FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は、デルタ航空584便バンコク行きの搭乗についてアップします。同じデルタ航空のアジア便なのでシンガポール線と大きな違いはありません。

★          ★         ★        ★        ★

宮殿とマーケット、そしてB級グルメの週末バンコク弾丸
2015.4.24~4.26
【マイル獲得旅日記】

《 第1日 : 2015.4.24 ③ 》
バンコク2015.4成田空港

搭乗開始から遅れること約10分、21番ゲートから17時35分発デルタ航空584便バンコク行きに搭乗しました。

バンコク

今回ももちろん右側のエコノミークラスです。デルタ航空は、最近、エコノミークラスを“メインキャビン”、ビジネスクラスを“デルタワン”に呼称変更しました。
先を歩く黄色の袈裟の僧侶がいかにもバンコク便という感じです。それにしても大きな手荷物ですね。

バンコク2015.4成田空港デルタ航空機内

搭乗機の安全のしおりです。今回のシップは、前回のシンガポール行きと同じボーイング777型機です。座席は3×3×3の9列の配置です。
今回の私の座席は、38D、中央の3列の左通路側。いつもとだいたい同じような場所です。

バンコク2015.4成田空港デルタ航空機内

『TOGETHER』 : 座席のモニターにはこんな映像が写っていました。
この画面意味するところとは違いますが、飛行機って運命共同体ですよね。当然そんな事態にはなって欲しくはありませんけど。

バンコク2015.4成田空港デルタ航空機内食

水平飛行に移ると“ドリンクサービス”がありました。
おつまみは、ピーナッツとプリッツェルの二つが配られました。以前はどっちかひとつだったのですが、最近は気前がいい。ドリンクは、ダイエットコークをお願いしました。

バンコク2015.4成田空港デルタ航空機内食

食事は「ビーフ オア チキン ?」で「ビーフ」をチョイスしました。
“甘から”な味付けかと思いきや、少し“しょっぱめ”で“ごはん”との相性がよくおいしくいただきました。
パン、グリーンサラダ、パウンドケーキがついていました。デザートのケーキは相変わらず同じです。おいしいけどね。

バンコク2015.4成田空港デルタ航空機内食

到着の1時間ほど前になるとアイスクリームと飲物がサービスされました。これはシンガポール線と同じです。
食べ終わると程なくシップは最終着陸態勢に入りましたが、追い風の影響なのか1時間ほど早く到着となりました。そのため空港のスポットが空いていない、とかでしばらく空港上空で旋回飛行をすることなりました。

ところで只今、夏休みの旅行計画を進めております。ちょっと早いような気もしますが、でも先手必勝という言葉もあります。エアとホテルを押えました。
キャンセル不可なので、この夏の旅先は決定したも同然ですが、どこに行くかはこのバンコク旅行記が完結したら明らかにしたいと思います。「どうせ、また、ハワイでしょ」って声があるかもしれませんが、そこはひとひねり入れてあります。
旅はプランをたてているときが一番楽しい、とも言われますが、出発までのしばらくの間、プランづくりをじっくり楽しみたいと思います。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:タイ旅行 - ジャンル:旅行

【2015/05/31 20:38】 | バンコク2015.4
【タグ】 デルタ航空  機内食  バンコク  
トラックバック(0) |
今回は、成田空港の大韓航空ラウンジとデルタ航空ラウンジ「デルタスカイクラブ」の様子についてアップします。
★          ★         ★        ★        ★

宮殿とマーケット、そしてB級グルメの週末バンコク弾丸
2015.4.24~4.26
【マイル獲得旅日記】

《 第1日 : 2015.4.24 ② 》
出国手続きが終了した後、搭乗前にデルタ航空スカイマイル・ゴールドメダリオン特典でふたつのラウンジを利用しました。私の成田出発では、このふたつのラウンジ利用はすっかり恒例となってしまいました。
バンコク2015.4成田空港大韓航空ラウンジ

まずは、大韓航空のラウンジ訪問です。

バンコク2015.4成田空港大韓航空ラウンジ

大韓航空のラウンジは、特に変化もなく、相変わらずこの時間は、ほどほどの入りです。

バンコク2015.2成田空港大韓航空ラウンジ

用意されていた軽食も前回と変化なく、従っていただいた軽食も前回と同じような内容です。今回は、好きな“めんたいこのおにぎり”もありました。
炭水化物の取りすぎような気がしますが、昼食も食べていないので“よし”とします。
今回のデルタ航空バンコク便は、21番ゲートから出発なのでこのまま、大韓航空ラウンジにいた方がゲートに近いのですが、やっぱりデルタのラウンジに行かなくては、と思い、大韓航空ラウンジを後にしました。

