FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は、蒋介石の私邸『士林官邸』についてアップします。日本人観光客はあまり訪ねない、ちょっと穴場的なスポットです。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 第2日目 : 2014.7.19 ④ 》
たっぷりの“朝食”というか、“ブランチ”というかを食べて向かったのは、“士林”です。

台北2014.7士林官邸

台北2014.7士林官邸

地下鉄“東門”から地地下鉄淡水線で1本、乗り換えなしでやって来たのは“士林”です。地下鉄は、淡水線だと圓山駅手前から地上にでます。
“士林”は、“夜市”で有名な街ですが“夜市”に行くにはこの駅ではなく、1駅手前の“劍潭”駅下車ですのでお間違えなく。
ついでに地下鉄車両も写しておきました。

台北2014.7士林官邸

“士林”駅から歩くこと5分ほど、来たのは『士林官邸公園』です。
士林官邸』とは、中華民国(台湾)総統の蒋介石の住まいだったところです。彼の死後、公園となり、官邸本館(住まいそのもの)は、3年ほど前から内部が公開されています。

台北2014.7士林官邸

『士林官邸』の正門(主入口)。入場料は、無料です。
もっと厳つい大きなゲートを想像していましたが、ちょっと意外でした。官邸であったころは、一般人は、ここまでこれず、もっと手前から通行規制をしていたのでしょう。
もうひとつ意外だったのは、バスで団体客が大勢見学に来ていたこと。台湾の人か、大陸の人かは、わかりませんが、中国系であるとは思います。ちなみに日本人と思われる観光客はほとんど見かけずませんでした。

台北2014.7士林官邸

園内案内図。
官邸本館以外にもいろいろなエリアや建物があり、広い公園です。

台北2014.7士林官邸

蒋介石夫人の宋美鈴の専用車であったキャデラック。晩年、アメリカに渡った宋美鈴ですが、中華民国政府は、彼女が死ぬまでいつでも乗れるよう整備をしていたそうです。

台北2014.7士林官邸

園内案内図には『主題園区:Featured Garden』とされていたエリア。きっと、一定期間ごとに植栽のデザインが変更されるのでしょう。

台北2014.7士林官邸

公園内の園路。みどり多き園内ですが、すでにこの時間は、太陽がガンガンに照っていましたから、汗をふきふき歩きました。朝などまだ暑くない時間に散歩したら気持ちいいでしょうね。

台北2014.7士林官邸

園内には、こんな小さな池なども配置されています。

台北2014.7士林官邸

台北2014.7士林官邸

中国式庭園もあります。
ここを抜けると、正面には『凱歌堂』があります。

台北2014.7士林官邸

『凱歌堂』の外観。『凱歌堂』というのは蒋介石総統夫妻の専用チャペルです。蒋介石夫妻がクリスチャンとは知りませんでした。

台北2014.7士林官邸

台北2014.7士林官邸

『凱歌堂』は、入口から内部を覗くだけでの中には立ち入れません。内部は、質素な造りです。

次回は、今回に引き続き『士林官邸』をアップします。
励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/09/30 21:45】 | 台北2014.7
【タグ】 台北  士林官邸  
トラックバック(0) |
今日は、午前中に所用をかたずけた後、午後から「ツーリズムEXPOジャパン」に行ってきました。有料(大人:1,300円)にも関わらずすごい人出(入場者)でした。
今回は、台北の“永康街”でいただいたB級グルメの小籠包についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 第2日目 : 2014.7.19 ③ 》
水餃子を食べただけでは終わりません。なんといっても今回の旅は、“B級グルメ”ですから。

台北2014.7永康街

<台北2014.7永康街

そこで出かけたのは“永康街”。
2012年に地下鉄淡水線が延長され、雙連、中山駅から乗り換えなしで“永康街”まで来れるようになりました。
永康街”へはここ淡水線『東門駅』で下車します。まだ新しい駅に縁起ものの“龍”のオブジェが設置されています。(動くエスカレータから撮影したので少しピンボケしていてすみません)

<台北2014.7永康街

<台北2014.7永康街

2年前に来た時は、地下鉄はまだ工事中で、道路は雑然としていましたが、今はすっかりきれいになりました。
遠くに「台北101」も見えます。
今回、“永康街”に来たのは、あの超有名店の小籠包をいただくためではありません。かの店は、相変わらずの人気で店の前は大勢のお客さんでごったがえしていました。そこを横眼で見ながら永康街を奥へ進みます。

台北2014.7永康街

永康街を奥へ歩いてゆくと左手にこの「永康公園」があります。この公園よりまだ先に進みます。

台北2014.7永康街

今回の目的の店は、この『好公道の店金雞園』です。ガイドブックには『好公道』とだけ記されていますが、『金雞園』と言う名前がほんとうのような気がします。

台北2014.7永康街

台湾などでは、1階の店の入口のところにオープンエアの厨房を設けている店がけっこう多くあります。日本ではまず見られない造りです。入口がごちゃごちゃした感じになり、入りにくい
このような店の味のレベルは、たいていそれなりのレベルでおいしい店が多いような気がします。(あくまでも個人的見解ですが・・・)

台北2014.7永康街

カジュアルな感じの店です。まだ11時前なのでお客さんは私以外には3組ほどでした。

台北2014.7永康街

まずは、小籠包(90元≒320円)をオーダーしました。お味は、普通に“おいしい”です。もう少しスープがチャポンチャポンだと思ったのですが・・・。

台北2014.7永康街

次にオーダーしたのは、この『蘇式湯包』(160元≒560円)です。この店のお勧めとしてたいていのガイドブックに掲載されています。シューマイをついてくる“スープ”につけて食べる、といった感じですが、特にスープつけなくても良いようなきがします。こちらも普通に“おいしい”です。

