FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
香港の街並みを眺めながらトラムの旅
〔街歩きとB級グルメの香港2016.3(11)〕

〔 第2日 : 2016.3.20 ② 〕
 
香港2016.3香港島上環

香港島を走る2階建て電車・トラム(チンチン電車)に乗るため朝食を終え、地下鉄で香港島上環(シャンワン)へ向かいました。
地下鉄の駅名表示。漢字の国の人間なら駅名が嫌でも目に入る!

香港2016.3香港島上環

電停(停留所)へ向かおうと歩いていると長~い行列に遭遇しました。
なんの行列かな、と思いきやあの有名クッキー店の行列でした。
数年前(このブログを始める前)に香港へ来た際にそのキッキーを買い求めてみました。
缶もかわいいし(いまだに捨てられず部屋の片隅にある!)、おいしいとは思います。
でも、行列に並んで買うほどのものではないかと・・・。(あくまでも個人的な感想です。)

香港2016.3二階建てトラム

香港トラムは、香港島の堅尼(ケネディー)地域と筲箕湾を結ぶ世界でも珍しい2階建て電車です。
距離がそこそこ長いので全区間を通しで運行する電車はなく、いくつかの起終点があり、上環もそのひとつです。
始発から乗れば良い席が確保できるので
ここ上環のウェスタンマーケット前からトラムに乗車しました。

香港2016.3香港島トラム

トラムの運賃は、降車時払いで大人1回2.30Hドル(≒30円)均一料金で、超お安い。
オクトパスカード(香港版スイカ)もOKです。と、いうより皆さんオクトパスカードです。
並行して地下鉄も走っているのですが、地元民は、ちょっとそこまで、といった感じで気軽に利用しているようです。
観光用に天井のないタイプも走っているようです。

香港2016.3香港島トラム

そして手すりにつかまりながら2階へはこのような階段を登ります。
狭いし、急だし、電車の2階へ行くのは結構大変なんです。

香港2016.3香港島トラム

2階建て電車の2階車内です。
冷房もなく硬い木のシートで、クラッシクな車内です。

香港2016.3香港島トラム

始発から一番に乗り込み、しっかり2階の一番前のシートに陣取り、トラムから香港の街並みを楽しみました。
シートは堅いし、ゴトゴトと走り、決して乗り心地は良いとはいえませんが、元鉄っちゃんとしては実に楽しい。

香港2016.3香港島トラム

およそ50分ほど、トラムの旅を楽しみ、北角エリアで下車しました。
ここで店のそばをギリギリで通るトラムなどが見られる北角の街をブラブラする予定でしたが、雨が本降りになってきたのでつい面倒になりあきらめてしまいました。
ところでこの写真から陸橋になんだか多くの人がいるのがわかるでしょうか?
香港で働くメイドさんは日曜日に友達同士が集まり、食事やおやつを持ち寄りおしゃべりを楽しみます。
ふだんは、公園とかに集まるのですが、この日は生憎の雨。そのため屋根のある陸橋に場所を移したようなのです。だから陸橋は激混みでした。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2016/07/31 09:07】 | 香港2016.3
【タグ】 香港  トラム  2階建て電車  
トラックバック(0) |
世界一安いといわれるミシュラン星付きレストランで朝飲茶
〔街歩きとB級グルメの香港2016.3(10)〕

〔 第2日 : 2016.3.20 ① 〕

第2日の朝ごはんは、飲茶をいただきました。
『添好運』というレストランです。このレストランは、ミシュランの1つ星レストランで『世界一安いミシュラン星付きレストラン』と言われています。
実はこの『添好運』についてはシンガポール店をすでに訪問しています。そのとき以来、是非発祥の地の店を訪ねてみたかったのです。

香港2016.3朝飲茶

この『添好運』は、ホテルのある“旺角”から地下鉄で2駅ほどいった“深水ポ”というところにあります。

香港2016.3朝飲茶

深水ポ駅からは10分ほど歩かなければなりません。
歩いていくと香港独特の道路にはみ出た、というより道路上にせり出したこの看板が見えました。
周辺は、飲茶の人気有名店があるような雰囲気は全くありません。

香港2016.3朝飲茶

並ぶのは嫌なので朝9時前に到着したところ待たずにすぐにテーブルに案内されました。
でもほんとんどのテーブルは埋まっていて、もう少し遅ければ待たされるところでした。

