ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
このブログのテーマとは関わりのない話題ですが、先日、離れて暮らす母が、オレオレ詐欺にひっかかりそうになりました。
お金を引きだすべく金融機関に出向くとことろで、私と連絡がつき、すんでのところでセーフ。
こんなこともあろうかと、以前にいろいろと話しておいたのですが、すっかり詐欺師の言葉を信じ込んでおりました。
皆様もご注意ください。
さて今回は『ダブルツリーリゾートパラカス』の朝食についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★


遥か彼方、地球の裏側ペルーへ2014.1
【マイル獲得旅日記】


《 第8日:2014.1.9 ① 》
実質、ペルー最後の日となったこの日は、パラカスのそばにある『バジェスタス島』を訪れました。
その前に、いただいた朝食ブッフェについて。
エクスペディアで予約したこのホテルは、支払った料金に朝食代は含まれていないのでレストランオープンの7時少し前にレストランへ行き、ブッフェの内容などの様子見しました。
他に食べるところもないし、せっかくなのでここでいただこうと、ウェートレスのセニュリータに料金を確認しました。
彼女は、料金(確か日本円に換算すると2,500円ぐらいでした)を告げると、「でも・・・」と部屋番号を聞くとPCをたたき、「あら、朝食はついているわよ」ってなんと嬉しいお言葉が。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

これは”超~ラッキー”と早速テーブルにつきました。
リゾートの朝日の差し込むレストランでいただく朝食は、とってもリッチな気分にさせてくれてますものね。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

インカを意識した現代的な絵が並ぶ壁の前にある料理やパンが並ぶブッフェ台です。
但しメニューは、とりたてて珍しいものはなく、ごく一般的なものでした。
ちょっと高級な朝食ブッフェでよくある卵料理やワッフルなどをその場で作ってくれるサービスもありませんでした。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

フルーツやシリアル、ジュースが並ぶもう一つのブッフェ台です。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

カットフルーツは、種類こそ多くないけれど、きれいにカットされプレートに並べられています。
カットされていないものも横に山盛られています。
大好きな”マンゴ”もたっぷりとあります。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

パンの種類は、比較的多いかな。
ところで『パン』は、英語で『ブレッド』ですが、私、ハワイなど英語圏に行っても、つい「パン」と口にしてしまいがち。
ですが、スペイン語では『パン』は、『パン』なので「パン!」といえば通じます。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

まずは、パパイヤジュースとカップにたっぷりと注がれたコーヒーから。
ペルーで出てくるコーヒーは、アメリカンではなく、濃いめで苦め。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

そしてひと通りのフルーツを。
緑のフルーツは、”ツナ”と呼ばれる”サボテン”です。さっぱりとした甘さで、青臭いなんてことはありません。
これは撮影用で、”マンゴ”は、これがペルーで食べる最後のマンゴと思い、この後たっぷりとおかわりしました。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

撮影用と意識しているとはいえ、料理の皿にこの程度しか盛っていないのは、旅の疲れが出てきている証拠。
普段の私ならもっといただいております。お味は”まいうー”でした。

食事を終えて”ミニガラパゴス”とも”貧乏人のガラパゴス”とも言われる”バジェスタス島”へ出かけます。
励みになります。よろしければ『拍手』をお願いいたします。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:南米 - ジャンル:旅行

【2014/06/30 21:21】 | ペルー2014.1
【タグ】 ペルー  ダブルツリーリゾートパラカス  
トラックバック(0) |
腰痛が悪化し、仕事を終わって帰宅してからブログをアップする気になれず、"ご静養の日々"。
まあ、世間一般ではこれを”ただゴロゴロしている”といいますが、ほんとに痛くて・・・。
今日は、休みだし、外は雨だし、久しぶりにがんばって、前回に引き続き『ダブルツリーリゾートパラカス』についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

遥か彼方、地球の裏側ペルーへ2014.1
【マイル獲得旅日記】

《 第7日:2014.1.8 ④ 》
ペルー2014.1パラカスヒルトン

ダブルツリーパラカスは、宿泊棟がこのように白い低層2階建ての建物です。
各部屋のベランダにはリクライニングのチェアが置かれています。

<ペルー2014.1パラカスヒルトン

<ペルー2014.1パラカスヒルトン

植えられている植栽は、案外シンプルです。
リゾートホテルによくある、”ハイビスカス”とか”ブーゲンビリア”とか、鮮やかな花がある植栽はほとんどありません。

リゾートホテルになくてはならないプールは、大きなプールが一つ。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

このプールは、いくつかエリアに分けられています。
一番手前の部分は、砂浜を模した造りで、プールサイドから段々深くなっていきます。
ビーチパラソルにベッド、これぞリゾート!

ペルー2014.1パラカスヒルトン

左手奥の四角く区切られた部分は、ジャグジーになっています。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

ペルー2014.1パラカスヒルトン

せっかくなので、日暮れまでのわずかな時間でしたが、このプールでひと泳ぎしました。
来ていた子供と遊んでだりもして。言葉いらないし。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

その後、ベッドに横になり、今日1日のハードスケジュールの疲れを癒します。
とうとう明日深夜には帰国です。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

ペルー2014.1パラカスヒルトン

ここで”ウェルカムドリンク”をいただきます。オーダーは、パッションフルーツのスムージー。
ピーナッツもサービスでついてきました。
カロリーが高いのも塩分が多いのも、わかっていてもつい手が伸び、完食。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

夕暮れ時。ちょっと雲が多く、旅の最後を飾る素敵なサンセットという訳にはいきませんでした。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

夜のプールは、ライトアップされ、おしゃれです。
写真は、ちょっとボケていますが、雰囲気だけでも感じとっていただければ。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

さて、この日の夕食は、多分生まれて初めての『ルームサービス』。
私の旅行スタイルからすれば『ルームサービス』の選択肢は、通常ありません。
でもこのホテルの周りは砂漠。夕食をとれるレストランはもちろん、店はおろか家ひとつない。
タクシーで街まで出ない限りこのホテルで食事をするしかないのですが、
このホテルには、レストランが一つしかなく、ブッフェがメイン。
旅の疲れが溜まってきているのか、ブッフェを食べるほどの食欲も元気もない。
で結果、『ルームサービス』となった訳です。
オーダーは、チキンのきのこクリームソース、つけあわせは、マッシュポテトとほうれん草。
記憶があいまいですが、確か2,500円ほど。これで充分でした。
ちなみに翌朝、多くの部屋の前に食器が出ていたところをみると利用者は多いようです。
当たり前といえば当たり前ですが。

