FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北市内の清朝時代の古い街並みが保存された『剥皮寮』についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 3日目 : 2014.7.20 ③ 》

朝食の後、『龍山寺』からほど近い歴史的街並み保存地区である、『剥皮寮(バオピーリャオ)』を訪ねました。

台北2014.7剥皮寮

龍山寺の前を走る廣州街を龍山寺に向かって右手に200メートルほど行くと、左手に古めかしいこの一画『剥皮寮』が見えてきます。

<台北2014.7剥皮寮

2階が張りだしてアーケードのようになった造りは、シンガポール、香港など中華系が住む街によく見られる造りです。でもここ『剥皮寮』のものは通路の幅も広く煉瓦が使われなんとも味があります。

台北2014.7剥皮寮

『剥皮寮』は、清朝時代の古い街並みでかつて木材の集積地であり、ここで樹皮が剥がされたことからその名がつけられた言われています。

台北2014.7剥皮寮

一画の奥に入っていくとこのような通りもあります。特に訪ねた時間が朝、まだ、早く人も少ないので一瞬、タイムスリップしたかのような感じさえ受けます。

台北2014.7剥皮寮

台北2014.7剥皮寮

小路に面した各部屋には入れるようになっていました。この部屋は、建物の造りがわかるようになっています。

台北2014.7剥皮寮

台北2014.7剥皮寮

その他の各部屋は、展示やイベントのためのスペースとして利用されているようです。この部屋は、絵本作家の“林小杯”の展示?、イベント?の部屋でした。暖かみのある、やさしさに溢れる絵です。絵が気に入りお願いしてハガキ大のカードをいただきました。
この“林小杯”とは、どんな人かと思い、ネットで調べてみましたが、日本語のものはなく結局よくわかりませんでした。中国語のものはそれなりにあったので、そこそこに名の通った人なんだと思います。たぶん。

昨日、11月の勤労感謝の日の3連休にシンガポール行きのチケットを予約しました。またシンガポールですが、マイルを稼げるものですから。
さて、次回は、『B級グルメ排骨定食の昼食』についてアップの予定です。
励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/10/28 20:10】 | 台北2014.7
【タグ】 台北  剥皮寮  
トラックバック(0) |
今回は、3日目の朝、龍山寺エリアで楽しんだB級グルメの朝食についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 3日目 : 2014.7.20 ② 》

『青山宮』の参拝を終え、このエリアに来た本当の目的、B級グルメの朝食を楽しみました。

台北2014.7肉粥店

台北2014.7肉粥店

やってきたのは、「龍山寺」にほど近い、ここ『周記肉粥店』です。店名が示す通り“肉粥”の店で、安くてうまいと評判です。
でも、おしゃれでもなんともない、むしろちょっと小汚い、何も知らなかったらパスしそうな店です。

台北2014.7肉粥店

行列こそできていませんでしたが、店内はほぼ満席状態でした。しばらく入口で待って席になんとか案内してもらいました。
実に庶民的な客層ですが、若いおねーちゃんなんかはおらず、圧倒的におっちゃんが多いです。
注文したのは『肉粥』(15元≒55円)と『紅焼肉(豚肉のから揚げ)』(50元≒175円)です。

台北2014.7肉粥店

『肉粥』は、トロトロではなく、まだ米粒が残る、雑炊に近いタイプであっさりした醤油味です。実は、私、あのドロドロとしたお粥は好きではありませんが、これならいけます。
『紅焼肉(豚肉のから揚げ)』は、揚げたてでサクサク、カリカリ。ちょっと脂身が多い肉ですが、このピリ辛のソースをつけていただくと結構うまいです。
この後にもう1軒、別の店に行こうと思っているので1人前で済ませましたが、両方とも量的に少ないのでここだけで済まそうと思うなら男性だと2人前は軽くいけます。
わざわざこれだけを食べに来るほどのものではないと思いますが、台北市内観光で『龍山寺』に来られることも多いと思います。『龍山寺』まで来たら、立ち寄ってみれば台湾のお土産話しのネタになると思います。

【周記肉粥店】
住   所 ) 台北市廣州街104号
営業時間 ) 6:00~16:50
定   休 ) 不定休
○『龍山寺』前を走る廣州街という道路をお寺に向かって右方向に歩いて数分。進行方向右手にあります。

“肉粥”を食べた後は“イカのとろみスープ”がおいしいと評判の店『両喜號』を訪ねました。

台北2014.7イカ団子汁店

『龍山寺』からほど近いところにこの『両喜號』はあります。先ほどの『周記肉粥店』に比べるとよっぽどきれいです。

台北2014.7イカ団子汁店

開店からまだ間もないためか数組みのお客さんしかいませんでした。こちらも庶民的なお店です。
注文したのは『魷魚○〔火に庚〕(イカのとろみスープ)』(50元≒175円)、『炒米粉(ビーフン炒め)』(35元≒120円)。