おいしかったのですが、この店には、もう少し期待していたのですが・・・。
それにしても、朝から水餃子、小籠包とたっぷり食べてしまいました。そして、この後、ちょっと穴場の台北市内観光に向かいました。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/09/28 22:23】 | 台北2014.7
【タグ】 台北  永康街    小籠包  
トラックバック(0) |
今回は、「雙連朝市」のブラブラ歩きについてアップします。
ガイドブックにも載っているポピュラーな朝市ですが、決して観光客向けではなく、地元民のための極めて庶民的な朝市です。規模もそこそこで気軽に歩いて楽しめます。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 第2日目 : 2014.7.19 ② 》

台北2014.7雙連朝市

朝食が済み、地下鉄雙連駅から地下鉄に乗る前にすぐそばで開催されている「雙連朝市」をブラついてみました。
開催場所は、地下鉄の駅に行けばすぐわかります。

台北2014.7雙連朝市

まず、目に入ったのが、私の好物、“マンゴー”の出店です。台湾では今は“マンゴー”の季節、旬です。
4個で100元(≒350円)です。日本では輸入ものが安く売っている時でも1個400~500円はします。これから1日歩き回るのに思わず買ってしまいました。

台北2014.7雙連朝市

購入した“マンゴー”です。冷蔵庫で冷やして翌朝、ホテルチェックアウト前にいただきました。こんなこともあろうと果物ナイフやフォークなど、しっかり用意しておりました。
いやー、それにしてもこのマンゴ、おいしかった~。大満足でした。

台北2014.7雙連朝市

ベージュの小さな丸いものは、“龍眼”と呼ばれる果物です。皮をむくと最近、トロピカルフルーツとしてポピュラーになった“ライチ”に似ています。その隣にはパパイヤなども売られてます。

台北2014.7雙連朝市

野菜を中心にして売っている屋台もあります。日本でお馴染の野菜も姿、形が違うものもあります。

台北2014.7雙連朝市

この女性が売っているのは“ハスの実”です。最初は、この薄い黄色のものが何かわかりませんでしたが、実を取り出しているのを見てその正体がわかりました。
“ハスの実”は、日本ではあまり食べませんが、中華圏では砂糖をまぶしたお菓子などにします。栗のような感じでおいしいですよ。

台北2014.7雙連朝市

魚が売っている店の横で洋服を売っている。まあ、こんなグチャグチャが“市”の良さ、楽しさなのかもしれません。
私は、旅先でこんな“市”、“市場”があるのがわかるとつい訪ねてしまいます。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/09/25 22:51】 | 台北2014.7
【タグ】 雙連朝市  
トラックバック(0) |

完熟マンゴー美味しそ~う☆
たーりん
YANABUさん、お久しぶりで~す♪

YANABUさんのブログをいつも「美味しそ~う、食べたいな~♪」と拝見させていただいておりま~す。写真がたくさんで綺麗です!!

赤みのある完熟マンゴー、めちゃ美味しそうですね!! 私も大のマンゴー好きでしてたまりません(笑)

前記事の水餃子も食べてみたいで~す♪

中国茶は私も好きで、中国茶教室に通って勉強いたしました。台湾のお茶は水色が黄色で甘味があり、香りと味に癒されますね。
中国茶の記事も楽しみにしております。

私事ですが1か月ほどブログをお休みさせていただきましたがまた再開いたします。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Re: 完熟マンゴー美味しそ~う☆
YANABU
たーりんさん、こちらこそお久しぶりです。
アップしたフレッシュマンゴーのほかに、マンゴーかき氷も味わいましたので、そのことにも後日アップしますね。
中国茶は、そんなに造詣が深い訳ではないんです。前回の訪台時にも訪ねたお茶屋さんで買ったときのことをアップの予定ですが、ご期待に応えられるかなあ。
そして、ブログ再開、おめでとうございます。また参考にさせていただきます。
by YANABU

マンゴーかき氷楽しみ~♪
たーりん
YANABUさん、こんばんは~♪

コメントありがとうございま~す。YANABUさんの弾丸旅行は参考になります。私も日程的にいつも
弾丸になってしますので…

何度みても完熟マンゴー美味しそうで食べたくなります(笑) 中でもアップルマンゴーが濃厚な味でお気に入りなんですよ!!

マンゴーかき氷は私も台北に行くたびに必ず食べま~す☆ アップが楽しみですね♪

永康街も必ず立ち寄ります。小龍包屋さんがたくさんありますね。あの超有名店も行列に並んで食べましたが、日本人だらけでした(笑)

それでは、台湾は美味しいものがたくさんあって好きな国の一つです。ブログアップを楽しみにしていますね~♪

コメントを閉じる▲
9月19日から飛び石連休を利用したハワイ・ショートトリップから本日23日帰国しました。
ハワイについてはこの台北旅行記の後にアップすることにして今回は、引き続き台北旅行記です。B級グルメ・水餃子の朝ごはんについてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 第2日目 : 2014.7.19 ① 》
昨夜、チェックインした時間が時間ですからホテル出発は、午前9時30分ごろになってしまいました。
1日の始まりは、まずは朝食です。

