FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
チャイナエアラインの機内食は和定食でした!
〔 台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北 2016.7.8~7.10(4) 〕

〔 第1日 : 2016.7.8 ④ 〕

台北2016.7チャイナエアライン台北行き・機内食

離陸後1時間ちょっとすると飲み物のサービスなしですぐに機内食がサービスされました。
メイン(魚)、副菜盛合せ、パン、果物、デザート(ドーナツ)
メニューはなく、メインは、2種類からのチョイスでしたが、私の選んだ魚ともう一つが何だったか忘れてしまいました。
パンは暖められ、コーヒーカップが紙カップではなく、ちゃんとしたカップでした。

台北2016.7チャイナエアライン台北行き・機内食
台北2016.7チャイナエアライン台北行き・機内食

メインの魚は、“鯖の照り焼き”でした。機内食のメインとしては珍しいと思います。
付け合わせには、ごま塩ごはん、タケノコ、ニンジン、ブロッコリー。
副菜には、卵焼き、さつま揚げ、ひじきと青菜の煮物。
こうなると完全に“和定食”ですな。パンの存在がなんとも中途半端なこと。
お味は、まあまあ、といったところでした。

台北2016.7チャイナエアライン台北行き・機内食

りんご、キーウィ、オレンジ、メロンを盛り合わせたフレッシュフルーツ。機内食では缶詰の果物の場合もあるけどやっぱりフレッシュフルーツですね。
もうひとつのデザートとしてついてきた“ドーナツ”。この手のカロリーが高くて庶民的な(笑)お菓子は自分で買ってたべることがないのですが、食べてみると意外とおいしいもんです。

 ★      ★      ★      ★      ★      ★      ★

12月2日(金)の夕刻のデルタ便で今年3回目のシンガポールに行ってきます。また、0泊3日の弾丸旅行です。
クリスマスイルミネーションとB級グルメを楽しんでこようと思っています。
7月の台湾旅行記も始まったばかりだし、この後には10月のハワイ旅行記をアップしなければならない。だからこのシンガポール旅行記をアップするのは来年になるのは確実だと思います。
それでは「いってきま~す。」
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/11/30 22:44】 | 台北2016.7
【タグ】 機内食  チャイナエアライン  
トラックバック(0) |
チャイナエアライン109便にて台北へ
〔 台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北 2016.7.8~7.10(3) 〕

〔 第1日 : 2016.7.8 ③ 〕

台北2016.7成田空港

出発15分になろうというのにまだ搭乗が始まらない。
結局、出発時間の21時20分になってやっと搭乗が始まりました。この日は台湾に台風が通過した直後で影響があったかもしれませんが、私の経験上、チャイナエアは定刻に出発したことがない。

台北2016.7チャイナエアライン台北行き

優先搭乗でひと足早く搭乗しました。
この日、チャイナエアライン109便はA330-300型機で運航されました。座席は、2×4×2の配置です。

台北2016.7チャイナエアライン台北行き

搭乗した際にちょっとした失敗をしてしまいます。なんと座席を間違え、2列前の席にちゃっかり座ってしまいました。
その席の方(日本の方ではありませんでした)がCAさんに「オヤジが自分の席に座っている」と訴えたようでCAさんから「席が違っていませんか?」と言われてしまいました。慌ててお詫びして私の本来の席に移りました。
その後、CAさんが搭乗お礼の挨拶にきてくれました。多分上級会員に対するものだと思うのですが、デルタ航空でも最近はエコノミー席では実施しておらず、3月にチャイナエアラインで香港に行った際もありませんでしたので今はもうないなかと思っていました。
その上、まだ搭乗が続いている中、飲み物を勧められ、お断りしたもののそれでも勧められたのでダイエットコークをいただきました。何か自分一人だけのサービスにちょと照れくさい感じでした。