香港2016.3朝飲茶

注文は、テーブルマットを兼ねた写真付きメニューを見て伝票に自分で記入し、店員に渡すスタイルでした。
飲茶は好きなのでついつい頼み過ぎてしまいます。

香港2016.3朝飲茶

次々と出来立ての点心ですぐにテーブルはいっぱいになってしまいました。

香港2016.3朝飲茶

大きなハスの葉に包まれた『粽』は、ほんのりとハスの葉の香りが漂い、鶏肉やシイタケなど具もたっぷりと入っておいしかった。1品27Hドル(≒400円)でした。

香港2016.3朝飲茶

パリパリの揚げたて『春巻き』は、20Hドル(≒280円)でした。

香港2016.3朝飲茶

野菜たっぷりでサクサクのクワイがアクセントになっている『潮州蒸し餃子』は、なかなかの逸品。
でも実は私が大嫌いな“パクチー”入りであることをシンガポールの店で経験済みですが、僅かに入っているだけなのでそれをしてもつい頼んでしまいました。値段は13Hドル(≒180円)でした。

香港2016.3朝飲茶

プリップリの海老が入った『海老蒸し餃子』です。想像通りの味です。27Hドル(≒380円)でした。

香港2016.3朝飲茶

こちらも定番の『エビ焼売』。こちらも27Hドル(≒380円)でした。これもおいしかったあ。

香港2016.3朝飲茶

こちらは、この『添好運』を有名にした『チャーシュー入りメロンパン』です。20Hドル(≒280円)でした。
そとはサクサク、中に甘辛いチャーシューが入っています。これもなかなか秀逸でおいしかったけど、でも期待の方が大きかった。食べてみないとわからないものですね。

香港2016.3朝飲茶

いやあ~、たっぷり食べて満足の朝食でした。ちょっと、いやすごく食べ過ぎてしまいましたけど。
会計を終えて店の外に出るとこんなにお客さんが待っていました。
やっぱり有名ですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2016/07/29 23:11】 | 香港2016.3
【タグ】 香港  飲茶  添好運  
トラックバック(0) |
香港で宿泊した“H1ホテル”はなかなか快適でした
〔街歩きとB級グルメの香港2016.3(9)〕

今回の香港旅行では、旺角の『H1 HOTEL』に宿泊しました。Expediaで航空券とともに予約しました。

香港2016.3宿泊ホテル

H1ホテルは、地下鉄旺角駅から徒歩数分のところにあります。
亜皆老街(アーガイルストリート)という大きな通りから新填地街(Reclamation St.)を入ったすぐところにH1ホテルはあり、亜皆老街(アーガイルストリート)からホテルの看板を見つけることができました。

香港2016.3宿泊ホテル

外観は、ちょっと古めかしかったのですが、エントランスは現代的できれいでした。

香港2016.3宿泊ホテル

ソファーがひとつの狭いロビーとフロント。
フロントは24時間で気持ちの良い対応をしてくれました。もちろん、日本語不可です。

香港2016.3宿泊ホテル

部屋は非接触式カードキーでした。

香港2016.3宿泊ホテル

香港2016.3宿泊ホテル

広くはありませんでしたが、シンプルなインテリアで清潔な部屋でした。
液晶TV、冷蔵庫、デスクと必要最低限のものはそろっていて、バスタブもついていました。ほとんど寝るだけなので充分です。

部屋は決して広くありませんがホテル代の高い香港にあってリーズナブルで地下鉄旺角駅まで数分とロケーションは良い。
旺角地区はちょっと日本の新宿西口に似た雰囲気をもつ賑やかなエリアです。女人街やランガムプレイスなどもあり観光やショッピングにも便利です。

H1 HOTEL 】
 住所 : 423 Reclamation St.(新填地街)
 交通 : 地下鉄旺角駅より徒歩5分
       旺角駅C4出口を出て亜皆老街(アーガイルストリート)を進み3本目の新填地街(Reclamation St.)を左折、すぐ。
 料金 : 航空券とともに支払ったため不明。このブログのアップ時点でツインで約10,000円
 