台北2014.7台北B級グルメ・水餃子

その朝食を食べるために訪れたのは宿泊したホテル最寄りの地下鉄淡水線雙連駅そばにあるこの水餃子屋さんです。
この店は、とても変わっていて、二つの店が同じ店舗を時間を区切って使っているのです。
朝から夕方までは、『三五水餃』店、夕方からは『高記水餃』店になります。

台北2014.7台北B級グルメ・水餃子

今は朝なので『三五水餃』店です。
このように店先で餃子を包み、注文があると茹で上げます。

台北2014.7台北B級グルメ・水餃子

街の人が気軽に食べに来る、庶民的なお店です。まさにB級グルメ。
皆さん水餃子ともに酸辣湯を注文しています。私の注文は、この後の予定を考えて水餃子のみにしました。

台北2014.7台北B級グルメ・水餃子

モチモチした皮に包まれたこの水餃子は、メチャクチャおいしいものでした。これで60元(≒210円)です。
醤油と酢のタレをつけていただきます。お好みですがニンニクが効いた“練りトウガラシ”をつけるとなお一層おいしくいただけます。

【雙連高記水餃店/三五水餃】
 台北市民生西路17号(雙連駅前の道を中山北路方向へ歩いて数分)
  三五: (月~土)  8:30~16:00 (日)休み
  高記: (月~金) 16:15~23:00 (日)9:00~21:00 (土)休み

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/09/23 20:09】 | 台北2014.7
【タグ】 台北  水餃子  
トラックバック(0) |
今回の弾丸旅行は、シンガポール弾丸と違い、ちゃんとホテルに泊まりました。そこで宿泊したホテルについてアップします。
★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

今回の弾丸旅行で宿泊したのは台北『グロリアプリンス』ホテルです。
このホテルを選んだのは、チェックインが何時になっても可能なこと、空港バスの停留所に近いこと、前回の訪台で場所がわかっていたこと、宿泊料がある程度リーズナブルこと、でした。
今回は、航空券とともに『エクペディア』で予約しました。海の日連休でしたのでお値段は、ちょっとお高めでした。

台北2014.7台北ホテル・グロリアプリンス

到着は、深夜、いえ、明け方でしたので到着の翌朝に撮影した『グロリアプリンス』ホテルの外観です。

台北2014.7台北ホテル・グロリアプリンス

部屋を入ったところのカウンターテーブル。カウンターの下には冷蔵庫がありました。
テーブルに上には、ミネラルウォーター2本とチョコレートのお菓子が二つのっていました。

台北2014.7台北ホテル・グロリアプリンス

部屋に入るとまずはこの部屋がありました。あれ、ベッドがない!!。
なんとビジネスルームがついていました。正直言って、こんな部分なくてよいので宿泊料が安い方が嬉しいのですけど。
寝るのとシャワーだけのためなんですから。

台北2014.7台北ホテル・グロリアプリンス

ベッドは、ビジネスルームの奥にありました。お一人様なのでダブルで充分です。
部屋からの眺めは、隣のビルとこのホテルとの間の道路しか見えませんでした。まあ、寝るだけだなので・・・。

台北2014.7台北ホテル・グロリアプリンス

バスルームは、バスの方はごく普通でしたが、洗面所が二つついていました。お一人様なので二つもいらないのですけど。(その分宿泊料安くしてくれー)
アメニティー類は、歯ブラシなどもついてさすが日系資本のホテルです。

台北2014.7台北ホテル・グロリアプリンス

使いませんでしたけど“バスローブ”もついていました。なかなかバスローブなんかついていないですよね。

<☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


《 おまけ 》
ついでに台湾の紙幣をご紹介しておきます。
台湾の通貨単位は、ニュータイワンドル。現地では“元”と表記されることがほとんどです。
一般的に使用される、100、500、1,000元紙幣です。
1NTドル≒3円50銭(21014年7月現在)

台北2014.7台湾紙幣

台北2014.7台湾紙幣


励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/09/17 20:27】 | 台北2014.7
【タグ】 台北  グローリアプリンスホテル  
トラックバック(0) |
今回は、台北桃園空港に到着してから台北市内のホテルに向かうまでについてアップします。いやぁー、大変だったんですよ。(写真少ないです)
★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

台北2014.7台北桃園空港到着

到着後、入国審査場に向かいました。入国審査には結構な時間がかかりました。
ビジネスクラスなので一番最初に降機したものの私の乗った機が到着する前に、大陸方面からの機が到着していたようで、入国審査場にはちょっとした列ができていたためでした。台北桃園空港にも自動化ゲートが導入されており、サッと入国していく人を横眼で眺めながら、順番を待ちました。
これは入国審査を終えたところにあった「入国許可印」をデザインしたディスプレイです。

台北2014.7台北桃園空港到着

入国審査を終え、預け荷物を受け取り、到着ロビーに出ました。時間が時間なので人影もまばらです。
まずは両替です。この到着ロビーの両替所に行くと係員がおらず、「すぐ戻りますのでお待ちください」との表示があったものの、なかなか係員が戻りません。他にも両替所がないか、探してみましたがここ1カ所しかありませんでした。結局、しばらーくして係員が戻り、ここでやっと両替ができました。時間は、すでに午前1時を過ぎています。
とにかく両替を終え、台北市内へ向かう空港バス乗場に急ぎました。
ここでの時間のロスが後から考えると結構痛かった。バゲージクレームのところに両替所があったのでそこで両替しておけばよかった、と後でつくづく後悔することになりました。

