FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
シンガポール弾丸旅行2014.2
【マイル獲得旅日記】

シンガポール2014.2中華街

 ペルーから帰国して2カ月たつというからのにペルー旅行記はまだ2日目が終わっただけ。この先「ペルー旅行記」完結まではまだまだずっとかかることになりそうなので旅行記は順番にアップするという原則を曲げて2月の『シンガポール弾丸旅行』を途中に割り込ませることにしました。
 今回の旅行は、昨年12月にグランドオープンした『リバーサファリ』とプラナカン文化が残る『カトン』の街歩きを楽しみました。
  
《 日 程 》
1日目 :2/21(金) NRT18:15(DL621) →
2日目 :2/22(土) → SIN01:00 →
              → チャイナタウン(朝食)→ リバーサファリ→ カラン(昼食1)
              → カトン街歩き(昼食2) → チャイナタウン街歩き → SIN
3日目 :2/23(日) SIN05:20(DL622)→ NRT12:55

★          ★         ★        ★        ★

《 1日目:2014.2.21 ① 》

シンガポール2014.2出発

 今回も京成アクセス特急で成田空港まで行きます。おっと、今日は、青の京急がやってきました。アクセス特急にはぴったりの車両です。
 京急といえば「赤」ですが、「空港の空の青」、「三浦半島の海の青」をイメージして「青」に塗装された車両です。もっともここでいう空港は「羽田」のことですが。

シンガポール2014.2出発

 成田空港出発ロビーには、「雛飾り」が置かれていました。

シンガポール2014.2出発

”アメックスゴールド”のおかげで今回もスカイプライオリティーにてチェックインです。チェックインエリア入口に誰もいなかったのでそのまます~っと入ったら後ろからご案内係の女性からいつもの「ビジネスクラスのご利用の・・・・」との例のお声掛けが。
 面倒くさいのでそれを半ば無視してカウンターの前に立ってしまいました。パスポートを確認すればカウンターのお姉さんは、いつも通りにこやかに手続きをしてくれました。
 「今日は混んでいますか?」と聞くと私が予め指定した席の隣が埋まっているので隣が空いている席を勧めてくれました。隣にいるか、いないか、では全然違うので喜んで変更してもらいました。

シンガポール2014.2出発

 デルタ航空621便は、定刻に出発です。デルタのシンガポール便は、定刻でも現地到着が午前1時を過ぎるので定刻に出発してもらわないと困ります。

シンガポール2013.1成田大韓航空ラウンジ入口

 デルタ航空を利用するたびすっかり恒例となってしまった「大韓航空ラウンジ」への訪問です。今まで16時30分までの営業だったのが20時までに延長されていました。大韓航空がホノルル便を飛ばし始めたことへの対応でしょう。

シンガポール2014.2出発大韓航空ラウンジ

 ”めんたいこのおにぎり”と”あんパン”をいただきます。営業時間が延長されたためか、この時間でもカップ麺がありました。カロリーのことを気にしながらも「シーフードヌードル(ミニ)」をいただいてしまいました。

シンガポール2014.2デルタ航空ラウンジ
 シンガポール2014.2出発デルタ航空ラウンジ

 大韓航空のラウンジでいただくだけいただいた後、デルタ航空ラウンジ「デルタスカイクラブ」へ移動しました。

シンガポール2014.2出発デルタ航空ラウンジ
シンガポール2014.2出発デルタ航空ラウンジ

 夕刻の『デルタスカイクラブ』(ラウンジ)は、アジア方面、ハワイへの出発便が集中しているのでけっこう混んでいます。
 窓際のパソコンのあるカウンターテーブルに席をとりました。

シンガポール2014.2出発デルタ航空ラウンジ

 今日の軽食は、いつもとちょっと違っているように思いました。
 まず、本日のスープは、『キャロットジンジャースープ』だそうですが、目新しくはありますが、私の感想としては”いまひとつ”。
 たぶん冷凍ものではあると思いますが、今日ある”ヤキトリ”と”餃子”もここではあまり見かけないメニューです。
 それにしてもカウタンターに盛られている焼き鳥をその場で食べてる方を何人か見かけましたが、なんとなく”お下品”な感じがします。