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2016/07/27 21:25】 | 香港2016.3
【タグ】 香港  ホテル  旺角  
トラックバック(0) |
『アースデー』で名物の香港夜景があ~あぁ残念!
〔街歩きとB級グルメの香港2016.3(8)〕

 〔 第1日 : 2016.3.19 ⑧ 〕

香港2016.3スターフェリー

ワンタン麺の食べ比べを終え、歩いて『スターフェリー』のターミナルに向かいました。
ちょっとクラシックな建物です。
スターフェリーに乗り、海上から香港の夜景を楽しもうという趣向でしたが・・・。

香港2016.3香港アイ

フェリーターミナルのそばにある『香港アイ』のバックに見える夜景がいかにも寂しい。
そういえば出発前に香港観光局のホームページを見ていたら、この日が『アースデー』で香港名物『シンフォニー・オブ・ライツ』を中止するようなことが書いてあったけど、各ビルのライトアップまで中止するとは書いてなかった(ような気がする)。
それにしてもただひとつ煌々とライトアップしているのは確か中国軍香港司令部だったように思います。“エコ”より“権威”なんですかねえ。

香港2016.3スターフェリー

ここまで来てしまった以上戻るのも時間と体力の無駄なのでこのままスターフェリーに乗ります。
スターフェリーの1等乗船料金は2.5Hドル(≒40円)ととても安いお値段。オクトパスカード(香港版スイカ)も使えます。

香港2016.3スターフェリー

スターフェリー1等船室です。2等との料金差は10円もないので、眺望の良い1等にしてみました。
2等は1等船室の下、1階に船室があり眺望が若干劣る、エンジンルームに近く油の臭いが強いことぐらいで大きな違いはありません。

香港2016.3スターフェリー

スターフェリーから眺める夜景は、やっぱり“アースデー”してました。

香港2016.3 1881ヘリテージ

スターフェリーを下船して地下鉄駅までを歩いている途中にあった『1881ヘリテージ』という旧水上警察署をリフォームしたショッピングセンターです。
こちらのライトアップもお休みでいつもより寂しい状況でした。
あ~あ、なんでこんな日にあたってしまったのでしょう。香港夜景は以前に見ているとはいえやっぱり残念です。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2016/07/25 20:25】 | 香港2016.3
【タグ】 香港  スターフェリー  夜景  
トラックバック(0) |
ワンタン麺食べ比べ2回戦
〔街歩きとB級グルメの香港2016.3(7)〕

〔 第1日 : 2016.3.19 ⑦ 〕

食べ比べの2軒目は、『沾仔記』前の通りを挟んで向かいにある『麥○(不の下に大)』でいただきました。

香港2016.3ワンタン麺

店の外からはこのように調理している様子をガラス越しに見ることができます。店の外観全体を撮り忘れましたが『麥○(不の下に大)』は、『沾仔記』の前にあるのですぐわかると思います。
こちらもビブグルマンに選ばれたり、各種雑誌に取り上げられたりしているようです。

香港2016.3ワンタン麺

店内はそこそこの入りですが、1回戦の『沾仔記』ほどは混雑していません。内装も特に特徴はありませんでした。

香港2016.3ワンタン麺

そしてお待ちかねの“ワンタン麺”が出てきてびっくり。
えぇ~っ、超~小さいっ!。手の大きさからわかると思いますが、汁椀ぐらいの大きさです。
これで39Hドル(≒590円)! ちょっと信じられない。『沾仔記』より11Hドル(≒170円)も高いなんて。

香港2016.3ワンタン麺

お味はというと
細い麺(エッグヌードル)の茹で加減も問題なく、スープもすっきりあっさりでおいしい。
海老ワンタンは、ぷりぷりの海老でおいしいくて4個入っているものの、『沾仔記』のワンタンより小さい。

この“ワンタン麺”食べ比べ勝負、値段、量の点から1回戦の、『沾仔記』に軍配をあげました。
『麥○(不の下に大)』のワンタン麺もおいしいですが、安くて量があった方がいいもん。私的には2回目はないと思います。
この“ワンタン麺”食べ比べをやってみようと思う方がいましたら、まず『麥○(不の下に大)』に行くことをお勧めします。
ショックが小さいから。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2016/07/23 07:02】 | 香港2016.3
【タグ】 香港  ワンタン麺  
トラックバック(0) |
ワンタン麺食べ比べ1回戦
〔街歩きとB級グルメの香港2016.3(5)〕