台北2014.7台北桃園空港到着・空港バス

この空港バス乗場に来ると乗車券売場(この写真左手のカウンター)に係員の姿はありませんでした。普通はここで乗車券を買い、バスに乗ります。バスの発車時刻なども案内されます。
この時間は“国光客運”というバス会社の台北駅行きの空港バスしかありません。
どうしたらいいのかとキョロキョロあたりを見回すと“国光客運”の制服を着た帰りがけの女性係員をロビーにみつけました。彼女は、すぐにバスに向かうようにジェスチャーしました。
外を見るとバスは既に到着していて乗客が運転者らしき人に直接運賃を払いどんどん乗りこんでいて、そこで私もその列に加わりました。しかし、おつりのないように運賃を払わなければならないようで、日本人らしき男性がロビー内で両替するよう運転手から言われていました。(多分。なにぶん中国語もわからないのでその雰囲気から察しました)
両替したばかりで私も小銭がないので彼についてロビー内の両替機で両替をしました。両替を終え、バスに戻るとバスにまだ空席はあるものの乗せてはもらえず、無情にもバスはいってしまいました。
私も含め、10数人がバスに乗れずここに取り残されました。しばらくは増車されたバスが来るのではないかと待って見ましたが、バスは来ませんでした。

台北2014.7台北桃園空港到着・空港バス

係員のいなくなった国光客運バスのカウンターにはこの深夜バスの案内がポツンと置かれていました。
次のバスは、1時間後の午前2時20分でした。それまで待てないのか、積み残された人はタクシーで行くことにしたのでしょう、だんだん少なくなりました。
ガイドブックによると桃園空港は台北市内から遠いのでタクシー代は日本円で5,000円前後かかってしまいます。空港4バスだと125元(≒440円)ですから10倍以上です。一人旅の私は、次のバスまでロビーでおとなしく待ちました。

台北2014.7台北桃園空港到着・空港バス

午前2時10分ごろだったでしょうか、国光客運の次のバスはやってきてやっと乗りこむことができました。実はバス代125元に対し用意していたのは130元でした。ロビーの両替機は1元までの両替はできないので5元のおつりはあきらめていたのですが、前の人が払った運賃からちゃんと5元くれました。
結局、この空港バスにここ第1ターミナルから乗ったのはたった3人でした。
たった3名の乗客を乗せ、定刻午前2時20分に出発した国光客運バスは、途中経由した桃園空港第2ターミナルでなんと満席になり台北市内に向かいました。それも第2ターミナルで大量の乗客を積み残してました。
1時間ほどで台北市内に到着し、ホテルにチェックインできたのは午前3時30分を過ぎていました。
【台北桃園空港に深夜に到着し空港バスで市内へ向かう場合に得た教訓】
1.混雑していなければ、バゲージクレーム・税関の両替所で両替をすること。
2.両替の際は、バス代125元が用意できるように両替すること。
3.両替が終わったらすぐにバス乗場に向かい、列に並ぶこと。
4.とにかくスピード勝負。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:台湾旅行 - ジャンル:旅行

【2014/09/15 11:08】 | 台北2014.7
【タグ】 台北  桃園空港  空港バス  
トラックバック(0) |
今回は、チャイナエアライン2017便台北行きの機内食を中心にアップします。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

《 第1日目 : 2014.7.18 ③ 》
搭乗後、程なくドアクローズして、離陸しました。ウェルカムドリンクのサービスはありませんでした。
インボラグレードアップでいただいた座席は窓際でなかったのですが、隣席の窓際が空席でしたので水平飛行に移ると、CAさんに断って席を移動しました。
その後、機内食のサービスが始まりました。

台北2014.7出発・チャイナエアライン台北行き

まずはテーブルに薄いクリーム色のクロスが敷かれ、メニューが渡されました。
今回の機内食は、和食、洋食(ステーキ)、中華(シーフードのチリソース)の3つのコースから選択できました。
ラウンジでたっぷり食べてしまいましたので少しでも重たくないものを、と思い“和食”を選んでみました。
インボラグレードアップになることがわかっていたらラウンジであんなに食べなかったのに・・・、と思っても後の祭り。
機内食のサービスは、まずは食前の飲物です。飲物は、冷たいウーロン茶をお願いしました。下戸なので相変わらずソフトドリンクです。“おつまみ”はありませんでした。
チャイナエアラインビジネスクラス機内食メニューは、地上のレストランようなしっかりした作りでお持ち帰りはできません。(写真を撮るのは忘れてしまいました)

台北2014.7出発・チャイナエアライン台北行き機内食

これがいただいたチャイナエアラインビジネスクラス機内食の“和食”です。“和食”は、ワントレイでサービスされ、洋食などよりも先にサーヴされました。
前菜(後列右):鶏肉の松の実テリーヌ、車エビ芝煮、蛸・キュウリ串
前菜(後列左):牛肉しゃぶしゃぶ胡麻タレ
主菜(前列左):鰈の磯辺焼き、わさび菜のおひたし
煮物(前列右):なす、かぼちゃの含め煮、花人参、枝豆餡
ご飯、みそ汁、香の物
お味は、まあまあ、といったところでしょうか。デルタ航空機内食の和食の方が見た目も味もちょっと上かな。
気になったのは「牛シャブの胡麻タレ」のタレです。不味いわけではないのですが、少しピンクがかっていて普通の胡麻タレとは一味違っていました。

台北2014.7出発・チャイナエアライン台北行き機内食

機内食デザートの“フルーツ”と“和菓子”。
フルーツは、メロン、パイナップル、キーウィ、ぶどう。
お菓子は、こし餡といも餡をそれぞれ葛で包んだ夏らしい涼しげな和菓子で、おいしくいただきました。
洋食と中華の場合は、アイスクリームかマンゴープリンが用意されていたようです。

