ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
バードパークと、クリスマスイルミネーションと。
〔シンガポール弾丸旅行2015.12〕

〔 2日目 : 2015.12.5 ④ 〕

バードパーク入園後、まっすぐ「ウォーターフォール・アビアリー」(巨大な鳥かご)に来たのは、10時30分からの「Feeding」を見るため、体験するためでした。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

巨大な鳥かご内にはこんな看板がところどころにたっています。「Feeding」とは「餌やり」のことです。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

「Feeding Statin」に到着すると鎖で仕切られた一画があり、鳥たちの“朝ごはん”が載せられたワゴンがありました。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

鳥たちの“朝ごはん”とは、つまりこのモゾモゾ動く『イモムシ』です。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

希望すると係りのお姉さんが、この小さなカップに朝ごはんを手でつまんで入れてくれます。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク
シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

「Feeding Statin」には、こんな鳥たちが集まってきます。他にも集まってきますが、見栄えが良い鳥をアップしてみました。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

いただいた“朝ごはん”のカップを差し出すとこのように鳥たちが来て、朝ごはんをついばんでいきます。
この朝ごはんは、男性の私でも見ててあまり気持ちのよいものではありませんが、鳥たちがついばむのを見るのは結構楽しいもんです。
この鳥たちの“朝ごはん”は、無料ですが、ワゴンの上に『寄付金箱』がおいてありました。係りのお姉さんは、特に「寄付をよろしく」とも言いませんでしたが、小銭を入れてきました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/12/29 10:53】 | シンガポール2015.12
【タグ】 シンガポール  ジュロンバードパーク  餌やり  
トラックバック(0) |
バードパークと、クリスマスイルミネーションと。
〔シンガポール弾丸旅行2015.12〕

〔 2日目 : 2015.12.5 ③ 〕

ジュロンバードパークへ入園したのは10時15分か20分ごろでした。まずは『 WaterFall Aviary 』と名付けられた巨大な鳥かごへまっすぐ向かいました。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

『 WaterFall Aviary 』の入口です。『 WaterFall Aviary 』は、滝がある巨大な“鳥かご”です。
鳥かごの入口は、この先にあります。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

少し歩くと滝が見えてきました。この写真ではわからないと思いますが、滝の後方にネットが見えました。
この鳥かごが、いかに巨大かがわかっていただけるのではないかと。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

巨大な鳥かごの中にある滝から流れ出た小川で鳥たちが遊んでいました。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

ひょうたんがデコレーションされたこのような“吊り橋”もかかっていました。
なんとなく“ひょうたん”って日本のものような気がしていましたが、検索してみるとアフリカ原産で世界各地で使用されているようですね。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

“吊り橋”から見た“滝”です。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

“吊り橋”から巨大な鳥かごの入口方向をみるとここの広さもおわかりいただけるかと。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

ここにはいくつもの『餌台』があり、鳥たちが餌をついばんでいました。

入園後まっすぐにここに来たのは実は理由があります。それは、10時30分からの『餌やり』を体験するためです。次回はその『餌やり』についてアップします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/12/26 18:58】 | 台北2014.7
【タグ】 シンガポール  ジュロンバードパーク  
トラックバック(0) |
バードパークと、クリスマスイルミネーションと。
〔シンガポール弾丸旅行2015.12〕

〔 2日目 : 2015.12.5 ② 〕
中心部から離れたジュロンというエリアに様々な鳥たちを集めた『ジュロンバードパーク』があります。以前に訪ねたことがありますが、久しぶりに鳥たちと遊んでみたくなり、行ってきました。
バードパークまでは地下鉄MRTとバスで行きました。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

チャイナタウンで朝食を食べた後、チャイナタウンから地下鉄ノースイースト線でひと駅、オートラムパーク駅で地下鉄イーストウェスト線に乗り換え、ブーンレイ駅まで。ここでバスに乗り換えます。
ブーンレイ駅の手前にジュロンイースト駅があるので、ジュロンの名に惑わされて危うくここで降りるかと勘違いしそうになりました。
ブーンレイ駅で下車し、改札を出て、バス乗場の表示にしたがいこのショッピングセンターを通り抜けたところにバスターミナル(シンガポールではバスインターチェンジと言うようです。)がありました。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

