FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
サンフランシスコ発シアトル行きデルタ航空5827便ファーストクラス搭乗記についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 5日目 : 2015.7.21 ⑧ 〕

帰国のため、まずは、サンフランシスコからシアトルへ向け15時40分発デルタ航空5827便に搭乗しました。前回アップしましたが、ゲートでグレードアップされたので“ファーストククラス”になりました。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル行き

デルタ航空5827便シアトル行きです。国内線なので小型機です。15時25分ごろサンフンシスコ空港44番ゲートから搭乗しました。
米国内線ですが『ファーストクラス』と称するものに乗るのは多分生まれて初めてなのでちょっとワクワクします。それにして『ファーストクラス』って、響きの良い言葉ですね。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル行き

搭乗機エンブラエル175型機の“安全のしおり”です。
私は、多分、このエンブラエルという型の飛行機に乗るのは初めてだと思います。
搭乗して座席につくと離陸までのわずかな時間にすぐに飲物の希望が聞かれ“ウェルカムドリンク”がサービスされました。ドリンクはアルコールを含め好きなものが注文できました。
そしてデルタ航空5827便シアトル行きは、定刻に出発しました。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル行き

グレードアップされたファーストクラスの座席です。ファーストクラス座席は1×2の配置。私の座席は1C、窓側でした。
シートの幅はゆったりしていましたが、シートピッチは私の短い脚をなんとか投げだせる程度であまり広くはありません。
映画や音楽のサービスはありませんでした。飛行時間が短いので窓からの風景を楽しんだりして退屈するほどではありませんでしたが、音楽ぐらいあってもいいような気がしました。ファーストクランスなんですから。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル行き

機が上昇を続ける中、機外に目をやると広大な農地と思われる土地と蛇行する河川が見られました。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル行き

飛行機が水平飛行に移ると、ペットボトルのミネラルウォーターが配られ、飲み物がサービスされました。
飲物はダイエットコークをお願いしました。
飲物がプラスチックのカップではなく、グラスでサービスされるところとペットボトルが配られるところがファーストクラス。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル行き

飲物がサービスされるとその後“スナック”がサービスされました。このフライトは食事のサービスはありません。
差し出された大きなトレイには、チップス、クッキー、チョコレート、バナナなどが載せられていました。チップスとチョコをいただきました。
スナックのトレイは、コンフォート・プラスの乗客にサービスされた後、もう1度回ってきました。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル行き

しばらく飛行するとこんな山が見えました。山の形から一瞬、シアトルにほど近いところにある『マウントレーニエ』かと思いました。でも、それにしては低すぎるし、飛行時間からしてシアトルまではもう少しあるし、勘違いでした。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル行き

到着時間からしてそろそろシアトルに到着するころだなあ、と思っていると雲を突き抜け、雪を戴く高い山が見えてきました。今度こそ『マウント・レーニエ』でしょう。
『マウント・レーニエ』は、その山の形で日本人からは“タコマ・富士”とも呼ばれています。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル行き
SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル行き

そして機が最終着陸態勢に入るとシアトルの街並みが見えてきました。シアトルはエメラルドシティーと呼ばれ、緑と水に恵まれた美しい街だということですが、上空から眺めるとそれがなんとなく見てとれます。

SFO+HNL2015.7デルタ航空シアトル行き

シアトル・タコマ国際空港に到着しました。ほぼ定刻の到着です。この空港もアメリカを代表する大きな空港でデルタ航空の主要拠点といってよいでしょう。
ここシアトルで帰国へ向けての最終行程、東京・羽田行きに乗り換えました。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/30 21:27】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 デルタ航空  サンフランシスコ  シアトル  機内食  
トラックバック(0) |
帰国のためサンフランシスコ空港へ向かいました。その際に確認不足から空港アクセスBARTに乗り間違いそうになるというハプニングが発生。少々焦り、ちょっぴりドッキリ。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 5日目 : 2015.7.21 ⑦ 〕
お腹がはちきれんばかりに飲茶を食べ後は、ホテルへ戻り、荷物を受け取りサンフランシスコ空港へ向かいました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ空港

