく買ってしまいました。

シンガポール2017.3グルメ・チャンギエアポート

トロンと柔らかい普通においしいプリンでした。
まあ、欲求抑制剤ですからね。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/24 22:57】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  グルメ  チャンギエアポート  
トラックバック(0) |
 “ マーライン ”七変化~プロジェクションマッピング
〔 シンガポール 2017.3.3~3.5 (15) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑬ 】

今回のシンガポール旅行期間中に『マーライン』にプロジェクションマッピングされていつもと違う姿が見られるという情報を得ました。
『 The Body of the Sea 』という今回で5回になるという企画です。
そこで久々にマーライオンを訪ねました。
“マーライン”がマリーナベイの水中で息をしているというのがコンセプトだそうです。

シンガポール2017.3夜景・マーライオン

シンガポール2017.3夜景・マーライオン 

シンガポール2017.3夜景・マーライオン

シンガポール2017.3夜景・マーライオン

シンガポール2017.3夜景・マーライオン

音楽が流れ、プロジェクションマッピングで様々な姿の『マーライン』を見せてくれましたが、
でも、「うーむ、なんだかなー」というのが私の正直な感想。
初めてシンガポールを訪問した方には「普通にライトアップされた“マーライオン”が見たかった」っていわれるかもししれない。

シンガポール2017.3夜景・マーライオン

こちらは『子マーライオン』でごく普通にライトアップされていました。
 
『マーライオンのプロジェクションマッピング』は、3/3~3/26に開催されました。
今年2017年で5回目になるということは来年もほぼ同時期に開催されるかもしれません。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/22 16:18】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  マーライオン  
トラックバック(0) |
シンガポール川河岸の夜景を見ながら散歩を楽しむ
〔 シンガポール 2017.3.3~3.5 (14) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑫ 】

日も落ち、雨も上がり、シンガポール河岸遊歩道の夜散歩を楽しみました。

シンガポール2017.3シンガポール川夜景

シンガポールで最も古い橋と言われる『カヴェナ橋』と旧中央郵便局をリフォームした『フラトンホテル』。

シンガポール2017.3シンガポール川夜景

『カヴェナ橋』を渡りながらほんの少し下流の『アンダーソン橋』とシンガポール川遊覧船・バムボートを眺めます。

シンガポール2017.3シンガポール川夜景

『カヴェナ橋』を渡り反対側の川岸から『フラトンホテル』と『カヴェナ橋』を再び眺めます。
ライトアップされた『カヴェナ橋』は時間により色が変わるようです。

シンガポール2017.3シンガポール川夜景

ライトアップされた『ロイヤルアルバートホール』。
あっ、月も見える。

シンガポール2017.3シンガポール川夜景

河口まで来て、シェントンウェーの金融街のビル群。
この日は土曜日なので、ビルの窓の灯も少ないようです。

シンガポール2017.3シンガポール川夜景

エスプラネードシアターとマーライオンパークを結ぶ『エスプラネード橋』。
車歩併用橋と歩行者専用橋があり、こちらは最近開通した歩行者専用橋。
ここから見るマリナーベイサンズ方向の眺めがなかなかのもの。

シンガポール2017.3シンガポール川夜景

その眺めがこの『マリーナベイサンズ』の夜景。
ホテルの窓の灯がちょっと少ないような気がするけど、稼働率はどうなのかしらん。大きなお世話か。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/21 00:00】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  夜景  シンガポール川  
トラックバック(0) |
チャイナタウンの甘味処『味香園』はスノーアイスが有名だけど・・・
~シンガポールグルメ~

〔 シンガポール 2017.3.3~3.5 (13) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑪ 】


シンガポール2017.3グルメ

チャイナタウンの有名な甘味処の『味香園』です。
ふわふわのスノーアイス(カキ氷)が有名でガイドブックにも必ず載っているので観光客の多くがスノーアイスを注文しています。
私もその”スノーアイス”のマンゴーをいただいたことがあります。
はっきり言ってSNS映えはすると思います。(私はSNSやってませんけど)
でも味的には自分には甘さも物足りないし、マンゴーも大量にのっている訳ではないし。なんでこれがガイドブックに載っているのだろう、というのがその時の私の正直な感想でした。