『ジュロンバードパーク』へはB5ゲートから194番のバスに乗ります。バスは、10分ほど待つとやってきました。そこそこの本数が走っているようです。
194番バスは、バードパーク行きなので終点で下車です。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

バードパーク行きの194番バスは、公道にあるバス停に停まり、パークの敷地内までは乗りいれていません。でもバス停はバードパークは目の前です。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

バス停からは、この『ジュロンバードパーク』の大看板がすぐに目に入ります。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

敷地内に入るとこんな道を入場券売場まで歩きます。こういう“造り”が実にうまいですねえ。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

入場料は、大人28ドル(≒2,500円)です。円高もあってちょっとお高いような気がしないでもありませんが、かわいい鳥、きれいな鳥、珍しい鳥、とにかく鳥を充分に楽しませてくれます。
入場券は、バードパーク、シンンガポール動物園、ナイトサファリ、リバーサファリの4園共通デザインのようです。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

パーク内は、園内を1周する道路に沿って各種施設が配置され、この道をたどることにより園内をくまなく見ることができます。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

要所、要所には、このような鳥をかたどった案内板がありました。日本語の表記もありました。

シンガポール2015.12ジュロンバードパーク

かつて園内を1周するモノレールが走っていましたが、いつのまにか廃止され、今はこの“チューチュートレイン”が園内を走っています。料金は、1周で5ドル(≒450円)でした。
ゆっくり見るには歩いて見るほうが良いので今回は利用しませんでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/12/24 22:41】 | シンガポール2015.12
【タグ】 シンガポール  ジュロンバードパーク  
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
バードパークと、クリスマスイルミネーションと。
〔シンガポール弾丸旅行2015.12〕

〔 2日目 : 2015.12.5 ① 〕
朝になり、行動開始です。まずは朝食。
チャイナタウンの『チャイナタウンコンプレックス』でB級グルメの朝食をいただきました。

シンガポール2015.12チャイナタウン・ホーカーズ

空港からチャイナタウンへ。
そしてここ『チャイナタウンコンプレックス』のホーカーズでB級グルメの朝食をいただきました。
予め目星をつけていたホーカーがあったのですが、その店が見つからず、他においしそうな店がないかとあっちをウロウロ、こっちをウロウロ。

シンガポール2015.12チャイナタウン・ホーカーズ

結局、短いながらも行列ができていたこの店『佳記美食』にしてみました。
新聞に紹介されたり、アワードに選ばれたりしているようで、それなりの店のようでした。

シンガポール2015.12チャイナタウン・ホーカーズ

まずは、『エコノミーヌードル』と称されるオイスターソースで炒めた麺。これでたった1Sドル(≒90円)。
日本の焼きそばで使われるような麺と平たいきしめんのような麺の2種類をあわせて、もやしなどを加えて炒められていて、肉などは一切なし。なんといっても“エコノミー”ですから。
私は頼みませんでしたが、普通は卵やフィッシュボールなどをトッピングしていただくようです。
でも、トッピングなしのこれだけで充分おいしい。すばらしいコストパフォーマンスです。

シンガポール2015.12チャイナタウン・ホーカーズ

そしてもう1品は、肉粽。1ケ2.Sドル(≒180円)
オーダーすると店先にぶら下がっている粽をとって皿にのせ、甘しょっぱいソースをつけてだしてくれます。
中にはトリ肉と栗が一粒入っておりました。実は、あまり甘い栗ではなかったことと栗が丸ごと一粒入っているとは思わず最初は“栗”だとは気が付きませんでした。
絶品とはいきませんが、これもまあまあおいしい。