台北2014.7イカ団子汁店

運ばれてきた品を見て「あっ、しまった!、パクチーのってる」。私、好き嫌いはないほうですが、パクチーとレバなどのモツ類が苦手です。
スープから丁寧に取り除いて味わった、“イカのとろみスープ”は、あっさりしてなかなかいけます。“ビーフン”は、ごく普通の想像通りのお味でしたが、おいしい。
『龍山寺』近辺には「胡椒餅」のおいしい店など他にもB級グルメの店がいくつかあります。ここらに来たらお腹と相談しながら食べ歩きも楽しいと思います。

【両喜號】
住   所 ) 台北市西園路1段194号號
営業時間 ) 10:00~20:00
定   休 ) 無休
『龍山寺』を背にお寺と地下鉄駅の間にある公園の右手の通り沿いにあります。

昨日、『栃木市内の街歩きハイキング』に行ってきました。古い街並みにとっても癒されました。でもちょと“お疲れ”で昨日アップしようと思っていたのがくじけて今日になりました。
さて、次回は、『龍山寺』そばの歴史的保存地区“剥皮寮”についてアップの予定です。
励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/10/26 12:40】 | 台北2014.7
【タグ】 龍山寺  肉粥  イカのとろみスープ  
トラックバック(0) |

B級グルメの朝食いいですね!
たーりん
YANABUさん、こんばんは~♪

先ほどコメント記入欄を間違えて「拍手コメント」欄に間違えてコメントしてしまったので、再度こちらのフォームにコメントさせてください。

B級グルメの食べ歩きいいですね~! 食べたいです☆

台北は3~4回旅行しているのですが毎回、滞在ホテルでバイキング形式の朝食を食べているので外で朝食を食べることをしたことがないんです…

これからはYANABUさんスタイルにホテルでの朝食は抜きにして朝からB級グルメの朝食をとれば
美味しいものがたくさん食べられていいですね!

ところで来月、職場の食いしん坊な友人が台北に旅行に行きます。「マンゴーカキ氷が食べたい」
といっていますが、マンゴーが出回らない旬でない時期は「マンゴーカキ氷」は食べられないのでしょうか?

それから、三連休はシンガポールを旅行されるとのこと。羨ましいです☆

また、シンガポールの美味しい情報のブログアップを楽しみにしています♪



「小籠包→マンゴーかき氷」ってどうですか?
YANABU
たーりんさん、いつも訪問ありがとうございます。
私、ホテルのバイキングの朝食、だ~い好きですよ。
ただ、今回は、朝食がついていなかったので朝から「食べ歩き」に徹しました。
さて、ご質問の「マンゴーかき氷」ですが、「冰讃」はダメですが、
他のお店だったら、11月ならなんとか食べられるのではないでしょうか。
過去の訪台がいずれもマンゴーシーズンなので正確なところは申し訳ないですが
わかりません。
今回は、台北の原宿といわれる西門町でも食べました。(この件は近日アップします!)
2012年の訪台で永康街で「思慕昔」という店で「マンゴスムージー」を飲んでいるのですが、
このお店も「マンゴーかき氷」で有名です。
(このお店については私の2012年台北旅行記をご参照ください。)
永康街なら「小籠包」を食べて、「マンゴーかき氷」なんていいかも。
ところで、「ペトラ遺跡」うらやましいです。
あのなんとも言えないピンク、この目で一度は見てみたいものです。
それではまた。
YANABU

コメントを閉じる▲
今回は、3日目の朝に訪ねた台北龍山寺青山宮についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★


B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 3日目 : 2014.7.20 ① 》

3日目の朝、初めて台北旅行のときにも訪れた、龍山寺を訪ねました。ここに来たのは実は別の目的があるのですが、ここまで来たからにはしっかりとお参りしました。

台北2014.7龍山寺

地下鉄の“龍山寺駅”を降りて地上に出ると、もうお寺はすぐ前で、この“外門”が目に入ります。この外門、日本風にいえば“山門”といったところでしょうか。朝から多数の参拝客が訪れています。

台北2014.7龍山寺

外門をくぐると、正面にはこの“前門”があります。

台北2014.7龍山寺

“前門”の前は、ちょっとした広場のようになっていて、向かって右手には“滝”が、左手には“池”があります。こちらは、右手の“滝”です。

台北204.7龍山寺

朝とはいえ、もう暑い。“滝”が涼しげです。

台北2014.7龍山寺

左手の『池』には、“龍”が、“鯉”が、水を噴き上げています。

台北2014.7龍山寺

前門の中に入ると多くのお供えが載せられ、多くの参拝者が熱心にお祈りしています。

台北2014.7龍山寺

そして『龍山寺本堂』です。ここには「聖観世音菩薩」が祭られています。
すぐそばに建っている鉄筋コンクリートのビルと本堂との間に違和感あまりなく妙に街の中に溶け込んでいます。