台北2016.7チャイナエアライン台北行き

席にはあった機内誌と機内エンターテイメント案内誌です。
機内誌は日本語版はなく、日本語記事もありません。
機内エンターテイメントは、案内誌だけでなく内容も充実していました。ただ台北線は搭乗時間が短いので映画1本見るのが精一杯ですけどね。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/11/28 23:22】 | 台北2016.7
【タグ】 チャイナエアライン  
トラックバック(0) |
チャイナエアラインラウンジでガッツリと軽食をいただき搭乗へ
〔 台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北 2016.7.8~7.10(2) 〕

〔 第1日 : 2016.7.8 ② 〕

台北2016.7成田空港チャイナエアラインラウンジ

保安検査、出国審査を終えてまっすぐチャイナエアラインラウンジへ向かいました。出国審査場を出て“ナリタ5番街”脇のエスカレーターでひとつ下のフロアに降ります。
ラウンジ入口では等身大の男女CAさんのパネルが迎えてくれました。この二人はモデルさんではなくて本物のCAさんのかな?

台北2016.7成田空港チャイナエアラインラウンジ

中に入ればビジネスクラス向けラウンジ入口にはお高そうな”壺”が・・・。

台北2016.7成田空港チャイナエアラインラウンジ

この写真は、なるべく人が入らないように写したってこともあって誰もいないようにさえ見えますが、私が乗る21時20分発109便は、チャイナエアラインとしてはこの日最後の便になるので、ラウンジには人もそんなに多くありません。

台北2016.7成田空港チャイナエアラインラウンジ

機内食を口にするのは多分夜10時を過ぎるのでここはしっかり食べておこうと思いまして・・・
そうしたら、あらら、おにぎり、天そば、サンドイッチ、塩焼きそば、巻き寿司、ピタパン、とまさに“炭水化物まつり”。
機内食だってしっかり食べるくせに、目の前に食い物があると、つい見境なく食べてしまう。(#^.^#)

台北2016.7成田空港

ラウンジ内に搭乗案内が流れ、71番ゲートへと向かいました。

台北2016.7成田空港

夜間照明に輝くチャイナエアライン109便台北行きです。
さあ、搭乗です。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/11/26 01:06】 | 台北2016.7
【タグ】 チャイナエアライン    ラウンジ  成田空港  
トラックバック(0) |
台風通過直後の台北に向け成田空港を出発
〔 台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北 2016.7.8~7.10(1) 〕

〔 第1日 : 2016.7.8 ① 〕

台北2016.7京成上野駅

出発の7月8日(金)は、この日の午後、台風1号が台湾南部に上陸しました。上陸地点は、台北からはそれなりに離れていて、私が乗る便が成田を出発するころには、台風は台湾から遠ざかっているはずですが、私が乗る便がまともに飛ぶのか、心配で、心配で。
それでもネットにも特に欠航の情報もなく、まあ、飛ぶだろう、とお仕事を定時に終え、そのまま京成上野駅に直行。
18時13分京成上野発アクセス特急にて成田空港へ向かいました。
退勤時間なので混んでいるかな、と心配したのですが、結果として京成上野では発車5分前でも座ることができるような状態でした。

台北2016.7成田空港

今回のエアは21時20分発のチャイナエアラインなので空港第2ビル駅下車。19時17分着でしたのでおよそ2時間前の到着でした。
まず『誰でもトイレ兼更衣室』で仕事着から休暇用のカジュアルな服に着替えました。今夜はホテル泊なのでそのまま飛行機に乗ってもいいのですが、やっぱり着替えた方がゆったりできますもんね。
そして荷物を整理してチェックインカウンターへ向かいました。

