FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
今回からサンフランシスコ旅行記を始めます。今回は、成田空港までとチェクインについてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

〔 第1日 : 2017.7.17 ① 〕

私の休暇中の対応などを同僚と打ち合わせをして仕事を定時に終え、直接、京成上野駅へに向かいました。

SFO+HNL2015.7京成スカイライナー

SFO+HNL2015.7京成スカイライナー

今回は成田空港までは18時20分発最終の京成スカイライナー53号を利用しました。
以前は17時45分発のスカイライナーが最終でしたが、昨年2014年11月のダイヤ改正でこの1本が増発されました。現在の職場から定時に仕事を終えて京成上野駅に向かうと17時45分発が最終であれば駆け込み乗車状態になってしまいますが、18時20分発だと余裕をもって乗車できます。

SFO+HNL2015.7京成スカイライナー

スカイライナー車内トイレで仕事着から着替えて休暇モードへチェンジ。
ところでせっかく増発されたこの最終スカイライナーですが、乗車率はいまひとつ。乗客にとっては少ないほうが快適でよいのですが・・・。

SFO+HNL2015.7成田空港

スカイライナーは、定刻19時06分に成田空港駅に到着しました。スカイライナーは、やっぱり早くて快適です。

SFO+HNL2015.7成田空港

到着後すぐに成田空港第1ターミナル北ウィングのデルタ航空スカイプライオリティカウンターにてチェックインをしました。
今回のフフライトは、サンフランシスコまでホノルルで約13時間のトランジットがあるのですが、問題は荷物がどうなるかでした。
そこで事前にデルタ航空へ問い合わせたところ、
「ホノルルで一旦荷物を受け取り、税関検査を受けた後、あらためてチェックインをしていただきます。チェックインは出発6時間前になります。」
ときっぱりとしたお答えが返ってきたのでした。
カウンターの女性グランドスタッフの方は、それでも
「サンフランシスコまでのタグをつけられないか、やってみますね。」といってしばらくキーボードをたたいてくれました。
ここ成田でサンフランススコまでのタグをつけてもらえばホノルルですぐにチェックインできて荷物をどこかに預ける必要がなくなるのです。
すぐにチェックインできなければ夕方5時ごろまでは荷物をどこかに預けなけばならないのですが、あの9.11以降ホノルル空港内には『荷物預かり(レフトバゲジ)』や『コインロッカー』がなくなりました。そのため空港外にある荷物を預かってくれる会社にお願いしなければなりません。
予めその会社はネットで調べてはいましたが、英語で、電話で、やりとりしなければならず、実に気が重~い話しでした。
結局、グランドスタッフの方のお心使いも空しく、タグは、ホノルルまでしか付けられませんでした。残念!!

SFO+HNL2015.7成田空港

恒例、出発ロビーの出発案内です。本日の出発便もあと僅かです。

SFO+HNL2015.7成田空港

スカイプライオリティーでセキュリティーチェックを受けて、出国審査場に進みました。出国審査場にはちょっと長い列ができていました。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2015/07/30 21:23】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 成田空港  
トラックバック(0) |
今回は、「初サンフラシスコはホノルル経由」の旅行記・準備編です。

★          ★         ★        ★        ★

ホノルル経由初サンフランシスコの旅
トランジットは2度おいしいっ!?
2015.7.17~7.22
【マイル獲得旅日記】

サンフランシスコ2015.7ケーブルカー



そうだっ、シスコへ行こう!!
1年以上前から特段の理由があった訳ではないのですが、なんとな~く『サンフランシスコへ行きたいっ!』と思っていました。そしてゴールデンウィークも終わったころから、夏の航空運賃やホテルなどを調べ始めました。
調べ始めて驚いたのはサンフランシスコの宿泊費の高さ。そこそこのホテルに泊まろうと思うと1部屋最低でも150ドルぐらいは出さないと泊まれないのです。高いなあ、と思っているとホテル予約の“エクスペディア”から「航空券とホテルをパック(同時手配)にするとお得ですよ」のメールが届きました。
そこで“ログイン”してみるとホテルと飛行機を別々に手配するより大幅に安くなり、飛行機もデルタ航空他各社の利用が可能でした。