台北2014.7青山宮

龍山寺の参拝を終え、すぐ近くにある『青山宮』を訪ねてみました。
青山宮』は、祈れば健康になると言われる「霊安尊王」が祭られています。龍山寺から『青山宮』へ歩いて行くと道路にこの門がありました。

台北2014.7青山宮

『青山宮』まで来て見ると、なにやら多くの人が集まり、祭礼のようなもの催されているようでした。この祭礼の役員の方なのか、お宮の前ではマイクで次々といろいろな人が紹介され、拍手を受けていました。

台北2014.7青山宮

この祭礼のため、残念なことに『青山宮』には入れませんでしたが、そのかわり祭りの装飾のように派手で華麗な祭礼衣装がお宮の前に飾られていました。

次回は、“B級グルメの朝食”についてアップの予定です。
励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/10/23 20:44】 | 台北2014.7
【タグ】 台北  龍山寺  青山宮  
トラックバック(0) |
今回は、台北2日目夕食の蒸餃子などB級グルメについてアップします。

土曜から日曜にかけて千葉の網元の宿なるところに行ってきたので、またまた、ちょっとアップの間隔があいてしました。網元の宿というと、料理はおいしいけどサービスや設備はちょっと・・・、というのが一般的イメージのような気がします。でも、その網元の宿は、料理がとってもおいしく、宿のスタッフの感じも良く、サービスも行き届いて、インテリアもおしゃれ。いやー、とっても良いお宿でした。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 第2日目 : 2014.7.19 ⑪ 》
お茶を買ってホテルへ帰るべく歩くとその途中に夜市で有名な『寧夏街』があります。

台北2014.7カキの卵焼き

その『寧夏街』の入口のところにこんな行列ができています。ここは「牡蠣のオムレツ」で有名なお店でいつも行列です。
前回訪台したときも“お茶やさん”の帰りにこの店の前を通り、食べようと思いました。でも牡蠣に当たるのを恐れ、パスしてしまいました。今回は“勇気を出して”(?)食べてみることにしました。

台北2014.7カキの卵焼き

卵、小さな牡蠣、青菜などをものすごい手早さでオムレツに仕上げ、皿に盛り、茶色の特製ソースをかけます。1人前が65元(≒230円)です。
メニューはいくつかあるようですが、たいていのお客さんは、“牡蠣のオムレツ”を注文します。順番がきて注文をするときに、ここで食べるか、持ち帰りか、を聞かれます。

台北2014.7カキの卵焼き

ここで食べる場合は、調理場から10メートル程離れたこちらでいただきます。きっと人気がでたので後からここを借りたのだと思います。

台北2017.7カキの卵焼き

席に着くとほどなく“牡蠣オムレツ」”が運ばれてきました。
おいしかったのですが、期待が大き過ぎたのか、思ったほどではありませんでした。まあ、値段相応ってところです。

“牡蠣オムレツ”を食べた後、一旦、ホテルに戻り、本格的夕食を食べるため出かけました。
訪れたのは、地下鉄でひと駅、中山駅近くの蒸餃子の名店『福大山東蒸餃大王』です。ちょうど夕食時にあたり、店の前には行列ができていて入店するのに20分ほど待ちました。
やっと席に着いて、“酢辣麺”と“蒸餃子”の2品を注文しました。

台北2014.7蒸し餃子

注文してしばらくすると、まず、この“酢辣麺”が運ばれてきました。お値段70元(≒250円)。ふつうだと“蒸し餃子”がくるのを待っていただくのですが、待ち切れずに食べてしまいました。
一見、“うどん”かと思うような太麺ですが、タレがよく絡みなかなかのお味です。

台北2014.7蒸し餃子

そして待つこと約30分弱、やっと、“蒸餃子”が運ばれてきました。やっときた“蒸餃子“に写真を撮るのを忘れて思わず食べてしまいました。だから写真では9コしか写っていませんが、本当は1人前10コです。これで80元(≒280円)。時間がかかるのは、注文を受けてから蒸し始めるからのようです。
時間はかかりますが、蒸したての熱々の餃子に特製のタレをつけて食べると、これがまたおいしい。ボリュームも満点です。
味の良さ、値段の安さに加え、お店のおばちゃんも本来はセルフサービスの甘いお茶をもってきてくれたり親切です。行列ができるのも納得です。