台北2014.7出発・チャイナエアライン台北行き機内食

せっかく、チャイナエアラインに乗ったので食後には、暖かいウーロン茶をいただきました。ペットボトルのウーロン茶を見慣れていると色が薄いように思えますが、ちょっと高級なウーロン茶の色はこのような感じです。

台北2014.7出発・チャイナエアライン台北行き

食事を終え、映画を1本見て、2本目を見る間もなく、着陸態勢に入りました。

台北2014.7出発・チャイナエアライン台北行き

着陸直前の台湾の夜景です。“淡水”あたりでしょうか。きれいな夜景でした。

台北2014.7台北桃園空港到着

午前0時40分ごろ、台北桃園空港に到着しました。当初のスケジュールより50分ほど遅れての到着です。
もともとが遅い到着なのでこの50分は痛いです。

次回は、台北到着時の様子についてアップ予定です。
励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2014/09/13 08:46】 | 台北2014.7
【タグ】 チャイナエアライン  ビジネスクラス  機内食  
トラックバック(0) |
不順な天候が日本各地で続いており、東京でも昨日、一部で異常なほどの豪雨がありました。
さて、今回は、久しぶりにラッキーに恵まれたチャイナエアライン台北行きの搭乗記(その1)についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】


台北2014.7出発・成田空港

ラウンジ内に搭乗案内が流れましたので搭乗ゲートに向かいました。今回の搭乗便チャイナエアライン2107便のゲートは、サテライトの91番ゲートです。 
成田空港第二ターミナル本館からサテライトへは今までここからシャトルに乗りましたが、最近、廃止され、“動く歩道”に変わりました。
 
台北2014.7出発・成田空港

今までシャトルが走っていたところに新しく設置された“動く歩道”です。結構、時間がかかりますので、搭乗がサテライトからの場合は、余裕をもってゲートへお進みください。
ところで、この“動く歩道”でゲートに向かっている途中に
「チャイナエアライン2107便で台北へご出発のYANABU様。恐れいりますが、91番ゲートカウンターまでお越しください。」とのアナウンスが流れました。
「これって、もしかして・・・」と勝手に一人でニタニタ。

台北2014.7出発・成田空港

“動く歩道”が終わり、サテライトに到着しました。
期待に胸を膨らませ、自然と足早になりながらゲートのカウンターに向かいました。

台北2014.7出発・成田空港

ゲート前に行くと、搭乗客でごった返していました。人をかき分け91番ゲートカウンターに向かいました。
カウンターでは女性係員から
「本日、エコノミークラスが満席のため、恐れ入りますが、こちらのお座席を用意させていただきました。」
のお言葉とともに、目の前には『C』と印字された新しい搭乗券が用意されていました。
やったあー!、ビジネスクラスへのインボラグレードアップです。
チャイナエアラインさん、様、ありがとうございます。

台北2014.7出発・成田空港

新しい搭乗券をもらったもののなかなか搭乗となりませんでした。
結局、変更された新出発時間21時55分(当初は21時20分)を過ぎた22時ごろに搭乗となりました。
つまり出発は、もっと遅れるということです。
結局、混雑して座るベンチもない中、ゲート前で30分ほど待つことになりました。
でも今回は文句を言いません。ビジネスクラスに乗せていただけるのですから。
それにしてもチャイナエアラインは、いつも遅れるような気がします。

台北2014.7出発・チャイナエアライン機内

ピンボケですみません。(嬉しくて震えちゃいました。)チャイナエアラインビジネスクラスシートです。
チャイナエアラインは、フルフラットにはなりませんが、台北まで3時間ほどですから充分快適に過ごせました。
座席は、4Dでした。

台北2014.7出発・チャイナエアライン機内

この機のビジネスクラスの座席配置は、2×2×2の配置です。モニター(テレビ)は、前の席の背もたれの部分についていました。

台北2014.7出発・チャイナエアライン機内

ビジネスクラスシートのモニター(テレビ)のコントローラーです。
映画でも見ようとしましたが、ヘッドホンの差し込みジャックの位置が、わからなかったんです。大概は、ひじ掛けのあたりのあるのですが、どうしてもみつからない。
廻りを見回しても誰もヘッドホンを使っていないし、CAさんに聞くのもちょっと恥ずかしい。普段、乗っていないのだから素直に聞けばいいのに小市民的な変なプライドが邪魔をします。
しばらくゴソゴソしていたら中国人CAさんが、「難しいですね」と言ってヘッドレスト部分にあることを教えてくれました。
チャイナエアラインのビジネスに乗られる方、どこにあるか覚えておば迷わずにジャックにスッと差し込んでヘッドホンを使えて、乗り慣れていますって感じがしてスマートですよ。

台北2014.7出発・チャイナエアライン機内

シートのコントローラーは、ひじ掛けの下に収まっています。こちらはすぐに“発見”できました。

台北2014.7出発・チャイナエアライン機内

搭乗機の「安全のしおり」。本日のシップは、エアバスA330-300型機です。

台北2014.7出発・チャイナエアライン機内

チャイナエアラインの機内誌「Dynasty」、機内販売カタログ、機内エンターテイメント案内誌です。日本語の機内誌はなく、機内誌の中に日本語記事もありませんでした。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2014/09/11 20:19】 | 台北2014.7
【タグ】 成田空港  チャイナエアライン台北行  ビジネスクラス  
トラックバック(0) |
暑かったり、涼しかったり季節の変わり目なのか不安定な天候が続いています。
今回より7月の"海の日”の連休を利用して旅してきた台湾・台北への旅行記アップします。
18日(金)夜の便で出発し、20日(日)夕刻の便で帰国するという今回も弾丸旅行です。ただ、空港泊はせず、ちゃんとホテルに泊まりました。
B級グルメを楽しみ、中国茶を買い、ちょとマイナーな台北名所を訪ねました。
★          ★         ★        ★        ★