バンコク2015.4成田空港デルタ航空ラウンジ

デルタ航空のラウンジ「デルタスカイクラブ」は、成田空港では第1サテライトと第2サテライトの2カ所あります。
21番ゲートに近い第2サテライトのラウンジへはエスカレーターで向かいます。

バンコク2015.4成田空港デルタ航空ラウンジ

デルタ航空ラウンジ「デルタスカイクラブ」の受付。搭乗券とパスポートを出して受付します。
受け受けの方が笑顔で「YANABU様、ご利用ありがとうございます。ごゆっくりお過ごしください」と言って、搭乗券とパスポートを返してくれました。

バンコク2015.4成田空港デルタ航空ラウンジ

<バンコク2015.4成田空港デルタ航空ラウンジ

デルタ航空ラウンジ「デルタスカイクラブ」はスタイリッシュなインテリア。

バンコク2015.4成田空港デルタ航空ラウンジ

各種軽食が並ぶブッフェ台です。今回、メニューにいくつかの“新顔”が登場していました。
また、大きなボウルに入りブッフェ台に置かれていた「柿の種」が、筒状の容器に入れられてドリンクバーのそばに移っていました。いつも必ず少しつまむのでちょっと探してしまいました。

バンコク2015.4成田空港デルタ航空ラウンジ

新顔は中深皿にたっぷり盛られた「枝豆のナムル」と小皿「カレー」。
「シーフードチャダー」は、以前にいただいたことがあるような気がします。
ふそれぞれなかなか良いお味です。特にシチャウダーは私の好物のひとつ。カレーは、日系航空会社のラウンジのカレーの評判が良いので意識したのでしょうか。でもカレーはもう少し大きな皿に盛られている方がいいな。
スイーツも、チョコレートケーキが少し大きくなったり、小さなタルトが登場したりと、変化がありました。

バンコク2015.4成田空港デルタ航空ラウンジ

搭乗時間となりましたので、ゲートへ向かいました。搭乗前に私をバンコクまで運んでくれるB777機を写してみました。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2015/05/30 00:14】 | バンコク2015.4
【タグ】 成田空港  デルタ航空  ラウンジ  大韓航空  
トラックバック(0) |
ゴールデンウィーク突入直前、4月24日(金)から26日(日)の3日間、タイ・バンコクへ週末弾丸旅行に行ってきました。
前回2013年5月の初訪問以来2年ぶり。前回は、バンコクの有名どころを観光バスで見て回ったので、今回の旅は、ちょっとマイナーな場所巡りとなりました。
今回は、成田出発時についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

宮殿とマーケット、そしてB級グルメの週末バンコク弾丸
2015.4.24~4.26
【マイル獲得旅日記】

<バンコク2015.4ワットファランポーン

〔日程〕
4/24(金) NRT17:35⇒(DL584)⇒BKK22:45→ホテル
4/25(土) ホテル→朝食(フライドチキン)→ワットファランポーン→ホテル→
         →ウィークエンドマーケット→オートコー市場(昼食)→ウィマンメーク宮殿→
         →夕食(プーパッポンカレー)→BKK
4/26(日) BKK7:00⇒(DL585)⇒NRT15:10

《 第1日 : 2015.4.24 ① 》
バンコク2015.4京成アクセス特急

バンコク2015.4京成アクセス特急

今回もスカイアクセス線経由で成田空港へ向かいました。
京成上野発14:47発普通電車に乗り、青砥にて15:09発アクセス特急に乗り換え、成田空港には15:57着。
“アクセス特急”は、安くて早い。

バンコク2015.4成田空港

成田空港駅へ到着すると今までとは大きな変化を体験しました。大きな変化とは、空港入場検査(検問)の廃止です。
激しかった成田空港反対闘争の名残りとも言えた“検問”。今までは駅改札を出たすぐのここでパスポートなどの身分証明書のチェックがあったのが、この3月29日をもってそれが廃止されたのです。
電車を降りて、荷物を持ってパスポートを出して、見せて、しまって。面倒くさい作業がなくなってスッキリ。
強制収用、デモ、機動隊との衝突、過激派の管制塔占拠による開港延期など成田を利用している方は、どれだけ知ってるのでしょう。「この誘導路は、なぜ、への字に曲がっているんだろう」ぐらいかなあ。