シンガポール2017.3グルメ

最近、この店はピーナッツ屋が始めた店だとしりました。
そこで今回は“ピーナッツ汁粉”(3・50Sドル≒300円)をオーダーしてみました。

シンガポール2017.3グルメ

運ばれてきた『ピーナッツ汁粉』は、アツアツではなく、ほんのりと暖かかった。
具などは一切入っていなくてトロンとした汁粉のみ。ピーナッツの風味豊かで今どきの表現でいえば“ほっこりやさしい”お味で、なかなかのおいしさ。
そして暑いところでは冷たいものばかりではなく、このような暖かいものも暑さにへばった体に効果があることに気づきました。
『味香園』へ行くならスノーアイス以外のものをお試しあれ。
私が見たところシンガポーリアンと思われる人は、スノーアイスを食べていませんでしたよ。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/17 22:58】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  グルメ  
トラックバック(0) |
パイナップルケーキのサニーヒルズ臨時店舗を訪ねて
〔 シンガポール 2017.3.3~3.5 (12) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑩ 】

シンガポールに来ると『微熱山丘(サニーヒルズ)』の”パイナップルケーキ”を買って帰ります。
もちろん『微熱山丘』が台湾のお店であることは知っています。でも今回も買って帰りました。
その『微熱山丘』のパイナップルケーキを買うために『クラークキー』を訪ねました。
そもそもシンガポールの『微熱山丘』はかの”ラッフルズホテル”に店舗がありましたが、ラッフルズの大改装で移転することなりました。その移転に伴う一時的な措置としてクラークキーに臨時店舗を構えることになりました。

シンガポール2017.3クラークキー

と、いうことでシンガポール川の河岸両岸に広がる飲食街『クラークキー』にやってきました。

シンガポール2017.3クラークキー

『クラークキー』は飲食街ですが、バーやクラブが多いため昼間は閑散としています。
店の前のテーブルが置かれるオープンエア部分の上には大屋根が掛けられていました。

シンガポール2017.3クラークキー

川風に吹かれてグラスを傾ける、といえば風雅に聞こえるけど熱帯のシンガポールではその川風も暑い。
この装置の大きな穴から冷風が出てオープンエアのテーブルでも快適に過ごせるようになっていました。

シンガポール2017.3グルメ

『微熱山丘(サニーヒルズ)』の臨時仮店舗は、クラークキーに隣接している『大丸ピーッコクショッピングセンター』にありました。
スタッフから「ここはどうやってしったの?。ラッフルズホテル旧店舗の貼り紙?」って聞かれました。「ホームページを見ましたよ」っていうと「良かった」というようなことを言われました。(たぶん)
でも来店するといつもサービスされる冷たいウーロン茶とパイナップルケーキは臨時店舗のためかありませんでした。残念!

~『微熱山丘(サニーヒルズ)』新店舗~
現在はオーチャードロードの“高島屋ショッピングセンター”に移転しています
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/15 16:37】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  グルメ  
トラックバック(0) |
ムスタファセンターそばにおいしい麺の店あり!
~ シンガポールグルメ ~

〔 シンガポール 2017.3.3~3.5 (11) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑨ 】


シンガポール2017.3ファーラーパーク

カレーでお腹はいっぱいになったもののなんとなく満足できない。そこでもう一軒訪ねることに。
まず隣駅ファーラーパークまで歩いてあの有名な24時間ショッピングセンターの『ムスタファセンター』までやってきました。
事前調査ではお目当ての店はこの先にあります。

