ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
フィッシャーマンズワーフの名物と言ってもよい“ボーデンベーカリーのクラムチャウダー”のランチについてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔3 日目 : 2015.7.19 ⑤ 〕
ベイクルーズを終えるとそろそろお腹もへってきたので、ランチに名物“クラムチャウダー”をいただきました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコボーデン

ランチを食べに向かったのはベイクルーズの船着き場からほど近いフィッシャーマンズワーフの有名店のこの『ボーディンベーカリー』です。フランスからの移民一家が始めたパン屋は、ちょっと酸っぱい“サワーブレッド”が有名で150年以上も続く老舗です。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコボーデン

パン工房は、道路に面した部分がガラス張りになっていて、多くの観光客が覗きこんでいました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコボーデン
SFO+HNL2015.7サンフランシスコボーデン

パン工房の中ではこんなカワイイ職人が、マイクで説明しなら名物サワーブレッドをはじめ様々なパンを作っています。こんなネズミやワニの形をしたパンも作っていました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコボーデン

こちらはベーカリー販売部門。パンを買っているのは、フィッシャーマンズワーフというサンフランシスコ有数の観光地なだけに観光客の方などが多いように思われました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコボーデン

こちらはエプロンやTシャツなどを売っている土産屋さん部門です。さすがにこちらは観光客が専門です。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコボーデン

ランチは、こちらのカフェ部門でいただきした。
まずは、レジで注文し、支払いをすると番号を告げられレシートをもらいます。そしてこちらのお渡しコーナーそばでしばらく待っていると番号を呼ばれ、注文した品が渡されました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコボーデン

注文したのは名物サワーブレッドを器にしたクラムチャウダーとクラブケーキサンド。ふたつで20ドルほど(≒2,400円)と私のランチとしては超豪華版。屋外に設けられたテーブルでいただきました。
サワーブレッドに入ったクラムチャウダーは、チャウダーそのものはおいしかったのですが、なにせサワーブレッドが大きくて食べきれずパンはほとんどの残してしまいました。パンはチャウダーが染み込んでいるのでお持ち帰りもできず、心苦しいことにごみ箱行きとなってしまいました。8割ぐらいの方は、パンを食べきれず残していました。
クラブケーキは、蟹の身をポテトなどをつなぎに固めて焼いたものですが、サンドイッチとしても少々塩辛く、いまひとつでした。
やっぱり蟹は、茹でたものを蟹酢で食べるのが一番!?
クラムチャウダー税込9.07ドル(≒1,190円)、クラブケーキ12.94ドル(≒1,590円)。超豪華ランチでした。


励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/09/30 20:58】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  フィシャーマンズワーフ  クラムチャウダー  
トラックバック(0) |
本当は、刑務所島・アルカトラズに行きたかったものの満員で予約が取れなかったためサンフランシスコ湾内を巡る“ベイクルーズ”の遊覧船に乗船し、海上からアルカトラズ島を見学しました。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔3 日目 : 2015.7.19 ④ 〕
海洋公園エリアから歩いてピア39方面に向かいました。
途中に2階建バス“ビッグバス”の案内所があったのでここでバスの乗車券とベイクルーズ乗船券を手配することにしました。ところがカウンターでその旨を話すとなにやら事務所のようなところに案内され、そこで支払いをしました。ビッグバスの案内所と思ったのは旅行代理店だったようです。
支払いを済ますと親切にベイクルーズの乗船場所まで案内まで案内してくれました。最初、案内所に連れて行かれたときはちょっと胡散臭い気がしないでもありませんでしたが値段も特に高くわけでもなく大丈夫でした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

あの最初はちょっと胡散臭い気がした旅行代理店でチケットを買ったので、売場の行列に並ぶことなく乗船券を手にし、乗船の列に並びました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

こちらが私が乗船した『ハーバープリンセス号』です。2階建のけっこう大きな船でした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

これは、乗船中にガイドしてくれたヘッドホンガイド。
このガイドは、英語はもちろんのこと、日、仏、独、西、中などの代表的な言語だけでなく、ポルトガル語や韓国語までガイドできる優れものでした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

出港して少しして見たサンフランシスコ市街。
四角すい型のトランスアメリカピラミッドビルなどの高層ビルや先ほど見たハイドストリートピアを見ることができました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