バンコク2015.4成田空港

デルタ航空チェックインカウンターへ。
今回は、カウンター前で特に声をかけれることなく、スーッとスカイプライオリティー客向けカウンターに立つことができました。
私がいかにもビジネスクラスに乗りそうな乗客に見えるようになったのか、
それともこれみよがしにつけた“ゴールドメダリオン”のカードが目についたのか。
たぶん、というか、間違いなく後者だと思いますけど。

バンコク2015.4成田空港

端午の節句を前に第1ターミナル・ガラスタワーの前には「五月人形」が飾られていました。
日本らしくてよいのですが、出発ロビーの広さに比較して小さいし、インパクトがないように思えます。無理して飾らなくてもいいのに。

バンコク2015.4成田空港

このような“出発案内”は、国際空港ならではのもの。毎回の恒例でここを撮って出発口へ進みました。

バンコク2015.4成田空港

出発口へ進むとセキュリティーチェック、出国審査はさして混んでおらず、簡単に出国手続きは終了しました。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2015/05/26 20:36】 | バンコク2015.4
【タグ】 バンコク  成田空港  
トラックバック(0) |
デルタ航空166便成田行でのシンガポールからの帰国についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 3日目 : 2015.2.8 ④ 》

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

シンガポール2015.2デルタ航空成田行

搭乗時間となり、帰国便デルタ航空166便成田経由シアトル行きに搭乗しました。
チャンギ空港は、あらゆる点ですばらしい空港ですが、ボーディングブリッジは、平凡だと思っていました。
でもボーディングブリッジ床のカーペットが、ターミナルビルのカーペットと同じデザインのものが使われていました。こんなところにこだわっているのですね。

シンガポール2015.2デルタ航空成田行

帰国便デルタ167便の私の座席は、38D。中央3列の左通路側です。
日本出発前にホームページをみたら、私以外の予約は入っていなかったので3席独占を期待していましたが・・・。

シンガポール2015.2デルタ航空成田行

甘くなかった。反対側の通路側も私の隣も3席全部埋まり、機内は、この通りほぼ満席となりました。
インボラグレードアップとは言わないまでもせめて3席独占(貧乏人のファーストクラス)、と思うのですが、それすらなかなかかなわない。

シンガポール2015.2デルタ航空成田行

帰国便は、往路と同じボーイング777型機です。

シンガポール2015.2デルタ航空成田行

有料ですが、機内Wi-Fiも可能になったようです。
スマホも持っていないし、パソコンも外には持ち出したりしないので私には全く関係ありません。
そんな私には、機内までネットに繋げる必要があるのかしら、って感じです。

シンガポール2015.2デルタ航空成田行

デルタ航空の機内誌です。
日本語機内誌は、“ニューヨーク特集”です。

シンガポール2015.2デルタ航空成田行・機内食

水平飛行に移り、しばらくするとドリンクサービスはなく、すぐに朝食がサービスされました。
「オムレツ オア チキン?」との問いに「チキン プリーズ」で出てきたのがこちら。
フライドライスの上にちょっと甘いエスニックなタレのチキン串焼き3本がのったメイン。
そしてフレッシュフルーツ(パパヤ、メロン、スイカ)、マフィン、いちごヨーグルト。
サイドニューを含め前回(2014.11)、前々回(2014.5)と全く同じ。つまりこのメニューをいただくのは、3回目です。
このメイン、私は、おいしいと思いますし、好きです。
でも、そろそろメニュー変えろーっ!!

シンガポール2015.2デルタ航空成田行・機内食

成田到着1時間ほど前に軽食のサービス。
暖かいハム・チーズサンド、パウンドケーキ。これも定番メニューでいつも同じです。
お味は、ごく普通。

シンガポール2015.2デルタ航空成田行

成田到着。成田は、雨模様でした。
私の帰国時に雨が降っていたというのは意外と珍しい。

シンガポール2015.2帰国・成田空港

デルタ便は、アメリカへの乗り継ぎ客が圧倒的に多いので、同じ便で入国審査に進む乗客は少ない。

シンガポール2015.2帰国・成田空港

恒例の到着客出口の植栽。季節は冬、二月ですのでデザインが少し地味かな?