【福大山東蒸餃大王】
住   所 : 台北市中山北路一段140巷11号
営業時間 : 12:00~21:00
休 業 日 : 日曜日

次回から“台北の3日目”についてアップの予定です。
励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/10/20 23:32】 | 台北2014.7
【タグ】 台北  蒸餃子  牡蠣オムレツ  
トラックバック(0) |
今回は、この旅の目的のひとつでもあった中国茶を買った際のことをアップします。
ほんとうは、もうちょっと早くアップしたかったのですが、社命で昨日と今日の2日間、ある資格の研修を受けなければならず、最後に認定試験もあったので、そちらに時間をとられアップが少し遅れました。それにしてもいいかげんいい歳なので2日も、しかも試験付きは、なんとも辛いです。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 第2日目 : 2014.7.19 ⑩ 》
かき氷を食べたら、その足で、今回の旅の目的のひとつでもある“中国茶”を買いに向かいました。

台北2014.7製茶店

地下鉄雙連駅から歩くとちょっとした距離がありますが、買いに来たお店はここ『明山茶業』です。
前回の台湾訪問時にネットでたまたま知って中国茶を買い求めたお店ですが、その翌年のお正月この『明山茶業』さんからの年賀状が届き、「また、おいでください」と日本語の手書きの添え書きがありました。
営業用ではあるのでしょうが、わざわざ日本のお客さんに年賀状送るなんて、なんとなくこのお店の誠実さを感じて、今回もここで買おうと決めていました。

台北2014.7製茶店

この店は、日本に留学していた五代目の息子さんをはじめとしてご主人や奥さまも日本語を話します。2005年には『台北市政府・優良商號』を受け、2009年には“文山包種茶”で台北市から「台北市城市代表名店」の指定(表彰?)も受けているようです。
前回、対応してくれた“若旦那”は、不在で、今回は奥様が応対をしてくれました。
今回は、前回来た時に買った凍頂烏龍茶と今まで飲んだことがない東方美人茶を一度買ってみようと思っていました。
凍頂烏龍茶は、烏龍茶といっても通常日本でペットボトルなどで市販されている烏龍茶とは全然違います。もともと凍頂山で栽培されたのが始まりで現在は台湾全土の広範囲で栽培され台湾を代表する烏龍茶となったそうです。色は、濃い茶色ではなく薄~い黄土色、そしてさわやかな香りで咽喉越しもすっきり、味は緑茶に似ているともいわれます。
一方の東方美人茶は、イギリス王室に献上された際に女王からその独特な味と香りに「東方美人茶」の名を賜ったというお茶です。ウンカという小さな虫が茶葉の養分を吸うことにより、茶葉が変異を起こし、独特な味わいが作り出されるそうです。そのため亜熱帯の台湾でも春から夏にしかできないそうです。

台北2014.7製茶店

台北2014.7製茶店

現代的なスタイリッシュなインテリアの店内は、前回来た時と何か雰囲気がちがうなあ、と思っていたら、最近、リフォームしたのだそうです。

台北2014.7製茶店

  台湾で本格的なお茶を買うのは、このようなテーブルでお店の人と相対して世間話しをしながらじっくり試飲して買います。さっさっ~と買いたいならこのようなお店は不向きで、チェーン店かお土産屋さんがお勧めです。
  まず、試飲したのは前回購入した『清香烏龍茶』です。口にすると「あっ!、これこれ」。私の烏龍茶に対するイメージを変えた烏龍茶です。やっぱり「うまいっ!」
  次に試飲したのは『東方美人茶』です。口にするとなんとも言えないさわやかな香りとともに蜂蜜とも思える味がしました。「うーん、おいしい」。今までこのようなお茶を味わったことがありません。
奥さんが「夏に冷やして飲むとまた違うおいしさですよ。」と教えてくれました。
  そして奥さんが「これは、さっきのよりちょっと高級な烏龍茶です。」といって試飲させてくれたのが『軽焙火・清香烏龍茶』です。また違ったさわやかな香りとすっきりとした咽喉越し。あらあら、また違った烏龍茶を知ってしまいました。

台北2014.7製茶店

これが今回買い求めた中国茶です。左から、
1.東方美人茶〔300元≒1,050円/100グラム〕
2.ちょっと高級な“軽焙火凍頂烏龍茶”〔300元≒1,050円/***グラム〕
3・清香凍頂烏龍茶(前回買い求めたものと同じ)〔250元≒880円/150グラム〕
4.ジャスミン茶〔150元≒530円/150グラム・スペシャル価格!!〕
5.ティーバッグの烏龍茶〔おまけ!!〕

台北2014.7製茶店

台北2014.7製茶店

今回、中国茶を買った『明山茶業』は老舗としてこんな雑誌に紹介されていて、お店に何冊か置いてあったものを1冊いただいてきちゃいました。ご主人と息子さんが5代目として紹介されていますが、その他は何が書いてあるのか、わかりません。
台北の製茶店について私は「明山茶業」しか知りませんし、中国茶に通じている訳ではありません。あるブログで知って行ってみたら気持ち良くお茶が買える店に出会えただけです。他にも多くのお店があるので気持ち良くお茶を買えるお店を探してみてください。