①飛行機の便を決める

デルタ航空機2015.3
《 フリートは当然にデルタ航空 》

まずはマイレージの関係上、当然デルタ便です。サンフランシスコは、デルタのハブ空港ではないので経由便となりますが、中にホノルルで13時間のトランジットというものがありました。
成田を午後9時の出発し、時差の関係で同日午前9時にホノルル着、同日の夜11時にホノルルを発ち、翌日朝7時ごろサンフランシスコに到着するという行程です。帰国便は、ロサンゼルスやシアトル経由を中心いくつもの便がありました。
『これなら、1日の仕事を終えてから出発できてハワイも楽しめる!』と、この行程で行ってみる気になりました。

②ホテルを決める

サンフランシスコ2015.7ホテル
《 宿泊したホテル:タージ・カンプトン・プレイス 》

次に宿泊ホテルです。アメリカは、宿泊費やホテルのランク・レベルだけでホテルを選べません。なぜなら周辺に危ないエリアがあったりするとホテルまでの行き来に怖い思いをすることになります。“怖い思い”だけで済めばいいのですが、なにせアメリカですからそれでは済まない事態も考えられます。
そんなことも考え、口コミも参考にして『タージ・カンプトン・プレイス』というサンフランシスコ中心部のユニオンスクエアにほど近いホテルを選びました。

③エクスペディアで予約
そんな過程を経て5月下旬、エクスペディアでサンフランシスコ旅行の予約をしました。
帰国便は、現地出発時間や乗継地での乗り換え時間を考え、サンフランシスコを午後3時30分出発し、シアトル経由で羽田午後10時15分着にしてみました。
支払いはデルタ航空ホームページで表示されていた航空運賃に僅かな金額を加算した額でホテルと飛行機の双方の手配が完了しました。但し、安くはなりましたが、これは払い戻し不可の料金でした。
マイレージは、この予約時点で会員番号の登録が可能で、支払い後すぐにデルタ航空ホームページへアクセス可能でした。そこですぐメダリオン特典でプリファードシートの指定をしておきました。
なぜか、後日一時的にホームページから予約状況の確認ができなくなりました。エクスペディアから知らされた予約番号を再入力したら確認できるようになりました。
このエクスペディアの予約サイトでちょっと不思議なのは、アクセスする日によって航空機の利用可能な便が変わるのです。ホノルル経由便も表示されたり、されなかったりしていました。今後利用する場合は、一度少し前に見たのに今日見たらなかった、などということがあっても諦めずに数日たったらまた見てみる必要がありそうです。

④スケジュールを決める
今回の旅は初訪問地ということで訪問する場所に始まり、レストラン、そして用意する服装までいろいろと悩みました。優柔不断の性格ゆえに何回も計画を練り直しました。今回は久しぶりにこの「地球の歩き方」にお世話になりました。

サンフランシスコ2015.7ガイドブック
《 地球の歩き方:サンフランシスコ2014-15版 》

スケジュールがある程度固まってから予約しようと思っていたアル・カポネらが収容されていた刑務所・アルカトラズ島の入場予約でしたが、7月に入って予約しようとしたら既に売り切れ。人気があることは知っていましたが甘かった。
ということで出発前に既に計画変更となりました。

⑤実際のスケジュール
優柔不断の性格もあり、いろいろ考えた当初のスケジュールも計画通りにはいかず結局は下記のようになってしまいました。
【主なスケジュール】
第1日〔7/17(金)〕
NRT21:00⇒(DL578)⇒HNL9:19→チャイナタウン→ワイキキ→
→HNL22:55⇒(DL1152)⇒

第2日〔7/18(土)〕
⇒SFO7:03→(ホテル)→サンフランシスコプレミアムアウトレット→ホテル

第3日〔7/19(日)〕
ホテル→サンフランシスコ湾遊覧船→フィッシャーマンズワーフ→《ビッグバス市内観光》→
→サウサリート→(フィッシャーマンズワーフ)→《ビッグバスナイトツアー》→ホテル

第4日〔7/20(月)〕
ホテル→シビックセンター(市庁舎、オペラハウス)→ディズニーファミリー博物館→
→ミッションドロレス→カストロ地区→ユニオンスクエア→ホテル