シンガポール2015.2帰国・成田空港

到着ロビーの到着案内。
予定より30分ほど早く到着し、入国審査、税関検査も順調に済んだので当初の到着予定時刻に到着ロビーに立っていました。

シンガポール2015.2帰国・成田空港

自宅へは今回も京成本線“特急”で帰宅しました。車内で爆睡だったのはいつもと同じ。
今回もよく食べた週末弾丸旅行でした。
以上で“週末シンガポール弾丸旅行記2015年2月編”は終了です。

今回の旅行による獲得マイルは、以下の通りです。2015年からの新システムで前年と比較するとAMEX決済による獲得マイルを含めてもは獲得マイルは昨年の約半分しか獲得できませんでした。
【獲得マイル】
今回の獲得マイル 計5,260マイル
 搭乗マイル   3,520マイル(運賃等52,300円)
 AMEXマイル 1,740マイル
MQM(メダリオン資格算定マイル) 6,656マイル
2015年累計MQM      20,463マイル(2014年繰越13,087マイル)

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2015/05/23 22:27】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール  デルタ航空  機内食  
トラックバック(0) |
今回は、チャンギ空港ターミナル1での帰国便に搭乗するまでのひとときをアップします。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 3日目 : 2015.2.8 ③ 》
シンガポール2014.11チャンギエアポート

ターミナル3で夜食(超早い朝の軽食)を食べ終えて、ターミナル1に戻り、搭乗開始までにまだ少しあったのでチャンギ空港設置の“無料”マッサージャーを利用しました。この手のものを“有料”でなく“無料”にするところが、このチャンギ空港のすごいところです。

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

以前利用した時は、“痛い”だけであまり気持ち良くなかった記憶があるのですが、今回は、『気持ちいいっ~』。よく歩いたからでしょうか。
すみませんねえ、汚いものをお見せして。

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

出発案内を再確認。定刻にD48番ゲートから出発です。「Gate Open」の表示がでていますので、そろそろ搭乗ゲートへ行く時間でした。

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

D48番ゲートに向かいました。
以前、デルタ便は、午前5時とか6時とかの出発でしたので閉まっている店ばかり。最近は出発時刻が1時間ほど遅くなり午前7時ごろとなったため開いているお店も多くなりました。もっとも買物にほとんど興味がない私には関係ありませんけど。

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

そしてゲートに向かう途中にこのような「ディスカバー・シンガポール」というお土産店をみつけました。
以前からあったのに気がつかなかったのか、新しくできたのか、は不明。
旧正月向けなのか、“羊のぬいぐるみ”がちょっとかわいかったので、撮ってみました。

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

いつもより少し遠い、D46番ゲートに到着しました。周りの雰囲気がいつもと少し違います。
シンガポールのチャンギ空港は、搭乗待合室前で「保安検査」を実施するので入るのに行列ができています。メダリオン特典で“スカイプライオリティー”のラインから入らせていただきました。
搭乗待合室に入ると、ほどなく搭乗となりました。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/05/21 22:36】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール  チャンギ空港  
トラックバック(0) |
今回は、搭乗前に食べたチャンギ空港ターミナル3にあるフードコートでの夜食についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 3日目 : 2015.2.8 ② 》
チェックイン、出国審査を終え、ターミナル間を結ぶスカイトレイン(無人電車)が運行を再開する午前5時を待って、ターミナル3に向かいました。チャンギ空港は、24時間空港ですが、それでも発着があまりない深夜午前2時から午前5時までスカイトレインは運行を休止します。
ターミナル3へ向かったのは前回11月に来た際に利用してお気に入りになったフードコート『シンガポールフードストリート』で、また、夜食をいただくためです。わざわざターミナル3に行かずともターミナル1にも24時間フードコートはあるのですが、文字通りシンガポールらしいストールがあるのと、時間潰しのため。すぐに食べ終わって、つい、そこらのベンチで眠りこんでしまい1日に1便しかないデルタ便に乗り遅れるなどという悲劇が何より怖いですから。

シンガポール2014.11チャンギエアポート・フードコート

ターミナル3の24時間フードコート『シンガポールフードストリート』。写真は、前回11月に来た時のものです。
前回もご紹介しましたが、ここの会計(支払い)方法は、ちょっと変わっています。まず、キャッシャーで食べたいものを言い、代金を支払い、注文が記録された専用の磁気カード受け取り、そのカードを各ストールへ出し、注文するというシステムです。

シンガポール2014.11チャンギエアポート・フードコート

これがその磁気カードです。デポジットなどは取られずお土産に持って帰れます。
朝の5時過ぎという早朝にも関わらず、2品もオーダーしてしまいました。1品だとすぐに食べ終わって時間が潰れないでしょ。
などと言っても意地汚いのは、まるわかりですか?