次回は、このホテルの朝食の様子をアップの予定です。(腰の調子が良ければですが)
励みになります。よろしければ『拍手』をお願いいたします。

FC2blog テーマ:南米 - ジャンル:旅行

【2014/06/28 14:46】 | ペルー2014.1
【タグ】 ペルー  ダブルツリーリゾートパラカス  
トラックバック(0) |
7月の連休をどうしようか、と考えることをつい優先して先週はあまりアップできませんでした。
色々考えた結果、7月18日より2泊3日で台北に行くことにしました。
ゴールデンウィークのシンガポールもまだアップしていないので、ペルー旅行記もラストスパートをかけます。

★          ★         ★        ★        ★


遥か彼方、地球の裏側ペルーへ2014.1
【マイル獲得旅日記】

《 第7日:2014.1.8 ④ 》
「ナスカの地上絵」へは日本からの団体ツアーでは、リマからの日帰りの強行行程が多い中、YANABUツアーは、あえて1泊の旅程を組みました。それも”ナスカ”ではなく、”パラカス”で1泊しました。
その理由のひとつは、この日、宿泊した『ダブルツリーリゾート・バイヒルトン・パラカス』に宿泊してみたかったからです。
パラカスは、ペルーで、今、売り出し中の新進気鋭のリゾート地で、『ダブルツリーリゾート』は、中でも最も新しいリゾートホテルです。
今回は、この『ダブルツリーリゾート』についてアップします。

ペルー2014.1パラカス

車は、パラカスの街を通り抜け、砂漠地帯の道路際の遮断機のあるこの検問所のようなところに一旦停まりました。
ドライバーが、私の名前を告げ、予約が確認されると、遮断機が開けられました。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

ペルー2014.1パラカスヒルトン

ペルー2014.1パラカスヒルトン

そしてそこから周りに何もない、殺風景な道を更に500メートル程走って、この玄関に到着しました。
めちゃくちゃ豪華な感じでもありませんが、シンプルで上品です。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

多分、生まれて初めての”5つ星”ホテルなのでプレートを撮ってみました。
でも、この写真では、このホテルが”5つ星”だとわかりませんね。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

フロントでチェックインも特に問題もなくスムーズに終了しました。
ホテルの規模の割には小さなフロントです。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

チェックインしたら、キーカードの他にウェルカムドリンクのチケットとクッキーをくれました。
このクッキー、チェックインカウンターの引き出しから出してくれたのですが、暖かい。
ということは、引き出しが温蔵庫になっているってことですね。すごい!!
実はこの手のクッキー、私、大好きなんです。ただお値段も高い上に、カロリーも高いので滅多には口にしません。
ハワイに行ったときに買うぐらいです。
久しぶりに食べました。お味はもちろんとても”まいうー”でした。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

チェックイン時にはこのような素敵なブレスレットもつけてくれました。
宿泊者には他の色のものをしている方もいましたが、その意味不明です。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

ペルー2014.1パラカスヒルトン

このまだ新しい”5つ星”ホテルのロビーは、スタイリッシュで素敵です。
特に感動したのは、このソファーテーブルのバラ、というか、バラのソファーテーブル。

パルー2014.1パラカスヒルトン

バラは生花です。
テーブルの窪みに少しだけ水を入れ、バラを浮かばせてあります。
そして自分の部屋へ。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

部屋に入るとまず、この広いリビングルームがありました。
手前に少し写っているのは食事もできるテーブルだったので、リビングダイニングと呼ぶべきでしょうか。
我が家より広いかもしれない、こんな部屋に泊まったことはありません。
さすが”5つ星”!!

ペルー2014.1パラカスヒルトン

そしてリビングダイニングの奥にベッドルームがあり、やはり広々としています。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

部屋の一角には、冷蔵庫、コーヒーメーカーだけでなく、電子レンジ、流し台までついています。
基本的にこの手のホテルは、長期滞在を想定していると思われます。
ほんとうは1泊だけではもったいない。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

バスルームは、部屋の大きさの割に広くありませんでした。
海外のホテルは、バスルームの中にトイレがありますが、どうも落ち着かず、好きではありません。

ペルー2014.1パラカスヒルトン

ベランダにはこのような椅子が置かれていましたが、座ってゆっくりしている時間は、ほとんどありませんでした。
ちなみにこのホテル、エクスペディアで1泊15,000円(税、サービス料別・室料のみ)でした。

次は、このホテルのプールなどの様子についてアップします。
励みになります。よろしければ『拍手』をお願いします。

FC2blog テーマ:南米 - ジャンル:旅行

【2014/06/23 22:01】 | ペルー2014.1
【タグ】 ペルー  パラカス  ダブルツリーリゾートパラカス  
トラックバック(0) |
おかげさまで2014年6月17日、このブログは、20,000アクセスを突破しました。現在、1日50~60人ぐらいの方に見ていただいています。
ほんとうにありがとうございます。
文章も写真もまだまだ未熟、技術も未熟で写真と文以外は何もないという色気のないブログですが、これからもよろしくお願いいたします。

★          ★         ★        ★        ★

遥か彼方、地球の裏側ペルーへ2014.1
【マイル獲得旅日記】

《 第7日:2014.1.8 ③ 》
それなりにおいしかったが、潰れかけている"チーファ"(中華料理店)で遅い昼食を済ませ(昼食が遊覧飛行より先だったらえらいことになっていた、考えただけでも恐ろしい!)、ミラドール(地上絵展望塔)に向かいました。

ペルー2014.1ナスカ地上絵

ナスカ市街からひとしきり車で走り、先ほど上空から見たこの『ミラドール』に到着しました。
この鉄塔は、ドイツ人地上絵研究者のマリア・ライヘが建てたそうです。
なにか日本の田舎にある”火の見櫓”のような感じさえします。まあ、個人が建てたものですから自ずと限界がありますからね。

ペルー2014.1ナスカの地上絵

この『ミラドール』に登って見ることができる地上絵は、二つです。
そのひとつが、この”木”です。
でもこの写真では、全体がよく解らず”木”には見えないですね。実際に自分の目で見るともっとはっきりわかるんですが・・・。

ペルー2014.1ナスカ地上絵

そしてもうひとつがこちらの”手”です。
こちらも「”手”はどこにあるでしょうか?」のクイズになってしまいました。

ペルー2014.1ナスカ地上絵

『ミラドール』から眺める『パンアメリカンハイウェー』。
どこまでも、どこまでも、真っ直ぐに続いています。日本ではおよそ見られない風景です。

ペルー2014.1ナスカ地上絵(博物館)