ホテルからBARTモンゴメリー駅へ。そこから空港方面Millbrae行きに乗車しました。反対方向の電車に乗ってしまうと大変なことになるのでここは行先は慎重に確認しました。
乗ってしばらくしてさりげに車内の路線図を眺めていると、空港駅は、支線のようにちょこっと飛び出ていて、空港とMillbraeの間には「 MON-FRI After 8pm 」の但し書きがあります。この電車はMillbrae行き、もしかするとサンフランシスコ空港へは行かないのではないか、そんな不安が・・・。
そこで、空港へ行くと思われる大きなスーツケースを持つ家族連れ方に「この電車は空港へ行きますか?」と聞いてみると「空港に行きますよ」との答えが返ってきて一安心。すると・・・
近くの他の乗客から「この電車は空港には行かない。乗り変えなさい。」の言葉をかけられました。そこであわてて次の駅で降りて“サンフランシスコ空港行き”に乗り換えました。「空港に行きますよ」と答えてくれた家族連れの方もいっしょに下車。
あぶなかったあ~。
チャイナタウンでゆっくりし過ぎて空港へ行くのが遅くなっていたのでそのままMillbraeまで乗ってしまっていたら飛行機に乗れなかった可能性もあり、今考えるとヒヤヒヤものです。
写真は最初に乗った電車を降りて空港行きに乗り換えた時に撮ったものです。

BARTは、平日午後8時以前のMillbrae行きはサンフランシスコ空港には行きません。必ずこの「 SFO  AIRPORT 」の表示の電車にお乗りください。
土曜、日曜は、終日 Millbrae行きは空港駅に停車し、空港止まりの電車はないようです。


SFO+HNL2015.7サンフランシスコ空港

そんなドタバタをやらかしはしたものの、なんとかサンフランシスコ空港に到着しました。
BARTの空港駅から空港内のエアトレンに乗り、ターミナル1駅で降りてこの通路を渡るとすぐにデルタ航空のカウンターがありました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ空港

帰国に向けここサンフランシスコからシアトルへ行き、そこで東京羽田行きに乗り継ぎます。
まず、このデルタ航空のカウンターでチェックインしました。最近リフォームしたのか、現代的なきれいなカウンターでした。
出発まで1時間30分を切っており、ちょっとドキドキしながらカウンターへ向かいましたが、無事にチェックインを済ますことができ、ホッとしました。
アメリカは、保安検査にやたらと時間がかかるのでゴールドメダリオンの特典・スカイプライリティーの優先ラインでも結構時間を取られます。そのためすぐに保安検査場に向かいました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ空港

発着便が多いアメリカの出発案内は、出発時間順ではなく、アルファベット順です。搭乗するデルタ航空5827便シアトル行きは、定刻の出発のようです。
便の遅れて羽田便への乗り継ぎのためにシアトル空港を走る、などという事態はとりあえず避けることができそうです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ空港

サンフランシスコ到着時にも通った太陽光が差し込む明るいコンコース。
搭乗まであまり時間がなかったのですが、サンフランシスコ空港のラウンジを見てみたくてデルタ航空ラウンジの『デルタスカイクラブ』を探しますが、みつかりません。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ空港
SFO+HNL2015.7サンフランシスコ空港

シアトル行きのデルタ航空5827便が出発するサンフランシスコ空港44番ゲート。
ここでゲートカウンターにいた東洋系の女性係員の方に拙い英語でラウンジの場所を尋ねると
「日本の方ですか?」とあらあら流暢な日本語で答えが返ってきました。
彼女によるとラウンジは現在リフォーム中でチェックインカウンターのところに臨時ラウンジが設けられているとのこと。
間もなく搭乗時間ですので今からチェックインカウンターのところまで戻ってラウンジに行く時間はありません。今回、サンフランシスコのデルタ航空ラウンジ訪問は諦めました。
そして彼女は私に搭乗券を見せるように言うと端末をたたき
「ファーストクラスのお席にアップグレードしましょう」という嬉しいお言葉の後、新しい搭乗券をくれました。

次回は、デルタ航空シアトル行き5827便の搭乗記をアップします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/27 21:31】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  サンフランシスコ空港  
トラックバック(0) |
帰国直前、サンフランシスコ・チャイナタウンで飲茶ランチをいただきました。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 5日目 : 2015.7.21 ⑥ 〕

ホテルをチェックアウトし、飲茶ランチのためにチャイナタウンのレストランへ向かいました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン飲茶

チャイナタウンの飲茶ランチのためにやってきたのはこの『新亜州大酒楼 New Asia Restaurant 』です。
実は当初、他のレストランを考えていたのですが、この旅への出発直前に世界各都市の路面電車を訪ねるテレビ番組『世界各街停車』でサンフランシスコ編が放映され、チャイナタウンのこのレストランが紹介されていました。
そこは、ミーハーの私、ランチをいただくレストランを『新亜州大酒楼 New Asia Restaurant 』に変更してしまいました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン飲茶