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

前回おいしかった「フィッシュボールヌードル(汁なし)」をいただきました。価格は、5.50Sドル(≒470円)。空港価格としてはリーズナブルです。
日本では、汁なし麺は、焼きそばの類を除きまだまだポピュラーではないし、スープ自体は経験上日本の方がおいしいので、シンガポールでは汁なし麺を頼むことが多いですね。

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

そして「香港ヌードル」と称されていた“炒麺”。麺を海老や野菜とともにオイスターソースなどで炒めたもの。
価格は、8Sドル(≒680円)でした。おいしかったのですが、ちょっとコスパ的には悪いかな。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/05/18 21:01】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール  チャンギ空港  フードコート  
トラックバック(0) |
今回は、旧正月の飾り付けがされたシンガポールチャンギ空港のターミナル1についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 3日目 : 2015.2.8 ① 》
ターミナル2の見学を終え、帰国便の出発するターミナル1へ。預けた荷物を引き取り、出発フロアのベンチで仮眠をとりました。
シンガポール2015.2チャンギ空港出発

ターミナル1来ると旧正月向けにこんな植栽がありました。ターミナル2に比べてちょっと地味です。巨大なミッキーマウスもいないし。

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

仮眠を前に出発案内を確認しました。帰国便のデルタ航空166便は定刻に出発です。
166便は、成田経由シアトル行きです。

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

午前4時を過ぎてチェックインし、出発口に向かいました。
チェックン前にはいつも通り、警備からの質問を受け、チェックインが済んでチェックインエリアを出る前には、パスポートと搭乗券の再チェックを受けました。ここだけでパスポートを見せること3回。いつもなんでこんなに煩わしいことをやっているのだろう、と思っていました。
ところがターミナル2の出発フロアを見学していて気がついたのですが、ここでは、チェックイン前の質問も、チェックインエリアを出る時のチェックもやっていませんでした。つまり、こんなことやっているのはデルタ航空だけ。アメリカの航空会社だからでしょうか。

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

出発口のところには、干支をモチーフにした植栽がありました。羊に見送られながら、出国審査へ進みました。

出国審査を終え、制限エリアに入ったところにあるエリアは、やはり旧正月バージョン。ここは、いつも来るたびに様々な表情を見せてくれます。
シンガポール2015.2チャンギ空港出発

<シンガポール2015.2チャンギ空港出発

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

シンガポール2015.2チャンギ空港出発

ミッキーマウスなどのディズニーキャラクターは、クリスマスイルミネーションの使い回しではありますが、クリスマスからあまり日がたってないので、しょうがない。

ところで3日前の5月13日にこのブログの訪問者数が40,000を超えました。ご訪問ほんとうにありがとうございます。
私の旅の“備忘録”的ブログですが、これを見てくださった方がそこを訪ねた際に少しでもお役にたてれば幸いと思いながらこれからも続けていきたいと思います。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/05/16 02:23】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール  チャンギ空港  
トラックバック(0) |
今回は、チャンギ空港ターミナル2の様子をアップします。帰国便のデルタ航空のカウンターがあるターミナル1とはまた違ったターミナルです。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 2日目 : 2015.2.7 ⑮ 》
飲茶の遅い夕食を食べた後、地下鉄MRTでチャンギ空港へ向かいました。

シンガポール2015.2地下鉄

地下鉄MRTイーストウェスト線タメ・ナラ駅にて空港支線に乗り換えます。降りたホームの反対側にチャンギ空港行きの電車はきます。
空港行き電車は、終電に近いこともあってか、ガラガラでした。

シンガポール2015.2地下鉄チャンギ空港

チャンギ空港駅のホームです。とっても幅の広いホームで、ホームの中央にフライトインフォメーションが設置されています。
今気が付きましたが、この写真に写りこんでいる女性は、いつも真夏のシンガポールでダウンを着ています。きっと寒い国へ旅立つのでしょう。

シンガポール2015.2地下鉄チャンギ空港

利用するターミナルによって改札・出口が違います。ホームにはこのような案内があるので、この案内に従い進みます。
チェックインまで相当時間があるので、今回はターミナル2の出発ロビーを見学することにしました。

シンガポール2015.2地下鉄チャンギ空港

改札を出て、この長いエスカレーターに乗り、ターミナル2の建物に向かいます。終電が近いからなのかシャッターが半分降りています。

シンガポール2015.2地下鉄チャンギ空港

長いエスカレーターでターミナル2の建物に入ると出発ロビーへは再び長いエスカレーターに乗ります。

シンガポール2015.2チャンギ空港ターミナル2

ターミナル2の出発フロアに入ると、まずは、このミッキーとミニーの旧正月の飾り付けが迎えてくれました。
昨年のクリスマス以来、チャンギ空港は、“ディズニー”とコラボしているようです。