『ミラドール』のほど近くにある『マリア・ライヘ博物館』にやってきました。
”マリア・ライヘ”は、ドイツ人女性のナスカ地上絵の研究者でこの地に滞在しながら人生の多くを地上絵研究に注ぎ、この地で没しています。
そもそも”地上絵”は、なぜ、描かれたのでしょうか?
ものの本によるといくつかの説があり、UFOへの滑走路を示すのだという説もあるようですが・・・
①この地が乾燥地帯のため水源や水脈を示すのだという説
②乾期や雨期を知るための天文学的暦だったという説
③農耕儀礼としての雨乞いのためだったという説
などが有力な説らしいのですが、本当のところはまだ判明していないそうです。

ペルー2014.1ナスカ地上絵(博物館)

この博物館は、”マリア・ライヘ”の研究施設を利用して開設された博物館です。
訪れた時は、他に見学者もなく、静かなものでした。
係のおじさんも入場料を徴収した後は、うちのドライバーとのんびりおしゃべりです。

ペルー2014.1ナスカ地上絵(博物館)

”マリア・ライヘ”の遺影と研究を解説したボード。
写真は、ドイツ人らしい何かとっても気難しい感じの女性ですが、実際はどうだったのでしょうか。

ペルー2014.1ナスカ地上絵(博物館)

マリア・ライヘの研究室を再現したというて展示室。
ご丁寧に彼女の人形まで置かれています。
彼女は、地上絵は、星座と密接な関連があるとの仮説に基づき研究していたようです。

ペルー2014.1ナスカ地上絵(博物館)

彼女が使用していたと思われるフォルクスワーゲン。
これで彼女が滞在していたナスカの街中のホテルと広い平原の各地上絵と往復していたのでしょう。

ペルー2014.1ナスカ地上絵(博物館)

博物館の血敷地内にある『マリア・ライヘ』の墓です。
彼女の墓のすぐそばには彼女の妹の墓もあります。

ペルー2014.1ナスカ地上絵(博物館)

この博物館には地上絵を生み出した”ナスカ文化”の他の遺物を展示する部屋もありました。
その部屋の中心には、この”ミイラ”が展示されていました。

ナスカ

ナスカ文化の土偶です。
女性が出産している姿ですが、少しもエロティックではなく、むしろ大らかな感じさえします。

ペルー2014.1ナスカの地上絵

この博物館見学後、ひたすら4時間弱、車を走らせ、当日宿泊地のパラカスへ向かいました。
途中には『パルパの地上絵』というのもあり、ドライバーに立ち寄りをお願いしましたが、遠まわりになるからと拒否した上に、休憩をとることになっていた”イカ”という町のそばにある”ワカチナ”というオアシスも寝ている間に通過。
ドライバー氏、早く仕事を終わらせたかったようです。
その結果、日が沈む前に”パラカス”に着きました。

次回は、”パラカス”で宿泊したホテル『ダブルツリーリゾートパラカス』についてアップします。
励みになります。よろしければ拍手をお願いします。

FC2blog テーマ:南米 - ジャンル:旅行

【2014/06/21 19:26】 | ペルー2014.1
【タグ】 ペルー  ナスカの地上絵  マリアライヘ博物館  
トラックバック(0) |
東京は、梅雨入り以来続いた雨もこの週末には一休み、久しぶりの青空が広がりました。
14日(土)には、東急田園都市線三軒茶屋駅から東横線学芸大学駅までの約9キロのウォーキングイベントに参加してきました。
良い汗をかきました。それにしてもあの辺りはおしゃれなお店が多いですなあ。
さて今回は、『ナスカの地上絵』をアップします。しかし、写真に”少々難あり”で何かクイズのようになってしまいました。

★          ★         ★        ★        ★


遥か彼方、地球の裏側ペルーへ2014.1
【マイル獲得旅日記】

《 第7日:2014.1.8 ② 》
ナスカのバスターミナルに到着するとドライバーさんが迎えに来ていました。
彼が今日1日、ナスカ空港、地上絵展望塔、マリアライヘ博物館、そして宿泊地の”パラカス”まで案内してくれます。
まずナスカの街中にある”案内所”のようなところに連れていかれ、大きな荷物を預けさせられ、すぐにナスカ空港へ向かいました。

ペルー2014.1ナスカ遊覧

これが滑走路から眺めたナスカの空港ターミナルビルです。
空港に着くと案内役がドライバーのおじさんからかわいいセニュリータ(お姉さん)に案内役が引き継がれました。
でも、空港に着いて”乗り物酔い”の薬を預けた荷物に入れたままにしていることに気が付きました。

ペルー2014.1ナスカ遊覧

彼女に従ってターミナルビルに入るとカウンターで空港税(25ソル≒950円)を現金で支払いし、ターミナル内のベンチで待つように言われました。
これは、ターミナル内に掲示してあった、”地上絵研究者のマリア・ライヘと地上絵のイラスト”です。
ほどなくして”保安検査”を受け、検査が済むと滑走路のセスナ機へ案内されました。
いろいろな方のブログを読むと、搭乗までにかなり待たされたり、いったん空港まで来てもすぐに乗れないことがわかり、先に食事や地上絵展望塔に案内されたことがアップされていたのでほとんど待ち時間なしに乗れたことに、少し拍子抜けしてしまいました。

ペルー2014.1ナスカ遊覧

搭乗したセスナ機。機体には、地上絵が描かれています。
セスナ機は、もちろん、プロペラ機に乗るのも生まれて初めてです。
かわいらしいセニョリータは、なんと副操縦士で、キャプテンは、白人のイケメンでした。

ペルー2014.1ナスカ遊覧

キャプテン、副操縦士を入れて全部で6人乗り。
乗客4名は、すべて窓側に座り、それぞれヘッドホンを渡されました。
この遊覧飛行、なかなか大変でした。
と、いうのもヘッドホンからのパイロットの説明が良く聞きとれない上に、地上絵はものにより不鮮明で上空からでもすぐにわからない、飛行機は右へ左へ旋回を繰り返し、気分は悪くなるし・・・。

ペルー2014.1ナスカ遊覧

さあ、この写真から『くじら』を見つけてください。かわいい『くじら』です。
L字の上に逆さまに小さく写っています。
実際に自分の目で見てもすぐにはわからず、必死に探し、なんとかわかりました。