シンガポール2014.2デルタ航空ラウンジ

 1月の時はなかった”ミニケーキ”(ストロベリー)がありました。
 それにしても今回は盛り付けが”ぐちゃぐちゃ”であまり美しくない。写真もまだまだです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2014/03/15 11:29】 | シンガポール2014.2
トラックバック(0) |
シンガポール弾丸旅行2014.2
【マイル獲得旅日記】

今回は、デルタ航空621便シンガポール行の搭乗記をアップします。前回のデルタ航空エコノミーとはほんの少しだけ違っていました。 

《 1日目:2014.2.21 ② 》

シンガポール2014.2デルタ航空シンガポール行

 出発準備中のデルタ航空621便シンガポール行きです。

シンガポール2014.2デルタ航空シンガポール行

 本日の出発ゲートは第1サテライトの№14。この写真は、出発の2時間ぐらい前に撮ったものなので待っている方はあまりいません。搭乗予定時刻は、17時20分の予定です。

シンガポール2014.2デルタ航空シンガポール行

 デルタ航空621便シンガポール行きは、ボーイング777-200型機です。これは”安全のしおり”。
 搭乗したら、『まずは万一に備えこの”安全のしおり”を確認!!』なんて私がしていると思いますか?

シンガポール2014.2デルタ航空シンガポール行

 デルタ航空621便のボーイング777は、3×3×3シート配列。本日の私の席は、チェックイン時に変更してもらった38F。隣のEには誰もいません。ドアクローズのギリギリまで38Dにも誰も来なかったので期待したのですが、そうはいきませんでした。   
 前方から飲物とおつまみのサービスが始まりました。

シンガポール2014.2デルタ航空シンガポール行

 飲物のオーダーは、”コークゼロ”。おつまみは、”プリッツェル”と”ピーナッツ”と両方をくれました。
 そして食事サービス。「チキンパスタOrポークライス」からのチョイスとのことで『ポークライス』にしてみました。

シンガポール2014.2デルタ航空シンガポール行

 で、その”ポークライス”というのが、なんとこの『かつ丼』でした。”花型人参”、”サヤエンドウ”に”みつば”までのっておりました。
 日系航空会社などに比べまだまだですが、最近のデルタの機内食は、以前に比べ良くなってきたな、という感想は持っていました。でも、まさかデルタ航空で『かつ丼』をいただけると思いませんでした。大変おいしくいただきました。
 そして昨年5月のバンコク便機内食と違っていた点がいくつかありました。
 まず、機内食が載せられているトレイが、ベイジュ色の木目柄からグレーに変わっていました。
 そして以前は”ENJOY”と書かれた仕切りのような厚紙がのっていて、その下にパンが隠れていたのですが、今回は ”DELTA”と書かれた赤い箱がのっていて開けてみるとデザートのパウンドケーキとドレッシング、バターが入っていました。
 食事の後は、映画を2本ほど楽しみました。もちろん日本語吹き替えで。

シンガポール2014.2デルタ航空シンガポール行

 映画のなど見ているうちにシンガポール到着まであと少しとなりました。
 ところでデルタ航空のB777型機には、手元スイッチがなく、すべてこの画面で操作します。
 ところが映画、音楽など機内エンターティメントの操作はわかるのですが、シート照明とコールボタンがわからない。初めてこのB777にのったわけではないのに、どうしても思い出せない。両方とも特に使わなかったのですが、フライトの最後の方でやっとわかりました。画面下に3つあるボタンのうち一番右のボタンを押せばその画面が表示されます。ご存知の方、笑ってやってください。また忘れないよう自分のためにアップしておきます。

シンガポール2014.2デルタ航空シンガポール行

 到着1時間ぐらい前にアイスクリームと飲物のサービスがありました。ビジネスクラスのアイスクリームサンデーのように豪華ではありませんが、充分においしい。

シンガポール2014.2チャンギ空港到着

シンガポールチャンギ空港にほぼ定刻に到着です。相変わらず明るくきれいな空港です。

シンガポール2014.2チャンギ空港到着

 入国審査場を抜けたところにある預け手荷物の引き取り場所を案内する表示の前の植栽も以前と同様きれいです。デルタ航空621便の荷物は、Belt21で受け取るようです。

