FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイ出発前のデルタ航空成田空港ラウンジでのひととき
〔 ハワイの短いバケーション 2016.10.6~10.10 (1) 〕

【 第1日 : 2016.10.6 ① 】
2016年10月6日(木)、遅い夏休みで3泊5日のハワイへ出発しました。
仕事を定時に終え、そのまま京成上野駅に直行し、そして17時45分発のスカイライナーで成田空港へ向かいました。
実は、昨年同様、早起きして予めスーツケースを京成上野駅のコインロッカーに預けておきました。私、スーツケースを職場に持ち込むなんて心臓はあいにく持ち合わせておりません。(とっても小心なんで。)

ハワイ2016.10成田空港

成田空港到着後、トイレでスーツから着替えて、チェックインカウンターへ。
今回の搭乗便は21時20分発デルタ航空580便ホノルル行きです。
デルタアメックスゴールドカードのゴールドメダリオンなので“スカイプアライオリティー”カウンターでサクサクとチェックイン終了です。

ハワイ2016.10成田空港デルタ航空ラウンジ

保安検査、出国審査を受け、いつも通り免税品などに興味がないので、即、北ウィング第2サテライトのデルタ航空ラウンジ『デルタスカイクラブ』へ。
時間が時間なので保安検査も出国審査もガラガラ、スイスイでした。

ハワイ2016.10成田空港デルタ航空ラウンジ

デルタ航空ラウンジ『デルタスカイクラブ』もガラガラでした。
職場からの直行なので受付でシャワーの申し込みをしました。暑さもだいぶ和らいできた時期ですが、それでも1日仕事をしているのでここでのシャワーはやっぱり有難い。

ハワイ2016.10成田空港デルタ航空ラウンジ

以前にもご紹介していますが、『デルタスカイクラブ』のシャワールームです。
ボディーソープ、シャンプー、リンスのボトル、そしてハンド、フェイス、バスの各タオルが用意されています。
あぁ~、さっぱりした。

ハワイ2016.10成田空港デルタ航空ラウンジ
ハワイ2016.10成田空港デルタ航空ラウンジ

さっぱりしたら、軽く腹ごしらえです。
デルタ航空ラウンジ『デルタスカイクラブ』のブッフェ台です。
このブッフェ台も少しづつ変化していて、お寿司は、以前は裏巻き寿司が1種類だけだったのが、いなり寿司が加わったし、プチケーキも2種類、用意されるようになった。
あれっ、デニッシュもある。なんだかこれは朝食に残ったものを再利用したような・・・。勘ぐりすぎか。

ハワイ2016.10成田空港デルタ航空ラウンジ

この日の私の軽食です。
エビの裏まき寿司、枝豆、野菜ステック、チャーハン、オニオンスープ(粉チーズを入れて)、プチケーキ。
お味は、いつも通りで、まあまあ、といったところです。
ひとしきり食べると搭乗時間となりました。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2017/02/28 22:35】 | ハワイ2016.10
【タグ】 ハワイ  デルタ航空  デルタスカイクラブ  
トラックバック(0) |
ハワイの短いバケーション2016
〔 2016.10.6 ~ 2016.10.10 〕

ハワイ2016.10シェラトンワイキキホテル

2016年10月、大好きなハワイで短い休暇を過ごしました。現在の職場環境がちょっと長い休暇を取りづらいため、3泊5日、実質3日の期間となりました。
短い休みしか取れないなら「近場にすればいいじゃん」というご意見もあろうかと思いますが、
それでも『やっぱり今年も行きたい』と思ってしまうのがハワイの魅力というか、魔力というか。
短い故にできるだけ充実した休暇にしようと考えたつもりだったのですが、いつもとあまり変わり映えのしないハワイとなってしまいました。
そのスケジュールは、以下の通りです。

【今回の旅のスケジュール】
〔 第1日:2016.10.6 〕
NRT(21:20) DL580 HNL(10:04)  ホテル
 チャイナタウン(飲茶のランチ) カメハメハ大王像 ホテル
ファマーズマーケット プレートランチの夕食 ホテル
〔 第2日:2016.10.7 〕
ホテル ブッフェの朝食 ワイケレアウトレット ホテル
ホテルのプール アラモアナ(夕食、買い物) ホテル
〔第3日*2016.10.8〕
ホテル パンケーキの朝食 ホテルのプール
ハンバーガーのランチ  ホテルのプール ⇒ ブッフェの夕食
〔第4日:2016.10.9〕
ホテル HNL(10:37) DL579
〔第5日 : 2016.10.10 〕
NRT(13:35)
次回よりこの2016ハワイ旅行記をアップします。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