だんだんゴールデンゲートブリッジが近づいてきました。橋のたもとにある煉瓦造り建物はフォートポイント砦で、もともと橋の建設時に取り壊される予定だったものを保存するため橋のデザインをわざわざ設計変更したたそうです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

船は、ゴールデンゲイトブリッジに近づいてきました。大迫力です。
ゴールデンブリッジは、世界恐慌の最中の1930年に計画されましたが、資金繰りからすぐに着工できず1933年になんとか着工にこぎつけ、4年をかけて建設されました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

ゴーレデンゲートブリッジの真下です。水面からの高さは67メートルもあり、クィーンエリザベス号も通過が可能だそうです。我がハーバープリンセス号は楽々通過できます。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

サンフランシスコ対岸のマリンカウンティー側です。この先に都会のプチリゾート的な街・サウサリートなどがあります。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

行くことができなかった刑務所島・アルカトラズ島が見えてきました。
このアルカトラズ島ですが、有名なギャングのアル・カポネなどが収監されてたことなどからサンフランシスコでも人気の観光スポットです。私も是非訪れてみたいと思い、出発2週間ほど前に入場(島)券・乗船券予約サイトにアクセスするとすべの時間が売り切れ。甘かったあ~。
学校が休みのこの時期(ホリデーシーズン)は、1カ月前の予約でも取れないことがあるそうです。また、サンフランシスコをたずねろっ、てことですね。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

刑務所島・アルカトラズ島には今も当時のままに各種の施設が残っています。アル・カポネなどはどんな思いで収監されていたのでしょうか。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

遠くなっていくアルカトラズ。
水がとても冷たく潮の流れが早いので脱獄不可能といわれたのですが、3名ほどの脱獄者がいたそうで今も見つかっていないそうです。海のもずくと消えたのか、うまいこと脱獄に成功しどこかでひっそり暮らしたのか・・・。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

クルーズも終わりに近づくとベイブリッジも見えてきました。ゴールデンゲートブリッジがあまりに有名で観光ポイント的にはその存在が忘れられがちですが、この橋が注目をされるには夜です。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

クルーズもそろそろ終わりです。再びサンフランシスコの市街地が近づいてきました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコベイクルーズ

約60分のベイクルーズを終え、船着き場に戻ってきました。

★          ★         ★        ★        ★

一昨日、26日(土)に東京・お台場のビッグサイトで開催された『ツーリズムEXPOジャパン』(旧称:世界旅行博)に行ってきました。入場料1,300円(前売り1,100円)も取るのですが、結構な人出でした。以前は、いろいろなノベリティーをくれたりして、それぞれにお国柄が感じられる物があったりして楽しかったのですが、最近は、何もくれない国も多くちょっと寂しくなりました。
そして我が愛する(爆)デルタ航空は、ブースの面積こそ広かったものの私の興味を引くものはなく、ノベルティーをくれるでもなくちょっと残念でした。
そにしても朝の11時ごろから夜の6時近くまでグルグルよく歩きまわりました。疲れたあぁ~。


励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/09/28 21:45】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  ベイクルーズ  
トラックバック(0) |
フィッシャーマンズワーフ西側の海洋公園エリアについてアップします。このエリアは、一般的なフィッシャーマンズワーフのイメージとは違う少し静かなところでした。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔3 日目 : 2015.7.19 ③ 〕
ロンバードストリートからケーブルカーでフィッシャーマンズワーフに向かいました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

ケーブルカーは、途中から乗る場合にはこの看板の下で待ちます。
しばらく待つとケーブルカーが来たので乗車したところ、満員でもないのに車掌からいきなり降りろと言われ、何がなんだか訳がわからないまま降ろされました。キョトンとしたままその場に立っていると近くにいたグループのガイドをしていたボランティアの方が、入口付近に立ってはいけない部分があっり7してた乗れると思っても満員のことがあって乗れないのだと教えてくれました。
つまり“満員”だった、ってことです。だったら乗る前に満員だと言ってくれればいいのにー。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