台北2016.7成田空港CIチェックイン
台北2016.7成田空港CIチェックイン

チャイナエアラインは、スカイチーム加盟航空会社なのでデルタ航空スカイマイルのゴールドメダリオンの特典が利用できます。そこで“スカイプライオリティ”のチェックインカウンターでほとんど待つことなくチェックインしました。
台風についてはチェックイン時にも欠航どころか遅れの案内もなく、台風の影響はもうないようでした。(と、この時は思いましたが、そうは甘くなかったことを後で思い知ることになります。)
今回は、エクスペディアでエアとホテルを予約したので、事前に座席指定ができず、当日、ここで窓際A席を確保しました。この時にeチケット控えの発券をお願いしました。デルタだとすぐに出てくるので気軽にお願いしてしまいましたが、つい最近システムが変わったとかで慣れていないためか結構な手間を取らせてしまいました。自分でプリントアウトしてくればいいのに面倒なヤツですみません。
エコノミークラスの一般カウンターは、そこそこの列ができておりました。こういう時はゴールドメダリオンを「持ってて良かったあ」

台北2016.7成田空港

シンガポールのチャンギ空港には規模もデザインもとてもかなわないけど、成田空港にもきれいな植栽があります。それもここ第2ターミナルの方がいつも使う第1ターミナルよりなんとなくオシャレな気がする。
そして保安検査、出国審査を受けて出国しました。

台北2016.7成田空港

出発案内で出発時刻、ゲートを確認してと・・・。
21時20分発チャイナエアライン109便、71番ゲート、時間変更なし。『NEW GEAT』ってあるけど搭乗券も71番ゲートです。
なにやかやでもう20時を過ぎています。普段なら夕食も終わっている時間です。何も食べていないのでチャイナエアラインのラウンジへ急ぎました。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/11/23 06:21】 | 台北2016.7
【タグ】 成田空港  
トラックバック(0) |
台湾ローカル線と食べ歩きの旅・台北、でもやっぱり弾丸
〔2016.7.8~2016.7.10〕

台北2016.7平渓線


7月8日から2泊3日、でも8日金曜日は夜遅い便で成田を立ち、10日日曜日の夜に帰国するという実質1日半の弾丸日程で台北を旅してきました。
今回は台北近郊をローカル線やバスで訪ねたり、小籠包やマンゴーかき氷などを食べ歩いてきました。旅行記に先立ち、今回の旅の日程をアップします。

〔 第1日 : 2016.7.8 〕
NRT21:20  〈 CI109 〉 TPE0:05 台北駅 ホテル

〔 第2日 : 2016.7.9 〕
ホテル 忠孝復興(肉まんの朝食) 台北駅 十分 十分瀑布 十分街歩き 箐桐老街 深坑老街 木柵 松江南京(マンゴーかき氷) 東門(小籠包の夕食) 松山 北門 ホテル

〔 第3日 : 2016.7.10 〕
ホテル 南門市場 台北駅(焼肉まんの朝食) 国父史蹟記念館 華山1914 忠孝新生(小籠包の昼食) 雙連(マンゴーかき氷) ホテル 台北駅  TPE(16:10)〈CI106〉 NRT(20:30)

【宿泊ホテル】
サニー ホテル (台北市/地下鉄・北門駅から徒歩3分)

【 旅行費用 】
航空券+ホテル(エクスペディアで手配) 49,338円

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2016/11/21 20:24】 | 台北2016.7
トラックバック(0) |
デルタ航空166便シンガポール発成田行き
〔亀の島とアジア文明博物館を訪ねたシンガポール弾丸2016.5(21)〕

〔 第3日 : 2016.5.15 ⑤ 〕

シンガポール2016.3チャンギ空港
シンガポール2016.3チャンギ空港

帰国のためデルタ航空616便成田行きに搭乗です。入国審査後、制限エリアで再び仮眠をとったものの寝すぎたようで、すでに搭乗が始まっていました。
優先搭乗のできる旅客は大方搭乗してしまったようで、スカイプライオリティ旅客専用待合エリアには人の姿はほとんどありませでした。チャンギ空港では搭乗待合室に入る時にセキュリティーチェックを受けるため搭乗待合室はしばしば座るところがなくなります。そのため搭乗待合室の一画がスカイプライオリティ旅客専用待合エリアが設けられています。