【2017/02/25 22:25】 | ハワイ2016.10
【タグ】 ハワイ  
トラックバック(0) |
チャイナエアライン106便成田行きで台北より帰国
〔 台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北 2016.7.8~7.10(31) 〕

〔 第3日 : 2016.7.10 ⑩ 〕

台北2016.7台北・桃園空港
台北2016.7台北・桃園空港

出発時刻16時10分に対し15時50分に搭乗しました。国内線じゃあるまいし、こんなギリギリに乗るなんて私もそうそうはやらなない。でもまだエコノミー客の搭乗の列が続いている。
まあ、チャイナエアなら国際線でもこんなギリギリで乗れるってことですね。
デルタ航空でこの時刻ならほとんど乗客が席につきシートベルトを締める中、搭乗が遅くなった乗客がちょっと申し訳なさそうに乗ってくるころ。デルタが早いのか、チャイナが遅いのか。
 
台北2016.7台北・チャイナエアライン

さすがに多くの乗客が席につきの出発を待っておりました。
私の座席は、29A。左窓側席です。

台北2016.7台北・チャイナエアライン・機内食
台北2016.7台北・チャイナエアライン・機内食

チャイナエアライン106便成田行きでサービスされた機内食です。
水平飛行に移ると、しばらくして食事サービスとなりました。飛行時間も短いためか食前の飲み物サービスはありませんでした。
メインは、牛肉の炒め、ライス、ニンジン、ブロッコリー添え。
副菜には、ポテトサラダ、ハム。
デザートにはリンゴ、ドラゴンフルーツそして台湾のお菓子。
機内食としては合格点。チャイナエアではフレッシュフルーツがつくのが私としては嬉しいところ。

台北2016.7台北・チャイナエアライン・機内食

この機内食についていた台湾のお菓子は、写真だけ撮って食べずに持って帰りました。帰宅後ちょっと期待して食べてみたらホワイトチョコをかけた雷おこしのようなお菓子であんまりおいしくはなかった。

台北2016.7台北・成田空港
台北2016.7台北・成田空港

チャイナエアライン106便は、定刻20時30分よりほんの少し早く20時18分に成田に到着しました。
最近、リフォームを終えた、成田空港第二ターミナルの到着ロビーは、明るくきれいでした。白さが目に染みるー。

台北2016.7台北・成田空港

帰宅のため京成線ホームに行くとそこは人でいっぱい。
2日間さんざん動きまわって座って帰れないのはつらいので、ここは座席指定の『スカイランナー』で帰宅することにしました。
ここでちょっとした“しくじり”をしでかしました。
『スカイライナー』に乗って、ふと気になってポケットをさぐると乗車券がないっ!一生懸命探してもやっぱりないっ!
ちょうど通りかかった車掌さんにその旨を申し出てみると
「空港第二ビル駅改札で取り忘れたのかもしれませんね。駅に問い合わせてみましょう。」とのやさしいお言葉。
しばらくして戻ってきた車掌さんからは
「駅にはありませんでした。」との大変残念なお答えの後「日暮里駅で精算窓口に行ってください。」とのことでした。
キップがないのだから精算窓口に行かなければ改札を出られないので日暮里に着いて精算窓口に行き事情を話すと
「はい、連絡を受けています。この券で改札をお通りください。」といって運賃を別に払うことなく精算券をいただきました。
おぉー、京成電鉄の神対応。
超ー、良い気分でJRに乗り継ぎ、帰宅した私でした。
でも、キップはなくさないよう、大切にしまっておきましょう!