シンガポール2015.2チャンギ空港ターミナル2

ターミナル2出発フロアの「出発便案内」です。
とっても近代的なチャンギ空港ですが、この出発案内のボードは旧式のいわゆる“パタパタ式”。レトロな感じをだすためにわざとこの方式を残しているのだと思います。

シンガポール2015.2チャンギ空港ターミナル2

チェックインカンターは、間隔が広々していてゴチャゴチャした感じがありません。

シンガポール2015.2チャンギ空港ターミナル2

出発フロアを歩いていたら見かけたシンガポール航空のホテルのロビーのような「ファーストクラス専用チャックインカウンター」です。
座ってチェックインできるようです。ファーストクラスともなると全く別世界。私には一生関係ないだろうなあ。

シンガポール2015.2チャンギ空港ターミナル2

チェックンカウンターの付近には、マーラインの植え込みがあったり。

シンガポール2015.2チャンギ空港ターミナル2

チャンギ空港の管制塔の植え込みがあったり。

シンガポール2015.2チャンギ空港ターミナル2

シンガポール建国50年をモチーフにした植え込みがあったり。

シンガポール2015.2チャンギ空港ターミナル2

シンガポール2015.2チャンギ空港ターミナル2

出発口では、ミッキーとミニー、ドナルドとデージーがお見送り。

いつも利用する“ターミナル1”とはまた違う“ターミナル2”でした。
そしてターミナル間を結ぶ“スカイトレイン”(電車)でデルタ航空のチェックインカウンターのある“ターミナル1”へ向かいました。チャックインが開始される午前4時30分ごろまでの数時間、ターミナル1・ロビーのベンチで仮眠しました。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/05/12 22:05】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール  チャンギ空港  ターミナル2  
トラックバック(0) |
夕食は、シンガポールで行列のできる飲茶の人気店“瑞春”を訪ねました。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 2日目 : 2015.2.7 ⑭ 》

私がシンガポール訪問時には必ずチェックするのが『シンガポールナビ』というサイト。ここに「シンガポールで行列のできる店」という記事があって、そこに夜6時から翌朝6時まで営業という変わった飲茶の店が紹介されていました。そこで今回はその店、“瑞春”で夕食をとりました。
“瑞春”が深夜営業していることからあえて遅い時間に夕食をとり、そのまま終電でチャンギ空港に向かうことにしました。そのためサイトでは“瑞春”の最寄駅は、MRT地下鉄ノースイースト線ファーラーパークとされていましたが、チャンギ空港へ向かうことを考え、空港へ連絡するMRT地下鉄イーストウェスト線のブギス駅から歩きました。
ブギス駅に着いて店までの経路を確認しようとすると、持ってきたはずの店までの地図がみあたりません。どうやら自宅に忘れてきてしまったようです。おぼろげに覚えていた“通り”の名を頼りに歩き始めました。

シンガポール2015.2飲茶人気店

15分ほど歩いたでしょうか。もう遅い時間なので閉まっている店も多い通りに賑やかな一画が見えてきて、それがこの“瑞春”でした。地図もなく行きつくことができ、我ながらたいしたもんだと変に感心してしまいました。
着いたこの時は行列も見えず、さすがに遅い時間になると行列もなくなるんだ、と思ってしまいした。

シンガポール2015.2飲茶人気店

しかし店の前に来てみると間口が普通の店の4区画分はある大きな店構えで、どのテーブルもうまっています。店の受付には行列こそないものの多くの人が待っていました。そして受付横には電話予約をするようにと書かれた看板があり、それを見て皆さん携帯で電話をしているようです。
携帯なんて持っていませんし、持っていたとしても予約できるような英語力もありません。とりあえず、受付のちょっと加藤茶に似たお兄さんに「ひとりなんだけど・・・」というと「ちょっと待て」とのお答え。しばらく待つと店の中に案内され、奥に行くように言われました。
奥に行っても空いているテーブルなんかありません。キョロキョロしているともっと奥に行けと言われますが、そうなると店を通り抜けてしまうことになります。

シンガポール2015.2飲茶人気店

で、素直に店を通り抜けてみると、店の裏側の小汚い道路に、こんなテーブルが用意されていました。
床が道路なのでテーブルはガタつくし、なんかそこらへんをネズミが走るのを見かけても不思議ではない(実際には見ませんでしたけど・・・)、こんなところにまでテーブルをつくるこの店にはいったいどれくらいのお客がくるのだろう、と思ってしまいました。
いやがうえにも、料理への期待が高まります。