第5日〔7/21(火)〕
ホテル→グレース大聖堂→ケーブルカー博物館→(ホテル)→チャイナタウン→(ホテル)→
SFO15:30⇒(DL5827)⇒SEA17:35/19:48⇒(DL581)⇒

第6日〔7/22(水)〕
⇒HND22:15

次回から旅行記本編に入ります。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2015/07/27 22:56】 | サンフランシスコ2015.7
【タグ】 成田空港  
トラックバック(0) |
バンコク旅行記最終回。帰国便デルタ航空588便バンコク・スワンナプーム空港発、成田行きについてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

宮殿とマーケット、そしてB級グルメの週末バンコク弾丸
2015.4.24~4.26
【マイル獲得旅日記】

《 第2日 : 2015.4.26 ③ 》

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港・エールフランスラウンジ

エールフランス航空のラウンジで散々飲んだり、食べたりしている内に、外が明るくなってきました。短い滞在中に雨が降ったり、はっきりしない空模様だったりでしたが、帰国するこの日はなにか良い天気で暑くなりそうな感じでした。この期に及んで良い天気になってもねえ。
そして搭乗ゲートへと向かいました。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港

ラウンジを出てもう一度、出発案内を確認します。デルタ航空588便成田行きの搭乗はE-1ゲートで変更ありませんでした。

バンコク2015.4デルタ航空成田行

帰国便デルタ航空588便成田行きは、行きと同じボーイング777型機。座席も行きと同じ“38D”。そこそこの搭乗率でしたが、幸いなことに行きと違い隣席は空いていました。そしてほぼ定刻に出発しました。

バンコク2015.4デルタ航空成田行

搭乗機の安全のしおりと機内誌。

バンコク2015.4デルタ航空成田行・機内食

バンコク2015.4デルタ航空成田行・機内食

離陸後しばらくして飲物サービスなしで食事サービスとなりなました。
メインは、卵料理とポークヌードルからのチョイスでヌードルを頼みました。シンプルな塩味の味付けでなかなかのお味でした。
この他にクロワッサン、バター、いちごジャム、ミックスフルーツヨーグルト、フルーツ(パイナップル、パパイヤ、ドラゴンフルーツ)がつきました。
そして飲物は、スターバックスコーヒーとオレンジジュース。

バンコク2015.4デルタ航空成田行・機内食

成田到着1時間ほど前には軽食のサービスがありました。
ハムとチーズのホットサンド、クッキー。飲物は、クランベリージュースを頼みました。
このクッキー、自宅に帰っていただきましたが私の好きな、ちょっと柔らかいタイプのクッキーでなかなかイケました。

バンコク2015.4成田空港

そしてデルタ航空588便は成田に無事到着しました。成田は良いお天気でした。

バンコク2015.4成田空港

15時10分の到着予定に対し30分以上早い14時40分到着でした。

バンコク2015.4成田空港

到着から30分ほどで到着ロビーに出てきました。
到着ロビーの植栽は、春らしく花が多く植えられていました。

バンコク2015.4成田空港

15時24分発の京成線アクセス特急にて帰宅しました。

滞在日の天気があまりよくなかったこともあり、いまひとつタイらしい風景、分雰囲気にかける旅行記だったような気がしますが、以上で、2015年4月のバンコク弾丸旅行記は終了です。

★          ★         ★        ★        ★

7月17日に出発した夏の旅行から22日深夜、無事サンフランシスコより帰国しました。このため1週間ほどアップの間隔が空いてしまいました。(予約投稿などというシステムもあるようでようですが、そこまでするほどのブログでもないし)
サンフランシスコは魅力的な街でした。あちこち見て回ることに重きを置き、食事はあまり充実していなかった感があります。写真の整理が済み次第、順次アップしていきます。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2015/07/25 01:42】 | バンコク2015.4
【タグ】 デルタ航空  機内食  
トラックバック(0) |
今回は、バンコクのスワンプーム国際空港のエールフランス航空ラウンジについてアップします。
★          ★         ★        ★        ★