シンガポール2015.12チャイナタウン・ホーカーズ

『エコノミーヌードル』と『肉粽』に塩梅入りライムジュース(1.5Sドル≒130円)をつけてこの日の1食目。炭水化物ばかりになってしまいました。
ここの“塩梅入りライムジュース”は、オーダーすると小さなライムを2~3コその場で絞っていれてくれるので、香りがとっても良く、塩梅がアクセントになってなかなか良いお味でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/12/23 00:52】 | シンガポール2015.12
【タグ】 チャイナタウン  ホーカーズ  B級グルメ  シンガポール  
トラックバック(0) |
バードパークと、クリスマスイルミネーションと。
〔シンガポール弾丸旅行2015.12〕

〔 1日目 : 2015.12.4 ③ 〕

成田17時30分発デルタ航空615便シンガポール行き搭乗記です。

シンガポール2015.12成田空港

デルタ航空615便に搭乗ゲート11Aから搭乗したのは、搭乗開始時刻から10分ほど過ぎたころでした。
ちょっとラウンジでゆっくりした(つまりしっかり軽食をいただいた)ので、優先搭乗の乗客は、すでに搭乗が終わっていたようでした。

シンガポール2015.12デルタ航空シンガポール行

今回の座席は、コンフォートプラスの“19F”です。デルタ航空のプレミアムエコノミー席です。
ゴールドメダリンは、通常有料のコンフォートプラスの座席が出発72時間前から無料で指定できます。出発の1週間前にはコンフォートプラスの座席は、ほぼ埋まっておりました。(3人席の真ん中は空いてましたが。)
でも72時間前を過ぎた12月1日の夜、ダメもとでホームページを見てみると偶然左側2列席の通路側19Fが空いていて、すぐさま座席変更をしました。
実はデルタ航空のプレミアアムエコノミーのコンフォートプラスは、背もたれの形状が少し違うぐらいで見た目は通常のエコノミーシートとさして変わりません。で、どこが通常のエコノミーと違うのかというと
 1、シートピッチが10センチほど広い
 2、リクライニング角度が50パーセント深い
 3、アメニティーに歯ブラシがプラス(通常は、アイマスクと耳栓のみ)
 4、カクテルが無料(一般的なビール、ワインのアルコールは無料)
このシートピッチが広いのは、やっぱり快適で、無料で指定できるなら非常に魅力的なポイントですよね。

シンガポール2015.12デルタ航空シンガポール行

通常のエコノミーと違うところがもう1カ所あって、それがこの電源と小さなシートポケット。シートポケットにスマホなどを入れて充電できるようになっています。
電源は、一部機内前方の座席には設置されていますが、この小さなポケットはありません。

シンガポール2015.12デルタ航空シンガポール行

コンフォートプラスは、ビジネスクラス・デルタワンにつづくコンパートメントに設置されています。この日は、全クラスほぼ満席でした。まさにギッチリという感じ。

シンガポール2015.12デルタ航空シンガポール行機内食

気流の関係でよく揺れて飲物がサービスされたのは、出発後1時間ほどたった19時少し前になってからでした。
飲物にはコークゼロをお願いしました。おつまみは、いつもと同じピーナッツとプリッツェル。

シンガポール2015.12デルタ航空シンガポール行機内食

引き続き機内食、食事サービスとなり、チキンとポークのチョイスでした。食事をサービスするCAさんによるとチキンは、『パスタ添え』、ポークは、『ポークカツと野菜をあえたもの』と説明がありました。
『チキンのパスタ添え』は以前食べたことがあります。ポークの“野菜の和えたもの”というのに危険な雰囲気を感じ(時にして外国のエアは和風を意識したものの訳のわからない料理に仕上げて閉口することあります。)がしましたが、試しにポークをオーダーしてみました。
ところがこのポークがなかなかイケてました。カツはさすがにサクサクとはいきませんでしたが、上にかかかっていたのが“とんかつソース”でなかなかおいしく仕上がっていました。そして、不安を感じていた“野菜を和えたもの”というのがチーズソースでポテトや玉ネギなどを和えやものでけっこう良いお味でした。
残念なのは、この機内食に白いごはんがついていなかったのとポークカツの色目が悪く見た目においしそうにみえないこと。
そしてグリーンサラダとパウンドケーキが、ドレッシングを除き毎回同じなのも残念なところ。
それでもやはりデルタの機内食は、以前に比べおいしくなっているように思います。