店内に足を踏み入れると思っていた以上に大きな店でした。
ちょうどランチタイムとあって大きな店内にたくさんのお客さん。空いているテーブルを探すのが難しいくらいでした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン飲茶

この店は、点心をワゴンに載せてサービスしています。人手がかかるためこの方式をとる店はだんだん少なくなっているそうです。でも、飲茶は、ワゴンが自分のテーブルにきて、蒸篭の蓋をあけてもらい、食べたいもの、美味しそうなものを指差していただくのが楽しみ。だから私は飲茶を食べるときはワゴンサービスの店を選んでいます。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン飲茶

伝票とメニューです。
蒸篭をとると、ポンポンと伝票にスタンプを押すのはこの店でも同じです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン飲茶

シューマイ、焼き餃子、海老蒸し餃子、海鮮蒸し餃子。
この旅の初日で訪れたハワイ・ホノルルの『レジェンドシフードレストラン』の飲茶は、1つの蒸篭に3コでしたが、ここは4コでボリューミーです。
お味は、贔屓のホノルルのレジェンドシーフードレストランに負けず劣らずおいしい。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン飲茶

春巻き。やっぱり春巻きもオーダーしないとね。こちらも4本。
サクサクでおいしい。私は、レジェンドの春巻きよりこちらの方が好みかな。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン飲茶

食べ過ぎかなあ、どうしようかなあ、と考えたものの結局オーダーしてしまった“ハウス焼きそば”。つまり“当店特製”です。
こちらは、レジェンドの方がちょっと上かな、と思いはしましたが、その差は僅差です。
いやー、チャイナタウンの飲茶、思いっきり食べました。おいしかったあ~。大満足。


【 新亜州大酒楼 New Asia Restaurant 】
住 所 : 772 Pacific Ave.
営 業 : (月)~(金)10:00~15:00
(土) ・ (日) 8:00~15:00
     (月)~(日)17:00~22:00
行き方 : チャイナタウンゲートから徒歩約10分

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/25 20:47】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  チャイナタウン  飲茶  
トラックバック(0) |
帰国を前にサンフランシスコでの最後のランチのためにチャイナタウンを訪ねました。今回はランチに先立ち、まず、チャイナタウンの街の様子についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 5日目 : 2015.7.21 ⑤ 〕
グレース大聖堂、ケーブルカー博物館の見学を終え、ホテルに戻り、チェックアウトしました。
そしてホテルに荷物を預け、かつて「♪サンフランススコのチャイナタウン、夜霧に濡れて~」と歌に歌われたチャイナタウンへと向かいました。
“かつて歌に歌われた”と書いておりますが、その歌がヒットしたのは昭和25年だそうですから、歌をご存知の方は少ないはず。私も、まだ、生まれておりませんっ!
でもなぜか、私、最初の一節だけを口ずさめるんです。母のお腹の中にいた時に聞いた? それもありません。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン

宿泊したホテル・タージ・カンプトン・プレイスのあるユニオンスクエアから5分ほどで、ドラゴンゲートと呼ばれるこのチャイナタウン入口ゲートに着きました。かなり広いサンフランシスコのチャイナタウンですが、ゲートはこの門だけのようです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン

世界各国の大都市にある“チャイナタウン”ですが、やはり都市によってその趣きはまったく違います。サンフランシスコのそれは、私が訪ねたホノルルのものとも、シンガポールのものとも、ペルー・リマのものとも違います。あくまでも私の個人的感想ですが、サンフランシスコのチャイナタウンは、何か建物がマンガチックな感じがしませんす。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン

サンフランシスコのチャイナタウンは、漢字が少なく、英語が多いような気もします。気のせいかな?

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン

サンフランシスコのチャイナタウンは、けっこう広い。全米で最大、中国以外では世界最大といわれるほど広いんです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン

チャイナタウンからは、サンフランススコの名物ビル、トランス・アメリカ・ピラミッドビルが見えました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコチャイナタウン

赤と緑のドラゴン、ブッダなどが描かれたチャイナタウンらしい、ウォールペイント。描かれているビルがいかにもアメりカらしい古いビルでしょ。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/23 16:38】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  チャイナタウン  
トラックバック(0) |


-
相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、clickがトップレベルドメインです) konkatsunew.click 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。管理人


管理人
相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、clickがトップレベルドメインです) konkatsunew.click 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。管理人