B級グルメと中国茶を買いに台北へ弾丸旅行2014.7
【マイル獲得旅日記】

台北2014.7孔子廟

〔日程〕
1日目(7/18) : 成田NRT21:20 22:00→(CI2107)→台北桃園23:50 0:45→ホテル
2日目(7/19) : ホテル→雙連朝市→士林官邸→孔子廟→保安宮→製茶店→ホテル
3日目(7/20) : ホテル→永康街→龍山寺→剥皮街→ホテル→
            →台北松山STA18:15→(CI222便)→羽田HND21:55

《 1日目 : 2014.7.18 》
台北2014.7出発・京成上野

仕事を定時に終え、そのまま京成上野駅に向かい、18時13分発京成アクセス特急で成田空港へ向かいました。
今回の出発便は、21時20分発チャイナエアライン2107便台北行きで出発が遅いのでこれで充分間に合います。

台北2014.7出発・成田空港

今回のフライトは、チャイナエアラインなので第二ターミナル・空港第二ビル駅で下車です。
会社から直接、空港に来たので、まずは“着替え”です。第二ターミナルは、あまり利用しないので、更衣室の場所を「B1案内所」で訪ねたところ、
「そちらのトイレで着替えていただくしかありません。」とのお答え。
狭いトイレの個室で着替えるのは、なかなか大変です。
でも、どこかに更衣室があったような気が・・・したのですが、とりあえず、3階出発フロアに行ってみました。
3階出発フロアのトイレに「更衣室」のマークがありました。多目的(身障者)トイレが、更衣室兼用でした。
そうならそうと言ってくれればいいのに、「案内所」としては言葉が足りませんよね。
もしかしたら、「案内所」の女性係員は、ほんとは、知らなかったのかも・・・、なんて疑われますよ。

台北2014.5出発・成田空港

3階出発フロアのチャイナエアラインのチェックインカウンターに行くと、一般カウンターは、結構な列ができていました。

台北2014.7出発・成田空港

アメックスゴールドカードのおかげでデルタ航空スカイマイル“ゴールドメダリオン”ですので、同じスカイチームのチャイナエアラインでは“スカイチームエリートプラス”として『スカイプライオリティー』のカウンターでチェックインできます。
こちらのカウンターではほとんど並ぶ人もなく、すぐにチェックインは終了しました。
ただ、出発が21時20分から30分ほど遅れて21時55分になるとのことでした。

台北2014.7出発・成田空港

第二ターミナルの出発フロアは、トロピカルな植栽があったりして明るい雰囲気です。チェックイン後、出国するまでの間過ごせるベンチの数も第1ターミナルより多いような気がします。
チェックインを終え、出発案内ボードのところにある保安検査に進み、そのすぐ後ろにある出国審査を受けました。

台北2014.7出発・成田空港CIラウンジ

出国審査を終えてまっすぐチャイナエアラインのラウンジに向かいました。昨年のハワイ以来、1年ぶりのチャイナエアラインのラウンジです。

台北2014.7出発・成田空港CIラウンジ

ラウンジの受付でインビテーションカードをだすと、
「これからラウンジの清掃に入るので今日は『ファーストクラスラウンジ』をお使いください」との案内があり、ラウンジ内の受付横にあるこの入口を示されました。
ファーストクラスなんてご縁がないので、どんなになっているのだろうとちょっとワクワクしながらこのドアを入りました。

台北2014.7出発・成田空港CIラウンジ

サーモンピンクのソファーのこじんまりとしたラウンジです。超豪華といった感じではありません。

台北

ただし、飾られている壺などはいかにも高価そうです。

台北2014.7出発・成田空港CIラウンジ

ソファーには、こんなカワイイクッションが置かれています。台湾観光協会からもらったICカードに描かれていたイラストと同じ作者と思われるイラストがデザインされたクッションでした。

台北2014.7出発・成田空港CIラウンジ

ラウンジの軽食カウンターです。搭乗便は、今日最後の便で、ファーストクラスはないので軽食類は、ファーストクラス向けではないと思います。

台北2014.7出発・成田空港CIラウンジ

夕食がまだでしたので、しっかり、このラウンジでいただきました。(こんなに食べたことをこの後、後悔することになるとはまさか思いもよりませんでした。)
食べるにしても飲むにしても、まあまあの品揃えです。ただシューマイ類以外には暖かいものはありません。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2014/09/08 21:10】 | 台北2014.7
【タグ】 台湾  台北  チャイナエアライン  成田空港  チャイナエアラインラウンジ  
トラックバック(0) |
 デング熱の感染者が増え続けているようで毎日のように報道されています。
 外国で感染し帰国した人が、日本で“蚊”に刺され、その“蚊”が媒介しているとのことです。感染しても発症しない人も多いとか。
 えーっ、私は違いますよ。なぜなら、ここのところ“蚊”になんて刺されていませんもん。
 今回は、シンガポール弾丸旅行記、最終回。シンガポールから帰国時の機内食などについてアップします。
★          ★         ★        ★        ★

