FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイナタウンのエッグタルトと中華菓子
~ シンガポールグルメ ~

〔 クリスマス㏌シンガポール 2016.12.2~12.4 (17) 〕

【 第2日 : 2016.12.3(土)⑬ 】

シンガポール2016.12グルメ

中華菓子の『東興』です。
もうシンガポールに来たら必ずここに立ち寄りお菓子を買って帰るのが定番となってしまいました。

シンガポール2016.12グルメ

今回は、“エッグタルト”をひとつ買い求め、店頭でいただきました。ここの店頭でも食べられるようにテーブルと椅子が用意されています。
サクサク、ホロリの甘さ控えめのここのエッグタルトも私のお気に入りです。
1個1.70Sドル(≒140円)

シンガポール2016.12グルメ

2種類とも蓮の実の餡が入ったお菓子ですが、サクサクとした生地につつまれたものと、しっとりとした生地に包まれたものと、2種類を買い、日本へ自分へのお土産に持ち帰りました。
エッグタルトは、すぐに崩れてしまうのと時間が経つとサクサク感がなくなりおいしくなくなるので残念ですが、持ち帰りません。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/06/29 22:35】 | シンガポール2016.12
【タグ】 シンガポール  グルメ  
トラックバック(0) |
マックスウェルフードセンターで口直しのデザート 
~ シンガポールグルメ ~

〔 クリスマス㏌シンガポール 2016.12.2~12.4 (16) 〕

【 第2日 : 2016.12.3(土)⑫ 】

シンガポール2016.12グルメ

早い夜ごはんのデザートに『マックスウェルフードセンター』に向かいました。
ここのところマックスウェルフードセンターの横で工事が行われていてチャイナタウンから見るとまるでマックスウェルフードセンターが工事でもしているかと思われるような状況です。
そのためこのような看板が出され“営業中”であることを知らせていました。

シンガポール2016.12グルメ

なんの工事をしているのかと思ったらなんと地下鉄の新線、新駅の工事でした。
ここから徒歩で数分のところにチャイナタウン駅、テロックアヤ駅があるので新駅を建設しているとは思いませでした。計画通りに完成してもまだ5年ぐらい先なので当分この状態が続くのでしょうね。

シンガポール2016.12グルメ
シンガポール2016.12グルメ

まずは、喉を潤すことにしてこの店でミックスジュース(3Sドル≒240円)をいただきました。
ミックスジュースといってもいろいろな組み合わせが用意されていましたが、どんな果物が入っているか忘れてしまいました。確かマンゴ、パイナップル、レモンのミックスだったような・・・。
果物と氷をそのまま入れてミキサーにかけているのでスムージー状態で、おいしかったのですが、期待したほどではなかった。

シンガポール2016.12グルメ
シンガポール2016.12グルメ

そしてすかっりお気に入りになった『老伴豆花』に行き、“杏仁豆花”をいただきました。
この“杏仁豆花”はあまり豆乳の味が強くなくスルッとした口当たりで暑いシンガポールではなんともおいしい。
でもこの“杏仁豆花”は豆乳の味があまりしないだけに豆乳が好きな方には少し物足りないかも。
ミックスジュースと杏仁豆花で海老チキンヌードルの残念さをちょっとだけリカバリーできた。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/06/28 20:28】 | シンガポール2016.12
【タグ】 シンガポール  グルメ  
トラックバック(0) |
残念だったチャイナタウン『李東記』の海老チキン麺
~ シンガポールグルメ ~

〔 クリスマス㏌シンガポール 2016.12.2~12.4 (15) 〕

【 第2日 : 2016.12.3(土)⑪ 】

シンガポール2016.12グルメ

海老チキンヌードルがおいしい、と聞いてチャイナタウンの『李東記』を訪ねました。
チャイナタウンのサウスブリッジロードにあります。ご贔屓のお菓子屋『東興』のサウスブリッジロードを挟んで向かい側くらいにあります。
シンガポールに来れば必ず通るこのあたりに、この店があったことは気が付きませんでした。

シンガポール2016.12グルメ

午後4時30分ごろと夕食にはまだ早い時間なので店内に他のお客はいませんでした。
店の一番奥のテーブルでオバチャンが黙々とワンタンを包んでいました。

シンガポール2016.12グルメ
シンガポール2016.12グルメ

オーダーは、メインの海老チキンヌードル、ワンタンスープ(写真撮り忘れ)、ライムジュースの3点。
“海老チキンヌードル”は幅広の麺はグダグダで箸であげると切れてしまうぐらい。タレは味も薄く、コクもうま味もない。海老は日本の街の中華屋の中華丼にのっている海老の方がうまいし、鶏は臭みが残る。
ワンタンスープは、ワンタンの海老がプリプリだったぐらいでスープ自体もさしておいしくなかった。
これでお支払いは、15.30Sドル(≒1,200円)。
何回も前を通っているのに私のアンテナにも引っ掛からず、時間的に早かったとはいえ他のお客がいなかった訳ですな。
私的には再訪なし。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/06/27 23:34】 | シンガポール2016.12
【タグ】 シンガポール  グルメ  
トラックバック(0) |
シンガポール銘菓ではないけど・・・微熱山丘のパイナップルケーキ
~ シンガポールグルメ ~