明山茶業
住   所 : 台北市重慶北路二段70巷3號
営業時間 : 9:00~20:00
休   業 : 日曜、第2・第4土曜、祭日、旧正月
○地下鉄地下鉄雙連駅前を通る民生西路を承徳路方向(マンゴーかき氷の“冰讃”方向、プリンスホテルと反対方向)にひたすら歩きます。夜市で有名な“寧夏路”を左に見て、さらに歩いて重慶北路を左折し、2本目の道を右折したらすぐ。あまり目立たない店構えなので注意してくださいね。

次回は、『B級グルメ・2日の夕食』についてアップの予定です。
励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/10/17 23:12】 | 台北2014.7
【タグ】 台北  中国茶  製茶店  明山茶業  
トラックバック(0) |
明け方まで荒れ模様だった東京も台風一過で気持ちの良い青空が広がりました。それにしても2週連続、台風襲来とは・・・。
さて今回は、台北の『マンゴーかき氷』店についてアップします。すっかり涼しくなった昨今、ちょっと時期的にズレてしまった感がありますが、お付き合いください。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 第2日目 : 2014.7.19 ⑨ 》

士林からホテルのある雙連に戻ってきました。そして“マンゴーかき氷”の店『冰讃』に向かいました。

台北2017.7マンゴーかき氷

やってきたのは雙連駅からほど近い“マンゴーかき氷”で有名な『冰讃』です。前回の台湾訪問(2012年8月)に引き続き2回目の訪問です。
この店は、マンゴーの季節だけ開店するということでも有名なんです。それだけ“マンゴー”にこだわりがあるということ。

台北2014.7マンゴーかき氷

街の人が気軽に立ち寄るカジュアルなセルフサービスのお店です。
注文は、カウンター上に写真入りメニューがあるので“指さし”でOKです。
訪れたときは、注文に5~6人が並んでいて、テーブルも埋まっていましたが、ラッキーなことに自分が“マンゴーかき氷”を受け取るころには、なんとか席が確保できる状態になっていました。

台北2014.7マンゴーかき氷

店には、マンゴーが入ったこんな箱が山積みされていました。
食べごろのアップルマンゴーが実に美味しそうです。うーっ、このまま、すぐにかぶりつきたいっ!!

台北2014.7マンゴーかき氷

注文した『マンゴーかき氷練乳がけ』(芒果牛奶冰)、80元(≒280円)です。
よく熟した食べごろのアップルマンゴー、練乳、かき氷の三者がマッチしてほんとうに美味しい。この写真ではわかりにくですが、量もたっぷりです。
かき氷自体が、ミルク氷になっている『芒果雪花冰』、100元(≒350円)にするとより濃厚な味が楽しめます。
値段もリーズナブルだし、駅から近いし、次回の訪台時がまたマンゴーの季節ならきっとここ『冰讃』に来ちゃうだろなあ。
暑いけどマンゴーのある季節の台湾は堪りません!!

【 冰 讃 】
住 所 : 台北市雙連街2号
営 業 : 4月~10月の11:00~23:00(11月~3月は休業)
地下鉄雙連駅出口より出口前を通る民生西路を承徳路方向(プリンスホテルと反対方向)へ進行方向右側を歩き、雙連街へ右折してすぐ。

次回は、『中国茶を買いに製茶店へ』についてアップの予定です。
励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/10/14 19:59】 | 台北2014.7
【タグ】 台北  マンゴーかき氷  冰讃    
トラックバック(0) |

マンゴーかき氷&中国茶
たーりん
YANABUさん、こんにちは〜♪

マンゴーかき氷と中国茶の記事アップを楽しみにしておりました☆

やっぱりアップルマンゴー最高ですね♡
完熟マンゴーをかき氷のトッピングにしちゃうのはもったいない気もしますが、暑い時期にガッツリ食べたいですね!!
私はまだこのお店に行った事がないので、マンゴーの時期に台北に行けたら行ってみたいと思いま〜す♪

中国茶たくさん買いましたね〜(笑)
私も東方美人茶好きで〜す♪ 別名『オリエンタルビューティー』と言われているので、ネーミングがなんとも素敵♡ですね!!

烏龍茶の中でも発酵度が高いので紅茶に近く、香り、味も好みのお茶です。

YANABUさんのブログ見てるとグルメ話題も多く、また、台湾に食べ歩きに行きたくなってきちゃいました☆

ところで、次回の旅行先はどちらへ行かれる予定ですか?