〔 第1日 : 2016.3.19 ⑥ 〕

一旦、ホテルにチェックインしてから夕食を食べに中環(セントラル)まで地下鉄に乗って出かけました。
夕食は、ワンタン麺の有名店2軒をハシゴして食べ比べてみました。

香港2016.3ワンタン麺

まず向かったのは地下鉄の中環(セントラル)駅から歩いて数分のところにあるワンタン麺の名店『沾仔記』です。この店は、以前に来て食べてからすっかりお気に入りの店となりました。

香港2016.3ワンタン麺

ミシュランの“ビブグルマン”に連続して選ばれているようで、いつでも混雑しています。

香港2016.3ワンタン麺

ここのメニューは極めてシンプル。
海老ワンタン麺、魚のつみれ麺、牛肉麺とその具の組み合わせでスープや麺は同じ。その他は、茹野菜のオイスターソースがけとソフトドリンクのみと実に潔いラインアップです。

香港2016.3ワンタン麺

私のお勧めは、ここのメインメニューの海老ワンタン麺です。
ちょっと小さめの丼に大きな海老ワンタン3ケものっています。
ぷりぷりの海老ががっつり入ったワンタン、コシのある少し硬めのエッグヌードル、魚介系のさっぱりスープ。
いや~、うまいっ!!
日本ではこれを28Hドル(≒420円)では食べられない。
でもこのワンタン麺はかつては20Hドルもしなかったのです。ずいぶん値上がりしたものです。そのころは円高でもあったので驚異のコストパフォーマンスでした。

香港2016.3ワンタン麺

ワンタン麺は、ワンタンと薬味のネギ以外は何ものっていないのでこちらの茹で野菜のオイスターソースがけもいっしょにオーダーするのがお勧めです。(15Hドル≒225円)。

【 沾仔記 】
住所 : 香港中環威霊頓街(Welington St.)98號
営業 : 9:00~21:00
休日 : 旧正月3日間

次回はワンタン麺食べ比べ2回戦です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2016/07/21 22:53】 | 香港2016.3
【タグ】 香港  ワンタン麺  
トラックバック(0) |
台北発香港行きチャイナエアライン915便搭乗
〔街歩きとB級グルメの香港2016.3(5)〕

〔 第1日 : 2016.3.19 ⑤ 〕

香港2016.3台北桃園空港

ラウンジを出てA6ゲートへ向かいました。
その時に通った通路です。壁の漢字が台北の空港らしいですね。
向かって左側は、壁面鉢植えです。最近あちこちで見かけるようになりましたよね。

香港2016.3台北桃園空港
香港2016.3台北桃園空港

A6ゲートの搭乗待合室で少し待ちましたが、程なく14時40分発チャイナエアライン915便への搭乗となりました。
この待合室の壁の装飾は、台湾原住民のデザインからヒントを得たような気がします。

香港2016.3チャイナエアライン
香港2016.3チャイナエアライン

チャイナエアライン915便のフリートは、ボーイング747-400でした。直前になってフリートが変更されたようで普段はこのような大型機は使用しないようです。
各シートにはモニターもついていて成田~台北と同じプログラムが楽しめました。

香港2016.3チャイナエアライン・機内食

水平飛行に移るとすぐにこの紙バッグに入った機内食がサービスされました。中にはお手拭き、暖められたサンドイッチ、小さいペットボトルの水、ホワイトチョコのクランチが入っていました。
この紙バッグは、この写真では全くわかりませんが、しっかりチャイナエアラインの梅の模様が入っていました。

香港2016.3チャイナエアライン・機内食

機内食のホットサンドイッチは、チキンとチーズのサンドイッチでした。お味は、なかなかのものでした。
でも以前この区間に搭乗したときは、機内食はビーフンがトレイでサービスされた記憶があります。なにせ2時間ほどのフライトですからスピードが勝負。ですから機内食も効率的なこのようなスタイルに変更したのかもしれません。

香港2016.3香港空港
香港2016.3チャイナエアライン

ボーイング747-400のチャイナエアライン915便は、無事に香港空港に到着しました。
成田出発時は大雨でしたが、香港は、薄曇りで雨の気配はなくちょっと安心しました。