次のケーブルカーは程なくやってきました。そして乗ったケーブルカーは、すぐに終点のフィッシャーマンズワーフに到着しました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコフィッシャーマンズワーフ
SFO+HNL2015.7サンフランシスコフィッシャーマンズワーフ

ケーブルカーが到着するフィッシャーマンズワーフ西側のこのあたりは国立公園管理局が管理する海洋公園となっているそうでお店やレストランなどはあまりありません。そのようなエリアでもあり、また、朝まだ比較的早いこともあり、人出もあまりありませんでした。
ここからは遠くにゴールデンゲートブリッジを見ることができました。初めて見るゴールデンゲートブリッジです。おぉ~って感じでした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコフィッシャーマンズワーフ

帆船など各種の船が係留されている『ハイドストリートピア』。
船には特に興味もなく、入場料(たった5ドルですけど)もかかるので入場せずに外観見学のみ。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコフィッシャーマンズワーフ

ハイドストリートピアの近くには「ナショナルパークビジターセンター」がありました。入場無料ということもあり、ちょっと覗いてみました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコフィッシャーマンズワーフ
SFO+HNL2015.7サンフランシスコフィッシャーマンズワーフ

館内は、フシャーマンズワーフに関わる歴史などが展示されていました。まあ、説明は当然英語なのでほとんどわかりませんけど。


励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/09/25 23:20】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランスシスコ  フィシャーマンズワーフ  
トラックバック(0) |
世界で最も有名な坂道と言われる“ロンバードストリート”を訪ねました。初めてサンフランシスコを訪ねる観光客にはマスト、定番の観光ポイントです。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔3 日目 : 2015.7.19 ② 〕
名物のケーブルカー・パウエル~メイソン線に乗ってサンフランシスコ名所のひとつ世界一曲がりくねった坂道として有名なロンバードストリートを訪ねました。

HNL+SFO2015.7サンフランシスコ・ロンバードストリート

パウエルストリートから乗車したケーブルカーは、パウエル~メイソン線でした。この線は、坂の下、少し離れたところを通るので坂まで少し歩きました。
ロンバードストリートは、もともとサンフランシスコを東西に走る長い通りの名ですが、あの急な坂の部分のみが有名になってしまいました。

HNL+SFO2015.7サンフランシスコ・ロンバードストリート

急な坂で有名なところまで道を歩いているときに振り返るとこんな風景を見ることができました。サンフランシスコが“坂の街”であることがよくわkります。

HNL+SFO2015.7サンフランシスコ・ロンバードストリート

このロンバードストリートの坂道は、サンフランシスコで最も有名あ観光ポイント・として有名でテレビや本などで何度もみた光景です。8つのカーブがあり、花壇は12カ所あるそうですが、花壇の花はアジサイです。ここに来るでは勝手にツツジかなんかだと思い込んでいました。

HNL+SFO2015.7サンフランシスコ・ロンバードストリート

ロンバードストリートの坂の下交差点からは、坂道の向こうに海と刑務所島・アルカトラズが見えました。

HNL+SFO2015.7サンフランシスコ・ロンバードストリート

ロンバードストリートの坂道に植えられていたアジサイは、見ごろを少し過ぎてたものの、まだ充分に楽しめました。自動車が次から次と下りてきます。

HNL+SFO2015.7サンフランシスコ・ロンバードストリート

車が次から次と下りてくる車道の脇にある歩道を観光客が一生懸命に登っています。歩道の階段は、左側が253段、右側が249段あるそうです。「しまった、左側から登ってしまったあ~!!。4段多いっ。」
傍らの住宅には見事なブーゲンビリアが今を盛りに咲いていました。

HNL+SFO2015.7サンフランシスコ・ロンバードストリート

坂の途中にロバートストリートの銘版がありました。“世界で一番曲がりくねった坂道”としてこの急坂のことが説明されていて“坂道160年”を記念して設置されたようです。
もっと詳しくこの坂のことが知りたい方は、各自この銘版の原文をお読みください。(中学生以下の英語力の私には翻訳は無理です。)

HNL+SFO2015.7サンフランシスコ・ロンバードストリート

10分弱かけてロンバードストリートの急坂を登りきりました。
坂の上からは、この”ロンバードストリート”がコイトタワーの方まで真っ直ぐに続いていることが見てとれます。