ペルー2014.1ナスカ遊覧

ナスカの地上絵が描かれている平原には、動物などの具体的なものの形だけでなく、このような三角や線などの幾何学模様は、無数に描かれています。

ペルー2014.1ナスカ遊覧

こちらは、「宇宙人」とも「宇宙飛行士」とも言われる地上絵です。これはすぐにわかりました。
日本人には「ガチャピン」(フジTVのキャラクター)と言われています。
この地上絵だけは平原ではなく、丘のような、小さな山のような場所の斜面に描かれています。

ペルー2014.1ナスカ遊覧

これは、『ハチドリ』。”ナスカの地上絵”で最も有名のもののひとつです。
これも比較的わかりやすかった地上絵です。
でも、この辺りで気分も相当悪くなっていて探すのに苦労する始末。

ペルー2014.1ナスカ遊覧

さて、地上絵さがし、第2問。
地上絵でも有名なもののひとつ、『コンドル』は、どこにあるでしょうか?
『くじら』よりは大きく写っていて、”くちばし”が、右下、”尾羽根”が左上となっています。
気分の悪さは、最高潮で、探すのもやっとの状態でした。

ペルー2014.1ナスカ遊覧

写真左上の道路沿いにあるのが地上絵を見る展望台の鉄塔『ミラドール』です。
そこへはこの遊覧飛行が終わった後に登ります。

ペルー2014.1ナスカ遊覧

この『ミラドール』からは、”手”と”木”の地上絵を見ることができます。
”手”は、右下に見える”ひよこ”のような地上絵。
”木”は、左上にうっすらと見えますが、多分、普通はちょっと見つけられないかと思います。

ペルー2014.1ナスカ遊覧

すっかり”飛行機酔い”してしまい、遊覧飛行の最後は情けないことに「もういいから早く着陸してくれー」状態でした。
そのような状態で着陸し、ここに戻ってきました。
戻ってくると”セニョリータ”から”ドライバー”へ引き継がれ、ナスカの街に戻りました。
昼食は、近くにあった”チーファ”(中華料理レストラン)でとりました。

ペルー2014.1ナスカ(昼食)

昼食をとったレストランの店内です。昼食時間を過ぎていたこともあり、他に客は1名のみ。
それも食事をしに来た客ではないようでした。
この店の主人は、香港の中国マフィアの下っ端幹部といった感じで、いかにも怪しそううな雰囲気を持つ人でした。
先住民の血を引くと思われるいかにも田舎の女の子といった感じの娘がオーダーを取りにきました。
中国マフィアが作るのではどんなものが出てくるのかちょっと心配でしたので、無難なところで注文は、「焼きそば」にしておきました。

ペルー2014.1ナスカ(昼食)

出てきた「焼きそば」がこれです。中国マフィアが作った「焼きそば」は、おいしかったです。
食べている間に、店の主人は、もう一人の客と話し混んでいたました。
ガイド氏によるとどうも赤字で店を閉める相談をしているらしいとのこと。
そして食べ終わり、彼女に会計を頼むと、わずか数品のオーダーの計算(足し算)にかなり難儀している様子。
ガイド氏が手伝ってあげようかと声をかけると「大丈夫」との返事だったのですが、ガイド氏が念のため検算してみるとやっぱり間違っていました。それも安くなってました。
これでは”赤字”なのも仕方ないかもしれませんね。

次回は、地上絵展望塔『ミラドール』と『マリアライヘ博物館』についてアップします。
励みになります。よろしければ『拍手』をお願いします。

FC2blog テーマ:南米 - ジャンル:旅行

【2014/06/17 23:04】 | ペルー2014.1
【タグ】 ペルー  ナスカ  地上絵  
トラックバック(0) |
7月のカレンダーの3連休を見て何か旅心が騒ぎ始め、どこに行こうかとネットを見ながらプランを練る日が続き、ついブログの更新を滞りました。
今回は、ペルーの旅の終盤、ナスカへのバス旅についてアップします。
旅行7日目、この日からの”ペルーの旅”の最終行程、『ナスカ』へは、”クルーズデルソル”というペルーで一番とも言われるバス会社のバスを利用しました。
リマからナスカまでバスで6~7時間かかります。そのためバスは、リマ発午前3時45分発の便に乗車しました、
なんだか時々やっているマイル稼ぎのシンガポール弾丸旅行の行程のようになってしまいました。

★          ★         ★        ★        ★


遥か彼方、地球の裏側ペルーへ2014.1
【マイル獲得旅日記】

《 第7日:2014.1.8 ① 》
つい、寝るのが遅くなり、ちょっとだけと思いベッドに横になったら寝込み、危うく寝過ごすところでした。
あわてて支度をしてチェックアウトし、フロントにタクシーを呼んでもらい、クルーズデルソルのバスターミナルに向け、ホテルを出たのは午前3時前でした。
ペルー2014.1クルーズデルソル

ホテルからバスターミナルまで思いのほか距離があり、ちょっとハラハラしましたが、なんとか出発30分前にはバスターミナルに到着しチェッックインできました。バスターミナルは、”クルーズデルソル”の専用です。
カウンターの背後に掲げられているインカ風のデザインの太陽のマークが”クルーズデルソル”のシンボルマークです。
大きなバスターミナルですが、さすがに明け方の午前3時すぎですからナスカ行きの乗客ぐらいしかいないようです。

ペルー2014.1クルーズデルソル

乗車ゲートです。ここからバスに乗り込みます。
小さくてわかりにくいかもしれませんが、3:45、パラカス、イカ、ナスカの文字が読み取れるでしょうか。2駅停車の”特急バス”ってところでしょうか。
大きな荷物は、出発の少し前にこの左手のカウンターで預けます。
そして乗車時には、右手のカウンターで持ち込み手荷物がチェックされます。

ペルー2014.1クルーズデルソル

バスは、2階建大型バスで、1階はVIPシート、2階は通常シートになります。
”通常シート”は、横4列ですが、横幅もゆったりして大きくリクライニングします。古いタイプの航空機のビジネスクラスといった感じです。”VIPシート”は、乗降時に”チラ見”したところ、通常シートよりリクライニングするようでしたが、そのほかは通常シートとの違いはあまりわかりませんでした。
私のシートは、2階席の一番前でした。これ、ある意味でVIP席です。
乗車後には、係員が一人ひとりの顔をビデオで撮影していました。防犯手目的のようです。
まだ、真っ暗なリマの街をバスはほぼ定刻に出発しました。