コメントを閉じる▲
今回は、ケーブルカーの各種資料が展示された『ケーブルカー博物館』についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 5日目 : 2015.7.21 ④ 〕
グレース大聖堂からサンフランシスコが坂の街をあることを実感しながら歩いて『ケーブルカー博物館』に向かいました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー博物館

グレース大聖堂から10分ほど歩いたでしょうか、ここ、『ケーブルカー博物館』に着きました。
そもそも、ここは、ケーブルカーの動力源であり、車庫でもあるのです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー博物館

『ケーブルカー博物館』に入るとケーブルカーを模ったこんなボードがありました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー博物館
SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー博物館

『ケーブルカー博物館』に入り、階段を登るとまず目に飛び込んでくるのは巨大な車輪が並び回転している様です。
巨大な車輪は、路線ごとにあり、それぞれの路線のケーブカーの動力源になっています。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー博物館

動力源のそばには、入場無料のこの博物館のための募金を募るちょっとかわいい“募金箱”がありました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー博物館

初期のケーブルカーの車両です。ほとんど吹きっさらしですな。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー博物館

館内には、ケーブルカーの工具、台車などの車両の一部、初期ケーブルカーの乗車風景のイラストなど、ケ-ブルカーにまつわる様々な資料が展示されています。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー博物館
SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー博物館

もう少し後の時代のクラシックケーブルカー。
吹きっさらしには変わりありませんが、車両が大型化しています。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー博物館

さらに時代が進むと大型の箱型車両となり、風雨の影響を受けないようになったようです。


英語がわらない私でも展示品からケーブルカーの歴史、運行システムなどが学べ、しかも入場無料。
時間があればお勧めのスポットです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/21 22:39】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  ケーブルカー博物館  
トラックバック(0) |
前回に引き続き、今回もサンフランシスコ・ノブヒルにあるグレース大聖堂についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔5日目 : 2015.7.21 ③ 〕

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

サンフランシスコ・ノブヒルにあるグレース大聖堂です。
この大聖堂は、歴史的建造物ではありませんが、現代的な中にあって古典的な美しさが詰まっている、そんな印象を受けました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

大聖堂の主祭壇の横にある、礼拝堂です。
これだけでも小さな教会ぐらいはありそうな大きさです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

礼拝堂の祭壇は、精密な彫刻が施された美しい祭壇でした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

グレース大聖堂には、他にこんな小さな礼拝堂もありました。礼拝堂祭壇の背後にはキリストの美しい絵画で飾られていました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

マリアとキリストの美しいステンドグラスと現代芸術のオブジェ。どちらがメインということもなく、二つがそれぞれの美しさをひきたてている、そんな感じがしました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

聖堂に入って左側に『Aids Interfaith Memorial Chapel 』と名付けられた小さな礼拝堂があります。
 “Interfaith”は、異教徒間の、とか、異宗教間の、とかの意味だそうですから、これを意訳すれば『あらゆる宗教の教徒(信者)のためのエイズ記念碑礼拝堂』ってところでしょうか。う~む、なんかしっくりこないな。 

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

これは祭壇に飾られていたグラフィックアーティストのキース・ヘリングの最後の作品「キリストの生涯」です。
キース・ヘリングの絵は、たいていの方はどこかで目にしたことがあるはず。
エイズ撲滅を願いキース・ヘリングはこの作品を完成させましたが、その2週間後にエイズで亡くなったそうです。


帰国日の午前中で時間に制約がある中、宿泊ホテルからあまり遠くないところという理由もあってこの『グレース大聖堂』を訪問したのですが、思わぬ掘り出し物に巡りあった、そんな感じでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/19 21:55】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】  サンフランシスコ  グレース大聖堂  
トラックバック(0) |
今回は、サンフンシスコ・ノブヒルにある美と静寂のグレース大聖堂についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 5日目 : 2015.7.21 ② 〕
ケーブルカーを降り、小洒落た公園に立ち寄った後は、目的のグレース大聖堂に入りました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

ノブヒルの丘の上に立ち、キリスト教監督派(こんな宗派があるんですね)の中で全米3番目の大きさのグレース大聖堂。
そもそもこの教会はは、1849年に建立され、1906年の震災で消失、現在の聖堂は1964年に完成したそうです。従ってこの建物は歴史的建造物ではありません。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

グレース大聖堂の中に入ると静寂な中に厳粛な空気が漂ったその巨大な空間に思わず「ほおぅ~」と口をついて出てしまいます。日本の建築物ではこのような巨大な空間を持つものは私の知る限りではそう多くはありません。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