シンガポール2017.3グルメ

ムスタファセンターから少し歩くと、鮮やかな濃いクリーム色のショップハウスがありました。
「大連」と赤字で書かれた看板が見えました。これがお目当ての店です。

シンガポール2017.3グルメ

店頭にはメニュー写真とともに多分有名人と思われる人との写真が多数飾られています。
なかなかの有名店のようです。

シンガポール2017.3グルメ

このお店のお作法は、まず、ここ店頭のカウンターで注文し、代金を払い、受付カードをもらいます。
そして隣にある飲食スペースへ移動します。

シンガポール2017.3グルメ

隣の飲食スペースで待っているとオーダーした
『潮州肉脞麺(ミンチ麺)・ドライ』(4.50Sドル≒380円)とライムジュース(1.50Sドル≒130円)が運ばれてきました。

シンガポール2017.3グルメ

ミンチ麺は、幅広麺にふわふわのフッシュボール、豚ひき肉のミンチ、しいたけ、さつま揚げ風かまぼこ、ミンチ入りかまぼこ、もやし、レタスがのっていました。
ついてきたスープはおいしくなかったけど、ミンチ麺そのものは具も含めてとってもおいしくて
カレーを食べたにも関わらずお腹にするするっと入ってしまいました。
シンガポールにきたら再訪したいお店が増えました。

【 大連 Dalian Traditional Noddls 】
 住所 : 216G Syed Alwi Road
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/12 22:13】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  グルメ  
トラックバック(0) |
本当はカレー好きではないことを自覚したインド料理レストラン
~ シンガポールグルメ ~
〔 シンガポール 2017.3.3~3.5 (10) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑧ 】


シンガポール2017.3グルメ

ちょっとだけ遅いランチをいただくためMRTリトルインディア駅からほど近いインド料理レストラン『ANJAPPAR』を訪ねました。
最近リフォームしたのか、きれいな外観です。

シンガポール2017.3グルメ

店内も清潔で内装もオシャレでした。
テーブルには、水のポットと籠に入ってパリパリの豆のおせんべいが用意されていました。

シンガポール2017.3グルメ

今回はここで”海老カレー”を食べようと思っていました。
でもせっかくインド料理のレストランにきたのでいろいろな種類のカレーを食べてみようとふと思いつき、この店のお勧めのカレーが8種類のったカレーセットとライムジュースをオーダーしました。

シンガポール2017.3グルメ

これが間違いだった。
チキンや豆、野菜など何かわからないものも含め8種類のカレーがきて私の口にあったのは半分ぐらい。あとはあまりおいしくない。(一番左の白いものはプレーンヨーグルト)
あれー、私、カレーは好きな料理のはずだったのに。
うーむ、そうか、私が好きだったのは日本のカレーで本格的なインドのカレーではなかったのだ。
結局、全部食べ切れず、残してしまいました。
 カレーセット(12Sドル≒1,020円)、ライムジュース(4Sドル≒340円)、サービス料、税金とあわせて18.80Sドル(≒1,600円)
やっぱり海老カレーにすれば良かった。

【 ANJAPPAR Restrant 】
 住所 : 76 Race Course Rd.
      (リトルインディア駅から地下鉄沿いにファーラーパーク駅方向へ歩いて数分)
 営業 : 11:30~22:30
 休業 : 不明
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/10 23:30】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  グルメ  
トラックバック(0) |
ひっそり静かなシンガポール最古のアルメニアン教会
〔 シンガポール 2017.3.3~3.5 (9) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑦ 】


シンガポール2017.1アルメニアン教会

前から存在はしっていたものの訪れる機会がなかったこの『アルメニアン教会』を訪ねました。
アルメニアの修道士が1835年に建てたシンガポール最古のキリスト教教会だそうです。
雨は小降りになったものの依然として降り止まず。

シンガポール2017.1アルメニアン教会

『アルメニアン教会』は国定史蹟に指定されているそうです。

シンガポール2017.1アルメニアン教会

アルメニアン教会は私が訪ねた時は観光客はおろか信者の方も人っ子一人おらず、『ここ入っていいのかな~』状態でした。
そもそも祈りの場ですからわいわいがやがやも困りもんですけどね。
内部はこの通りステンドグラスなど装飾的なものは一斉なしのシンプル内装でした。