香港2016.3香港空港

入国審査、荷物の受け取りを終え、ICカード・オクトパスカード(香港のスイカ)にチャージし、到着ロビー直結の電車”エアポートエキスプレス”で市内ホテルに向かいました。
空港駅に改札はなく、到着ロビーと電車のホームが一体化している感じ。ですから到着口からそのまます~っと電車に乗ることになるのがなんとも不思議な感じです。もちろん運賃は下車する駅でしっかり取られます!
ホテルは地下鉄駅のすぐそばなのでエアポートエキスプレスを市内中心部の九龍駅や香港駅まで乗らず、途中の青衣で下車し地下鉄に乗り換えました。このルートだと乗り換えは多くなりますが運賃も安くなるので香港市民もこのルートを利用しているそうです。そのためか少なからぬ人が青衣駅で下車していました。
ところで入国審査でパスポートに入国スタンプが押されず、何か小さなシールのようなものをくれました。これが何を意味するのかわからず、大切に出国まで持っていました。この手のものは無くすと出国時に面倒になることがあるのですが、結局出国時には取られることもなく、そのままとなりました。あのシールは、どんな意味があるのだろう?

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/07/19 21:33】 | 香港2016.3
【タグ】 チャイナエアライン    機内食  エコノミークラス  
トラックバック(0) |
台北桃園空港第1ターミナルのオシャレなチャイナエアラインラウンジ
〔街歩きとB級グルメの香港2016.3(4)〕

〔 第1日 : 2016.3.19 ④ 〕

香港2016.3台北桃園空港

出発が遅れたので当然到着も定刻より遅れ台北桃園空港第二ターミナルに到着しました。
乗り継ぎのチャイナエアライン915便香港行きは、第一ターミナルから出発するため、まずはこのスカイトレインに乗り移動しました。その後保安検査を受け、出発フロアに進みました。

香港2016.3台北桃園空港チャイナエアラインラウンジ

遅れたものの若干は時間があるので、チャイナエアラインのラウンジへ伺いました。なんかとてもスタイリッシュでオシャレな感じの入口です。
前回ここを訪れたときは、確かまだ工事中で雑然とした状況だったような気がします。

香港2016.3台北桃園空港チャイナエアラインラウンジ
香港2016.3台北桃園空港チャイナエアラインラウンジ

中に入ると六本木のバーか何かような雰囲気のこのような長い廊下がありました。
あららっ~、オッシャレー!!

香港2016.3台北桃園空港チャイナエアラインラウンジ

ラウンジ内も間接照明の落ち着いた雰囲気です。鉢植だってオシャレでしょ。
ただしちょっと混雑していて席を探すのに苦労しました。

香港2016.3台北桃園空港チャイナエアラインラウンジ
香港2016.3台北桃園空港チャイナエアラインラウンジ

チャイナエアラインラウンジには『ヌードルバー』があり、いくつかあるメニューから“乾麺”を選んでみました。
お味は特に麺がちょっと残念かな。

香港2016.3台北桃園空港チャイナエアラインラウンジ
香港2016.3台北桃園空港チャイナエアラインラウンジ

料理のコーナーには各種点心と精進揚げ?がありました。
この他にも別のコーナーには暖かい数種類の肉料理などが用意されていました。

香港2016.3台北桃園空港チャイナエアラインラウンジ

コールドプレートのコーナーにはサラダ類の他にフレッシュフルーツも用意されていました。
フレッシュフルーツにはりんごやパイナップルのほかにパッションフルーツがありました。(写真手前) 日本ではなかなか食べられないトロピカルフルーツなのでちょっと嬉しかった。

到着が遅れたこともあり、このラウンジには30分もいられず、香港行きが出発するゲートへ向かうことになってしまいました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/07/17 17:05】 | 香港2016.3
【タグ】 台北桃園空港  チャイナエアラインラウンジ  
トラックバック(0) |
機内食を食べて映画1本見たらもう台北到着
~チャイナエアライン107便台北行き~
〔街歩きとB級グルメの香港2016.3(3)〕

〔 第1日 : 2016.3.19 ③ 〕

香港2016.3成田空港

チャイナエアラインのラウンジを出て86番ゲートに向かいました。途中には「AKIHABARA」と名付けられたお土産さんもあったりして成田空港も少しづつ変わっています。