ペルー2014.1クルーズデルソル

時間が時間ですから出発するとすぐに眠ってしまいました。
しばらく眠り、目を覚ますとバスは乾燥した砂漠地帯をひた走っていました。
席は、2階席の一番前ですから明るくなると眺めは抜群です。
そんな一番前の席から荷台にたくさんの人を乗せたトラックを見ました。テレビなどで見る発展途上国ではよくある光景です。

ペルー2014.1クルーズデルソル

途中、バスが最初の停車駅パラカスに着く前には、ラップに包まれたこの軽食(朝食)が配られました。
ハムチーズサンド、こぶりなリンゴ。サンドイッチは、”ミラバス”夜の観光で食べたものよりおいしく、リンゴも甘くて、見た目以上においしくいただけました。
この後、コーヒーが配られました。なぜか、ミルクがつきませんでしたが、決してミルクなしで飲むような高級なコーヒーではありませんでした。(笑)

ペルー2014.1クルーズデルソル

砂漠地帯を走る真っ直ぐな道です。リマ・ナスカ間は、このような景色が多く見られました。
道路は、よく整備・管理されていました。

ペルー2014.1クルーズデルソル

”ようこそ、ナスカへ”
約7時間のバスの旅でようやく目的地へ到着しました
長時間のバス旅でしたが、シートも良く、快適な旅を楽しめました。

ペルー2014.1クルーズデルソル

これが”クルーズデルソル”のバスです。
けっこう派手でしょ。

ペルー2014.1クルーズデルソル

バスは、定刻の11時少し前にナスカに到着しました」。
これは到着したナスカのバスターミナル。リマのターミナルに比べれば質素です。
降りるとすぐにターミナルの建物へ入ってしまいましたが、すぐに建物の外に出てしまい、荷物の受け取り場所がありません。なんと荷物は、バスのすぐ横で受け取るようになっていて、慌てて引き返しました。

ペルー2014.1クルーズデルソル

ペルーは鉄道が走っているのは、ごく一部のため、一般的な異動はバスが主役です。
これは、ナスカのターミナルにあった”クルーズデルソル”社の路線網を示した案内図です。
ペルー全土を南から北まで(日本なら”北から南まで”と書くところですが、ここは南半球なので)の各都市を結んでいるようです。

次回は、いよいよこの旅、もうひとつのハイライト、『ナスカの地上絵』をアップの予定です。
励みになります。よろしければ『拍手』をお願いします。

FC2blog テーマ:南米 - ジャンル:旅行

【2014/06/14 08:04】 | ペルー2014.1
【タグ】 ペルー  クルーズデルソル  ナスカ  
トラックバック(0) |
遥か彼方、地球の裏側ペルーへ2014.1
【マイル獲得旅日記】

昨日9日のFC2ブログランキングの海外旅行分野で初めて順位が2ケタになりました。
累計訪問者数も間もなく20,000となります。
ほんとうにありがとうございます。
拙い文章力で書きなぐっているようなブログですがこれからもよろしくお願いします。

★          ★         ★        ★        ★

《 第6日:2014.1.7 ④ 》
ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会

この日再びセントロに訪れたのはこの『サントドミンゴ教会』を見学するのが主たる目的でした。
薄いピンクの色がきれいな鐘楼がりっぱな教会です。
この教会を、いろいろなブログやホームページを見ると水色だったり、白だったり、朱色だったり。
どうもときどき外壁の色を変えるらしい。教会のような建物ではとても珍しいですよね。

ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会入口天井

入場料(5ソル≒190円)を払い、ほぼ同時に入場した見知らぬ方々と入口のあたりに何人か待機しているガイドさんの一人ににガイドをお願いしました。
脇腹がスカートの上にはみ出ているパッツンパッツン(笑)の女性ガイドさんでした。
ガイドさんは、たいてい学生さんとのことで半分ボランティアなので、最後にチップを払えばいいのだそうです。チップは気持なのでいくらでもいいのですが、ひとりあたり1~3ソル(≒40~110円)ぐらいだそうです。
そしてまず見たのがこの入口ホールの天井。すべて手彫りだそうです。

ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会

この教会は、修道院が併設されていて、ここはその修道院のパティオ(中庭)と回廊です。
バラがきれいに咲いています。

ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会

修道院のパティオの噴水と鐘楼。

ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会
ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教<br />会

修道院の回廊。タイルは、本国スペインのセビリヤから運んできたそうです。

ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会

パテォオにはバラだけでなく、アジサイも咲いていました。ペルーにもアジサイってあるんですね。

ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会

図書室です。実に歴史を感じさせる。ここだったら、本に書いてあることがどんどん身につくような気がします。
あくまで気がする、だけですが。

ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会

建物が濃いクリーム色のまた別の回廊とパティオ。

ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会

こちらは、床のモザイクタイルが美しい会議室。自分の正面に座る人の声が聞こえるのかしら、なんてのは大きなお世話?

ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会
ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会

こちらは、教会の聖堂です。正面の祭壇は、残念なことにリフォーム中でした。
下の写真は、聖堂にいくつかある礼拝堂のうちのひとつ。美しい!!

<\ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会

このサントドミンゴ教会修道院の修道女の”サンタ・ロサ”。
美人で有名でしたが、献身的に病人の世話をするなどしたためリマ市民から今でも敬愛されています。
大理石像の右横にちょっと写っている透明の箱に願い事を書いた紙を入れると、その願いが叶うといいます。
私も日本語だけど書いて入れてきました。
神様は、わかってくれるでしょうか。~信ずる者は救われる~
何を書いたかは、「世界平和」ということにしておきましょう。

ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会

そしてこちらが”サンタ・ロサ”のお墓。
お墓は、細い階段を降りていく地下ホールの奥にあります。

ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会

そしてこの教会にはもう一人、有名な人が葬られています。それが、この”サン・マルティン”。
彼は、黒人で病気を治すことができたそうです。キリスト教関係の奇跡で”黒人”が起こしたといのは珍しい。
確か、動物と話しができたとも言っていたような。