宮殿とマーケット、そしてB級グルメの週末バンコク弾丸
2015.4.24~4.26
【マイル獲得旅日記】

《 第2日 : 2015.4.26 ② 》
チェックイン時に同じスカイチームのエールフランスのラウンジに入れるクーポンをいただきました。
デルタ航空は昨年、デルタ航空のラウンジ・デルタスカイクラブのない空港ではビジネスクラス客でないとラウンジを利用できなくなりました。ここスワンナプーム空港ではデルタ航空のラウンジがないのでラウンジ利用できなものと思っていました。
せっかくなので特に買物もないしさっさとエールフランスのラウンジに直行しました。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港・エールフランスラウンジ

エールフランスのラウンジ入口です。大韓航空や中国南方航空の大きな看板もあり、事実上、スカイチームのラウンジになっているような感じです。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港・エールフランスラウンジ

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港・エールフランスラウンジ

エールフランスのラウンジ室内は、明るく現代的なシンプルなインテリアです。この時間は、デルタ航空の乗客しかいないのであまり混雑していませんでした。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港・エールフランスラウンジ

奥には少し落ち着いた感じのエリアがあります。ここには飲み物とナッツなどの軽いおつまみしかありません。こちらはソファも若干ゆったりしたタイプのもので軽く飲みながら静かに過ごすように造られているようです。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港・エールフランスラウンジ

色々な種類のオープンサンドやサンドイッチなどが用意されたブッフェ台です。サンド類の種類の豊富さはたいしたものです。暖かいスープ用意もありました。サンド類は、全て食べてやろうと思いましたが(相変わらず意地汚い)、ちょっと無理でした。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港・エールフランスラウンジ

各種のスイーツやフルーツなどが用意されたブッフェ台です。こちらもなかなか種類が豊富です。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港・エールフランスラウンジ

もちろんアルコール類も用意されていますが、下戸の私にはその価値は全くわからず。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港・エールフランスラウンジ

いただいたオープンサンドとマシュルームスープです。オープンサンドもスープもおいしかった~。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港・エールフランスラウンジ

しょいっぱいものを食べると甘いもんが食べたくなる。ということでデニッシュ類とコーヒーをいただきました。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港・エールフランスラウンジ

そして最後にデザートということでフルーツとケーキをいただきました。味は普通ですが、ケーキの種類も多い。
明け方からたっぷりいただきました。

★          ★         ★        ★        ★

サンフランシスコ出発までにバンコク旅行記を終わらせる予定が、ついサンフランシスコ旅行に思いがいき、更新が疎かになってしまいました。バンコク旅行記最終回をアップせず、ホノルル経由でサンフランシスコへ旅だちます。
ホノルルのトランジット、乗り継ぎがうまくいけるのか、初サンフランシスコでうまく動けるのか、個人旅行なだけに不安もあります。まあ、なんとかなるでしょ、と思い込むことにして本日、デルタ航空ホノルル行きに搭乗します。無事、帰国しましたら、バンコク旅行記最終回をアップ後、サンフランシスコ旅行記を始めます。
それではいってきます。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2015/07/17 00:39】 | バンコク2015.4
【タグ】 バンコク  スワンナプーム国際空港  エールフランスラウンジ  
トラックバック(0) |
スワンナプーム国際空港でのチェックインについてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

宮殿とマーケット、そしてB級グルメの週末バンコク弾丸
2015.4.24~4.26
【マイル獲得旅日記】

《 第2日 : 2015.4.26 ① 》
空港ベンチで4時間ほど仮眠をした後、午前4時30分ごろ、帰国便搭乗のためチェックインしました。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港

帰国便のデルタ航空は、Nアイランドでチェックンしました。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港

スカイプライオリティーでチェックンしましたが、チェックイン開始直後だったためか、さして混んでいませんでした。ところでシンガポールで実施されている“人定質問”は、ここバンコクでも実施されていました。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港

一般旅客は、エスカレーターに乗り、ひとつ上の階でセキュリティーチェックを受けますが、スカイプライオリティー旅客はチェックイン時に“プレミアムレーン”と記載されたカードをもらい、係員のいる入口から入りセキュリティーチェックを受けることができました。
2年前にバンコクに来た時は、このサービスはなかったような気がします。