ところで数日後、スカイマイルの私の口座を確認したところショックが・・・。
なんと今回の台北旅行の獲得マイルは、行きのマイル335マイルのみで帰りは”0”マイル。
MQM(メダリオン資格認定マイル)も行きの671マイルのみでした。
これって東京・大阪往復並みではないでしょうか。
ああぁ~。(ノ_<)
以上で『ローカル線と食べ歩きの台北旅行記』は終了です。次回からは、2016年10月のハワイ旅行記をアップの予定です。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2017/02/23 22:30】 | 台北2016.7
【タグ】 台北  チャイナエアライン  
トラックバック(0) |
帰国へ。なぜか大混雑の桃園空港でチェックイン
〔 台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北 2016.7.8~7.10(30) 〕

〔 第3日 : 2016.7.10 ⑨ 〕
台北2016.7台北・桃園空港

桃園空港の出発フロアに来てびっくり。成田空港の第二ターミナルの出発フロアほどはあろうかという広さの出発ロビーが人で溢れかえっている。
なんでこんなに混雑しているんだ!、今日は台湾のGW初日かっ、てな感じなのでした。
チャイナエアラインは搭乗便ごとにチャックインカウンターが決まっているようで私が乗る106便のチャックインカウンターは、18番カウンターと案内がある。なんとそのカウンターは出発フロアの一番端っこらしい。
そこまで行くのに人をかき分け、かき分け進み、これまた大変でひと苦労。
やっと着いたと思ったら、カウンターは当然のように長蛇の列。スカイプライオリティーカウンターも見当たらない。係員に尋ねると、出発フロアの中央、さっき各便のチャックインカウンターを標示していた案内板があったあたりらしい。そんな案内は見なかったような気がする・・・。
長蛇の列に並ぶよりは早いだろうとスカイプライオリティーカウンターを目指し、また、人をかき分けかき分け、戻ったのでした。

台北2016.7台北・桃園空港

やっと着いたスカイプライオリティーカウンターも短いもののチェックインを待つ列ができていました。すぐに順番がくるだろう、と思いきや・・・
いくつもの大きな段ボールを預けようとしていたり、何やら難しい顔をして話し込んでいたりで、一組、一組のチェックインにかかる時間が非常に長い,、長い。
やっと自分の番がきてチェックインとなりました。(私はすぐに終わった。)

台北2016.7台北・桃園空港・チャイナエアラインラウンジ

チェックイン、保安検査、出国審査と、一連の帰国への手続きを終え、制限エリアに入ってきたのは、もう搭乗時刻にもなろう、という時間になっていました。空港到着から1時間以上かかったことになる。
それでも喉だけでも潤そう、とここチャイナエアラインのラウンジに立ち寄りました。
最初は飲み物だけでも思っていましたが、この私がラウンジに入って飲み物だけで出てくる訳がない。手当たり次第に点心やらお菓子やらを口の中に放り込みました。
そんな訳でこの時のラウンジ内の写真が1枚もない。それだけ、飲む、食べる、に夢中だったということですかね?

台北2016.7台北・桃園空港

チャイナエアラインのラウンジから大急ぎですでに搭乗が始まっていたチャイナエアライン106便成田行のD8番搭乗ゲートへ。
ほんとに慌ただしく、せわしない帰国に向けての桃園空港でした。ふぅー。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2017/02/21 23:22】 | 台北2016.7
【タグ】 台北  桃園空港  
トラックバック(0) |
桃園空港で微熱山丘・サニーヒルズのパイナップルケーキを買う
〔 台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北 2016.7.8~7.10(29) 〕

〔 第3日 : 2016.7.10 ⑧ 〕

台北2016.7台北・空港バス

桃園空港行きのバスの車内です。
帰国便は台北・桃園空港16時10分発チャイナエアライン106便成田行きです。
ホテルへ戻り、預ってもらっていた荷物を受け取り、午後1時過ぎに桃園空港行きのバスが出るバスターミナルへ。
この時間はバスは次から次へ出ていてほとんど待つことなく午後1時20分ぐらいには桃園空港行きバスに乗ることができました。空港行きのバスターミナルの近い、ということも今回のホテルを選んだ理由のひとつだったけど、このロケーションでギリギリまで台北を楽しむことができました。
今度台北に来たときは桃園空港へは近々に開通するという桃園空港線の電車だな。