★          ★         ★        ★        ★


世間は、シルバーウィークで皆さん、あちらこちらに出かけられているようですが、シンガポール弾丸旅行を控えていることもあり遠出はせずに過ごしています。
昨日21日には、埼玉の高麗にある巾着田の彼岸花を楽しむ“駅からハイキング”で10キロほど歩いてきました。足が痛ぇ~。


励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/09/22 11:38】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ    ロンバードストリート  
トラックバック(0) |
サンフランシスコ名物・ケーブルカーに乗ってフィッシャーマンズワーフに向かいました。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔3 日目 : 2015.7.19 ① 〕
2日振りに暖かいシャワーを浴び、ベッドで手足を伸ばしてゆっくりと睡眠をとって、気持ち良く目覚めました。ホテルのバーで無料のコーヒーとマフィンをいただいて市内観光に出発しました。
まず、ホテルからほど近いケーブルカーのパウエルストリート乗場に向かいました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

このケーブルカーは、その昔、満員の乗客を乗せた馬車を引いた馬が坂道を滑り落ち、乗客は助かったものの馬が死んでしまった事件があり、それをを目撃したエンジニアが設計したそうです。
一時、廃止の危機にあったそうですが、サンフランシスコ市民の強力な反対運動で阻止され、現在は3つの路線が市内を走っています。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

ケーブルカーのパウエルストリート乗場に着くと夏の観光シーズンのこの時期、朝から乗車のための長い列ができていました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

ケーブルカーのパウエル・ハイド線、パウエル・メイソン線の起終点であるパウエルストリート乗場は、人力で車両を回転させるターンテーブルがあり、車両の方向転換を見られます。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

ケーブルカーの運賃は、1回につきなんと6ドルもとられます。そこでこのMUNIパスポートを買うと3日券が26ドルでバスやMUNIメトロにも乗車でき、お得です。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

ケーブルカーの乗車上の注意の看板です。名物ステップ乗車に対する注意も書かれていました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

運よく最前列に座れ、フロントガラス越しの風景です。坂のアップダウンをより一層感じることができました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

坂を登りきると海が見え、対向車両とのすれ違い。「あ~、サンフランシスコだなあ」って感じです。

★          ★         ★        ★        ★

特に忙しかった訳ではなかったのですが、なんとな~く文章を書く気が起らず、すっかりアップの間隔が明いてしまいました。これってスランプ?(笑)
そんなことはあるわけもなく、ただ気分がのらなかっただけですが、一方でどこかに行きたい“旅ごころ”は衰えず、10月2日(金)~4日(日)のシンガポール弾丸旅行を決めました。エアは、いつもと同じデルタ航空です。当日、機内で出張とは思えないひとり旅のオヤジを見かけたらそれは私です。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/09/19 13:25】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  ケーブルカー  
トラックバック(0) |
旅行2日目、サンフランシスコ到着日のステーキの夕食についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 2日目 : 2015.7.18 ⑥ 〕
サンフランシスコプレミアムアウトレットから市内に戻り、ホテルに入ったのは午後5時過ぎでした。
さすがに部屋の用意はできていて、キー(カード)をもらい、部屋に入りました。2日振りに温水のシャワーを浴び(気持ち良かったあ~~、着替えをして夕食に向かいました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ夕食

夕食の場所に選んだのは、ユニオンスクエアのすぐそばにあるこの『タッズステーキハウス』。ガイドブックにも掲載されていました。
ネオンサインは派手ですが、ごくごく普通のダイナーです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ夕食

場所柄から観光客も多いようでうが、地元の方と思われる方もいてもそこそこに混んでいて人気の店のようでした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ夕食

ステーキは、ガラス越しに見ることができる店先のグリルで焼いています。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ夕食

オーダーしたのは「Tad’s Famous Steak」と名付けられたこのステーキです。ステーキらしいステーキ、まさにアメリカのステーキって感じでおいしかったあ~。つけあわせのベイクドポテトもガーリックトーストもグッド。
価格は、16.49ドル(税、チップ別)でした。
この後、ちょっとすぐそばの「ウォルグリーン」というスーパーマーケットを覗いてホテルに戻りました。久しぶりのベッドでぐっすり眠りました。