ペルー2014.1リマ・サントドミンゴ教会

これが、”サン・マルティン”のお墓です。
このお墓を見てこのサントドミンゴ教会の見学は終了しました。ガイドさんにお礼を言い、チップを渡し、教会を後にしました。

サント・ドミンゴ教会の見学を終え、ちょっとご縁のある方から夕食のお招きをいただいたのでその方のお宅に伺い、おいしいペルー料理を堪能いたしました。

次回は、ナスカの地上絵に向かう”バスの旅”についてアップの予定です。
励みになります。よろしければ『拍手』をお願い致します。

FC2blog テーマ:南米 - ジャンル:旅行

【2014/06/10 23:55】 | ペルー2014.1
【タグ】 ペルー  リマ  セントロ  サントドミンゴ教会  
トラックバック(0) |
遥か彼方、地球の裏側ペルーへ2014.1
【マイル獲得旅日記】

昨日は、雨の中、所用が重なり朝9時過ぎに自宅から都内某所へ、そして千葉へ、そして埼玉へと、動き廻り、自宅に戻ったのが夜の11時前と、ちょっと大変な1日でした。
今回は、6日目のリマセントロ観光(パート2)をアップします。

★          ★         ★        ★        ★

《 第6日:2014.1.7 ③ 》
『インディアンマーケット』から「セントロ』へはガイド氏にお願いして”バス”を利用しました。公共交通機関の利用は、2日目の”メトロポリターノ”につづき2回目です。
リマにはバス停はなく、街かどに人が集まっているところがバス停(乗場)。そこにけっこうボロっちくて外観の違うバスが次から次に来て、これだと言われたバスに乗りました。
リマのバスは、小さなバス会社が決められた路線に何社も乗りいれているのでバスの外観はバラバラなのだそうです。
バスに乗ると予めガイドさんから言われた運賃、確か50セント(20円ぐらい)の金額を車掌さんに支払いました。
運賃は、市内均一料金で、どの会社のバスに乗っても同じ。(当たり前ですが)
車掌さんの乗っているバスなんて何年ぶりでしょうか。前に乗ったのは20年以上前のような気がします。
リマ市民が普通に乗っているバスなのでそんなに危険な匂いはしないのですが、乗客の階層は、”メトロポリターノ”より低いような気がします。
現地の人でさえスリ・泥棒、時には強盗の被害にあうとのことですので日本人観光客とわからないよう終始だまったまま。警戒を怠るわけにはいきません。
緊張したまま「降りますよ」とのガイド氏の声でバスを降り、15分ほどのバスの旅は無事終わりました。
車中はもちろん、乗ったバスの写真もありません。

ペルー2014.1リマ・市立劇場

今回のセントロ観光のメイン目的地のサントドミンゴ教会へ行く途中にあった『市立劇場』です。
近年、リフォームされてきれいになったそうです。中には入れないので外からロビーをちょっと覗くと金ピカでとてもきれいで関心していたら、係員が「無料の資料館があるよー」って教えてくれました。
劇場正面から後ろに回り込んでちょっと見学しました。かつての演目のプログラム(パンフレット)や衣装などが展示されていました。

ペルー2014.1リマ・リマ市誕生450年記念碑

「市立劇場」から歩いていると目に入ったのがこのモニュメントです。
なんだろうと思ってガイド氏に銘版を読んでもらうと、リマ市誕生450年記念碑でした。
石はアンデスのものだそうです。

ペルー2014.1リマ・中央郵便電報局

そして「旧リマ中央郵便電報局」です。ピンクの美しいコロニアル建築です。

ペルー2014.1リマ・リマ中央郵便電報局
ペルー2014.1リマ・リマ中央郵便電報局

かつて美しい郵便局としてリマ市民の自慢だったそうですが、今は郵便局としての役割を終え、お土産屋さんストリートに変身していました。
ガラスの天井が美しく、正直、この手のお土産屋さんストリートにしておくのはもったいない。
将来は、素敵なショッピングセンターにでもなるような気がしますが、私の予想はあたるでしょうか。

ペルー2014.1リマ・リマ中央郵便電報局

窓口としての役割は終えたようですが、郵政関係の役所となっているようでした。お土産屋さんストリート(ファサード)の中ほどに役所の入口がありました。
もちろん観光客を含め一般人は立ち入れません。

ペルー2014.1リマ・リマ中央郵便電報局(インフレ紙幣)

お土産屋さんで見つけたかつての超インフレ時代の紙幣。4枚で10ソル(≒380円ぐらい)でした。
上から10万(ほとんど写っていないけど)、50万、100万、500万インティ札。インティは、かつての通貨単位です。
500万インティは、ガイド氏によるとだいたいの感覚らしいですが、「今の日本だったら1万円ぐらいかなー?」だそうです。

ペルー2014.1リマ・広場

「旧中央郵便電報局」から少し歩くとリマック川とその川沿いに走る線路沿いにこの広場はありました。
セントロ地区ですが、オブジェなどがあり現代風の広場です。広場の名前は、わかりません。

ペルー2014.1リマ・線路

この先にあるデサンパラードス駅も廃止され、列車も走らなくなっていると聞いていた線路ですが、撤去もされずにそのままきれいに残っているとすると貨物列車ぐらいときどき通るのでしょうか。
リマック川は改修工事のため水は流れていませんでした。

ペルー2014.1リマ・サンクリトバルの丘

川の向こうには中腹までスラムが広がるサンクリストバルの丘が見えます。
”スラム”は、「プエブロホーベン」(若い村の意味)と呼ばれるそうです。
川向こうは、とても治安が悪く、観光客はもちろん一般のリマ市民でもよっぽどのことがない限り立ち入らないそうです。
もっとも観光で見るようなところもありません。

ペルー2014.1リマ・ペルードーナツ

広場には、『ピカロネス』の屋台も出ていました。
丸くて穴が開いていて油で揚げるのでドーナツみたいですが、もっとフワフワして軽く、黒蜜のシロップをかけて食べます。
箸1本で揚げて、揚がると箸1本ですくい上げて、皿に移して渡してくれます。
熱々、フワフワ、甘くておいしいですよ。
このお店、某テレビ局「行ってみたらこんなところだった!」にも登場しています。

ペルー2014.1リマ・広場からサントドミンゴ教会

そしてこの広場から写真右側の立派な鐘楼のあるサントドミンゴ教会へ向かいました。

次回は、そのサントドミンゴ教会についてアップします。
励みになります。もしよろしければ「拍手」をお願いします。

FC2blog テーマ:南米 - ジャンル:旅行

【2014/06/08 01:31】 | ペルー2014.1
【タグ】 ペルー  リマ  セントロ  
トラックバック(0) |
遥か彼方、地球の裏側ペルーへ2014.1
【マイル獲得旅日記】