Re: マンゴーかき氷&中国茶
YANABU
たーりんさん、こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。
完熟マンゴーをトッピングにしてしまうのは確かにもったいないと私も思います。これはこれでおいしいのですけどね。
もう一軒、別のお店の“マンゴーかき氷”をいただきましたので、そちらは、後日、アップします。
さて、次回の旅先は、マイルの稼げるシンガポールへ行こうかなあ、と考えています。ブログ的にはまたシンガポールでおもしろくないかもしれませんが。
(YANABU)

コメントを閉じる▲
今回は、保安宮にほど近いアイスティーの店と士林の老舗中華菓子店についてアップします。
ところで昨日は、東京都下国立市にあるJR総研の一般公開:平兵衛まつりに行ってきました。かつての“鉄っちゃん”がちょっと甦りました。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 第2日目 : 2014.7.19 ⑧ 》

保安宮への見学、お参りを終え、向かったのは地元の人に人気の持ち帰り専門のアイスティー屋さんです。
保安宮の脇の道を真っ直ぐ行くとその店はあります。

台北2014.7紅茶屋

アイスティー屋の店名は、その名もズバリ、『紅茶屋』です。店の前には、人だかりができています。
整理券発券機が備え付けられていて、その券に記載された番号が“○○番~○○番”と電光掲示板に表示されると自分の順番ですが、まとめて表示されるので、カウンターで一人ひとり番号が呼ばれます。もちろん中国語で。
そこは、他の人が差し出す整理券の番号をチラ見して自分の順番を知ります。
カウンターでは大きな容器に入ったアイスティーを小さなカップで手際よく持ち帰り用のプラカップに入れ、専用の機械で封をしていました。
そして注文です。「アイスミルクティー(小)」をお願いしました。お値段13元(≒45円)です。
台湾は、英語が通じないことが多々あるのですが、「アイスミルクティー」ぐらいは通じます。タピオカななどのトッピングを頼みたいときは大きなメニューの看板がカウンターのところにあるので筆談という手もあります。

台北2014.7紅茶屋

これが「アイスミルクティー(小)」です。カップのイラストは、オーナーらしく、写真では見えにくいのですが看板にも描かれています。
注文を待っている間、後ろの厨房からバケツにいれられたアイスティーをザッザーとカウンターにある容器に継ぎ足していて、味についてはちょっと心配でした。でも、お味は、すっきりとした濃くのあるミルクティーで非常に美味。
サイズの(小)ではちょっと量が少ないかな、と思ったのですが、500CC入っているとのことで1回に飲みきる量としてはちょうどの量でした。これが日本円で50円もしないとは、非常にお買い得です。

紅茶屋
台北市重慶北路三段335巷56號-1
6:30~22:30 無休
地下鉄圓山駅から孔子廟前を通り、保安宮の右わきを通る“哈密街59巷”通りを進み公園のある交差点を左に曲がればすぐ。


士林官邸本館の見学を終えた後は、地下鉄士林站(駅)から10分ほど歩いたところにある『郭元益食品』という老舗の中華菓子のお店でお土産を買いました。

台北2014.7中華菓子店

老舗の中華菓子店というので重厚な古い建物を想像していたら、近代的なビルでした。
お店に入ると少しだけ日本語のできる店員さんが親切に対応してくれ、買物が済むと、ウーロン茶も出してくれました。
台北市民は、結婚式でここのお菓子を引き出物に配るのがステイタスとか。各種のお菓子が並ぶエリアの奥には打ち合わせ用のテーブルがいくつもあり、何組かのそれらしきお客さんが打ち合わせをしていました。

台北2014.7中華菓子店

お買い求めは、台湾名物パイナップルケーキ(2種類)と月餅。
パイナップルケーキの違いは、中味のパイナップルジャムが、パイナップル100%と70%の違いです。両方ともおいしかったのですが、70%の方が私の好みでした。
月餅は、胡麻餡のごく一般的なタイプでしたが、おいしかったですよ。
会計になりわかったのですが、JCBカードで決済すると5%引きになります。

郭元益食品
台北市文林路546巷
地下鉄士林駅出口1から中正路を駅から左方向に数不分歩き、文林路との交差点を右に曲がり文林路を7~8分歩くと右手にグレーの石造りのビルです。

次回は、台北市内の"マンゴーかき氷”についてアップの予定です。
励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/10/12 23:46】 | 台北2014.7
【タグ】 台北  紅茶屋  郭元益食品  保安宮  士林  
トラックバック(0) |
今回は、台北の『保安宮』についてアップします。
ここのところ、ちょっと調子が悪くPCに向かう気にならず、アップの間隔が空いています。今日は休みでもあるのでがんばってアップしてみます。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 第2日目 : 2014.7.19 ⑦ 》

孔子廟の見学を終え、次に保安宮に向かいました。

台北2014.7保安宮

『孔子廟』のすぐ隣といっていいところに『保安宮』があります。
孔子廟から『保安宮』に向かうと『隣聖苑』と掲げられた門がありました。

台北2014.7保安宮

門をくぐって中に入ってみると池のある庭園がありました。
池には小さな小島あり、そこには“龍”があり、敷地境界にある塀にも“龍”がありました。

台北2014.7保安宮

庭園を抜けると大きな建物と大きな門があり、門の向こうに見えるのが『保安宮』です。
建物には入っていませんが、私の勝手な想像ですが、“信徒会館”のようなものなのでしょうか?