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港

バンコク2015.4スワンナプーム国際空港

出国審査を終え、制限エリアに入りました。
前回の2年前に比べて出発時間が1時間ほど遅くなっているので、開いている店もそれなりにあり、今回は国際空港らしい華やかな感じが少しありました。前回は落ちている照明も多く、閉店した直後のデパートの中を歩いているようなうらさびしさを感じたのでした。
この後、エールフランスのラウンで搭乗までのひとときを過ごしました。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

【2015/07/13 23:20】 | バンコク2015.4
【タグ】 バンコク  スワンナプーム国際空港  
トラックバック(0) |
観光とB級グルメを楽しんだ短いバンコク滞在を終え、帰国の途へ。エアポートレイルリンクでスワンナプーム空港へ向かい、空港到着後は空港出発ロビーをひと巡りしました。

★          ★         ★        ★        ★

宮殿とマーケット、そしてB級グルメの週末バンコク弾丸
2015.4.24~4.26
【マイル獲得旅日記】

《 第2日 : 2015.4.25 ⑫ 》
午後11時45分ごろパヤタイ駅からエアポートレイルリンクに乗車し、スワンナプーン国際空港へ向かいました。

バンコク2015.4エアポートレイルリンク

有人窓口で空港までの乗車券(プラスチックチップ)を買い、改札を通りホームへ向かいました。どうやら終電の1本前の電車に間にあったようでした。
パヤタイ駅は東京都心部の駅の明るさに比べるとなんとなく薄暗い感じがします。この時間に空港へ行く人も少ないので閑散としていることもあってなんとなく地方ローカル線のような雰囲気がちょっと漂っていました。

バンコク2015.4エアポートレイルリンク

ホームに上がると程なくシティーライン(各駅停車)用の電車がやってきました。すべてがシティーラインのみの運行となっている現在、エキスプレス(急行)車両でなかったってことはハズレってことかな。
電車は、空港からの大勢の乗客を降ろすとすぐに僅かな乗客を乗せ折り返し空港へ向け発車しました。

バンコク2015.4エアポートレイルリンク

バンコク2015.4エアポートレイルリンク

スワンナプーム国際空港へは日付が変わった午前0時すぎに到着しました。
改札を出て真っ直ぐに進めば空港ターミナルビルです。

バンコク2015.4スワナプーム空港

出発フロアに進みまずは帰国便の確認。デルタ航空585便成田経由ミネアポリス行きは定刻の明朝7時の出発です。
チェックインまでは4時間ほどあります。仮眠前に出発ロビーをひと巡りしてみました。

バンコク2015.4スワンプーム空港

出発ロビーの中央には、南国の花々に囲まれた小さな仏像がありました。さすが仏教国のタイです。
2年前に来た時はなかったような気がするのですが、定かではありません。

バンコク2015.4スワナプーム空港

そして“モック”(猿神様)。タイのお寺の仏塔を飾っていますが、ここでは出発ロビーをかざっています。

バンコク2015.4スワナプーム空港

こちらは“ヤック”(鬼)です。魔除けになると言われていますのでこれで「航路安全」は保障されたも同然!!

チックインまでの4時間ほど、空港ベンチにて仮眠をとりました。
空港内は同じく翌朝の便をを待つお仲間が多数いて貴重品の管理さえしっかりすればまず安全といえるのではないでしょうか。これはスーツケースなどの大きな荷物をその場に置いてトイレなどに行くなんてことも平気ですよ、などということではありません。

★          ★         ★        ★        ★


ところで夏の旅行ですが、7月17日(金)夜に成田を出発しホノルル経由でサンフランシスコへ旅します。22日(水)夜に帰国するので足かけ6日間となります。ホノルルで13時間のトランジットの後、初めてのサンフランシスコに3日半滞在というちょっとユニークな行程です。あちこち行きたいところがあって詳細な予定はまだ未定、不確定です。(汗)
本日、出発に向けアメリカのESTAの申請を行い、無事『渡航認証可』が出て手続きを終了しました。ESTA申請はそんなに難しくはないのですが、誤りのないよう慎重に入力したので結構な時間がかかり、変に疲れてしまいました。これからパッキングも始めます。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