シンガポール2014.2チャンギ空港到着

 バゲージクレームは以前と少し変わったような気がします。私の荷物は、ほどなく出てきました。
 到着したらまず市内観光に不要な荷物(この時期はコートなど)は、『手荷物預かり所』(Left Baggage)に預けます。以前は地下1階だった『預かり所』が、3階に変わったとのこと。案内所で場所を聞いてまず1階到着フロアから2階出発フロアにあがります。

シンガポール2014.2チャンギ空港到着

 2階出発フロア中央の案内所後方のこのエスカレータで3階に登ります。この時間は既に閉店していますが、3階は各種レストランがあります。とんかつの『和幸』もありました。

シンガポール2014.2チャンギ空港到着

 3階に登ったら案内表示に従い左方向に少し行き、右に曲がります。案内図もありますから心配な方はご確認ください。

シンガポール2014.2チャンギ空港到着

 右に曲がればすぐに荷物預かり所が目に入りました。小さなバッグ1個が24時間でに4S$しません。(300円ぐらい)預ける時にはパスポートの提示を求められます。
 24時間営業ですし、利用料もリーズナブルなのでシンガポール弾丸旅行の時はいつも利用しています。
 日本が冬の今の時期、成田まで着てきたコート類は、ここシンガポールで預ければ成田で預けるより安いはずです。ただし、帰国時に受け取りを忘れずに。  

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2014/03/16 22:02】 | シンガポール2014.2
トラックバック(0) |
シンガポール弾丸旅行2014.2
【マイル獲得旅日記】

今回のシンガポールは、『リバーサファリ』と『カトンの街歩き』が主な目的ですが、その前に朝の『チャイナタウン』散歩と朝食についてアップします。
 
《 2日目:2014.2.22 ① 》

シンガポール2014.2中華街

 朝食をとるため『チャイナタウン』にやってきました。まだ旧正月の飾りつけが残る『チャイナタウン』の大通り『ニュー・ブリッジロード』。今年の干支の馬の飾りつけがされています。
 
シンガポール2014.2中華街

”チャイナタウンのもう一本の通り”サウス・ブリッジ通り”にあるシンガポール最大というヒンドゥ教寺院『スリ・マリアマン寺院』です。土曜日でまだ朝も早いので車の通りも少ない。

シンガポール2014.2中華街

 ”サウス・ブリッジ通り”を先に進むと『佛牙寺』があります。通りの上には干支の『馬』がいっぱい走って(飛んで?)います。

シンガポール2014.2中華街

 朝食の店を目指し歩いている途中にあった”クラブストリート”。チャイナタウンのすぐそばにある通りですが、また趣が違います。なぜなら、クラブストリートの名が示す通り夜に賑わう”通り”です。

シンガポール2014.2中華街

 今日の朝食の店はチャイナタウンにほど近い「ファーイーストスクエア」にあるワンタン麺のお店「南生」です。ちょっと映りが悪いですがカウンター横の大きな写真に写っているご夫婦が、初代。特にこの奥さんが名物おばチャンらしいです。私が訪ねたときも店でしっかり働いていました。

シンガポール2014.2中華街

この店のメニューの数々。でもこの店のお勧めは、ワンタン麺です。

シンガポール2014.2中華街

 ワンタン麺のドライ。スモールで4S$(約320円)。今日はこの後、いろいろ食べる予定があるので”スモール”にしておきましたが、”レギュラー”すれば良かった思うぐらいおいしかった。
 今度シンガポールに来たら”また来たい”お店が増えました。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2014/03/18 23:03】 | シンガポール2014.2
トラックバック(0) |

はじめまして〜♪
たーりん
YANABUさん、はじめまして〜♪

食べ歩きや海外・国内旅行、温泉が大好きなたーりんと申します。

私も長期の休みが取れないので、
海外旅行はほぼ弾丸ツアーな感じです。是非是非、参考にさせていただきたいと思いま〜す♪

ワンタン麺美味しそうですね!!