シンガポール2016.3デルタ航空成田行き
シンガポール2016.3デルタ航空成田行き

帰国便のデルタ航空616便成田行きは、当然往路便と同じボーイング767-300ER型機で2×3×2の座席配置です。
今回の私の座席は、27Cです。中央3人席の左通路側ですが、残念なことに隣席が空席とはいきませんでした。
デルタ航空616便は、定刻午前5時30分ごろドアクローズされ、午前5時45分に離陸しました。

シンガポール2016.3デルタ航空成田行き・機内食
シンガポール2016.3デルタ航空成田行き・機内食

離陸後、1時間ちょっと過ぎたところで機内食のサービスとなりました。食前のドリンクサービスはなく、すぐに食事サービスとなりました。
いつもローカルフードを選択するので今回はオムレツにしてみました。ずっとずっと以前にオムレツを選びあまりおいしくなっかたので最近は機内食でオムレツを選ぶことはありませんでした。で、結果はどうだったか。
なかなかおいしいオムレツでした。付け合わせのチキン(多分)ソーセージも、ポテトもグッド。でも冷凍か缶詰かはわからないけどちょっとドッロとした感じのほうれん草と暖かいトマトは得意じゃない。
メイン以外は、ストロベーリーヨーグルト、デニッシュパン、フレッシュフルーツ(スイカ、メロン、赤肉メロン)がついておりました。
もちろん完食。

シンガポール2016.3デルタ航空成田行き・機内食

到着1時間ほど前には軽食サービスがありました。
ハムチーズのホットクロワッサンとパウンドケーキ、そして飲み物はクラベンリージュース。コーヒーもいただきました。
クロワッサンならホットでなくてもいいんだけどなあ。かえって油っぽくなるような気がする。

シンガポール2016.3成田空港

日本時間午後1時15分、成田空港B滑走路に着陸しました。
B滑走路だったのでドアがオープンしたのは午後1時40分となりました。それでもこの時点でも定刻より20分も早い。

シンガポール2016.3成田空港

入国審査、バゲージクレーム、税関もスムーズに進み、13時55分にはこの到着ロビーに出てきました。シンガポールのチャンギ空港の植栽にとてもかないませんが、ここの植栽も季節に沿って変わります。
そして飛び乗るようにして午後2時4分発の京成アクセス特急に乗り自宅へ戻りました。
これにて2016年5月のシンガポール弾丸旅行記終了です。

【今回のシンガポール旅行獲得マイル】
今回の獲得マイル               3,651マイル
今回のMQM(メダリオン資格認定マイル )   6,656マイル
2016年累計MQM             16,403マイル
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/11/19 23:19】 | シンガポール2016.5
【タグ】 デルタ航空  機内食  
トラックバック(0) |
いつも気持ちを和ましてくれるチャンギエアポートの花と緑
〔亀の島とアジア文明博物館を訪ねたシンガポール弾丸2016.5(20)〕

〔 第3日 : 2016.5.15 ④ 〕

チャンギエアポート第3ターミナルのフードコートでお腹を膨らませた後、仮眠をとるためデルタ便が出る第1ターミナルへ向いました。ターミナル間を結ぶ“スカイトレイン”の運行は、午前2時から午前5時まで運休するのであまりのんびりしていると第1ターミナルまで延々と歩かなければなりません。

シンガポール2016.3チャンギ空港

第1ターミナルへ向かう“スカイトレイン”乗り場のそばにあった『リバーサファリ』をテーマにした植栽です。
中央のボートには乗り込めるようになっていて記念写真が撮れます。
ところで『リバーサファリ』のパンダは、檻もガラスもない緑豊かな広い飼育場で飼育されていてパンダのかわいい姿を楽しめます。パンダ好きにはお勧めです。