台北2014.7保安宮

大きな門を抜け、振り返ると大きな門の鉄柵のところに“保安宮”の表示がありました。
と、いうことは『隣聖苑』は、保安宮の“御苑”(付属庭園)ということになるのでしょうか。

台北2014.7保安宮

『保安宮』の正門です。
もう少し派手かな、と思っていましたが、古さからか、若干、地味です。日本の感覚からすれば充分、派手ではありますが。

台北2014.7保安宮

正門の柱は、龍の装飾が見事です。また、立派な香炉もあります。
シンガポールでも見かけたことがありますが、本堂に背を向けて祈る人がいます。本堂に向かって参拝、祈るのが通常ですが、なぜ、背を向けて祈るのでしょう?

台北2014.7保安宮

正門を入るとそこは、お供え物を置くところも兼ねていて、果物、お菓子、花などがたくさん供えられていました。
日本だと通常はお線香とお賽銭だけですが、お供え物は派手できれいです。

台北2014.7保安宮

『保安宮』の本堂です。本堂前の前には立派な盆栽が置かれています。香港のお寺でも見たことがありますので、盆栽は日本の専売特許ではないようです。

台北2014.7保安宮

『保安宮』の正式名称は『大龍峒保安宮』と言い、建立は1742年、主神は、この“医学の神様”の保生大帝です。

台北2014.7保安宮

こちらは、副神の廟のひとつですが、どんな神様なのかよくわかりません。ガイドブックなどには、副神の廟ひとつひとつまでは解説がないので・・・。
でも、子宝、安産、商売、財運など様々な副神が祭られているそうなので、片っぱしからお参りしておけば、なんらかのご利益があると思います。

次回は、 保安宮裏手にあるアイスティーの店と中華菓子の老舗についてアップの予定です。
励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/10/11 11:26】 | 台北2014.7
【タグ】 保安宮  台北  
トラックバック(0) |
今日の東京は、台風18号の通過で午前中は大荒れの天気でしたが、台風が通過した午後はまさに台風一過、青空が広がる天気となりました。
さて、今回は、台北の『孔子廟』についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 第2日目 : 2014.7.19 ⑥ 》

『士林官邸本館』が昼休みで入場できなかったため午後の開館まで『孔子廟』と『保安宮』を訪ねることにしました。士林から『孔子廟』と『保安宮』のある圓山站(駅)までは地下鉄でふた駅。ちょっと離れていますが、2時間近くも『士林官邸公園』でボーっとしているのも“時間の無駄”と考え、思い切って行くことにしました。まずは『孔子廟』へ。

台北2014.7孔子廟

孔子廟』に行く途中にあった『見ざる(猿)、言わざる(猿)、聞かざる(猿)』。
『三猿』は、“日本のもの”とばかりに思っていましたが、中国から伝えられたものだと知りました。
念のためこのブログを書くにあたりネットで調べたら、エジプト、カンボジアにもこの種の話しがあり、それが中国に伝わり、そして日本にまで伝わったようです。

台北2014.7孔子廟

圓山站(駅)から徒歩10分ほどで『孔子廟』のこの門に着きます。この門は、『黌門』と呼ばれる敷地入口に建つ門です。

台北2014.7孔子廟

『黌門』と呼ばれる門をくぐると、その先にあったもうひとつの門。門の脇にある人形は、論語の一節でも表しているのでしょうか。論語に関する知識がないのでわかりません。

台北2014.7孔子廟

人形のあった門をくぐると『櫺星門』と呼ばれるこの大きな門があります。この門の前は、小さな広場のようになっています。

台北2014.7孔子廟

『櫺星門』の前には池と太鼓橋があり、その橋の前には『麒麟』の絵があります。これは、孔子が生まれた時に『麒麟』が飛び込んできたことに由来するそうです。

台北2014.7孔子廟

『櫺星門』をくぐると更にこの『儀門』があります。このピンクの花の名は知りませんが、いい感じです。

台北2014.7孔子廟

台北2014.7孔子廟

そして孔子を祭る『大成殿』です。この『孔子廟』は、約130年前に建立されたそうで受験シーズンには合格祈願に多くの受験生が参拝にくるそうです。
また、『大成殿』の東西には孔子の弟子や高名な儒学者などが祭られています。