Re: はじめまして〜♪
YANABU
YANABUです。
たーりんさん、コメントありがとうございます。
行き先が偏りがちなところもあるブログですが、個人旅行で行かれる方の参考にもなるような情報も織り交ぜながら自分の経験をアップするよう心がけています。
ワンタン麺おいしかったですよ。
食べたいものはいっぱいあるのですが、お金だけでなく時間と胃袋の大きさに限りがあるので、いつも悔しい思いをしています。(笑)
また、是非、遊びにきてください。


コメントを閉じる▲
シンガポール弾丸旅行2014.2
【マイル獲得旅日記】

朝食の後、地下鉄(MRT)とバスを乗り継ぎ『リバーサファリ』へ向かいました。
『リバーサファリ』は、世界の大河とその周辺に生息する魚、動物、鳥たちに出会える淡水水族館と動物園が一体となったような施設です。昨年4月にプレオープン、12月にフルオープンしました。
 
《 2日目:2014.2.22 ② 》

シンガポール2014.2リバーサファリ
シンガポール2014.2リバーサファリ

チャイナタウン駅から乗車したMRTノースイースト線をドービーゴート駅でノースサウス線へ乗り換えたら、駅には『リバーサファリ』の大きな広告がありました。

シンガポール2014.2リバーサファリ

MRTノースサウス線アン・モ・キオ駅で降り、バスに乗り換え、『リバーサファリ』へ向かいました。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 アン・モ・キオ駅には大きなバスターミナルになっています。シンガポール動物園・リバーサファリへは、ここから138系統のバスに乗ります。MRT改札を出たところなどに、「ZOO」の表示があるのでそれに従って進むと難なく乗り場までたどりつけます。
 バス乗場には、目玉アトラクションのリバーサファリボートはしばしば満席になるが、乗らなくても85%の動物が見られれます、とのご親切な掲示がありました。この時間ではせっかく行ってもボートに乗れないってことでしょうか。若干の不安がよぎります。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 ”動物園”と”リバーサファリ”は、隣接しており、入場券売場は共通です。ちなみに夜の動物園”ナイトサファリ”もこのすぐそばにあります。
 入場券を買うだけに30~40分も並んだ前回のシンガポール弾丸旅行の時の”アクアリウム”の悪夢を思いおこし、まず入場券売場の行列が心配です。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 入場券売り場は、さしたる行列でなくほっとしました。
 入場料は、フルオープンした現在、35S$とのことでしたが、なぜか25S$(約2,000円)で、プレオープン時と同額でした。ちょっと得した気分です。
 入場券を買うと何も言わずとも心配していたリバーサファリの看板アトラクション・サファリボート『アマゾンリバークエスト』の乗船時間を指定した整理券もくれました。よかったっ!

シンガポール2014.2リバーサファリ

 『アマゾンリバークエスト』の整理券には、12:30~13:00の時間が指定されていました。窓口のおねーさんは、必ずその時間に行くようにと言って(たぶん)、『アマゾンリバークエスト』乗場のところに印をして園内マップを渡してくれました。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 これから暑い屋外での見学に備え、入園前に入口のコンビニでオリジナルボトルの”水”を購入。確か3S$(約240円)もしました。とてもお高い観光地価格でした。
 一緒に写っている園内マップの表紙は”リバーサファリ”なのに”パンダ”です。まあ、リバーサファリの目玉なので当然といえば当然なのですが、パンダは別に川辺の動物ではないのでちょっと違和感があります。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 入口は、園内案内図では下になります。ここから時計廻りで園内を巡ります。
 川のように見える、むしろ川にみたてた貯水池の入江を挟み、左側に7つの大河とその周辺に生息する生物が展示されている「リバーオブザワールド」とパンダ舎「パンダフォレスト」があり、右側がサファリボートなどがある「ワイルドアマゾニア」になります。
 アマゾンリバークエストの時間までは相当時間があるのでゆっくりみることができます。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2014/03/21 02:58】 | シンガポール2014.2
【タグ】 シンガポール  リバーサファリ  
トラックバック(0) |