香港2016.3成田空港

搭乗ゲート付近にはこのような貼り紙がありました。朝一番の飛行機が出発準備でなぜにディレイするのだろう?
何かいつもチャイナエアラインは遅れるような気がします。

香港2016.3成田空港

86番ゲートから10時発に変更されたチャイナエアライン107便に搭乗しました。
外はいつの間にか大雨になっていました。
香港の天気は・・・。

香港2016.3チャイナエアライン
香港2016.3チャイナエアライン

当日の搭乗便のチャイナエアライン107便は、エアバス330-300。
座席のアブレストは2×4×2。乗客からすると利用しやすい座席配置のような気がします。
107便は、ほぼ満席のようでざっと見たところ空席を見つけることはできませんでした。

香港2016.3チャイナエアライン

機内誌の“ダイナスティ”は、中国語と英語で日本語版もなく、日本語記事もありません。
機内エンターティメントガイドは、“ファンタジィースカイ”と名付けられ、映画などの主な作品には簡単な日本語解説がありました。
映画は、日本語吹き替えも数多く、どれを見ようか迷うほどでした。

香港2016.3チャイナエアライン・機内食
 香港2016.3チャイナエアライン・機内食

離陸後、水平飛行に移ると、飲み物・おつまみのサービスはなく、すぐに食事のサービスがありました。
メインは、ポークとチキンのチョイスでした。
ポークをお願いしたら、豚の生姜焼き風でした。
メイン以外は、フィッシュボール付き春雨サラダ、卵焼き、フレッシュフルーツ(りんご、オレンジ、キーウィ、メロン)、ドーナツ。
豚の生姜焼き風は、白いご飯もついてなかなかのお味でした。
デザートのドーナツは、既製品なのがちょっと気に食わないところですが普通においしいので良しとしましょう。その上、私が好きなフレッシュフルーツのついていたし。

食事が終わり、コーヒーを楽しみながら映画を1本見たら、台北到着まであと僅かでした。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/07/16 08:10】 | 香港2016.3
【タグ】 チャイナエアライン  機内食  
トラックバック(0) |
成田空港チャイナエアラインラウンジで朝ごはん
〔街歩きとB級グルメの香港2016.3(2)〕

〔 第1日 : 2016.3.19② 〕

香港2016.3成田空港チャイナエアラインラウンジ

出国審査を終え、チャイナエアラインのラウンジへ向かいました。
ラウンジは、出発フロアから1フロア下にあり、隣にはアメリアン航空のアドミラルラウンジがあります。

香港2016.3成田空港チャイナエアラインラウンジ

人がいないところを見計らって写真をとりましたが、朝早くフライトにも関わらず各ソファーはほぼ埋まっていました。

香港2016.3成田空港チャイナエアラインラウンジ

チャイナエアラインだけに暖かい点心(シューマイ、桃饅頭)も用意されていました。焼きそばは、塩味の上海焼きそばでした。

香港2016.3成田空港チャイナエアラインラウンジ

デニッシュは、保温ケースに入れられて暖かいものがサービスされていました。

香港2016.3成田空港チャイナエアラインラウンジ

酒を飲まない私には関係ありませんが、ウィスキーなども各種用意されていました。
ナッツや柿の種は、ピッチャーのような容器からプラカップに入れていただきます。

香港2016.3成田空港チャイナエアラインラウンジ

コーヒー1杯で自宅を出てここで本格的な朝ごはんをいただきました。
ハムチーズサンド、シューマイ、上海焼きそば、カットフレッシュフルーツ。
フレッシュフルーツが嬉しい。日本の空港のラウンジには意外とフレッシュフルーツが用意されていることが少ないような気がします。
お味はごく普通でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/07/12 21:06】 | 香港2016.3
【タグ】 チャイナエアライン  成田空港  ラウンジ  
トラックバック(0) |
超早起きしてスカイライナーで成田へ
〔街歩きとB級グルメの香港2016.3(1)〕

〔 第1日 : 2016.3.19 ① 〕
香港2016.3スカイライナー
香港2016.3スカイライナー

今回は、午前9時30分発チャイナエアライン台北行きという午前の早いフライトでした。
午前4時30分すぎに起床し、5時30分には自宅近くの駅から電車に乗り、午前6時30分発のスカイライナーに乗車しました。
だから眠い、眠い。
もう30分早く家を出れば特急料金のかからいアクセス特急に乗ることも可能だったのですが、とてもとてもそんな気になりませんでした。