【2015/07/12 07:32】 | バンコク2015.4
【タグ】 バンコク  エアポートレイルリンク  スワンナプーム国際空港  
トラックバック(0) |
今回は、2日目の夕食、タイ名物の蟹カレー「プーパッポンカレー」についてアップします。プーパッポンカリーがB級グルメといえるかどうかは意見が分かれるところかもしれませんが、まあ、お付き合いください。

★          ★         ★        ★        ★

宮殿とマーケット、そしてB級グルメの週末バンコク弾丸
2015.4.24~4.26
【マイル獲得旅日記】

《 第2日 : 2015.4.25 ⑩ 》
2日目の夕食をとったのは『ソンブーン』というレストランです。バンコクで“プーパッポンカリー”といえば最初に名前があがるレストランは『ソンブーン』といっても過言ではないほどの有名店です。
『ソンブーン』は、市内に何店舗かあるのですが、せっかくなので“本店”でいたくことにしました。

バンコク2015.4ソンブーン・蟹カレー

『ソンブーン』の本店は、BTSのナショナルスタジアム駅から歩いて10分ほどのところにあります。暑い中、1日あちこち歩き回ってきた身にこの10分けっこう辛いものがありました。
しっかりまた汗をかき、この『ソンブーン』本店にたどり着きました。

バンコク2015.4ソンブーン・蟹カレー

店の入口脇の水槽には様々な活魚、そして桶にはたくさんの蟹が用意されていました。

バンコク2015.4ソンブーン・蟹カレー

人気店ですが、予約もしていなかったのでちょっと心配でしたが、時間的に比較的早かったのか、すんなりテーブルに案内してもれえました。

バンコク2015.4ソンブーン・蟹カレー

建物自体はそんなに新しく思えませんでしたが、店内は最近リフォームしたのか、現代的なインテリアできれいで清潔でした。

バンコク2015.4ソンブーン・蟹カレー

一人なので注文したのは“プーパッポンカリー”と“空芯菜炒め”の2品と白飯、コーラ。

バンコク2015.4ソンブーン・蟹カレー

味はシンガポールのチリクラブを想像していしたが、それよりはるかにマイルドでした。これがまた白いごはんによくあう1品でおいしいかった。ただ、蟹の身のつまりが今ひとつだったのがちょっと残念。

バンコク2015.4ソンブーン蟹カレー

空芯菜炒めは、にんにくが効いたピリッと辛い1品でこちらは想像通りの味でした。こちらも白いごはんにあっておいしかった。

お会計は全部で580バーツ(≒2,150円)でした。タイの物価水準からすれば高額な部類ですし、店構えからいってもB級に分類するのは無理があるかなあ。でもおいしくて充実した夕食でした。

【ソンブーン・レストラン バンタットン本店】
住所 : Chula Soi 8 Bangthadthong Road Pathumwan
営業 : 16:00~23:00
休業 : 年中無休

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

【2015/07/08 20:31】 | バンコク2015.4
【タグ】 バンコク  蟹カレー  ソンブーンプーパッポンカリー  
トラックバック(0) |
ウィマンメーク宮殿からタクシーがつかまらず雨の中を歩いて戦勝記念塔まで向かいました。

★          ★         ★        ★        ★

宮殿とマーケット、そしてB級グルメの週末バンコク弾丸
2015.4.24~4.26
【マイル獲得旅日記】

《 第2日 : 2015.4.25 ⑨ 》
ウィマンメーク宮殿の内部見学を終え、少しくたびれて休憩所で休んでいたら宮殿閉館時間となり、係員に追い出されるように出ました。次に隣接するアナンターサマーコム宮殿の見学を予定していましたが、時間的にも遅くなってしまったし雨もふっているしで予定を変更しバンコク市内中心部へ戻ることにしまた。
ところが雨が降っているのでタクシーはつかまらないし、バスはどれに乗っていいかわからないし、思い切って歩いて戦勝記念塔に向かうことにしました。

バンコク2015.2チットラダー宮殿外側

ウィマンメーク宮殿を出てしばらく歩くと動物園があり、更に歩くと現国王夫妻のお住まいのチットラダー宮殿があります。これはその宮殿の外側にあった国王夫妻の肖像と噴水です。
宮殿の敷地廻りには25メートル幅ぐらいの堀があり、高い塀はありませんが、チットラダー宮殿の建物は見えませんでした。日本だって皇居宮殿は外から見ることはできないので当たり前といえば当たり前かもしれませんね。