リバーサファリ
たーりん
YANABUさん、こんにちは〜♪

また遊びにきちゃいました(笑)
リバーサファリ気になっていたんですよ☆
詳しくブログUPされていて参考になります♪ 次の海外旅行先を検討中でして…
シンガポールは一度だけ行った事があり、ナイトサファリに行きました。日本語トラムは混雑していたので、空き空きの英語トラムにチャレンジしちゃいました。
私は団体ツアーが苦手で、いつもほぼ個人旅行&弾丸で〜す♪
そしてかなりの食いしん坊です。

もし、よろしければYANABUさんと相互リンク、ブロ友になっていただけたら幸いですが、いかがでしょうか?

Re: リバーサファリ
YANABU
YANABUです。
たーりんさん、たびたびの訪問ありがとうございます。
シンガポールは、マイル獲得のコストパフォーマンスが良く、ひとり旅もしやすいため
私のお気に入りでこのブログで一番登場している地です。
たーりんさんとは共通するところも多いようですね。
相互リンク、プロ友、よろしくお願いします。
ただ、もともとが不精者なのでリアクションが遅くても許してくださいね。

コメントを閉じる▲
シンガポール弾丸旅行2014.2
【マイル獲得旅日記】

今回から『リバーサファリ』園内についてアップします。
 
《 2日目:2014.2.22 ③ 》

入場券購入後、入場口では、特に並ぶことなく入ることができました。多くの方が訪れていましたが、アクアリウムの時のように大混乱しているということはありませんでした。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 入場するとまずは、ここを通りながら映像も使った展示を見ます。説明はすべて英語なのでス~っと通りました。
 ここを通ると「リバー・オブ・ザ・ワールド」というエリアで、ミシシッピー、コンゴ、ナイル、ガンジス、マレー、メコン、長江の7つの河とその周辺に生息する淡水魚、動物、鳥たちに出会えます。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 まずは、ミシシッピー河です。これは「アリゲーターガー」という淡水魚。名前は、その姿かたちからきているようでが、説明板には、日本語表記もみられます。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 ミシシッピー河エリアの「ワニガメ」。迫力あります。

シンガポール2014.2リバーサファリ

でもブロンズなので触っても平気です。園内にはこのようなブロンズがいくつか置かれていました。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 そしてガンジス河エリア。このように各エリア入口にはそのエリアを示す表示があります。
 ”ガンジス”エリアは、このような看板タイプですが、エリアごとにデザイン、形態が違います。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 各エリアにそのエリアにちなんだ装飾がなされていて、ここは当然インド風。なあ~んとなくディズニーランド的要素が取り入れられている感じがします。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 このように係員が、小動物を持って来園者に見せながら説明してくれます。これはトカゲの類ですが、名前を含めどのような生態などかは、わかりません。(だって説明は英語なので)
 この子が触っていたので私も触らせてもらまいました。以外と柔らかい皮膚でした。あんまりこの手のものは得意ではないのですが、子どもが触っているのを見てつい自分も触ってしまいました。 

シンガポール2014.2リバーサファリ
シンガポール2014.2リバーサファリ

 これはメコン河の展示水槽です。泳いでいるのはコイやナマズの類だそうですが、人間の大きさから魚がどれだけ大きいのかがわかると思います。
 海ならともかく河にこんなでかい魚が泳いでいるなんて信じられません。いやー、圧巻でした。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 ここから”リバー・オブ・ザ・ワールド”の最後のエリア、”長江”です。各エリアのごとに異なるエリア表示は、長江は、”岩”を利用したデザインです。

シンガポール2014.2リバーサファリ

 中国の長江にも”ワニ”がいるなんて知りませんでした。このワニは、「揚子江ワニ」というそうです。
 この後、長江にちなんで『パンダ』が登場します。
 なんで”リバーサファリ”に『パンダ』なのか、その理由はわかりませんが、とにかくここの目玉なので、すばらしく立派な”パンダ舎”でした。

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2014/03/22 20:18】 | シンガポール2014.2
【タグ】 シンガポール  リバーサファリ  
トラックバック(0) |