シンガポール2017.1アルメニアン教会

アルメニアン教会敷地の芝生も雨に濡れてしっとり。

シンガポール2017.1消防署
シンガポール2017.1中央消防署

アルメリアン教会のそばにはレンガ造りのクラッシックな中央消防署がありました。
消防博物館も併設されていて毎週土曜日の午前には消防車とかにも乗れる子供向けの企画もあるそうです。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/08 10:22】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  アルメニアン教会  
トラックバック(0) |
ナショナルギャラリーは芸術と歴史的建造物の融合だった2
〔 シンガポール 2017.3.3~3.3(8) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑥ 】


シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

ナショナルギャラリーの旧最高裁判所の階段です。
イギリス植民地時代からの建物ですが、黒と白のツートンカラーが現代にあってもちっとも古さを感じさせないのはさすがですねえ。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

ナショナルギャラリーの旧最高裁判所建物の最大の特徴とも言うべきドームは下から見上げるとまた壮大です。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

ナショナルギャラリーの旧最高裁判所の廊下です。
重厚な廊下です。
かつて被告とされた人はどんな気持ちでここを歩いたのでしょうか。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

そして旧最高裁判所の法廷です。
天井が特徴的で私には非常に印象的でした。
そして東南アジアの作品を集めた最高裁判所側のギャラリーへ。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

旧法廷を利用した展示室もありました。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

旧最高裁判所側ギャラリーで印象に残った作品(その1)
 Victors Tardieu作 『籠を持ったトンキンの女性』

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

旧最高裁判所側ギャラリーで印象に残った作品(その2)
 Liu Kang作 『川沿いの暮らし』

さて、『シンガポールナショナルギャラリー』を見た全体的な感想ですが、美術に造詣が深くない私には超有名な作品がある訳ではないのでギャラリー部分はちょっとつまらないなあ、という印象です。建物に興味がある人には、旧最高裁判所やシティーホールはおもしろいかも。
それにしても20Sドル(≒1,700円)は高いと思う。無料で入れる屋上テラス部分だけでいいかな。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/03 23:29】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  ナショナルギャラリー  
トラックバック(0) |
ナショナルギャラリーは芸術と歴史的建造物の融合だった
〔 シンガポール 2017.3.3~3.5 (7) 〕

【 第2日 : 2017.3.4(土) ⑤ 】


シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

ナショナルギャラリーの屋上テラスからシティーホール側にある吹き抜け階段を降りてナショナルギャラリーの館内へ。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

シティーホールのChamberです。会議室というより大ホールと訳した方がぴったりくるかな。
ここは、1945年にシンガポールを占領していた日本が降伏文書に署名したり、初代首相のリークワンユーやその閣僚が宣誓を行ったりと、由緒ある場所です。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

1965年8月9日にラジオで読み上げられた『シンガポール共和国成立(独立)宣言』です。これはコピーのようですけど。
シンガポールは意に反してマレーシアから分離独立することになった経緯があり、この宣言も歓喜のもとに放送されたものではなかったはずです。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

シティーホール側にはこの『DBSシンガポールギャラリー』があり、主としてシンガポールのアーティストの作品が展示」されています。

 シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

このナショナルギャラリーを代表する作品のひとつChu・Mia・Teeの「国立語学学校」という作品です。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

『DBSシンガポールギャラリー』は、シンガポールのアーティストの作品を展示していることから現代芸術の作品が多いギャラリーです。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

こんな現代芸術もあって「なんじゃこれ」って思っていたら・・・。

シンガポール2017.1ナショナルギャラリー

ある角度から見ると『イス』になりました。(ちょっと角度がわるかったかな)
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/10/01 23:36】 | シンガポール2017.3
【タグ】 シンガポール  ナショナルギャラリー  
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。