〔 クリスマス㏌シンガポール 2016.12.2~12.4 (14) 〕

【 第2日 : 2016.12.3(土)⑩ 】

シンガポール2016.12グルメ

ラッフルズホテル・アーケードにあるパイナップルケーキの有名店『微熱山丘(サニーヒルズ)』を訪れました。
この店はもともと台湾からの出店ですが、私のお気に入りで、シンガポールに来るたびに買ってしまいます。

シンガポール2016.12グルメ

『微熱山丘(サニーヒルズ)』の店内です。
小売店ですが、何かカフェのような店内で、店に入るとスタッフにまず中央のテーブルに案内されます。

シンガポール2016.12グルメ

そしてパイナップルケーキと冷たいウーロン茶がサービスされます。
色が薄いですがもともとこのような色のお茶で上品な香りの良いお茶です。暑い中を歩いてきていただくこのウーロン茶がうまい。

シンガポール2016.12グルメ

一息入れ、これを見て買うもの、いえ何個入りかを決めれば、席を立ってカウンターで注文します。
この日のパイナップルケーキの箱は、クリスマスバージョンでした。
なお、この店はパイナップルケーキのバラ売りはしません。

* * *  ご注意  * * *

『微熱山丘』シンガポール店は、ラッフルホテルズ改装のためオーチャード通りの高島屋ショッピングセンターB2階に移転しています。
(高島屋SCのION側入口から入りエスカレーターでB2階へ降り、降りたら反対側)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/06/25 12:17】 | シンガポール2016.12
【タグ】 シンガポール  グルメ  
トラックバック(0) |
シンガポール国立博物館にみる日本の暗い過去
〔 クリスマス㏌シンガポール 2016.12.2~12.4 (13) 〕

【 第2日 : 2016.12.3(土) ⑨ 】

シンガポール2016.12国立博物館

シンガポール国立博物館の展示には近現代の展示もあります。
SYONAN-TO、漢字で“昭南島”。先の大戦で日本が南方侵攻し、占領したシンガポールにつけた日本名。
このシンガポールにとっての苦難の時代についての展示もありました。

シンガポール2016.12国立博物館

日本占領時の映像の展示もありました。
大きな木製のデスクは、終戦時に日本が降伏文書に署名した時のもののようです。もちろん本物ではないですけど。

シンガポール2016.12国立博物館

そして通常の展示室とは別にこんな展示室がありました。
その名も『SURVIVING SHONAN』。

シンガポール2016.12国立博物館

ではなぜ “SURVIVING”という表現になったのでしょうか。
日本ではあまり知られていないかもしれませんが、日本は占領時に多くのシンガポール人(主に中国系)を虐殺したのです。日本はシンガポール占領前から長い間中国と戦争をしていたため中国系シンガポール人が中国と通じ日本へ反抗することを恐れたためと言われています。ラッフルズホテルのそばの公園に高い白亜の塔がありますが、あれはその時の犠牲者の死を悼む「日本占領時死難人民記念碑」です。
『SURVIVING SHONAN』は、そんな苦難の時期を乗り越えた、生き延びた、というような意味だと私には思えました。
忘れてはいけない、是非知っておくべき事実だと思います。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/06/24 14:10】 | シンガポール2016.12
【タグ】 シンガポール  シンガポール国立博物館  
トラックバック(0) |
日本語ガイドツアーでシンガポール国立博物館を見学
〔 クリスマス㏌シンガポール 2016.12.2~12.4 (12) 〕

【 第2日 : 2016.12.3(土) ⑧ 】

シンガポール2016.12国立博物館

シンガポール国立博物館へとやってきました。
つい最近全面リフォームしたのでコロニアル風建物の外壁の白が眩しい。
以前にリフォーム中の国立博物館を見学しましたが、仮説展示室だったので新装オープンしたので再訪です。

シンガポール2016.12国立博物館

シンガポール国立博物館前庭には、船の骨組みにクジラの骨格が入ったアートなオブジェがありました。
以前に訪問した時はこんなものはなかったなあ、と思っていたら期間限定の特別展示であることがわかりました。