シンガポール2015.2飲茶人気店

まずは、ライムジュース(1.80Sドル≒150円)を頼み、ひと息つきました。そして最初の2品がきました。
ちなみにシンガポールでは“おてふきタオル”は有料で、ここでは0.20Sドル(≒20円)とられました。拒否できるものかどうかは、わかりません。これぐらいの金額でウダウダ言う人がいるかどうかもわかりませんけど・・・。

シンガポール2015.2飲茶人気店

まずは「糯米鶏」。“糯”は、「餅」の意味でつまり“中華おこわ”です。おいしい一品でした。2.50Sドル(≒210円)。

シンガポール2015.2飲茶人気店

そして「鮮蝦付皮巻」。海老の湯葉巻き揚げです。まあ想像通りのお味ですが、おいしかった。3Sドル(≒250円)。

シンガポール2015.2飲茶人気店

「春巻き」です。おいしかったですが、ごく普通のお味でした。2Sドル(≒170円)。

シンガポール2015.2飲茶人気店

「シュウマイ」です。こちらもごく普通のお味でした。1.80Sドル(≒150円)。一般的に飲茶の店では、1人前(1皿)3ケまたは4ケですが、この店では2ケでした。1ケ食べてしまったわけではありません。
それにしてもステンレスの皿にのってでてくるとおいしくなく見えるような気がするんですが・・・。
小籠包(4.30Sドル≒360円)も頼みましたが、くるのが遅くて、きた途端に口に放り込んでしまったので写真がありません。
以上、いただいてお会計は16Sドル(≒1,350円)。大変、リーズブルな価格でした。

シンガポール2015.2飲茶人気店

デザートを食べなかったなあ、と思いながら店をでると目についたのがお持ち帰り向けこの直売店でした。
さして並んでいなかったので自宅に帰ってから食べるべくデザートを1品買いました。

シンガポール2015.2飲茶人気店

買ったのはこの「エッグタルト」。1ケ、1.30Sドル(≒110円)でした。日本に帰って食べましたが、ごく普通の味でした。

さて“瑞春”の感想ですが、夜も11時過ぎたというのに満席状態であることからして大人気店であることは間違いありません。どの点心もおいしかったのですが、絶品というほどではありません。印象としてはリーズナブルであることが売り、といった感じです。
立地が必ずしも利用しやすいところではないのでの“次はない”かな。

【 瑞春 Swee Choon Tim Sum Restaurant 】
住所 : 183/185/187/189/191 Jalan Besar
営業 : 18:00~翌朝6:00
休業 : (火)
地下鉄ファラーパーク駅からあのムスタファセンター前を通るサイド・アルウィ通りをムスタアファセンターの前をそのまま進み、ジャラン・ベサール通りとの交差点あたり。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/05/09 18:48】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール飲茶  
トラックバック(0) |


R@CDG
有料ナプキンにウダウダ言っているRです。

S$0.20は安いですけど、S$0.30の濡れナプキンを有無を言わさず出してくる姿勢には、正直腹が立ちます。(笑)
って、それがシンガの文化なんでしょうから仕方ないのですが。

そうそう、使わなければ課金取消してくれますよ。
本当の高級店だと、ナプキン代を取る代わりにサービス料を取ると思います。

有料ナプキンを出す店は、同じカテゴリの中でも高級店を自意識している店と言う感じがします。
インド料理店では、1つでは足りないのでいつも困るのですが。(持参のナプキン出してしまいます)

コメントを閉じる▲
シンガポール・チャイナタウンの中華菓子店についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 2日目 : 2015.2.7 ⑬ 》
仏牙寺の見学を終え、道路を挟んで斜め前にある中華菓子店「東興」へ。
チャイナタウンへはB級グルメを楽しみに毎回訪れることもありシンガポールへ来ると必ず来るようになってしまいました。

シンガポール2015.2チャイナタウン・中華菓子

すっかりお馴染の中華菓子店「東興」。
店頭には、テーブルが2卓ほど用意されています。飲物などの提供はありませんが、買ったお菓子をその場で食べることができます。

シンガポール2015.2チャイナタウン・中華菓子

毎回、あまり変わらない選択ですが、今回購入したお菓子。
エッグタルトは、店先で食べる1コだけを買いましたが、今回はココナッツエッグタルトにしてみました。ココナッツの風味がいけます。
ほんのり暖かいできたてのエッグタルトは、おいしい。こればっかりは、日本では味わえない。