香港2016.3成田空港

チャイナエアラインは、成田空港第二ターミナルなので空港第二ビル駅で下車。

香港2016.3成田空港

デルタ航空スカイマイルのゴールドメダリオン特典でチャイナエアラインでもスカイプライオリティーカウンターでチェックインしました。エコノミークラスの一般カウンターは長い行列でしたが、スカイプライオリティーカウンターも数組が待っていました。

香港2016.3成田空港
香港2016.3成田空港

搭乗ゲートを確認し、保安検査のファストレーンから出国検査場に向かいました。
一般レーンもさして混雑しておらず、日本ではファストレーンの有り難さを実感することが少ないですよねえ。見栄で使っているようなものかもしれないなあ。

★       ★       ★       ★       ★

本日7月10日夜、台北より帰国しました。
台風通過直後の台北、その影響もありましたが、それでもブログのタイトル通り見て、食べてきました。この旅行記は、香港旅行記、シンガポール弾丸旅行記に続きアップの予定です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2016/07/10 23:48】 | 香港2016.3
【タグ】 香港  成田空港  
トラックバック(0) |
街歩きとB級グルメの香港旅
〔2016.3.19~3.21〕

香港2016.3二階建てトラム

3月の3連休にシンガポール以外のどこかに行きたいっ!! と思いたち香港に行ってきました。滞在時間と運賃からご贔屓のデルタ航空ではなく、同じスカイチームのチャイナエアラインとなりました。
香港はすでに何回か訪れていて主な観光ポイントはすでに行っているので街歩きとB級グルメを楽しむ旅となりました。

【旅程】
第1日(2016.3.19)
 NRT 9:3010:00(CI107)⇒TPE14:40(CI915)⇒HKG16:25
 HKG→旺角(ホテル)→中環(ワンタン麺食べ比べの夕食)→旺角(ホテル)
第2日(2016.3.20)
 旺角(ホテル)→深水ポ(世界一安いミシュラン店の朝飲茶)→上環→(二階建てトラム)→
 →北角→湾仔→ホンハム→香港博物館→プロムナード→旺角(ホテル)
第3日(2016.3.21)
 旺角(ホテル)→中環(ワゴン式飲茶の朝食)→旺角(ホテル)→HKG
 HKG13:10(CI680)⇒TPE16:20(CI106)⇒NRT20:50

次回より旅行記をアップします。

★       ★       ★       ★       ★

今日の夜9時のチャイナエアラインで台北へ2泊3日のショートトリップへ旅立ちます。強力な台風1号が台湾を直撃するようで計画通りに旅できるか、そもそもフライトキャンセルにならないか心配しています。
さてさて、どうなることか。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2016/07/08 01:32】 | 香港2016.3
【タグ】 香港  
トラックバック(0) |
チャイナエアライン機内食エコノミークラス2012.12
〔台北発成田行き〕

2012年12月香港旅行時の帰路16時50分発台北発成田行きチャイナエアライン106便エコノミークラスの機内食です。

香港2012.12台北発成田行チャイナエアライン機内食

飛行機が水平飛行に移るとすぐに食事(夕食)がサービスされました。
 〔当日のメニュー〕
   牛肉ごはん(インゲン、ナス、香の物)
   カニカマサラダ
   パン
   フレッシュフルーツ(スイカ、りんご)
   パイナップルケーキ
ごはんに黒ゴマが振ってあって“牛肉ごはん”というより“牛肉弁当”といった方がいいかもしれません。
お味は、ごく普通だったように記憶しています。
機内食で”カニカマサラダ”というのも珍しい気がします。カニカマはヨーロッパでは人気商品らしいですよ。

★       ★       ★       ★       ★

このフライトを利用した旅行は、『2012.12香港・マカオ』で旅行記としてアップしています。マカオでは世界遺産を歩いて回り、香港の下町を歩き、B級グルメを楽しんでいます。興味のある方は訪ねてみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/07/06 20:11】 | 機内食
【タグ】 機内食  チャイナエアライン  エコノミークラス  
トラックバック(0) |
チャイナエアライン機内食エコノミークラス2012.12
〔香港発台北行き