シンガポール2015.12デルタ航空シンガポール行機内食

食事の後には、コーヒー・紅茶・緑茶がサービスされ、そしてその後、このエビアンが1本づつ配られました。
ところで紅茶のサービスですが、ポットに大量に作ったものをいれるのではなく、1杯ごとにティーバッグでサービスしていました。ポットの紅茶は、経験上、色だけのものがしばしばあり、そのため最近はほとんどオーダーすることはありませんでしたが、1杯ごとにティーバッグで煎れてくれるのなら、次回は試しにオーダーしてみようかな。

シンガポール2015.12デルタ航空シンガポール行機内食

シンガポール到着1時間ほど前には、軽食としてこれもいつもお馴染の“アイスクリーム”が飲物とともにサービスされました。
毎回思うのですが、日系のようにハーゲンダッツとはいいませんので、通常の大きさの“スーパーカップ”にしてくれないかなあ。数年前にはこのアイスクリームサービスもなかったのでそのうち大きなものになるかも・・・。

シンガポール2015.12シンガポール・チャンギ空港
シンガポール2015.12シンガポール・チャンギ空港

デルタ航空615便は、定刻午前0時40分の少し前の0時30分、シンガポール・チャンギ空港№38ゲートに到着しました。
この到着ゲート№38は、第3ターミナルにほど近いゲートで、入国審査場まで遠い、遠い。さんざん歩いてやっと入国審査場に着きました。
こんな時間なので審査場はさして混んでおらず、スムーズに審査も終了し、無事に入国しました。
入国後、不要なものを荷物一時預かり所に預け、仮眠です。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2015/12/19 22:58】 | シンガポール2015.12
【タグ】 デルタ航空  機内食  コンフォートプラス  
トラックバック(0) |
バードパークと、クリスマスイルミネーションと。
〔シンガポール弾丸旅行2015.12〕

〔 1日目 : 2015.12.4 ② 〕
もともと成田空港到着が搭乗するデルタ航空615便シンガポール行き出発の1時間30分ほど前で時間がないのに、南ウィングのツリーを見にいったりしたので更に時間が無くなり、出国審査後の“デルタスカイクラブ”で過ごす時間が僅かとなってしまいました。

シンガポール2015.12成田空港
シンガポール2015.12成田空港

当日のデルタ航空615便シンガポール行きは11Aゲートより出発。
搭乗開始予定時間まであと15分ほどですが、昼食も取っていないので搭乗ゲート前では待たずにデルタ航空のラウンジ“デルタスカイクラブ”へ向かいました。

シンガポール2015.12成田空港デルタスカイクラブ

ここ北ウィング第1サテライトの“デルタスカイクラブ”受付。
受付では「搭乗開始予定時刻は、17時45分です。」とご案内いただきました。滞在時間は15分ほどということになります。

シンガポール2015.12成田空港デルタスカイクラブ
シンガポール2015.12成田空港デルタスカイクラブ

軽食は、だいたい従来と同じようなラインアップですが、ツナのクロワッサンサンドが目新しいかな?

シンガポール2015.12成田空港デルタスカイクラブ

かんぴょうのトビコ裏巻き、つくね串、ツナのクロワッサンサンド、生野菜、プチケーキ2種。スープは、マシュルームスープでした。
時間もないのでとりあえず、口に放り込む、といった感じで軽食をいただき、搭乗開始時刻を5分ほど過ぎたころ、ラウンジを後にしました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2015/12/17 22:47】 | シンガポール2015.12
【タグ】 デルタ航空  デルタスカイクラブ  
トラックバック(0) |
バードパークとクリスマスイルミネーションと。
〔シンガポール弾丸旅行2015.12〕

シンガポール2015.12オーチャードクリスマス


12月4~6日のシンガポール旅行は、オーチャード通りのクリスマスイルミネーションを見るのがひとつの目的でした。
10月のシンガポール弾丸旅行を先にアップすると、オーチャード通りのクリスマスイルミネーションは年が明けてしばらくしてからのアップとなってしまいそうです。年が明けてからの“クリスマス”というのもなんか興ざめって感じになるので10月のシンガポール弾丸旅行を後に回し、12月のシンガポール旅行を先にアップします。