公認マーライオンを訪ねてシンガポール弾丸旅行2014.5
【マイル獲得旅日記】

《 3日目 : 2014.5.5 》
シンガポール2014.5チャンギ空港デルタ機

搭乗待合室前での保安検査を終え、搭乗待合室に入ると程なく搭乗でした。
まだ真っ暗なシンガポール・チャンギ空港で出発を待つデルタ航空166便成田行きです。

シンガポール2014.5帰路デルタ航空機内

今回の座席は、37Dです。幸いなことに隣席のE、F席には誰もいません。
やりましたっ!!、横一列独占できます。フルフラットで寝いけるので人はこれを“貧乏人のファーストクラス”と呼びます。
かつてファーストクラスでもフラットになるようなシートがなかった時代、これが、最高のシートでした。

シンガポール2014.5デルタ航空機内食帰路

シンガポール2014.5デルタ航空機内食帰路

デルタ航空166便成田行きは早朝便で、提供される機内食は、朝食です。なので食事前のドリンクサービスはなく、すぐに食事のサービスです。
「チキン or オムレット?」のチョイスでチキンを選んだらこんなのが出てきました。
デルタ航空機内食は、2種類のうちひとつは、出発地にちなむものを出すようです。
フライドライスの上に、チキン串焼きとアジア風つくね串がのった機内食でした。見た目は“いまひとつ”ですが、お味はなかなかでした。
ヨーグルト、カップケーキ、フレッシュフルーツ(すいか、メロン、パパイヤ)もついてそこそこの機内食でした。
デルタ航空機内食に“残念賞”をあげる方が多いようですが、盛り付けは日系航空会社に遠く及びませんが、味は、結構いけると思います。
食事をしながら見ていた映画を見終わると半徹夜状態でもあるので、フルフラットで寝かせていただlきました。よ~く眠れました。

シンガポール2014.5デルタ航空機内食帰路

到着1時間ほどの前には2回目の機内食(軽食)が出されました。
ハム・チーズのホットサンドイッチ、パウンドケーキでした。お味は、見た目以上でも見た目以下でもなく、想像通りです。
寝起きなので飲物は、オレンジジュースをもらいました。

シンガポール2014.5デルタ航空機内帰路

デルタ航空166便成田行きは、約6時間30分ほどの飛行を終え、間もなく成田に到着です。

シンガポール2014.5デルタ航空機成田空港

成田まで運んでくれたボーイング777型機のデルタ航空166便。
あららー、到着した日本・成田は雨模様でした。

シンガポール2014.5成田空港到着

成田空港第1ターミナル到着ロビーの植栽。アジサイなどが入り、若干、初夏を感じさせるデザインです。

シンガポール2014.5成田空港到着

到着ホールの“到着案内”。デルタ航空166便は定刻より30分以上早く到着してくれたようです。
そして到着から20分ほどで入国審査、預け入れ荷物の受け取り、税関を終え、到着ホールに出て来れました。

シンガポール2014.5成田空港到着

帰宅は、荷物もなく、急ぎもしないので京成線本線特急を利用しました。
車内では爆睡状態で、無事帰宅しました。

以上でゴールデンウィークのシンガポール弾丸旅行は、終了です。
今回の旅行でのデルタ航空マイレージ『スカイマイル』獲得状況は以下の通りです。
【獲得マイル】
今回の獲得マイル        13,312マイル
・メダリオン資格獲得算定マイル  6,656マイル(今年度累計48,194マイル)
・ボーナスマイル            6,656マイル(搭乗の100%:ゴールドメダリオン)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2014/09/06 07:51】 | シンガポール2014.5
【タグ】 シンガポール  デルタ航空  機内食  
トラックバック(0) |
昨日から昼間の暑さが少し戻りましたが、朝晩は、涼しいくらいです。ハワイの気候に何か似ています。
だったらハワイに行かなくてもいいって!?
さて、今回は、シンガポール・チャンギ空港でのチェックインから搭乗まで、空港内の様子についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

公認マーライオンを訪ねてシンガポール弾丸旅行2014.5
【マイル獲得旅日記】

最終の地下鉄で深夜12時過ぎにチャンギ空港(第1ターミナル)に到着し、預けた荷物を引き取り、チェックイン開始までの時間、手荷物預かり所の奥にあるベンチで仮眠をとりました。
ここは、店舗などもなく、そのため人の頻繁な行き来もなく、比較的静かです。
自動小銃を持った警備の警官(軍人?)が、ここを含め頻繁にターミナル内を巡回しているので比較的安心です。(そうはいっても油断大敵、注意は怠らないで)
ここ以外にもチャンギ空港内にはベンチがたくさんあり、寝るところを探すのに苦労はありません。

シンガポール2014.5チャンギ空港

3時間ほど眠り、そろそろチェックイン開始時間となったのでデルタのカウンターへ向かいました。
いつもの通りチェックイン前には、警官による人定質問があります。相変わらず面倒くさいシステムです。
スカイプライオリティーのカウンターでのチェックインですが、一般カウンターもさして混雑していませんでした。

シンガポール2014.5チャンギ空港

チャンギ空港第1ターミナルの出国審査場を出たところにある植栽。
来るたびに変わっていて楽しませてもらっていますが、どれくらいの頻度で変えているのでしょうか?