大聖堂の入口付近の床には迷路がデザインされていました。
ちょうど私が写真を撮ろうとした時にはここをゆっくりと辿る方がいて
思わず「さっさと退いてくれよ~」と心の中で叫んでしまいました。
でもこれは何か宗教的な意義や意味があるのでしょうか?
もし、そうだとしたら、敬虔な信徒の方を例え心の中であったとはいえ、罵倒してしまった私は、とんだ不信心者ということになります。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂
SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

大聖堂の祭壇。
ステンドグラスがとても美しく、一見、オブジェにも見えるパイプオルガンも素敵です。
もし、ここでパイプオルガンでも響いてこようものなら、跪いて「おぉ~、主よ!」などと口走ってしたかもしれない。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

祭壇あたりから後ろを振り返ると、大きな丸いステンドグラスがありました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

そして、大聖堂側面にあたる部分にもこのような美しいステンドグラスがありました。


もう少しグレース大聖堂をご紹介したいので、次回も引き続きグレース大聖堂についてアップします。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/17 21:11】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  グレース大聖堂  
トラックバック(0) |
今回は、ケーブルカー・カリフォルニア線についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 5日目 : 2015.7.21 ① 〕

帰国日ですが、午後のフライトなので午前中も少し市内を見てまわりました。
朝食を終え、ミュニメトロFライン、そしてケーブルカーのカリフォルニア線に乗り継ぎグレース大聖堂へと向かいました。
朝食は、またまたホテルのフリーのコーヒーとマフィン。いや、ほんとうにおいしいコーヒーとマフィンなので、これで満足してしまうんです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

エンカーバデロのケーブルカー・カリフォルニア線乗場(起終点)。
ユニオンスクエアのケーブルカー乗場(起終点)と違い、ターンテーブルはありません。カリフォルニア線ケーブルカーの車両には
両端に運転台があるので起終点で回転させる必要がないとのことです。だから車両の長さがその分、長い。
そしてもうひとつの違いは、観光客が少なく、乗場の行列がないことです。乗場に着くと並ぶことなくすっと乗れ、一番前のシートをゲットしました。
乗って待っているとほどなくケーブルカーは、出発しました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

発車してしばらくすると上り?、下り?、どちらかわかりませんが、エンカーバデロ行きのケーブルカーとすれ違い。
車両の端に乗る、ステップ乗車がカッコイイですな。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

ケーブルカー・カリフォルニア線は、チャイナタウン南側をかすめます。
サンフランシスコのチャイナタウンは、ホノルルのチャイナタウンと違い結構な面積があります。これはこの後、ランチを食べにチャイナタウンを訪ねたときに実感することになります。
ところでケーブルカーは、道路の中央を走っていますが、停留所には安全地帯はありません。そのため停車すると車掌さんが『ストップ』の看板を出し、後ろからくる車を止め、歩道へ安全に渡してくれます。それが車掌さんの大事な仕事のひとつです

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂

グレース大聖堂は、カリフォルニア線の走るカリフォルニア通り沿いにあります。グレース大聖堂が見えてきたので、そろそろ下車かな、と思って車掌さんに聞いたら、ひとつ先の停留所だよ、と教えてくれました。
そして、グレース大聖堂の真正面にケーブルカーは停車し、車掌さんは、『ストップ』の看板を出し、私を降ろしてくれました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコグレース大聖堂前公園

グレース大聖堂の前にはしゃれた小さな公園がありました。
大聖堂のあるノブヒルというエリアは、ケーブルカーの開通でお金持ちが集まるようになったそうです。
そんなところにある公園ですから犬の散歩の途中で休憩しながらおしゃべりしていた飼い主たちもどことなく上品で、犬も高そうな犬種でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/14 18:43】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  ケーブルカー・カリフォルニア線  
トラックバック(0) |
サンフランシスコのミュニメトロFラインには各地からやってきたレトロな車両が走っています。今回は、かつての鉄ちゃんが撮ったストリートカーの車両をアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

サンフランシスコのミュニメトロFラインは、各地からやってきたレトロな路面電車・ストリートカーの車両が走り、まさに動く鉄道博物館です。
私が暮らす東京ではストリートカー・路面電車は、街の交通機関としてはすっかり脇役になってしまいましたが、ここサンフランシスコでは市民の大切な足となっているだけでなく、ケーブルカーとともに街の顔にもなっています。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコストリートカー

この車両は、アメリカのフィラデルフィアからやってきたストリートカーです。カナリヤのような黄色がとても鮮やかですな。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコストリートカー

車内には、このようにその車両の謂れが掲出されています。この車両は、1948年から1989年の間、走っていたそうです。
え~~、もっといろいろと書いてあるぞ、って声が聞こえてきそうですが、それは私になんぞ頼らず、ご自身でお願いします。期待する方が間違っています!!