【旅程】
第1日(2015,12.4)
NRT17:30 ⇒(DL615)⇒ SIN0:40

第2日(2015.12.5)
SIN →〔MRT〕→ チャイナタウンコンプレックス(朝食) → 〔MRT/バス〕 → ジュロンバードパーク→
→ 〔バス/MRT〕 → オールドエアポートフードコート(昼食) → 〔MRT〕 →チャイナタウン →
→ チャイナタウン・ジャマエモスク→チャイナタウン・スリマリアマン寺院 → 中華菓子店・東興 →
→ オーチャード通り(クリスマスイルミネーション) → SIN(空港巡り)

第3日(2015.12.6)
SIN 6:50 ⇒ (DL616) ⇒ NRT 14:20

★          ★         ★        ★        ★

〔 1日目 : 2015.12.4 ① 〕

午後から半休をもらい、正午でお仕事終了!。
速攻で、帰宅し、シャワーを浴び、荷物を持ち自宅を後にしました。

シンガポール2015.12出発

青砥から15時9分発の京成アクセス特急に乗り、成田空港へ向かいました。
京成スカイラナイナーは、早くて快適なのですが、1200円の特急料金が、どうにももったいない。なんせ20分ぐらいしか違わないのですから。
リュック1つで行く、弾丸旅行は、特急料金のかからない“アクセス特急”です。

シンガポール2015.12成田空港

成田空港に到着して、すぐに第1ターミナル北ウィングでチェックインをせずに、まず南ウィングへ。
映画「スターウォーズ」とコラボ(正確には成田HUMAXシネマズとのコラボみたいですが)したクリスマスツリーが飾られていました。
「スターウォーズ」は、12月18日の全世界での公開に向け、プロモーションがすごいです。シンガポール・チャンギ空港でもプロモーションが実施中とのことです。

シンガポール2015.12成田空港

第1ターミナル中央ビルのショップ&レストランエリア入口付近のクリスマスイルミネーションです。

シンガポール2015.12成田空港

そして第1ターミナル北ウィング・ガラスタワー前のクリスマスツリーです。

シンガポール2015.12成田空港
シンガポール2015.12成田空港

南北両ウィングのクリスマスツリー見た後、チェックインしました。
今回もゴールドメダリオン特典でエコノミーですが、スカイプライオリティーカウンターでチェックインしました。

シンガポール2015.12成田空港

今回、私の母親から託されたユーロのコインを募金しました。私も最近はヨーロッパ方面への旅行はしないので。

シンガポール2015.12成田空港

恒例の出発案内ボード撮影です。
搭乗するデルタ航空615便シンガポール行きは定刻に出発の表示でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2015/12/16 00:18】 | シンガポール2015.12
【タグ】 成田空港  
トラックバック(0) |
2016年デルタ航空カレンダーが到着しました!!


12月2日だったと思いますが(10日ほど前ですが、もうアヤフヤになっています。)、我が家の郵便受けのチラシの下にこのような封筒が入っていました。
2016デルタ航空カレンダー

そろそろ来るころだなあー、と思っていましたが、2016年デルタ航空カレンダーが到着しました。2015年カレンダーよりひと回り小さく我が家の郵便受けにすっぽり入る大きさでした。
2015年、今年のカレンダーは、郵便受けに入らない大きさで、配達した“日本郵便”の配達員は、無理やり郵便受けに突っ込み私が大いに怒った記憶があります。
ちなみに配達は、“日本郵便”から“ヤマト運輸”に変更となっていました。

2016デルタ航空カレンダー
2016デルタ航空カレンダー

中を開けると2016年デルタ航空カレンダーとひと言だけが書かれたこのカードが入っていました。
恥ずかしながら英語が不得手な私にはこの 「With The Compliments of 」の意味がわかりません。調べてみると「謹呈」とか「贈呈」とかの意味だそうです。いやぁ~、勉強になりました。
でも単純に“プレゼント”って書いてくれればいいのに。