シンガポール2016.3チャンギ空港
シンガポール2016.3チャンギ空港

第1ターミナルのベンチで仮眠をとった後、午前3時すぎにチェックインして出国ゲートへと向かいました。
ここには『シンガポールリバークルーズ』をテーマにした植栽がありました。ここも中央のボートには乗り込めるようになっていて記念写真を撮ることができるようになっていました。

シンガポール2016.3チャンギ空港
シンガポール2016.3チャンギ空港

出国審査場を出たところにある植栽です。
どれくらいの頻度で変えているのかはわかりませんが、ここの直截は来るたびに変わっています。今回の植栽は、特にテーマがあるとは思えませんでしたが、それでもいつもながら気持ちを和ませてくれる素敵な植栽でした。

シンガポール2016.3チャンギ空港

そして改めて出発案内で搭乗便の出発ゲートと出発時間を確認し、再びベンチで仮眠をとりました。
それにしてもデルタ航空の成田行きの出発時間は相変わらず早い! もう2時間、いやもう1時間遅いと随分と楽なんですけどねえ。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2016/11/15 23:34】 | シンガポール2016.5
【タグ】 シンガポール  チャンギエアポート  
トラックバック(0) |
深夜のチャンギ空港第3ターミナルに大行列~キティちゃんカフェ
〔亀の島とアジア文明博物館を訪ねたシンガポール弾丸2016.5(19)〕

〔 第3日 : 2016.5.15 ③ 〕

シンガポール2016.3チャンギ空港キティーカフェ

深夜のチャンギ空港第3ターミナル到着ロビーに長蛇の列ができていました。
今回のシンガポール訪問の少し前にオープンしたという『ハローキティオーキッドカフェ』です。
もうMRT地下鉄の終電車も行ってしまったこの時間にこの行列は驚きです。シンガポーリアンも新しもの好きですね~。

シンガポール2016.3チャンギ空港キティーカフェ

開店祝いの花の傍には、こんなキティーちゃんからのメッセージがありました。
エキサイティングな経験をしてね、とか、写真をいっぱい撮ってね、とか、書いてありますが、一番重要なメッセージは、ミニマムチャージが10ドル(≒850円)ってことです。(笑)

シンガポール2016.3チャンギ空港キティーカフェ

店内をちょっと覗いてみると、当然にオヤジが一人で入る店ではなくカップルばかり。「旅の恥はかき捨て」とは言いますが、入れば絶対に“変態”扱いされます。
そこまでしたくはなく、ブログネタとして外からその様子をちょっと写真でのご紹介に留めておきます。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2016/11/12 02:11】 | シンガポール2016.5
【タグ】 シンガポール  チャンギ空港  
トラックバック(0) |
深夜のチャンギ空港でマンゴーかき氷~スイーツは別腹
〔亀の島とアジア文明博物館を訪ねたシンガポール弾丸2016.5(18)〕

〔 第3日 : 2016.5.15 ② 〕

シンガポール2016.3チャンギ空港フードコート

チャンギ空港第3ターミナルのフードコート『コピティアム』です。
まだ、食べました。

シンガポール2016.3チャンギ空港フードコート

スイーツは別腹。このストールを見たら引き付けられるようにカウンター前に立っていました。深夜なんですけど、食べだしたら止まらない。

シンガポール2016.3チャンギ空港フードコート

あらあら、なかなか充実のラインアップです。
いろいろとまた迷ったのですが・・・。

シンガポール2016.3チャンギ空港フードコート

マンゴー練乳かき氷です。お値段2.70Sドル(≒210円)   
ちょっと変わったもの、あまり食べたことがないものを選んでもよさそうなものですが、昼間のリトルインディアの八百屋のマンゴを思い出してこれをオーダーしました。
お値段がお値段だけにその場でカットしたマンゴとはいきませんが、そこそこに美味しい。
シンガポールB級グルメ、今回はこのかき氷でフィニッシュと相成りました。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2016/11/09 22:55】 | シンガポール2016.5
【タグ】 シンガポール  チャンギ空港  フードコート  
トラックバック(0) |
深夜のチャンギ空港フードコートで夜食のワンタン麺
〔亀の島とアジア文明博物館を訪ねたシンガポール弾丸2016.5(17)〕