バンコク2015.2鉄道踏切

国王夫妻の肖像のあったところを過ぎたところに鉄道踏切があります。
踏切の自動車は、写真だから止まってみえるのではなく、恐ろしいことに実際に道路渋滞で停まっています。
このまま警報機が鳴りそこでエンストしたらどうなるんだろう、なんて思いながら私が踏切を渡り終わると程なく警報機が鳴り始めました。

バンコク2015.2鉄道踏切列車通過

バンコク2015.2鉄道踏切列車通過

私の思いは杞憂に終わり、自動車はすべて踏切から出て、無事に列車が通過していきました。すべてエアコンなしの2等車ばかりの編成だったので近郊ローカル列車だと思います。

バンコク2015.2戦勝記念塔

大汗をかいて30分以上かかって戦勝記念塔まで戻ってきました。
ここから冷房の効いたスカイトレインに乗って夕食を食べに行きました。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

【2015/07/06 21:21】 | バンコク2015.4
【タグ】 バンコク  
トラックバック(0) |
前回タイに来た時に来たかったのですが、時間的な都合で行けなかったウィマンメーク宮殿。今回は、そのウィマンメーク宮殿についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

宮殿とマーケット、そしてB級グルメの週末バンコク弾丸
2015.4.24~4.26
【マイル獲得旅日記】

《 第2日 : 2015.4.25 ⑧ 》
オートコー市場でB級グルメのランチとマンゴーをいただいた後、ウィマンメーク宮殿へと向かいました。

バンコク2015.4戦勝記念塔

オートコー市場の最寄り駅のモーチット駅から再びスカイトレインに乗車し、戦勝記念塔駅まで戻って来ました。
ここ,戦勝記念塔からタクシーを捉まえてウィマンメーク宮殿へと向かいました。
タクシーは屋根にタクシー・メーターと表示してある車(料金メーター付きタクシー)を捉まえ、ウィマンメーク宮殿へ行ってくれるか、を確認します。タイでは目的地に行ってくれるかを乗車前に確認しなければなりません。当然乗車拒否もあるけでタイ語ではうまく言えないのでネットからのプリントアウトしたものを示して確認し、OKの返事をもらい、ウィマンメーク宮殿へ向かってもらいました。

バンコク2015.4ウィマンメーク宮殿

宮殿へは途中ちょっとした渋滞もあって15分ほどで到着しました。
タクシーが宮殿に着くか着かないかぐらいから大粒の雨がポツポツとしてきました。料金を払い、大急ぎで宮殿入口へ向かいました。タクシー料金は、50バーツ(≒180円)でした。

バンコク2015.4ウィマンメーク宮殿

ウィマンメーク宮殿は、1902年時の国王ラマ5世の別荘として建てられ、チーク材建物として世界最大だそうです。
まず、入場券100バーツ(≒360円)を買い、指定のエリアで待っていると宮殿入口まで案内されます。そこでコインロッカーに荷物を預け(しっかり20バーツとられました)、下足で靴を預け、素足で宮殿に入ります。でも靴を脱いだ後、雨の中、屋根のないところを歩かねばならないので靴下も脱ぎました。その靴下で額の汗を思わずぬぐってしまったりして・・・。(汗)
宮殿内部は、順路に従って各自歩いて見て回ります。宮殿は、2階建でアジアと西洋が融合したしっとりと落ち着いた内装と調度品の数々は、すばらしいものでした。
但し、各部屋の説明がタイ語でしかなくてな~んにもわからない。その上、バスを連ねて来る中国系の団体が次から次へ入ってきてそのガイドさんが大声で説明するものだからうるさくてしょうがない。せっかくの宮殿がちょっと残念でした。
宮殿の中には1部屋ごとに2名づつぐらいの係員がいて説明するでもなくただ座って、人によってはスマホいじってたりして、この係員を少し減らせば日本語を含む各国語のパンフレットを作り無料配付できて、中国語ガイドの大声を聞かなくて済むのにと思ってしまいました。
でも日本を含め他の国の団体は来ていないのになぜに中国系ばかりくるのでしょうか? 謎です。
ところでこの宮殿は内部撮影禁止の上、外観も写真を取り損ねたので宮殿入口付近にあったこのパネルでその様子をおわかりください。