2016年デルタ航空カレンダーの中を見て見ると、デルタ機の地上や空中での様々なシーンでした。今年の南北アメリカの各地の風景よりエアラインらしいカレンダーです。
2016年デルタ航空カレンダー12ヶ月のうち、いくつかピックアップしてみました。
2016デルタ航空カレンダー
2016デルタ航空カレンダー
2016デルタ航空カレンダー
2016デルタ航空カレンダー

早速、この2016年デルタ航空カレンダーを我が家のキッチンそばの壁にセッティングし、新年を待つことにします。
今年もあと僅か。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:マイレージ - ジャンル:旅行

【2015/12/12 22:21】 | デルタ航空マイレージ「スカイマイル」
【タグ】 デルタ航空  カレンダー  
トラックバック(0) |
準備編に始まり約4ヶ月に渡った“サンフランシスコ旅行記”も帰国へのデルタ航空シアトル発羽田行き搭乗記となりました。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 5日目 : 2015.7.21 ⑩ 〕
〔 6日目 : 2015.7.22 〕

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル発羽田行き

シアトル・タコマ空港S2ゲートから19時48分発デルタ航空581便に搭乗しました。
搭乗前にゲートカウンターでコンフォートプラス座席への変更をお願いしてみました。ゴールドメダリオン特典でコンフォートプラスへは72時間前から無料でできますが、この時まで変更する機会がありませんでした。カウンターの男性係員は、面倒くさそうに笑顔のひとつもなく、もくもくと変更してくれました。
ところでこのシアトル・羽田便は、残念なことに本年9月30日をもって運休となり、デルタ航空はこの羽田発着枠を返上しました。羽田シアトル線は、搭乗率が悪く、季節運行となっていましたが、他の米系エアラインからそんな運行なら我々によこせ、と“ものいい”がつき、航空当局からデイリー運行を求められました。結局、デルタは、営業上の観点から運休・発着枠の返上を決めました。
将来のことはわかりませんが、私にとってこれが最初で最後のデルタ航空羽田・シアトル線の搭乗になるかもしれません。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル発羽田行き

帰国便デルタ航空581便の機材は、ボーイング757-300ERでした。座席は2×3×2の横7列のシート配置です。
人に挟まれる席の多い、B777やB747より好きな機材です。ちょっと小さいのが難点ですが、搭乗率の悪い羽田・シアトル線にはちょうど良いのかもしれません。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル発羽田行き

水平飛行に移り、おしぼりサービス後、しばらくしてドリンクサービスがありました。
クランベリーミックスドリンク(クランベリー+アップル)をお願いし、おつまみにおなじみのプリッツェルとピーナッツがついてきました。ふたつを合わせればアメリカの“柿の種”!?

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル発羽田行き機内食

そして、ディナーがサービスされました。シアトルの空港でさんざん食べたのにお楽しみの機内食はまた別です。メインの付け合わせがちょと違うような気がしますが、配れたメニューには次のように書かれていました。
 ・鶏胸肉チーズとブロッコリー詰め、ローストコーン・赤ピーマン・レッドスキンマッシュポテト
 ・シュリンプカクテル
 ・ガーデンサラダ
 ・パンとバター
 ・クッキーとクリームブラウニー
メインは写真映りが悪く、あまり美味しそうには見えませんが、これがどうしてなかなかの美味。“まいうー”でした。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル発羽田行き機内食

フライトの途中では、アイスクリームが配られました。バニラアイスをチョコビスケットで挟んだアイスでした。
乾燥した機内では、冷たいアイスはことのほかおいしい。日系エアラインのように“ハーゲンダッツ”とはいきませんねえ。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル発羽田行き
SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル発羽田行き機内食

そろそろ日本が近づいてきたなあ、とフライトマップを見ていたら、到着前の軽食がサービスされました。
 ・卵、トマト、チェダーチーズのクロワッサンサンドイッチ
 ・フレーバーヨーグルト
 ・キットカット(チョコ)