〔 第3日 : 2016.5.15 ① 〕

日付が変わるころ、チャンギ空港に戻ってきました。
MRTのチャンギ空港駅からデルタ便が出発するターミナル1へは一旦ターミナル2かターミナル3のどちらかにへ行き、そこからターミナル1行きのスカイトレイン(空港内ターミナル間連絡電車)に乗ります。
ターミナル1へはターミナル3を経由して行きましたが、ふと思い立ちそこにある『コピティアム』という“フードコート”で夜食をとりました。
『コピティアム』は、シンガポール各所のショッピングセンターなどにある有名なフードコートです。チャンギ空港のターミナル3には『コピティアム』があることは知っていたのですが、前回シンガポールに来た際はMRT空港駅を出てすぐのところにあった小規模なフードコートを利用してしまいました。
そんなことで『コピティアム』を訪ねたのでした。

シンガポール2016.3チャンギ空港フードコート

MRT空港駅からは奥の方の少し離れた場所に『コピティアム』はありました。

シンガポール2016.3チャンギ空港フードコート

チャンギ空港ターミナル3の『コピティアム』は、白を基調としたインテリアできれいなフードコートでした。
食べ終わった食器類もすぐに片づけられ、清掃も行き届いているのか、清潔でもありました。

シンガポール2016.3チャンギ空港フードコート

来てしまえば、食い意地のはった私が素通りできるわけもなく・・・。
結構な数の店があり、どこにしようかと迷いましたが、今回のシンガポール訪問では“ワンタン麵”を食べていなかったなあ、と思いこの店にしてみました。

シンガポール2016.3チャンギ空港フードコート

オーダーした”ワンタン麺(ドライ)”です。お値段は、4Sドル(≒320円)でした。空港内にしては良心的な価格です。
少しワンタンがボリュームに欠けるような気がしないでもありませんでしたが、お味はなかなかでした。
深夜でも“フードコート”に行けば我慢できない私でした。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2016/11/07 23:03】 | シンガポール2016.5
【タグ】 シンガポール  チャンギ空港  フードコート  コピティアム  
トラックバック(0) |
 実はマックスウェルフードセンターで“豆花”、もう1杯食べました。
〔亀の島とアジア文明博物館を訪ねたシンガポール弾丸2016.5(16)〕

〔 第2日 : 2016.5.14 ⑬ 〕

『東興』で中華菓子を買いたかったのでチャイナタウン戻ってきました。
ここまで来ればB級グルメの名店が多いと言われる『マックスウェルフードセンター』まではすぐそこ。こうなると俄然に“あれ”が食べたくなった。

シンガポール2016.3チャイナタウン・マックスウェルフードセンター

で、ここマックスウェルフードセンターの『老伴豆花』に来てしまいました。

シンガポール2016.3チャイナタウン・マックスウェルフードセンター

冷たい『杏仁(アーモンド)豆花』をいただきました。おひとつ1.50Sドル(≒120円)。
甘さ控えめのプルプルとした“豆花”は、小さな丼くらいあるのにあれだけ食べたお腹にツルン、っと入ってしまいます。
私は、やっぱりあまり豆腐っぽくないこの『杏仁豆花』が好きです。
と、いうことでその日二つの目の“豆花”をいただきました。うまかったあ。
これを日本へ持ち帰りたいなあ、と思いながらチャイナタウンをプラプラして、チャンギ空港へと向かったのでした。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2016/11/06 08:09】 | シンガポール2016.5
【タグ】 シンガポール  B級グルメ  マックスウェルフードセンター  豆花  
トラックバック(0) |
あぁ、また食べたいっ! 絶品パリパリ焼ビーフン
〔亀の島とアジア文明博物館を訪ねたシンガポール弾丸2016.5(15)〕