台北2014.7孔子廟

この建物は、『明倫堂』と呼ばれる元学校で、現在も書道教室などが開催されているようです。カフェやお土産屋さんもあるようですが、中には入りませんでした。

次回は、『保安宮』についてアップの予定です。
励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/10/06 20:26】 | 台北2014.7
【タグ】 台北  孔子廟  
トラックバック(0) |
今回は、前回に引き続き『士林官邸』についてアップします。
その前に台北ではなく、最近、そろそろ訪ねたいなあ、と思っていた香港についてちょっと触れたいと思います。
香港がここのところちょっと騒がしいようです。
別に具体的に行く予定があるわけではないので、その点ではまったく関係はないのですが、
“デルタ航空”が、この10月末で成田・香港線を廃止するそうでこちらはまったく関係ないとはいえない。
もともとデルタ航空でのマイル獲得は、シンガポール線以外ではコストパフォーマンスの点から効率が良くないのであまり実施しないのですが、キャンペーンでボーナスマイルがもらえたことがあり、デルタで香港へ行っています。(まだこのブログを始める前のことでこの時のことはアップしていません。)
これからの『香港へのマイル獲得の旅』は、“チャイナエアライン”で、ということになりそうです、
成田・ソウル線も廃止され、デルタ航空は、アジア行きについて可能なものは成田経由ではなく米本土から直行便化を考えているのでしょう。まだ乗ったことのないデルタ成田・台北線も乗る前に廃止?!。
さて、そろそろ今回の本来の話題、「士林官邸」(その2)についてアップしたいと思います。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 第2日目 : 2014.7.19 ⑤ 》

『凱歌堂』の見学の後、『凱歌堂』から少しだけ離れたところにある『園芸展覧館』を見学しました。

台北2014.7士林官邸

台北2014.7士林官邸

台北2014.7士林官邸

『園芸展覧館』は、温室みたいな施設ですが、特に特徴があるわけでもなく。
蒋介石の邸宅だった時代もこの施設はあったのでしょうか?
そして、引き続きすぐ隣にある『新蘭亭』という蘭専用の展示施設を見学しました。
台北2014.7士林官邸

台北2014.7士林官邸

<台北2014.7士林官邸

こちらの『新蘭亭』も『園芸展覧館』と同様、これといって特徴があるわけではなく、見学客もまばら。
“蘭”は、きれいですが。

台北2014.7士林官邸

『園芸展覧館』などの見学を終え、これから入場する官邸本館へ向かいました。その途中に見えた本館庭園側から見た『官邸本館』。
官邸本館の主要な各室は、この庭園に面しています。

台北2014.7士林官邸

官邸本館入場門から本館までゆる~い坂道を行きます。
『士林官邸公園』自体は、入場無料ですが、『士林官邸本館』は有料(100元≒350円)です。
以前は、ネット予約が必要な時期もあったようですが、現時点では、その必要はないようです。私が入場したときは、特に入場待ちや入場制限などもなく、スムーズに入場できました。
実は、この本館には昼休みがあり、その間は入場できません。そのことを知らずに、官邸本館前に来たのが12時少し前で午前の入場はできませんでした。そのため午後の開館まで保安宮や孔子廟をまわり、再びここに戻ってくるという無駄な動きをすることになってしまいました。
【士林官邸本館】
  《 入場 》 9:30~17:00(昼休み/12:00~13:30)
          ※入場券販売は、午前は11時40分まで、午後は16時40分まで
  《 休館 》 (月)、その他特別な祝日

<台北2014.7士林官邸

『官邸本館』は、内部写真撮影禁止のため残念ながら写真はありません。
内部は、1階に応接室、随員控室、食堂、娯楽室など、2階に蒋介石夫妻のそれぞれの仕事部屋、居間、寝室などがあります。特に2階は、最近公開された部分で夫妻の日常生活が垣間見られ、興味深いものがあります。各部屋は、それなりに広いのですが、特別豪華な造りではありません。官邸であったころは、豪華な美術品で飾られていたのかもしれませんが、今は蒋介石夫人の宋美鈴直筆の絵が掛けられている程度です。
近現代において重要な役割を担った人物の住まいを見られるという経験もなかなかできないのではないでしょうか。YANABU的にはお勧めです。

台北2014.7士林官邸

置かれている庭石が特徴的な『官邸本館』前の池がある庭園です。あまり大きな庭ではなく、ちょっとしたお金持ちの家の庭といった感じ。庭の中への立ち入りはできません。

台北2014.7士林官邸

公園入口付近にある「蒋介石・宋美鈴記念品館」との看板が掲げられていますが、要は夫妻の関連商品を販売する“お土産や”さんです。飲物なども販売して店舗前に用意されたイスとテーブルでいただけるようになっています。

台北2014.7士林官邸

この「蒋介石・宋美鈴記念品館」の隣では、アイスクリームの販売があり、暑かったので、ひとつ買ってみました。せっかくなので“マンゴーアイス”にしてみましたが、特にマンゴーの風味豊かということもなく、ごくごく普通のアイスで、なにも知らずに食べたら“マンゴー”だとわからなかったかもしれません。
それでもお値段40元(≒140円)と典型的な観光地価格でした。日本のカップアイスも売っていてこの2倍の80元でした。

次回は、『孔子廟』についてアップの予定です。
励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/10/04 18:32】 | 台北2014.7
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。