励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/09/13 11:11】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  ステーキ  夕食  
トラックバック(0) |
サンフランシスコに到着し、ホテルにチェックインした後、サンフランシスコ・プレミアムアウトレットへ向かいちょっとしたショッピングをしました。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 2日目 : 2015.7.18 ⑤ 〕
サンフランシスコ到着日は、サンフランシスコ郊外のリバーモアにある『サンフランシスコ・プレミアムアウトレット(旧称リバーモア・プレミアムアウトレット)』に行きました。私にしては珍しく“買物デー”です。
アウトレットへ行くためパウエルストリート駅からBART(郊外電車)に乗りました。そこであの複雑怪奇な券売機で乗車券を買おうとしたところ、どこを間違ったのか、きっぷが3枚出てきてしまいました。困って近くにいた係員に相談すると係員詰所に連れていかれ、何やら証明書みたいな紙切れをくれ、これを下車駅で見せるように言われました。(多分)
そしてホームへ行きアウトレットの最寄り駅ダブリン/プリーサントン行きのに電車に乗りました。このトラブルというかミスで思った電車に乗れず、この後、ちょっと無駄な時間を過ごすことになります。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコBART
SFO+HNL2015.7サンフランシスコBART

BARTの電車に乗ること約40分、終点ダブリン/プリーサントン駅に到着しました。途中の車窓は、さしておもしろみのないものでした。
駅のホームから見上げた空は、気持ちの良く、まさに“カリフォルニアの青い空”です。(ちょっと、いえ、相当古いですかねえ)

SFO+HNL2015.7サンフランシスコBART

BARTのダブリン/プリーサントン駅の入口付近です。コンクリートの打ちっぱなしの殺風景な駅でした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコBART

ダブリン/プリーサントン駅前は、完成したばかりで入居前のような建物が建ち並び、店もなく人気もなく、寂しいところでした。北総鉄道のかつての終点、印旛日本医大駅前を思い起こさせる風景でした。比喩がローカル過ぎてほとんどの人がわからないだろうなあ。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコアウトレット

アウトレット行きのバスが出る駅前のバスターミナルです。土曜日のためかあまり人がいません。
思っていた電車に乗れなかったためここで約40分待つことになってしまいました。こんな駅前なので時間を潰すところは一切なく、ただひたすらボーっと待つしかありませんでした。
ところでBART駅にはバスターミナルを示す案内がありませんでした。(あったのかもしれませんが、少なくとも私にはわからなかった。)バス乗場は、改札を出て左方向にあります。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコアウトレット

ただボーっと待ってやっとアウトレット行きのバスがやってきました。
土曜日、日曜日にアウトレットへ行くには、このWheels Busの12番に乗ります。但し、このバスは、土曜日は1時間に1本、日曜日は2時間に1本しか運行されませんので注意が必要です。
〔土曜日〕 9:01、10:01、11:01、12:01、13:01、14:01・・・駅発
〔日曜日〕 10:01、12:01、14:01・・・発
平日は、15分毎に運行されているRAPID(急行)バスでアウトレットに行くことができます。
バスは前乗り料金先払いで運賃は$2.50でお釣りは出ません。先に乗った人を何気に見ているとBARTのチケットをみせて$1.50しか払っていなかったので、私も例の証明書のような紙きれをみせると1ドル引きになりました。BARTのチケットは往復を買っておくとよいですよ。
 〔 Wheels Bus 〕  www.wheelsbus.com

SFO+HNL2015.7サンフランシスコアウトレット

およそ10分ほどでこのサンフランシスコ・プレミアムアウトレットに到着しました。外を注意して見ていて遠くにこの建物が見えてバス車内の電光掲示にアウトレットの表示がでたら下車です。
この日は、土曜日だったためか、BART駅からバスに乗ったお客さんのほとんどがここで下車してしまい、乗り過ごすことはなかったです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコアウトレット

バスを降りてこんなゲートを横眼で見ながらモールに進みました。それにしてもプレミアムアウトレットの建物ってどこも似たような建物ですね。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコアウトレット

モール内正面中央の建物に案内所があります。
案内所に行ったらまず場内案内マップをもらい、そしてパスポートを出すと『VIPクーポン』を貰えます。一つのお店(ブランド)でまとめ買いするならこのクーポンで結構お得な買い物ができます。
ところでこのアウトレットに来たのはお気に入りのブランド『アバクロ』と『ホリスター』があるからだったのですが、品揃えは、今ひとつ。その他の店(ブランド)もパッとせず。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコアウトレット
SFO+HNL2015.7サンフランシスコアウトレット

一通り、巡って小腹も空いたのでフードコートで"チーズマカロニ”などを食べて一息入れました。飲物つきのセットで税込で10ドルほど。まあ、お味はごく普通でした。

さて、半日以上潰してこの『サンフランシスコ・プレミアムアウトレット』まではるばる来たわけですが、あまり収穫はなし、つまり思ったほどお得な買物はできませんでした。買物は市内のデパートあたりで充分かと。


励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/09/10 22:10】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  サンフランシスコプレミアムアウトレット  
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: サンフランシスコプレミアムアウトレットについて
YANABU
> はじめまして。
> サンフランシスコプレミアムアウトレット検索でこちらに伺いました。
> なかなか情報がなくて困っており、質問させて頂きたいのですが
> 交通にBARTとバスを利用したいと考えています。
> 平日の場合のrapidは土日と同じWheelBusなのでしょうか?
> もう一つ、乗り場はどうなるのでしょうか?
> お手数ですが、教えて頂けると大変助かります。
> よろしくお願いします。

少しばかり忙しくPCに向かう機会がなく、返信が遅くなり申し訳ありません。
ご質問の件ですが、私が乗車したのは平日ではないため明確なことはいえませんが
駅前のバス乗り場ではWheelBus以外はみることはありませんでした。
平日でもアウトレット行きはWheelBusだと思います。
バス乗り場はBARTの終点駅を出て左手すぐのところにありましたので
すぐにわかると思います。
バス乗り場にはバス停が5~6ぐらいで大きくはありませんが
廻りに何もなかったので、間違えることはないと思います。
念のためバス停にいる人にアウトレット行くか聞いてくださいね。
英語ができない私の聞き方はバスを指して「アウトレット?」です。(笑)
YANABU


コメントを閉じる▲
今回は、サンフランシスコ観光のポイントのひとつ、ユニオンスクエアについてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 2日目 : 2015.7.18 ④ 〕

ホテルでひとまずチェックインを済ませ、サンフランシスコ郊外にあるアウトレットに向かいました。アウトレットへは再びBARTに乗りましたが、駅までの道すがらユニオンスクエアと、名物ケーブルカー回転場を通りました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコユニオンスクエア

宿泊ホテル・タージカンプトンプレイスからBART駅に向かう途中に“ユニオンスクエア”があります。この周辺にはホテル、デパート、ブランドショップなどがあります。
宿泊ホテルから最も近いユニオンスクエアの入口には、こんなハート型のオブジェがありました。植えられているパームツリーはサンフランシスコでは珍しい。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコユニオンスクエア

“ユニオンスクエア”中央の円柱は、アメリカがスペインと戦争した際のマニラでの勝利を記念して建てられたとのことです。円柱の背後にある石造りの建物は、ウェスティンホテルです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコユニオンスクエア

広場の一画では絵画の展示(即売会?)も行われていました。この絵はなぜか南米を思い起こさせます。その根拠は、全くありませんが、しいて言うなら色遣いかなあ。

サンフランシスコ2015.7ケーブルカー

サンフランシスコ名物のケーブルカーは、ユニオンスクエアをすぐ横を通っています。左の建物は、ウェスティンホテルです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコケーブルカー

“ユニオンスクエア”からケーブルカー終点方向を見ると、『ユニクロ』の看板が目に入りました。ホテルの部屋に置かれるテレビは日本製ではなくりましたが、日本のファストファッション業界の世界進出は進んでいるようです。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコ観光案内所

アウトレットに行く前にBARTの駅に隣接する観光案内所に立ち寄りました。目的は、市内交通乗り放題券(MUNIパスポート)の購入と情報収集。念のためアルカトラズ島ツアーについて確認してみましが、やっぱり満員でダメとのことでした。
この後、BARTに乗り、アウトレットへと向かいました。