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル発羽田行き到着

食べ終わると、機は間もなく最終着陸態勢に入り、定刻より30分近く遅れて羽田空港に到着しました。
降機すると明るくきれいなボーディングブリッジでした。
最近開業した国際線ターミナルの増築部分かな、と思いました。すると入国審査場まではかなりの距離があるはず。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル発羽田行き到着

案の定、行けども行けどもなかなか入国審査場に着かず。動く歩道はあるものの結構な距離がありました。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル発羽田行き到着

やっとたどり着いた入国審査場です。きれいなターミナルにこの無粋なテーブルと看板。センスがないこと甚だしい。
設計時の読みが甘いのか、急激な円高で旅客動向の変化があまり大きかったのか。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル発羽田行き到着

羽田国際線の到着ロビーはあまり写真映えしませんので写真はなし。到着案内で旅を締めくくります。
定刻より30分近く到着が遅れたものの、到着後約20分で入国審査を終え、荷物を受け取り到着ロビーに出てきました。
ここから京急線に乗り、自宅へ向かい、日付が変わったころ、自宅に着き、この旅を終えました。


今回の旅行による獲得マイルは、以下の通りです。
【獲得マイル】
今回の獲得マイル 11,845マイル
MQM(メダリオン資格算定マイル) 11,845マイル
2015年累計MQM      37,935マイル(2014年繰越13,087マイル)

★          ★         ★        ★        ★


12月6日、クリスマスイルミネーションが街を彩るシンガポールの弾丸旅行から無事帰国しました。
今回もよく歩き、よく食べた旅でした。写真の整理がつきしだい旅行記をアップしたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/12/08 21:13】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 デルタ航空  機内食  
トラックバック(0) |
ホノルル経由初サンフランシスコ2015.7(シアトル空港:デルタ航空ラウンジ『デルタスカイクラブ』)
今回は、シアトル・タコマ空港のデルタ航空ラウンジの「デルタスカイクラブ」についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 5日目 : 2015.7.21 ⑨ 〕

チャウダーなどを味わった後、羽田行きが出発するターミナルSへ移動し、デルタ航空ラウンジの「デルタスカイクラブ」を訪ねました。
SFO+HNL2015.7シアトル空港デルタスカイクラブ

19時48分発デルタ航空581便東京羽田行きの出発まで1時間ほどとなり、あまりゆっくりできませんが、まずは受付。陽気な男性と女性の係りに迎えられました。

SFO+HNL2015.7シアトル空港デルタスカイクラブ

ブラウン系でまとめられたラウンジは、落ち着いた中にもスタイリッシュなインテリアです。
1脚ごとに衝立がついたような1名用のソファが置かれています。1人で旅するビジネスパーソンなどには他人の視線が遮られゆっくりできて人気があるのでしょうか。アトランタやL.Aのラウンジにも置かれていた記憶があります。

SFO+HNL2015.7シアトル空港デルタスカイクラブ

バーカウンターとブッフェカウンターは、白と青の現代的な感じです。
アルコール類は、未成年に対する問題もあるためかバーカウンターでオーダーする形式です。下戸の私には関係のないことですが、“おかわり”がしにくいのでは?と思いますが余計なお世話ですかね。

SFO+HNL2015.7シアトル空港デルタスカイクラブ

チキンサラダと豆のサラダがありました。おいしそうでしたが、いただきませんでした。

SFO+HNL2015.7シアトル空港デルタスカイクラブ

野菜スティックとその隣には私の好きなやわらかいチョコチップクッキーがありました。

SFO+HNL2015.7シアトル空港デルタスカイクラブ

スープ2種類とナッツ類がありました。

SFO+HNL2015.7シアトル空港デルタスカイクラブ

既にチャウダーをいただいているのと、搭乗時刻が迫っていたため、いただいたのはこれだけ。
このスープがトマトベースの味で絶品でした。
以前は、野菜スティックとか、ナッツぐらいしかなかった『デルタスカイクラブ』ですが、飲食関係がだいぶ充実してきました。