バンコク2015.4ウィマンメーク宮殿

木々の隙間からウィマンメーク宮殿が見えたので撮ってみましたが、よくわかりませんね。

バンコク2015.4ウィマンメーク宮殿

宮殿のそばには、こんな中華風の東屋がありました。でもどんな謂れがあるのか、価値のあるものなのか、全くわかりません。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

【2015/07/04 11:45】 | バンコク2015.4
【タグ】 バンコク  ウィマンメーク宮殿  
トラックバック(0) |
今回は、オートコー市場内をアップします。トロピカルフルーツ溢れるマーケットでした。

★          ★         ★        ★        ★

宮殿とマーケット、そしてB級グルメの週末バンコク弾丸
2015.4.24~4.26
【マイル獲得旅日記】

《 第2日 : 2015.4.25 ⑦ 》
昼食を終え、オートコー市場内を巡りました。大好きな果物のストールがいくつもありました。同じ果物のストールでもいろいろな種類を取りそろえる総合店タイプとマンゴーなど1、2種類に品目を絞った専門店タイプがありました。

バンコク2015.2オートコー市場

こちらは、総合店タイプのストール。知っている果物もあれば知らない果物もあって見ているだけで楽しい。

バンコク2015.2オートコー市場

左側のヘタのついた紫の丸い果物が、『マンゴスチン』。“果物の女王”と呼ばれます。白くて柔らかくてジューシーな果肉です。
私、『マンゴスチン』も大好きで買って食べてみたかったのですが、日本に持って帰れないし、ここで食べるには大変なのであきらめました。この果物は、果汁が服につくと取れないのでそばに水場があってすぐに手などが洗えるところでないと危険なんです。
右側の赤い実に緑のトゲトゲがある果物が『ランブ-タン』。大きな種に白くてジューシーな果肉で、ちょっと“ライチ”に似ています。

バンコク2015.2オートコー市場

この茶色のトゲトゲの果物は見たことがありませんでした。皮を剥いたものが売られていてビワのようなオレンジの果肉でした。買って食べて見ようと思ったのですが、ちょっと量が多くて口に合うかどうかもわからなかったので見合わせました。
帰国後調べてみると『サラ(サラクヤシ)』というそうで、甘酸っぱく、タイ人には人気のある果物のようです。今思えば100バーツ(≒370円)だったし試してみればよかったかなあ。

バンコク2015.2オートコー市場

バンコク2015.2オートコー市場

このオートコー市場に来たのは旬のマンゴーを味わうためでした。この店はマンゴー専門店でようでマンゴーばっかりでした。ひとくちにマンゴーといってもいろいろな種類があるようで、ここは飛行で隣席だった若いタイ人男性が教えてくれた“黄色のマンゴー”を味わってみました。

バンコク2015.2オートコー市場

マンゴーだけを剥いたものが売っていなかったので1コ買ってその場で剥いてくれるかを聞いたらOKとのことでしたのでお願いしました。お姉さんが手際良く剥いてくれました。

バンコク2015.2オートコー市場

甘くてジューシーなおいしいマンゴーでした。60バーツ(≒210円)でした。ちょっとタイにしては高めですが、ここは高級なものを扱う市場ですし、おいしかったので良しとしましょう。

バンコク2015.2オートコー市場

こちらは、ホテル近くのスーパーで買ったマンゴです。セールをしていて2個で66.25バーツ(≒230円)でした。チェッアウト前にいただきましたが、こちらもおいしかった。

バンコク2015.2オートコー市場

バンコク2015.2オートコー市場

マンダリンの専門店もありました。前回タイへ来た際にバッタイの店で飲んだマンダリンジュースがおいしかったことを思い出して1本飲んでみました。
あまり甘くありませんでしたが、さっぱりしておいしかったです。マンゴーと同じ価格の1本60バーツ(≒210円)でした。


励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

【2015/07/01 20:23】 | バンコク2015.4
【タグ】 バンコク  オートコー市場  
トラックバック(0) |