励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/09/08 23:15】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフランシスコ  ユニオンスクエア  ケーブルカー  
トラックバック(0) |
今回は、サンフランシスで宿泊したホテル『タージカンプトンプレイス』についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔サンフンシスコ宿泊ホテル編〕
今回の旅でサンフランシスで宿泊したホテル『タージカンプトンプレイス』は、サンフランシスコ・ダウンタウンのユニオンスクエアにある一応5星(☆☆☆☆☆)です。BARTの駅からも歩いて5分ほどでユニオンスクエアの一画からも見ることができます。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコホテル

『タージカンプトンプレイス』ホテル正面です。インド国旗が掲げられてることから、また、“タージ”というホテル名からもインド資本のホテルのようです。
サンフランシスコ空港から9時少し前にスーツケースを押してホテル玄関に到着するとドアマンから名前を尋ねられました。名前を告げると小さなリストを取り出し私の予約が入っていることを確認すると笑顔で招き入れてくれました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコホテル

ホテルのフロントロビーです。こじんまりとはしていますが、大理石の床、石造りのカウンター、小さいながらもシャンデリアもあって上品なロビーです。
すぐにチェックインをしましたが、さすがに到着したのは9時前ですから部屋へは入れませんでした。フロントは、部屋の用意ができたら連絡してくれると言ってくれました。ホテルに戻ってくるのは夕方になるのでと伝えて、スーツケースをドアマンに預けました。ドアマンにしてもフロントにしても感じが良いホテルで快適な滞在ができそうな気がしました。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコホテル

フロント奥に居心地のよいソファがある小さなロビーがありました。このホテルはあまり大きくないのでこのぐらいで充分です。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコホテル

エレベーターホール。吹きぬけの中庭は反対側に全面鏡が張られていて2倍に見えます。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコホテル
SFO+HNL2015.7サンフランシスコホテル

寝心地の良いベッドに、液晶テレビ、デスクなどがある部屋は、ちょと狭めです。床にスーツケースを広げるのはちょと大変かもしれません。
それにしても液晶テレビは、ここもしっかり“サムソン”。かつては海外のホテルでも日本製が少なくなかったのですが、最近は日本でもたいがい韓国製です。なにかちょっとさびしい。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコホテル

バスルームは、ベッドルームに比べてなんだか広くて、トイレは広すぎて落ち着いてできません。
バスローブの用意もあって着てみましたが、貧乏人にはやっぱり似合いません。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコホテル

独立したシャワールルームがありました。置いてあったアメニティーは、とっても良い香りがしました。

ホテルチェックインの際にフロントでロビーに隣接するバーで毎朝、無料のコーヒーとマフィンのサービスがあるとの案内がありました。これはエクスペディア予約の際にも特に案内がなかったので嬉しいお知らせ。毎朝、利用させていただきました。
SFO+HNL2015.7サンフランシスコホテル

コーヒーは、カフェイ入りのものとノンカフェイン、そして紅茶用にお湯が用意されていました。ミルクも普通の牛乳とクリームの2種類が用意されていました。
コーヒーはいわゆるアメリカンの薄いコーヒーではなく、香り高い美味しいコーヒーでした。

SFO+HNL2015.7サンフランシスコホテル

マフィンは、ブルーベリーとプレーンの2種類。しっとりとしてとってもおいしいマフィンでした。ちょっとオーバーですが、このマフィンを食べるためにまたこのホテルに泊まりたい、と思ったくらいです。

★          ★         ★        ★        ★

なにかパソコンに向かってブログを更新する気がおきず、すっかり更新が滞ってしまいました。“夏バテ”なのか、仕事から家に帰ってきても何もやる気がおきず、シャワー浴びて、飯食って、テレビ見ながらそのまま眠ってしまう、という怠惰な日々。
サンフランシスコ旅行記もまだサンフランシスコ到着したところまでなのでがんばらねば・・・と思うもののさてどうなることやら。
次回はサンフランシスコ近郊のアウトレットについてアップの予定です。


励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


FC2blog テーマ:アメリカ西海岸 - ジャンル:旅行

【2015/09/05 13:11】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 サンフラシスコ    ホテル  
トラックバック(0) |