台北2016.7台北・桃園空港

1時間ほどで桃園空港第二ターミナルに到着して、すぐに向かったのはここ『伴手禮大街』(お土産やさんストリート)。
出国手続き前に買い忘れたお土産を買ったり、お土産は最後にまとめてここで、なんてことができます。
ここに来たのはこの『伴手禮大街』(お土産やさんストリート)にある有名店が出店を出したとの情報を得たからです。

台北2016.7台北・桃園空港

それは“パイナップルケーキ”の有名店、この『微熱山丘サニーヒルズ』です。
シンガポールの支店で買ったパイナップルケーキを食べ、すっかり“お気に入り”となり、本場で是非買って帰りたいと思っておりました。でも台北のお店は、ちょっと不便なところにあり、空港店で買うことにしていました。
出店は桃園空港第二ターミナル『伴手禮大街』(お土産やさんストリート)の入口付近にあり、初訪問でしたが、すぐに見つけることができました。分かりにくいところにあったらどうしよう、なんて思っておりましたが、杞憂に終わりました。
空港ということもあるのか、このような店の造りで、残念ながらあの冷たいウーロン茶と1個まるごとのパイナップルケーキの試食はありません。
そしてチェックインへ向かいました。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2017/02/19 22:09】 | 台北2016.7
【タグ】 台北  桃園空港    
トラックバック(0) |
台北食べ歩きの〆は台湾名物“マンゴーかき氷”
〔 台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北 2016.7.8~7.10(28) 〕

〔 第3日 : 2016.7.10 ⑦ 〕

おひるごはんを食べて時間を見たらまだ少し余裕がある。そうだ、デザートにマンゴーかき氷を食べよう!と思いたちました。相変わらず食べ物には貪欲な私。
まだ行ったことがない店を新たに訪ねるのもいいけど、ここは勝手知ったる店するのが無難と思い、『冰讃』にしてみました。地下鉄雙連駅からほど近いところにあります。
マンゴーの季節にしか開店しないというこの店は、日本のガイドブックにも掲載されているマンゴーかき氷の有名店です。

台北2016.7台北・グルメ・かき氷
台北2016.7台北・グルメ・かき氷

『冰讃』に着くとカウンター前には3人ほどオーダーを待っていました。
小さなお店ですが、お客でテーブルはほぼ埋まっていて、日本人も何人か来ていました。

台北2016.7台北・グルメ・かき氷

ここではやっぱりオーダーは「芭果雪花冰」(マンゴーミルクかき氷)120元(≒420円)です。
マンゴーたっぷり、ふわふわミルク氷、そして練乳と、やっぱりここのマンゴーかき氷はうまい! !
昨日食べたものもおいしかったけど、マンゴーそのものは、ここの方が上かな。
この店、台北に来たらまた来ちゃうだろうな。

台北2016.7台北・グルメ・かき氷

マンゴーかき氷を食べている間に降り出した雨は店を出るころにはドシャ降りになりました。傘は持っていたけどこの降りで役にたたないかもしれない。
あまりグズグズしてもいられないので少しだけ雨が弱まった頃合いを見計らって地下鉄の駅へ駆け込みました。幸いにこの店は、地下鉄の駅からあまり遠くない。その上に駅まで連なる商店街には2階が迫り出しアーケードのような構造になっているのでさして濡れずにすみました。
そして預けた荷物を取りにホテルへ向かったのでした。

【 冰讃 】
住 所 : 台北市雙連街2号
営 業 : 11:00~22:30(4月~10月のマンゴーのある時期のみ開店)
休 業 : 台風襲来時以外は無休
行き方 : 地下鉄”雙連”駅出口2番から出て右方向へ民生西路を進みセブンイレブンの角を右折。
       左手すぐ。徒歩3分ぐらい。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2017/02/15 22:27】 | 台北2016.7
【タグ】 台北  マンゴーかき氷  
トラックバック(0) |
帰国前に名店『済南鮮湯包』で小籠包
〔 台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北 2016.7.8~7.10(27) 〕

〔 第3日 : 2016.7.10 ⑥ 〕

台北2016.7台北・グルメ・小籠包

帰国日の昼食に小籠包の有名店を訪ねました。それがここ、『済南鮮湯包』です。
地下鉄忠孝新生駅から歩いて5分ぐらいのところにあります。
この後、ホテルに戻り荷物を受け取り桃園空港へ向かうのでせわしくなるのがいやだったので開店(11時)前に着き、開店を待ちました。既に何人かが待っていました。ほとんど日本人だったけど。