で、いつもこの店ばっかりなので、同じチャイナタウンにある中華菓子店『大同餅家』へと向かいました。
観光客でごったがえすお土産物屋さん並ぶ“テンプルストリート”の1本隣の通りです。1本違うだけで人通りも少なく全く違う様相を見せています。
この店、ず~っと以前に訪問したことがあるのですが、まさしく食指が動かず、何かを買った記憶がありません。今回は、ネットで仕入れた情報をもとに期間、数量限定のあるものを買うのが目的です。

シンガポール2015.2チャイナタウン・中華菓子

買ったのは、この赤い缶。シンガポールでは、旧正月に一家で食べると言われる“クエ・ブランタ”で、いわゆる“エッグロール”です。“クエ・ブランタ”とは、ラブレターという意味らしいです。
この店では、旧正月前に、1枚(本)、1枚(本)、丁寧に手で巻いて焼くので数量限定(2,000缶とか)で販売するのだそうです。
口に合わないと困るのでお願いして試食させていただきました。
ほんのり、ココナッツの風味が漂い、さっくり、ほろほろ。あれー、これは、うまいっ!。即、購入決定。価格は、18Sドル
(≒1,500円)でした。
この店は、パイナップルケーキが有名らしいのですが、『東興』で既にお菓子を買っていうこともあり“エッグロール”だけにしておきしました。
お店の外観、撮るのを忘れました。静かな通りで、看板もあるので、すぐわかると思います。

シンガポール2015.2チャイナタウン・中華菓子

大事に、大事に、“手荷物”にして日本へ持って帰ってきました。
帰ってきて缶を開けたら、この通り、ぎっしり詰まっていました。毎日、少しづつ味わいながらいただきました。
また旧正月前にシンガポールへ来たら、マスト買いに決定!!

【大同餅家】
住所 : 35 Mosque Street
営業 : 8:30~18:30
休業 : 日曜

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/05/06 09:41】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール  チャイナタウン  中華菓子  
トラックバック(0) |
今回は、シンガポール・チャイナタウンにある仏牙寺についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 2日目 : 2015.2.7 ⑫ 》
B級グルメを楽しんだ後、同じシンガポール・チャイナタウンの、でもちょっとはずれの方にある仏牙寺を訪れました。

シンガポール2015.2チャイナタウン・仏牙寺

この仏牙寺の壮麗な建物を見ると私はなぜかチベットあたりの寺院をイメージしてしまいます。
でもこの寺院は、全館冷房完備でエレベーターもある近代的な建物でネットで調べたらミャンマーで発見されたブッダの“歯”を納めるため2007年に創建されたのだそうです。

シンガポール2015.2チャイナタウン・仏牙寺

仏牙寺の斜め前には、ご贔屓の菓子店「東興」があったり、ホーカーズの「マックスウェル」があったりで過去に何回も訪れています。
いつも1階のご本尊のご尊顔を拝するのみ、というか、冷房されているので一息入れに来ていた、というのがほんとうのところだったりするわけで、一度、仏歯もしっかり見てみようと思いまして・・・。

シンガポール2014.11チャイナタウン・仏牙寺

ご本尊のある1階は、豪華絢爛というか、ピカピカです。
ところでこのお寺は意外とドレスコードが厳しいのです。キャップを被っていると取るように注意されますし、あまり露出度が多いと、入口で止められて、腰巻やストールなどを着けさせられます。

シンガポール2014.11チャイナタウン・仏牙寺

シンガポールの信心深い人々のお参りが絶えません。これは、そんな方々のお供えです。

シンガポール2015.2チャイナタウン・仏牙寺

エレベーターで最上階まであがり、その後階段で屋上にでると緑に囲まれたこのような社殿があります。

シンガポール2015.2チャイナタウン・仏牙寺

中にはこのような“マニ車”があります。1回まわすとそこに書かれているお経をあげたことになるとのことで、無精な私にはピッタリなシステム。

シンガポール2015.2チャイナタウン・仏牙寺

最上階から見たシンガポール・チャイナタウンの眺め。
この寺の上階には街並みを眺められる展望台のような場所がないので、この眺めも階段のところから撮りました。チャイナタウンの古い街並みの後ろに近代的な高層建物があって、いかにもシンガポールらしい風景でしょ。

肝心の“仏歯”がアップされておりませんが、撮影禁止で写真はありません。撮影できたとしても「これが“仏歯”?」という感じで良くわかりません。
そもそも“本物”なのでしょうか?、なんて罰あたりなことをふっと頭をよぎったことは秘密にしておきます。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/05/02 23:55】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール  チャイナタウン  仏牙寺  
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。