SFO+HNL2015.7サンフランシスコストリートカー

茶系の落ち着いたカラーリングのストリートカーのです。
カストロからユニオンスクエアまで乗った車両ですが、車内の掲示を撮るのを忘れました。色こそ違え形が似ているので多分フィラデルフィアからきたストリートカーでしょう。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコストリートカー
SFO+HNL2015.7サンフランシスコストリートカー

ストリートカーの車内です。
車内も当時の姿そのままなのかクラッシクな感じです。そのためシートのクッションは悪く、座り心地は決して良いとはいえませんが・・・。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコストリートカー

カラーリングがその昔の“玉電”(東急電鉄玉川線)を思い起こストリートカーです。形が似ているのでやはりフィラデルフィアのストリートカーでしょう。
“玉電”は、渋谷から二子玉川園(現二子玉川)まで玉川通り(国道246号線)を走っていた路面電車です。廃止されたのが昭和の44年ですから走っているのを見たことがある方はあまり多くないでしょう。まあ、正直いって若くはない私だって記憶の片隅にわずかに残っている程度で乗ったことがあるか、どうか定かではありません。
でもその玉電の支線であったのが三軒茶屋・下高井戸間を走る今の東急世田谷線です。
また、その玉電の車両は、渋谷のハチ公広場の一画に置かれています。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコストリートカー

スカイブルーのカラーリングのストリートカー。こちらもフィラデルフィアから来たストリートカーでしょう。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコストリートカー

アメリカ国内からだけでなく、ヨーロッパはイタリア・ミラノから来た市電も走っています。
フィラデルフィアタイプとはだいぶ雰囲気が違いますなあ。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコストリートカー

サンフランシスコの街には、日本でいうトロリーバスも走っています。確か東京にもかつて走っていた記憶がありますが、いつのまにか無くなってしまいました。
今、日本でトロリーバスが走っているのは立山黒部アルペンルートだけではないでしょうか。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコストリートカー

サンフランシスコのトロリーバスには連接バスもあります。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/12 22:32】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  ストリートカー  
トラックバック(0) |
サンフランシスコでの最後の夕食は、ユニオンスクエア近くのイタリアンレストランでいただきました。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔4日目 : 2015.7.20 ⑦ 〕
カストロストリートからユニオンスクエアまで戻り、周辺でお土産やらオフに着る普段着など珍しくショッピングなどをしました。
その後、一旦、ホテルに戻り荷物を置き、夕食に出かけました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ夕食イタリアンレストラン

夕食をとったのは、「地球の歩き方」で“おすすめ”のここ『 Puccini & Pinetti 』というイタリアンレストランです。
ユニオンスクエアから徒歩5分ほどのところにあります。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ夕食イタリアンレストラン

「地球の歩き方」の“おすすめ”とはいえ、外観からはちょっと高級な感じも受けたので身構えて入ったのですが、いたってカジュアルな雰囲気でした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ夕食イタリアンレストラン

まずは、“シーザーサラダ”(税抜き11ドル≒1,350円)をいただきました。
アメリカのレストランでシーザーサラダをたのむとこの細長いレタスが使われていることが多いのですが、日本のスーパーなどではあまり見かけませんなあ。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ夕食イタリアンレストラン

そして“フライドカラマリ”。こちらはJCBカードの特典のサービスです。(本当なら14ドルらしいです。)
サービス、つまり無料なのでもっとショボイものが出てくると思っていたら、あらあらなかなかりっぱな一品でした。
熱々でおいしかった~。無料だから余計にそう感じたのかしら。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ夕食イタリアンレストラン

ピザ・マルゲリータ(税抜き15ドル≒1,850円)。ピザとしてはシンプルですが、いろいろ他に食べる時はこれが一番いいのかも。
ここのピザはちょっと生地が厚めのタイプでしたが、“まいう~”でした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ夕食イタリアンレストラン