★          ★         ★        ★        ★


今日、12月4日(金)17時30分発デルタ航空便ですっかり恒例になってしまった0泊3日のシンガポール弾丸旅行に行ってきます。クリスマスイルミネーションとB級グルメを楽しんでこようと思っております。
サンフランシスコ旅行記は間もなく終わりますが、10月のシンガポール弾丸旅行記を一旦飛ばして今回の旅行記を先にアップしようかなあ。
それでは、いってきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/12/04 00:06】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 シアトル空港  デルタスカイクラブ  
トラックバック(0) |
ホノルル経由初サンフランシスコ2015.7(シアトル空港:チャウダーで美味しいトランジット)
サンフンスシコからのフライトを終え、東京・羽田便を乗り継ぐためにシアトル空港でトランジットしました。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 5日目 : 2015.7.21 ⑧ 〕

SFO+HNL2015.7シアトル空港

サンフランシスコ発シアトル行きデルタ航空5827便は、ほぼ定刻にシアトル・タコマ空港ターミナルBに到着しました。
シアトルでのトランジットは約2時間です。

SFO+HNL2015.7シアトル空港

飛行機を降りてまず向かったのは到着したターミナルBに隣接する中央棟にあるここ『Ivar's アイバース・フィッシュバー』。シアトルの有名なシーフード・レストランの空港店です。
空港店ですのですぐに提供できる“エキスプレスメニュー”があり、向かって右側の列が“エキスプエレスメニュー専用ライン”です。

SFO+HNL2015.7シアトル空港

『アイバース』の“エキスプレスメニュー”です。お値段は、もちろん空港価格でちょっとお高めです。
お目当てのクラムチャウダーは、レッドとホワイトの2種類ありましたが、ここはやはり定番の“ホワイト”で。

SFO+HNL2015.7シアトル空港

オーダーしたのは、クラムチャウダー(ボウル)、ダンジネスクラブカクテル。
タップリ入ったクラムチャウダーは、熱々でクリーミーでまさに“まいう~”です。サンフランシスコ・フィッシャーマンズワーフで食べたボーデンのチャウダーより好みかも。
ダンジネスクラブは、ちょっとパサパサしていてあまり蟹のうま味がなく、残念なお味でした。サンフランシスコ・フィッシャーマンズワーフで食べられなかったので期待していたのですが、ちょっとがっかりでした。これだったらチャウダーだけにしておけばよかった。
この2品で約2,000円。高っ!!
クラムチャウダー〔ボウル〕($5.99≒740円)
ダンジネスクラブカクテル($9.29≒1,140円)

SFO+HNL2015.7シアトル空港
SFO+HNL2015.7シアトル空港

チャウーとダンジネスクラブをいただいたのは、アイバースのすぐそばにあるフードコートの飲食スペース。でも飲食しなくても誰でも自由にフライト待ちのために使用できるスペースでもあります。
高い天井とその天井まで届く大きなガラス窓から差し込む太陽光で明るく開放的です。ところどころにグリーンも置かれなんとも居心地の良いエリアです。

SFO+HNL2015.7シアトル空港

窓際に置かれたイスの一部はロッキングチェアになっていました。
空港でフライトを待つひととき、飛行機を見ながらゆらゆらとロッキングチェアに身を委ねる。なんとも素敵で優雅ですな。こんな空港は初めてです。

SFO+HNL2015.7シアトル空港

チャウダーなどを食べすっかり寛いでしまいましたが、羽田行きの出発まで1時間ほどになり、羽田行きが出発するターミナルSへ向かいました。

SFO+HNL2015.7シアトル空港
SFO+HNL2015.7シアトル空港

ターミナルSへはシャトル(電車)に乗って移動します。この電車は、地下を走り外を見ることができないのが残念ですが、ターミナル間の移動に電車を利用するのは結構楽しかったりします。

SFO+HNL2015.7シアトル空港

ターミナルSに到着して、すぐにデルタ航空ラウンジの「デルタスカイクラブ」へ向かいました。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/12/02 20:34】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】  シアトル空港  シーフード  チャウダー  
トラックバック(0) |