台北2016.7台北・グルメ・小籠包

開店と同時に店内へ案内されました。モダンでスタイリッシュなインテリアでした。
最近、リフォームだか改築だか、をしたらしいです」。
オーダーを終え、外を見ると既に入店待ちの人びとがいました。開店前に着いて開店を待っていて良かった。
オーダーしたのは、当然に小籠包、そして桜エビ炒飯と焼売です。

台北2016.7台北・グルメ・小籠包
台北2016.7台北・グルメ・小籠包

まず出てきたのは、桜エビ炒飯でした。先に小籠包が出てきて欲しかったけど、まあいいでしょう。
桜エビのピンク、豆苗(多分)のグリーン、卵の黄色と、見た目もきれい。パラパラの仕上がりで桜エビの風味も豊かでなかなかの逸品でした。
ガイドブックに写真入りで紹介もされていたので注文したのですが、正解!。

台北2016.7台北・グルメ・小籠包
台北2016.7台北・グルメ・小籠包

そしてお目当ての『小籠包』です。160元(≒550円)。
お箸で持ち上げるとスープがタプン、タプン。
小籠包を蓮華にのせてまずチュチュッとスープを吸って
その後、針生姜をのせ黒酢をちょっとかけてハフハフと・・・。
あぁ~、うまいっ! !。さすが行列のできる名店だけのことはあります。
最近、味が落ちたとのブログもみましたが、どうしてどうして私にはとってもおいしい。

台北2016.7台北・グルメ・小籠包

最後にエビ焼売、160元(≒550円)。
こちらもなかなかの一品でした。
興味深かったのはこの焼売にはマヨネーズがついてきたこと。試してみたけどこの焼売なら何もつけずに食べるか、つけるならやっぱり醤油がよろしいかと。まあ、好みの問題ですから。

住 所 : 台北市済南路三段20号
営 業 : 11:00~14:30、17:00~21:00
休 業 : 旧正月のみ
行き方 : 忠孝新生駅から6番出口から出て新光銀行を左後ろにして新生南路をまっすぐ歩き、
      済南路三段を左に曲がる。約5分。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2017/02/12 20:09】 | 台北2016.7
【タグ】 台北  B級グルメ  小籠包  
トラックバック(0) |
 思いがけず『華山1914』で見た日本アニメ“吉卜力”の人気ぶり
〔 台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北 2016.7.8~7.10(26) 〕

〔 第3日 : 2016.7.10 ⑤ 〕

台北2016.7台北・崋山1914

ちょっと早い昼食のために台北駅から地下鉄で2駅の”忠孝新生”駅にやってきました。
店の開店までまだ少し時間があったのでここ『華山1914』を訪ねました。
店とは反対方向なんですが、焼まんじゅうを食べてしまったのでここは歩き回って消化しておかないとお目当ての“お昼ごはん”が入らない。

台北2016.7台北・崋山1914

『華山1914』は、日本統治時代の酒造工場をリノベーションし2007年にオープンしたという文化商業施設です。
だからノスタルジックな建物が、インフォメーションセンターだったり、おしゃれな雑貨店や飲食店だったりします。

台北2016.7台北・崋山1914

ここはお店がぎっちり詰まっていることはなく、広い敷地のあちこちにあります。来場者もぷらぷら歩いたり、木陰で休んだり、のんび~り過ごしています。
遠くに見える煙突が、ここがかつて工場であったことを教えてくれます。

台北2016.7台北・崋山1914

のんびり、ゆったりとしたこの『華山1914』でなにやら人でごった返している一画がありました。
係員がなにやら喚き、人々が長い、長い行列を作っていました。

台北2016.7台北・崋山1914

その行列というのはこの『吉卜力の動畫世界』展に入るためのものでした。
“吉卜力”とは、一瞬“トトロ”かしらんと思ったのですが、ジブリという意味だそうです。(帰国してからググって確認しました。)

台北2016.7台北・崋山1914

旅行者が来たついでにちょっと見ていこうかしら、
なんて安易な思い付きで見られるような状態ではなく、休日のディズニーランドの超人気アトラクション並みの待ち時間と思われる案内が出ておりました。
ここ台湾でも“ジブリ”の人気は凄いものでした。