パスタ・ペスカトーレ。税抜き29ドル≒3,570円。
アメリカではイタリアンレストランといえどもパスタを食べると、アメリカ人は“アルデンテ”を知らないに違いない、と思えるような茹で過ぎのパスタがしばしば出てくること多いのです。でもここのは完璧なアルデンテとはいかなかったものの、そこそこの茹で加減で出てきました。
お味も魚介のエキスもたっぷりでておいしいパスタでした。
お会計は、税金とチップを入れると私にすれば超、超、超豪華ディナーとなりました。まあ、この旅“最後の晩餐”ですから良しとしましょう。
はちきれんばかりのお腹になって店を後にしました。

Puccini & Pinetti Italian Restaurant プッチーニアンドピネッティ
住所 : 129 Eliis St. (ユオンスクエアから徒歩6分)
営業 : 7:00~22:00  但し(金)、(土)は、~23:00、(土)、(日)は、8:00~


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/09 21:16】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  イタリアン  
トラックバック(0) |
サンフランシスコのゲイの街、カストロストリートをちょっと散歩しました。平日の昼間だったためか、ごくごく普通の街でした。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔4日目 : 2015.7.20 ⑥ 〕
ミッションドロレスを見た後、すぐそばにあるゲイの街、“カストロストリート”を訪ねました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコカストロストリート

カストロストリートの入口にあたる付近には“GLBT”のシンボルの巨大なレインボーフラッグがはためいていました。
“GLBT”とは、Gay(ゲイ)、Lesbian(レズビアン)、,Bisexuality(バイセクシャル)、Transgener(トランスレンジャー)の頭文字をとってつくられた言葉で多様なセクショナリティーを表すのだそうです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコカストロストリート

ミニュメトロのカストロストリート地下駅入口付近は、ハーベイ・ミルクを記念して『ハーベイ・ミルク・プラザ』と名付けられた一画がありました。
ハーベイ・ミルクは、ゲイであるこを公表して1977年にサンフランシスコ市議会議員に当選しましたが、当選後、1年ほどで暗殺されてしまった人物です。サンフランシスコは、いまでこそゲイなどのGLBTに寛容な社会といわれますが、40年近く前はゲイの市会議員は、許し難い存在であったのでしょう。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコカストロストリート

カストロストリートのシンボル、カストロシアターです。
100年以上の歴史を持つ映画館で、ある雑誌の調査では世界の映画館トップ20にも入ったという由緒正しき映画館です。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコカストロストリート

カストロシアターの出入口とチケット売場です。歴史と風格を感じさせるこんな映画館は、今、日本には無いのではないでしょうか。
平日の昼間とあって、この時は何も上映していませんでした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコカストロストリート

この入口やウィンドー部が水色の建物は、GLBT歴史博物館です。
ちょっと興味があって入場してみたものの思ったより狭く、展示物もさほどなく、説明が当然にすべて英語で何もわからず、5分ほどで出てきてしまいました。
入場料5ドル(≒600円)也。さすがにこれは高価、というか意味のない出費でした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコカストロストリート

訪ねたのは平日の昼間。ゲイの街とはいえ、レインボーフラッグがはためき、横断歩道がレインボーカラーであることを除けば他の街と変わらないごくごく普通の街でした。
これが、週末の夜であればまた違った街の姿、妖しい姿も見られたのかもしれません。

★          ★         ★        ★        ★

今日、東武鉄道・秩父鉄道共催のハイキングに参加してきました。途中、玉淀ダム、五百羅漢の少林寺、円良田湖などに立ちよりながら東武東上線鉢形駅から秩父鉄道波久礼駅まで約11キロ。
五百羅漢は少林寺の裏手の山道沿いにあり、この登りが辛かった。登るのに必死で表情豊かな小さな石仏をゆっくり見る余裕などありませんでした。
それにしてもこのハイキング参加者の大半を占める60才台以上の方々の元気さにはほんとうにいつも驚かされます。
ヘロヘロになりながらゴールし、帰りの電車では眠りこけた私、先輩方を見習わなくてはないませんねえ。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/07 20:24】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  カストロストリート  
トラックバック(0) |
ランチの後は、ミッション地区へ向かい、『ミッションドロレス』というサンフランシスコ最古の教会を見学しました。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔4日目 : 2015.7.20 ⑤ 〕
ランチの後、ミュニメトロのFライン(チンチン電車)に乗ってミッション地区に向かいました。地下を走るミュニメトロもありますが、ここは地上を走り車窓を楽しめるFラインを利用。かつての鉄ちゃんとしてはこういう時間は至福のひととき。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコミッションインドロレス

Fラインは、終点のカストロで下車し、抜けるような青空の下、このような街並みを10分ほど歩き、『ミッションドロレス』に向かいました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコミッションインドロレス

そしてこれが1791年に完成したという『ミッションドロレス』です。
「これが、最古の教会か、ずいぶんりっぱだなあ。」と思ったら大きな勘違い。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコミッションインドロレス

ミッションドロレスの大聖堂脇にある小さな礼拝堂(上の写真では建物左側の木の陰になっています)が、サンフランシスコ最古の教会でした。うまく写真がとれなかったのでいただいたパンフレットでその姿をご紹介すると、このようなこじんまりとした建物です。「地球の○き方」には、入場料は任意で5ドル(≒600円)とありましたが、受付があり係りの人がいて当然のように5ドルを支払うことになりました。まあ、神様のご意向ですからここは支払わずに済ますわけにはいきませんけど。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコミッションインドロレス
SFO+HNL2015.7サンフランシスコミッションインドロレス

サンフランシスコ最古の教会内部は、美しい細工のある祭壇とちょっとキリスト教的ではない天井が特徴の内装でした。
祭壇は、建設当時、メキシコから取り寄せたそうです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコミッションインドロレス

最古の礼拝堂には付属の小さな博物館(展示室といっていいほどこじんまりしたもの)がありましたが、説明の英語がわからないのでパス。
そして隣接する大聖堂へも行ってみました。こちらは荘厳なりっぱな聖堂です。
平日の午後とあって私以外には数人しかおらず、静か時間が流れていました。そもそもが祈りの場ですから、大人の観光客が押しかけられても困りますけど。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコミッションインドロレス

ミッションドロレスは、カトリック教会ですが、比較的祭壇は、シンプルです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコミッションインドロレス
SFO+HNL2015.7サンフランシスコミッションインドロレス

入口方向へ振り返えると、ステンドグラスがなかなか素敵でした。
欧米では各所でしばしば素敵なステンドグラスに巡り合えます。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコミッションインドロレス

外には庭の趣きがある墓地がありました。
なぜかディズニーランドのホーテッドマンションを思い出してしまいました。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/05 22:48】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  ミッションドロレス  
トラックバック(0) |
4日目のランチでいただいた『スーパーデューパーバーガー』という店のビッグでボリューミーなハンバーガーについてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔4日目 : 2015.7.20 ④ 〕
ディズニー・ミュージアムの見学の後、シャトルバス“プレシディゴー”でダウンタウンまで戻ってきました。ここで遅いランチを取りました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコスーパーデューパーバーガー

ランチを取ったのはユニオンスクエアより歩いて5分ほどのところにあるこの『スーパーデューパーバーガー』。
文字通りハンバーガーショップで、チェーン店とは一線を画した素材と新鮮さにこだわるグルメバーガーの店です。
赤地に黄色の“M”のマークも、KINGの文字もない、シンプルな店頭です。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコスーパーデューパーバーガー

店内のインテリアもこの通りすっきり、シンプル。余計な装飾は、一切ありません。
ランチの時間もだいぶ過ぎているので、お客さんの数はさほど多くはありませんでした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコスーパーデューパーバーガー

『スーパーデューパーバーガー』でのオーダーは、スーパーバーガーコンボ。バーガーのパテは8オンス(約225グラム)あるそうです。
どんなバーガーが出てくるのか、期待しながら待ちました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコスーパーデューパーバーガー

かつての給食のお盆のようなアルミのトレイにのって分厚いハンバーガーが挟まれたボリューミーなバーガーとたっぷりのフライドポテト。
“ピクルス”は、薄く輪切りにしたものが挟まれているチェーン店と違い、大きなぶつ切りをセルフサービスで好きなだけとることができました。
紙ナプキンは漂泊されていない紙を使用していたり、ドリンクのカップも紙カップではなく、プラスチックのカップを使用しているなどエコへの姿勢もみてとれました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコスーパーデューパーバーガー

肉厚、ボリューミーなバーガー。この撮影の後、ガブリといきましたが、肉汁がジュワっとでておいしくいただきました。
この手の食べものをいただくと、とってもアメリカ~ンな気分になります。
お値段は、コンボ(セット)で税込13ドル、日本円にすると1,600円ほど円高もあって決してお安くはありません。

〔 Suoer Duper Burgers 〕
住所 : 721 Market St.
営業 : (月)~(金)  8:00~23:00
      (土)      10:30~23:00 
      (日)      10:30~22:00


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/11/03 00:32】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  ハンバーガー  スーパーデューパーバーガー  
トラックバック(0) |