2012年12月香港旅行時の帰路13時55分発香港発台北行きチャイナエアライン910便エコノミークラスの機内食です。

香港2012.12チャイナエアライン香港発台北行機内食

水平飛行に移るとすぐさま、食事のサービスがありました。軽食といった扱いでしょうか。往路の台北~香港と同様に時間的に短いフライトですが、チョイスこそなかったもののホットミールがサービスされました。
 〔当日のメニュー〕
   麻婆ナスごはん
   マンゴープリン
   カップミネラルウォーター
麻婆はあまり辛くなくマイルドでおいしくいただきました。
マンゴープリンも出来合いのカップに入ったものではありませんでした。
2時間半ほどのフライトでこれだけのものを出すのはチャイナエアラインの機内食はレベルが高いといえるかもしれません。

★       ★       ★       ★       ★

このフライトを利用した旅行は、『2012.12香港・マカオ』で旅行記としてアップしています。マカオでは世界遺産を歩いて回り、香港の下町を歩き、B級グルメを楽しんでいます。興味のある方は訪ねてみてください。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/07/05 20:53】 | 機内食
【タグ】 機内食  チャイナエアライン  エコノミークラス  
トラックバック(0) |
チャイナエアライン機内食エコノミークラス2012.12
〔台北発香港行き

2012年12月香港旅行時の往路乗り継ぎ便16時10分発台北発香港行きチャイナエアライン617便エコノミークラスの機内食です。

香港2012.12中華航空617便機内食

飛行機が水平飛行に移るとすぐといってもほどに食事サービスがありました。短いフライトだけにメニューのチョイスはありませんでしたが、ホットミールがサービスされました。
 〔当日のメニュー〕
   五目ビーフン
   パイナップルケーキ
   カップオレンジジュース
このビーフン、なかなかいけましたが、個人的にはもう少し塩が欲しかったところです。塩分取り過ぎに注意しなければならない世代ではあるのですが、つい、濃い味を求めてしまいます。

★       ★       ★       ★       ★

このフライトを利用した旅行は、『2012.12香港・マカオ』で旅行記としてアップしています。マカオでは世界遺産を歩いて回り、香港の下町を歩き、B級グルメを楽しんでいます。興味のある方は訪ねてみてください。
 


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/07/03 08:55】 | 機内食
【タグ】 機内食チャイナエアライン  エコノミークラス  
トラックバック(0) |
チャイナエアライン機内食エコノミークラス2012.12
〔成田発台北行き

2012年12月香港マカオへの旅行時、往路9時40分発成田発台北行きチャイナエアライン107便エコノミークラスの機内食です。

香港2012.12中華航空台北行機内食

飛行機が水平飛行に移るとドリンクサービスなしで食事がサービスされました。時間的に早い昼食といった扱いでしょうか。
 〔当日のメニュー〕
   牛肉ごはん
   かぼちゃサラダ、ソーセージ、プチトマト、ブラックオリーブ
   パン
   フルーツ(キィーウィ、みかん)
   チョコレートケーキ
同じ年の7月の台北旅行の往路とよく似たメニューでした。
味についての記録がなく記憶も定かではありませんが、なかなかではなかったかと思います。
最近機内食では製菓メーカーのお菓子がデザートとなることもありますが、このチャイナエアラインのエコノミー機内食は、メイン、サラダ、デザートともにレベルは高いと思います。

★       ★       ★       ★       ★

この旅は、このフライトで台北へ飛び、そこで乗り継いで香港へ向かいました。このフライトを利用した旅行は、『2012.12香港・マカオ』で旅行記としてアップしています。興味のある方は訪ねてみてください。

さて、ここのところ機内食を特集シリーズでアップしていますが、今回アップしたそのチャイナエアラインを利用して7月8日(金)の夜のフライトで出発し、2泊3日で台北に行ってきます。
実質、滞在時間1日半とまたも弾丸ですが、暑~い時期の台北で精力的に見て、食べて、こようと思っています。
3月の香港、5月のシンガポールもまだアップしておりませんのでその旅行記のアップはまだまだ先になってしまうかと思いますが、なるべく早くアップしようと思います。
 


FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2016/07/02 09:50】 | 機内食
【タグ】 機内食  チャイナエアライン  エコノミークラス  
トラックバック(0) |