週末に異常に暑い日があったと思ったらいきなり例年より早くに関東地方は梅雨入りしました。
それもしとしとした雨でなくいきなりの”大雨”です。
”雨にも負けず”がんばりましょう。
今回は、リマミラフローレスの海を望む崖の上にある『恋人達の公園』から『インディアンマーケット』までをアップします。

★          ★         ★        ★        ★

《 第6日:2014.1.7 ② 》
散歩を終えて、タクシーでミラフローレスの『恋人達の公園』に向かいました。

ペルー2014.1リマ・恋人達の公園
ペルー2014.1リマ・恋人達の公園

古くからある公園ではありませんが、眺望の良さとこの大胆なモニュメントで一躍リマの名所となりました。
これで天気が良ければモニュメントがもっと映えるのですが。

ペルー2014.1リマ・恋人達の公園ロサナウティカ

公園から海を眺めると、海に突き出た桟橋のようなところに建つレストラン「ロサナウティカ」。
リマでも有名な高級レストランで、是非訪れたかったのですが、時間の関係もありかないませんでした。

ペルー2014.1リマ・恋人達の公園

「恋人達の公園」にはこのようなモザイクタイルのモニュメントもありました。
i行ったことはありませんが、ペルーの旧宗主国のどこぞの街にもあったような気がします。
いや、あちらが本家本元です。

ペルー2014.1リマ・恋人達の公園
ペルー2014.1リマ・恋人達の公園

きれいに手入れされた公園内を更にぷらぷら。
まだ早い時間なのであちこちで掃除、水やりなどがされていました。

ペルー2014.1リマ・恋人達の公園

”恋人達のモニュメント”ばかり注目されていますが、こんなモニュメントもあります。
きっとツアーだとここまで来る時間はとってくれないのでしょうね。

ペルー2014.1リマ・恋人達の公園

恋人達の公園内からの眺め。
ミラフローレスが海岸からすぐの切り立った崖の上に広がる街であることがよくわかります。

ペルー2014.1リマ・ミラフローレス

『恋人達の公園』を後にしてこんな植栽のある道を通りながら歩いてちょっと高級なスーパーマーケットへ。
お土産用のコーヒーやペルーの塩などを購入しました。
おっと、スーパーマーケットに夢中になりすぎて写真を撮るのを忘れました。
そしてペルーらしいお土産を買うため歩いて『インディアンマーケット』へ向かいました。

ペルー2014.1リマ・ミラフローレス

インディアンマーケット”への途中、”ケネディ広場”近くにある通称『ピザ通り』です。
まだまだ早い時間なので閑散としていますがピザ食べて、ビール飲んで、そんなお店が集まる夕方から夜に賑わう通りです。

ペルー2014.1リマ・インデイアンマーケット
ペルー2014.1リマ・インディアンマーケット
ペルー2014.1リマ・インディアンマーケット

インディアンマーケット』には、このような小さな店舗がいくつも並んでいます。
あちこちの店で商品と価格を調査し、購入するものを決めたら、価格交渉です。
品揃えは、どの店も似たり寄ったりなので、感じの良さそうな店を選んだら
「ここでまとめて買うから安くして」って交渉するんです。
たいていは値引きに応じてくれ、私の場合、単品で買うより1~2割は安くなったと思います。
ここはもともと空港とかのお土産屋さんより安いのでそんな必死にならずに軽い気持ちで交渉してくださいね。

ペルー2014.1アルパカ座布団

この時に自宅用に買ったフワフワの「アルパカの座布団」です。肌触り最高!!
お土産用のアルパカの人形とまとめて買い、安くしてもらいました。
ところで”座布団”は2枚欲しかったのですが、買おうとしたお店には1枚しかありませんでした。
そうしたら近くのお店から仕入れて?借りて?きて売ってくれました。
そんなお店が集まる『インディアンマーケット』です。

励みになります。よろしければ「拍手」をお願いします。

FC2blog テーマ:南米 - ジャンル:旅行

【2014/06/06 23:29】 | ペルー2014.1
【タグ】 ペルー  リマ  ミラフローレス  恋人達の公園  インディアンマーケット  
トラックバック(0) |
遥か彼方、地球の裏側ペルーへ2014.1
【マイル獲得旅日記】

週末の暑さは、少し収まり、夜は涼しい位です。
ペルーの旅も後半に入り、今回は、6日目の朝にリマのホテル周辺を散歩した時に見たものをアップします。

★          ★         ★        ★        ★

《 第6日:2014.1.7 ① 》
旅も後半に入りました。
6日目は、日程に余裕を持たせる意味もあり1日、リマ滞在です。
まずは、ホテルの朝食から。これが6日目の朝食です。

ペルー2014.1リマホテル朝食

ホテルが同じなので以前にアップしたものと基本的には同じですが、
この日のポイントは、お皿の片隅の細長いフライドバナナ。

<ペルー2014.1リマ・ホテル朝食

保温プレートの一番右がフライドバナナです。
あまり甘くないバナナでいわゆる”おかず”でデザートではありません。

ペルー2014.1リマ・ホテル朝食

そして最後に”マンゴ”を食べまくりました。
明日の朝は出発が超ー早いのでこのホテルでの朝食もこれで食べ収めです。

この日は、ちょっとゆったり目のスケジュール。ホテル周辺は、静かな高級住宅街。
そこで朝食後、軽くホテル周辺の散歩に出ました。
以下にアップするのはその時に見かけた家々の庭先や道路端などに咲いていた花々です。
ペルー2014.1リマ・朝の散歩
ペルー2014.1リマ・朝の散歩
ペルー2014.1リマ・朝の散歩
ペルー2014.1リマ・朝の散歩
ペルー2014.1リマ・朝の散歩
ペルー2014.1リマ・朝の散歩


散歩の途中で見かけた移動八百屋さん。
<ペルー2014.1リマ・朝の散歩

この近くにはお店がないのでそれなりに商売になるようで、ちかくのお手伝いさんなどがポチポチ買いにきていました。

ペルー2014.1リマ・朝の散歩

朝なので朝食用フルーツが売れ筋なのか、果物中心のラインナップです。

ペルー2014.1リマ・朝の散歩

このエリアは、戸建が多いのですが、このようなあまり高くないマンションも建っています。
ベランダの手すり前にブーゲンビリヤなどの植物が植えられてちょっとおしゃれです。
ところでこの写真ではまったくわからないのですが、このマンションの生垣には、どろぼう除けの電線が張られています。
このマンションだけでなく、ちょっとした家の塀や生垣には電線が張られ、ほんとうに電流が流れていて
ネズミ程度は殺せるぐらいの電圧だそうです。