シンガポール2014.5チャンギ空港

シンガポール2013.5チャンギ空港

この5月1日からチャンギ空港では、スカイマイルのゴールドメダリオンでもラウンジの利用ができなくなりました。デルタ航空は、チャンギ空港では自社ラウンジをもっておらず、提携ラウンジ(スカイビューラウンジ)の利用でしたが、エコノミーの場合、ゴールドでは提携ラウンジの利用を認めなくなったためです。
チャンギ空港は、利用客にやさしい空港なので、このように出発までゆったりと過ごせるところがたくさんあります。

シンガポール2014.5チャンギ空港

夜食の麺をフードコートで食べた後、こんなソファをみつけ、つい座ってしまいました。
眠るつもりはなかったのですが、不覚にも眠り込んでしまい、何かの拍子にふと目を覚ました。どれだけ眠り込んだのかわからず、目を覚ました時は半ばパニック。
とにかく時間を確認すると、既に搭乗開始時間でした。危なかったー。危うく乗り遅れるところでした。1日1便しか飛んでいないのにそんなことしたら大変な騒ぎでした。よかった~!!

シンガポール2014.5チャンギ空港

慌てて飛び起きた後、搭乗するデルタ航空166便が出発するゲートを再確認するため『出発案内』を見ると「OPEN」と表示されていいました。保安検査が開始され、搭乗客が搭乗待合室へ入っている状況のようです。
それでも少し心配でゲートまで小走りで向かいました。

シンガポール2014.5チャンギ空港

デルタ航空166便成田行きが出発するゲートD42へ到着すると搭乗前の保安検査を待つ乗客がまだ大勢列を作っていました。
よかった、まだ余裕で間に合いました。

次回は、デルタ航空166便成田行き搭乗記をアップの予定です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2014/09/03 23:20】 | シンガポール2014.5
【タグ】 シンガポール    チャンギ空港  
トラックバック(0) |
昨日(31日)の日曜日に少し青空を見たものの、本日涼しい、雨の月曜日です。
これで、暑さがぶり返したら、ちょっと耐えられそうにないなあ。
今回は、2日目夕食と3日目早朝の空港での軽食についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

公認マーライオンを訪ねてシンガポール弾丸旅行2014.5
【マイル獲得旅日記】

《 2日目 : 2014.5.4 ⑨ 》
シンガポール2014.5フードコート

オーチャードロードにあるアイオン・オーチャードショッピングセンターの地下4階にあるフードコートの「フードオペラ」で夕食をとりました。
ショッピングセンターなどにあるフードコートは、ホーカーズに比べお値段は、少し高めですが、冷房が効いていてきれいでおいしいお店も多いです。

シンガポール2014.5フードコート

今回、アイオンのフードコートフードオペラ」に来たのはこの店「永馨 YONG XIN」がフライドホッケッンミーの名店として評判が良いと「シンガポールナビ」というブログで知ったからです。
フライドホッケンミーというのは塩味の出汁でエビなどと炒めた麺です。

シンガポール2014.5フードコート

シンガポール2014.5フードコート・チャークティオ

でも列に並んでいるうちに気が変わりオーダーしたのはたのは同じ店「永馨 YONG XIN」の「チャークェティヤオ」という米粉の幅広の麺を炒めた“そば”。
見た目は少し油っこい感じですが、それほどでもなく、貝やモヤシなどが入り、実においしかった。
お値段5シンガポール・ドル(≒420円)でした。
ホッケンミーが食べられませんでしたので、次回は、このチャークェティヤオとセットでいただくことにしたいと思います。(どんだけ食べるんじゃー)

☆       ☆       ☆       ☆       ☆

チャンギ空港でチェックイン、出国審査の後、制限エリアのフードコートでお夜食をいただきました。
シンガポール2014.5チャンギ空港フードコート

チャンギ空港の出国審査場を出ると右手にこのエスカレーターがあります。
このエスカレーターを登ったところに24時間営業のフードコートがあります。
案内も大きく出ているのですぐわかると思います。

シンガポール2014.5チャンギ空港フードコート

これが24時間営業のフードコートです。
ここは中華系のストールが集まった一画ですが、フライドチキンやハンバーガーのストールもあります。
時間が時間(午前3時過ぎ)ですので飛行機の発着もなくお客さんもほとんどいません。

シンガポール2014.5チャンギ空港フードコート・フィッシュボールヌードル

夜食として食べたのは、この「フィッシュボールヌードル(スープ)」です。
お値段5シンガポール・ドル(≒420円)でした。
通常、空港の価格は割高で、特に飲食関係は、市中の1.5倍から2倍はします。
ところが、先ほどのオーチャードロードのフードコートと価格的にさして変わりません。
ここがこのチャンギ空港のすごいところで、市中の価格と大差ないようにしているとのことです。
お味は、絶品とまではいきませんが、そこそこにおいしいです。

【おまけ】
シンガポール2014.5中華菓子

チャイナタウンの「東興/トン・ヘン」で購入した「エッグタルト」と「中華菓子」です。
中華菓子は、日本へ持ち帰りましたが、「エッグタルト」は、すぐに食べちゃいました。
どんどん焼きあがってくる「エッグタルト」はまだほんのり暖かく、食べるとサクサクでホロリと口の中で崩れます。
こんな「エッグタルト」は、過去に日本まで持ってことがありますが、ボロボロになり、悲惨な状態になりました。

次回は、帰国時のチャンギ空港についてアップします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2014/09/01 22:18】 | シンガポール2014.5
【タグ】 シンガポール  フードオペラ  フードコート  チャークェティヤオ  エッグタルト  東興    
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。