シンガポール2016.12国立博物館

館内に入ると1階ホールには鍋、ヤカンを球形状に配置したこの巨大なアートがその空間を埋め尽くしていました。このアートは、なかなか素敵ではあるのですが、この博物館自慢のホール天井ドームを下から見上げられなくなってしまっているのは残念でした。
このホールにある売場で入場券を購入しまました。訪問した時は、日本シンガポール国交50年記念(SJ50)でホームページのクーポンで入場料が50パーセントOFFの5ドル(≒400円)となりました。(残念ながらこのブログ掲載時点では終了しています。)そしてここで13時30分からの日本語ガイドツアーの開始を待ちました。

シンガポール2016.12国立博物館

日本語ガイドさんに連れられ10名ほどの参加者とともにメインの展示室『シンガポール歴史ギャラリー』へと進みました。
この日本語ガイドツアーは、シンガポール在住の日本人の方がボランティでガイドをしてくれています。この日のガイドはシンガポール駐在の会社員の奥様のようでした。

シンガポール2016.12国立博物館

展示室に入ってまず目に入ったのはこの石です。
かつてシンガポール川河口には『シンガポールストーン』と呼ばれた大きな岩があったらしいです。その岩を邪魔だとシンガポールに進出してきたイギリスが爆破してしまい、その欠片がこれらしいです。

シンガポール2016.12国立博物館

そのイギリスが進出してきた時のトップがこのラッフルズ卿です。

シンガポール2016.12国立博物館

イギリスの植民地時代の庶民の暮らしぶりを展示もありました。

【シンガポール国立博物館日本語ガイドツアー】
 (月)~(金)   毎日10:00スタート
 毎月第1(土)  13:30スタート
  ※英語のできない方は、このツアーに参加すると博物館への面白さが格段に違います。 

★     ★     ★     ★     ★     ★

このところ何かブログを書く気が全く起きず(スランプ?、そんなあ)、その上、6月16日から18日まで野暮用で関西に行ってきたりでアップの間隔が大幅に空いてしましまいました。
7月7日から2泊3日で台北に旅立つことにしたので、がんばってアップしないと・・・。
 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/06/21 21:56】 | シンガポール2016.12
【タグ】 シンガポール  国立博物館  
トラックバック(0) |
アートになったガーデンバイザベイのフラワードーム
〔 クリスマス㏌シンガポール 2016.12.2~12.4 (11) 〕

【 第2日 : 2016.12.3(土) ⑦ 】

シンガポール2016.12ガーデンバイザベイ

シンガポール・ガーデンバイザベイにある巨大温室の植物園『フラワードーム』。
『フラワードーム』には熱帯・シンガポールに珍しい植物、つまりそうなると日本人に珍しくない”温帯”の植物、見慣れた植物が多くなります。
もともと植物がそんなに好きな訳ではないので見慣れた植物が多い『フラワードーム』を数年前のオープン当初に訪問した時の私の感想は…
「なんかいまひとつだなあ」。
そんな私の声が届いたのか、より良い展示施設を目指したのか、もちろん後者だと思いますが
様々なアートが様々な植物中に置かれるようになっていました。

シンガポール2016.12ガーデンバイザベイ

『サウスアフリカガーデン』と名付けられたエリアには細い木を組み合わせたような“チンパージー”がありました。
木彫でないところが珍しい。

シンガポール2016.12ガーデンバイザベイ

これから旅行にでも出かける”家族”でしょうか。でも下半身が透明のブロンズ像です。
これは『オリーブグローブ』といわれるエリアにありました。

シンガポール2016.12ガーデンバイザベイ

『カリフォルニアガーデン』には“熊のプーさん”もいたりして。
“プーさん”は、ディズニーキャラクターイメージがありますが、もともとはディズニーのキャラクターではなかったはず。

シンガポール2016.12ガーデンバイザベイ

『succulent(多肉植物)ガーデン』と名付けられたエリアです。
『フラワードーム』は、特に見て回る順路が示されていないのですが、入口から右手にあるこのエリアから回ると無駄な上り下りがなく見て回れます。

シンガポール2016.12ガーデンバイザベイ

ジンバブエのライオンの彫像との看板がありました。
デフォルメされたアートなライオンですね。

シンガポール2016.12ガーデンバイザベイ

こちらは、“ふくろう”の石像です。
フクロウは、西洋では幸福を呼ぶ鳥と言われているそうです。

シンガポール2016.12ガーデンバイザベイ

細い木を組み合わせた“ドラゴン”。
なかなか迫力がありますね。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2017/06/07 23:27】 | シンガポール2016.12
【タグ】 シンガポール  ガーデンバイザベイ  フラワードーム  
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。