〔 第2日 : 2016.5.13 ⑫ 〕

超遅くいただいた昼食がまだこなれていない中で豆花(豆乳プリン?)まで食べてしまったものの、まだ食べたぞー。
B級グルメの早い”夕ごはん”をいただきました。

シンガポール2016.3ジャランベサール中華

目的の店は、ジャランベサールにあるこの「新文華美食中心」というフードコートにあります。
このフードコートが想像以上に小さく、住所を頼りに訪ねていったら通り過ぎてしまいました。見つからないので来た道を戻ったら「えっ!、ここだったの」って感じで、さりげに建っていました。

シンガポール2016.3ジャランベサール中華

フードコートの中に入って見るとドリンク屋をいれても4軒ほどしかありませんでした。ほんとに小さくて今までシンガポールで私が訪ねたフードコートでは多分最も小さなものだと思います。
お目当ての店は、正面から一番奥にありました。

シンガポール2016.3ジャランベサール中華

お目当ての店はまだ開店準備中のようで適当にテーブルに座って待っているとドリンク屋の気の良いオヤジがオーダーを取りに出向いてくれ(まあ営業熱心ということですが)、「もうすぐ開店するよ」と教えてくれました。
“ライムジュース”(1.60Sドル≒130円)をオーダーし、飲みながら待っているとすぐ近くのテーブルで山盛りの『カラ付き海老の黒コショウ炒め』のような料理を”おかず”に豪快に食事をしている一団がいました。この海老料理があまりにおいしそうで、おいしそうで、思わずガン見してしまいました。
この一団、勝手に炊飯器からゴハンをお代わりしてバクバク食べているので、なんちゅう客だと思っていたら、食事が終わるとさっさと自分たちで食器をかたずけ、厨房に入っていきました。
ええっー、あの”山盛りの海老”は、『まかない』だったということですか! なんとまあ豪勢なことで。
“皿洗い”でこの店で雇ってくれないかなあ。

シンガポール2016.3ジャランベサール中華

さて、今回の目的の店ですがこの『榮記海鮮火鍋菜館』です。
フードコートに入っている店は、普通、店頭から調理場が見え、正面に写真入りのメニューが掲げられているのですが、この店は外から見えません。この看板とキャッシャーを目印に店員さんからメニューをもらい、オーダーします。

シンガポール2016.3ジャランベサール中華

オーダーは、この『海鮮焼ビーフン』です。
ここの焼ビーフンは表面がパリッパリッに焼かれているのが特徴で、エビ、イカなどの具材もこの下に隠れています。上にはアクセントでネギとモヤシがトッピングされていました。
この『焼ビーフン』、食べてみるとこの表面のパリパリが堪らない。「うっ、うまい!」
いっしょについてくる”チリ”をつけるとまた味わいが変わってこれまたうまい。
食べていたら、見知らぬ欧米系の若い女性から
「その料理は何ですか?」と質問されてしまいました。
その女性は、すでに別の料理をオーダーしていたようで何か残念そうでした。
そうなると余計においしく感じる。そんなことがなくてもメチャクチャおいしいんですけどね。
いやぁー、おいしかった。また、食べたいっ!
お値段6Sドル(≒480円)でした。
次回は、もっとお腹をすかせて、他の料理にも挑戦したい、そんなことを思いながら腹をさすり店を出ました。

【 榮記海鮮火鍋菜館 Yong Kee Seafood 】
住所 : Sing Boon Hwa Food Center 43 Jalan Besar
営業 : 17:00~3:00
店休 : 第1(水)
交通 : 地下鉄MRT ダウンタウン線ローチョー駅から徒歩5分ぐらい

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2016/11/04 22:43】 | シンガポール2016.5
【タグ】 シンガポール  B級グルメ  ジャランベサール  
トラックバック(0) |