台北2016.7台北・崋山1914

そんな“ジブリ人気”を目の当たりにして思わず
「♪となりのトトロ、トトロ~」と
口ずさみながら(これはトトロではないけど)『華山1914』を後にし、“お昼ゴハン”へと向かったのでした。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2017/02/08 23:04】 | 台北2016.7
【タグ】 台北  崋山1914  
トラックバック(0) |
 B級グルメの朝ごはんの焼きまんじゅうを台北駅近くで食す
〔 台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北 2016.7.8~7.10(25) 〕

〔 第3日 : 2016.7.10 ④ 〕

台北2016.7台北・B級グルメ・焼まんじゅう

なんだかお腹がすいたので台北駅の近くで小腹を満たすにはここで、と思ってやって来たのがこの店です。『老蔡水煎包』という焼まんじゅうの店です。
台北三越の裏手あたりにあり、前回台北に来た時にきています。

台北2016.7台北・B級グルメ・焼まんじゅう

焼きまんじゅうは、肉まんの類ですが、蒸すだけでなく油で焼きます。豚まん、キャベツまん、ニラまんの3種類で一つ、13元(≒45円)と気軽に買えるお値段です。
私が行った時には見かけませでしたが、看板に日本語が書かれていることから日本人のお客も少なくないのかもしれません。

台北2016.7台北・B級グルメ・焼まんじゅう

焼きまんじゅうを買って店の前ですぐに口に放り込みました。
やっぱり、おいしい!\(^o^)/。小腹を満たすにはちょうど良い。
この店の残念なところは、イートインのスペースがないところ。
小ぶりの焼まんじゅうは、ひと口で食べられないことはない大きさです。ただし、ひと口で食べれば中の餡はそれほど多くはなく皮も厚めなので喉をつまらせるのはほぼ間違いないのでお勧めはしませんけど。
これから帰国なので少し多めに買って日本へ持ち帰りました。
桃園空港へ行くバスターミナルからも近いので、帰国前に最後の台湾B級グルメを楽しむなんてこともできます。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2017/02/06 22:01】 | 台北2016.7
【タグ】 台北  B級グルメ  焼まんじゅう  
トラックバック(0) |
 いったいなんの騒ぎだ? 大賑わいの台北駅
〔 台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北 2016.7.8~7.10(24) 〕

〔 第3日 : 2016.7.10 ③ 〕

台北2016.7台北・台北駅

舌も目も少し欲求不満が続いた3日目・帰国日の朝の行動でしたが、蒸気機関車が静態展示されているのを見るために台北駅にやってきたら何やらやたら人出が多い。
台北駅といえば日本でいえば東京駅のような存在なのでもともと人出は多いのですが、それにしても多い。それも顔立ちは中国(台湾)人ではなく、女性は頭にスカーフを被っています。どうも皆さんイスラム教徒らしい。

台北2016.7台北・台北駅

目的の機関車は、補修のためか足場が組まれシートが掛けられかけているし、人が多くて写真が撮れない。もう、機関車の写真はあきらめました。

台北2016.7台北・台北駅

いったい何があるのだろうと、台北駅の中に入ってみました。
そうしたら、台北駅の巨大な吹き抜けホールは数人づつのグループが車座に座っていて“立錐の地なし”の状態。出入り口付近には携帯を手に待ち人を探す人多数おりました。
それぞれのグループでおしゃべりしたり、食べたり、飲んだりはしていますが、ホールで何か催し物が行われている様子はありませんでした。
いったい何の騒ぎかまったくわからず、次の目的地へ向かいました。(これは何ですか、なんて中国語で聞くこともできないし、英語でも聞く語学力も持ち合わせていません。そもそも意外と台湾は英語は通じない。)
帰国後、たまたまネットを見ていたら、これはイスラム教のラマダン(断食月)明けにイスラム教徒(主にインドネシアから人たち)のために台北駅を開放していたことがわかりました。少なくないインドネシア人が台湾に来ていたことに驚き、台湾の知らない一面を見ることができました。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2017/02/04 00:04】 | 台北2016.7
【タグ】 台北  台北駅  
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。