次回は、リマ市内ミラフローレスの”恋人たちの公園”などのアップを予定しています。




FC2blog テーマ:南米 - ジャンル:旅行

【2014/06/04 23:47】 | ペルー2014.1
【タグ】 ペルー  リマ  
トラックバック(0) |
遥か彼方、地球の裏側ペルーへ2014.1
【マイル獲得旅日記】

東京は、一昨日、昨日、今日と30度を超える真夏日となり、6月にしては異常な天気でした。
それでも夜になるといくらか涼しい風が吹き、なんかハワイみたい!は言い過ぎか。
さて今回は、2階建バス"ミラバス(ブス)”での夜のリマ市内観光についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

《 第5日:2014.1.6 ⑦ 》
遅い昼食後、タクシーでホテル(リマ到着時と同じホテル・リベルタドール)へ向かいました。
チェックインし、シャワーを浴び、ミラバスの出発する『ケネディ広場』へ向かうためホテルを出ました。

ペルー2014.1リマ・ケネディ広場

2階建オープンエアの『ミラバス』は、ミラフローレスのケネディ広場から出発します。
まずは、ミラバス受付へ。
旅行2日目に予約した時は10名集まらないとツアーキャンセルになると言われていましたが、
料金(90ソル≒3,400円)をすんなり受け取り、チケットを渡してくれたので、ツアーは催行されるようです。

ペルー2014.1リマ・ミラバス

”ミラバス”のツアーパンフレット。今日参加するのは、夜のリマ市内観光コースです。
植民地時代の建物がライトアップされるなど魅力的な夜のリマを観光したいと思ったものの夜の観光には治安に不安があります。
そこでこのミラバスで観光することにしました。
高いバスの上からなら悪い輩の餌食にならず、ゆっくり夜のリマを楽しむことができますからね。

ペルー2014.1リマ・ミラバス

座席は、最前列が指定されました。
最前列は、眺めは良いのですが、写真撮影には時にフロントガラスがちょっと邪魔になりました。
最初はおとなしく指定の席に座っていましたが、その後、写真を撮り易い席との間を行ったり,来たり。
ツアーは、まだ、薄暮の午後7時にケネディ広場を出発しました。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

バスは、まずは、ミラフローレスの海岸へ。
このころになると日もすっかり暮れ、岬の突端の巨大な十字架が光っています。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

そしてバスは、ここ”バランコ地区”へ。
バランコ地区はバーやレストランが集まるおしゃれなデートスポットだそうです。
ここでバスを一旦下車して、ミラバスのガイドさんに連れられ徒歩観光となりました。
ミラフローレスからバランコに来る途中にはかつて走っていたトラム(路面電車)の線路と保存車両を見ることができました。特に案内もなかったので写真にとることができなかったのが残念でした。
今でも走っていたらなあ、と思わず思ってしまうのは私が隠れ鉄っチャン(鉄道マニア)だから?
でもバランコ地区の雰囲気にもあうので観光資源としても有益だと思うのですが。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

バスを降りて美しくライトアップされたこの教会の前でスペイン語と英語でバランコ地区の説明がありました。
何を言っているのか良く解らなかったけど。
この教会は、実はきれいなのはリフォームされたのは正面だけでそれ以外の部分は、廃墟同然。
この教会の脇の小路を通り、海と光る十字架の見える小さな公園のようなところへ行きましたが、暗くてよう見えん。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

そして息をしないで通ると願いがかなうという「ため息橋」を一気に渡り、この階段を上りました。
「ため息橋」での願い事は、”世界の平和”ということにしておきます。
この橋にちなむペルーでとっても有名なラブソングがあり、その曲の詞をつくった作詞家の住まいがこの階段右手のカフェなんだそうです。
バスを降りた場所に戻ると思って、橋の写真を撮らなかったら、ツアーのガイドさんは、どんどん先に進み、別の場所からバスに乗車しました。
結局、「ため息橋」の写真は撮り損ないました。(残念!)
どんな橋かというと、ツアーパンフに写っているのがその橋です。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

バランコ地区徒歩観光の後、バスはセントロ(旧市街)へ向かいました。
これより先は、下車なしで車上からの観光でした。セントロの夜は、やっぱり危ないのでしょうか。
セントロの最初は、このサンマルティン広場です。
周囲の建物もライトアプされ、昼とはだいぶ違う雰囲気です。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

このようなバルコニーのある建物が並ぶ通りを通り『アルマス広場』へ向かいました。
車列は、単なる信号待ちでさほど渋滞しているわけではありません。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

そして『アルマス広場』に到着。バスは広場をゆっくり回りました。
まだ残るクリスマスイルミネーションがきれいです。クリスマスイルミネーションもあとわずかなことでしょう。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

大司教宮殿。昼に見るよりきれいに思えます。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

ちょっと斜めから大統領官邸。バスからの撮影なのでなかなか思い通りにはいきません。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

こちらは、『カテドラル』。
アルマス広場には結構人出があり、車上から見る限りではさほど危険を感じません。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

こちらは『リマ市役所』。濃いクリーム色が、やはり昼間より鮮やかです。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

アルマス広場をゆっくり1周した後、バスは、最後の目的地へと進みました。
最後の目的地のすぐ目の前にある『最高裁判所』です。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

最後の目的地は、セントロ地区にあるここ”リマシェラトンホテル”です。ここでバスを下車しました。
リマで老舗の外資系高級ホテルです。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

ホテル内のこのレストラン(コーヒーハウス)で飲物とサンドイッチの休憩です。
背をむけて立っているには、ホテルの警備です。
ホテル内ですが、”ミラバス”は、外国人観光客がほとんどなのでホテル側も注意してくれているのかな。

ペルー2014.1リマ・ミラバス夜のツアー

ハムサンドとケーキがでました。
ちょっとパンがパサパサだったのが残念。この写真からもパサパサがでているでしょ。
飲物はコーヒーを頂きましたが、紅茶とオレンジジュースも選べました。
20分ほど休憩の後、トイレへ行き再びバスに乗り、ケネディー広場へ戻りました。

そして軽く食事をしてホテルへ戻りました。朝、5時過ぎに起きた長い1日が終わりました。

FC2blog テーマ:南米 - ジャンル:旅行

【2014/06/02 23:12】 | ペルー2014.1
【タグ】 ペルー  リマ  夜のリマ  ミラバス  アルマス広場  バランコ地区  
トラックバック(0) |