FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
入園無料の『シンガポールボタニックガーデン』ですが、園内の『ナショナルオーキッドーデン(国立蘭園)』だけは有料です。今回は、その『ナショナルオーキッドガーデン』についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 2日目 : 2015.2.7 ⑤ 》
シンガポール2015.2植物園ラン園

ビジターセンターから屋外音楽堂のある池を高台から見ながら5分ほど歩くトここ『ナショナルオーキッドガーデン』入口です。ここで多くの方が記念撮影されていました。

シンガポール2015.2植物園ラン園

このチケットカウンターで入場券を買い、入場します。入場料は5Sドル(≒430円)でした。

シンガポール2015.2植物園ラン園

入口を入るとまずこの噴水があります。噴水中央のブロンズ像は、鶴かしら。

シンガポール2015.2植物園ラン園

噴水のある池からまずはこの黄色の蘭のアーチをくぐって園内を巡り始めました。

シンガポール2015.2植物園ラン園

シンガポール2015.2植物園ラン園

シンガポール2015.2植物園ラン園

色とりどり、様々な蘭があちこちにあります。

シンガポール2015.2植物園ラン園

ちょっと小さな噴水もあったりしました。

シンガポール2015.2植物園ラン園

『ナショナルオーキッドガーデン』内にある『VIPオーキッドガーデン』と名付けられたエリア。ここには有名人の名が付けられた蘭が展示されていました。
この方、どなたでしょう?、という方の名がつけられた蘭も多数ある中で私もよく知っている方の名がつけられた蘭もありました。

シンガポール2015.2植物園ラン園

こちらは「プリンセス・ダイアナ」と名付けられた白の蘭です。今は亡きダイアナ妃に因んだ蘭です。

シンガポール2015.2植物園ラン園

こちらは「プリンセス・マサコ」と名付けられた蘭です。日本の皇太子妃雅子さまに因んだ蘭です。ダイアナ妃と同じ白の蘭。プリンセスのイメージは、白なのでしょうか。

シンガポール2015.2植物園ラン園

こちらは「プライムミニスター・サッチャー」と名付けられた蘭です。鉄の女言われた英国のサッチャー元首相に因んだ赤系統の色合いの蘭です。
故人だからということもないでしょうが、花が終わりかけていて、少し悲惨な状態でした。

シンガポール2015.2植物園ラン園

『VIPガーデンのそばには「オーキッドリウム」と名付けられたエリアもありました。入口にはこのような看板がありましたがわたくしの英語力では理解できるわけもなく、今ひとつよくわからないエリアでしたが、とりあえず入ってみました。

シンガポール2015.2植物園ラン園

小さな滝の流れがあったり・・・。
でも、多くの蘭が咲いているわけでもなく・・・。

シンガポール2015.2植物園ラン園

キリンの像があったり・・・。
やっぱり蘭が咲いているわけでもなく・・・。
結局、なんだかわからないエリアでした。
帰国後、辞書をひいて、入口にあったあの看板を読み解こうとしましたが、やっぱりよくわからず・・・。(情けない!)
どうも蘭の各種原種を展示するエリアだったような気がします。

次回も『オーキッドガーデン』についてアップします。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/04/04 07:09】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール  植物園  オーキッドガーデン  
トラックバック(0) |


R@シンガポール
ご無沙汰してます。
先月私も20年ぶりにボタニックガーデン縦断したのですが、有料エリアのここだけはパスしてしまいました。
高原に咲く自然の花畑は好きですけど、どうも人工的なものに金を出す気にならなくて・・(単にケチだからなんですけど)

で、入らなくて正解だったかな?
続きを見ればわかるんでしょうけど。(笑)

コメントを閉じる▲
今回は、『シンガポール植物園』についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

オーチャードクリスマスイルミネーションとB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2014.11
【マイル獲得旅日記】

《 2日目 : 2014.11.23 ⑥ 》
シンガポール2014.11植物園

『チャイニーズガーデン』を後にして地下鉄MRTで『シンガポール植物園』を訪れました。

シンガポール2014.11植物園

以前は、この『シンガポール植物園』を訪れるには個人の場合、バスやタクシーの利用でした。
地下鉄MRTサークル線の開通でブキティマゲートに「ボタニックガーデン」駅ができ、格段に便利になりました。
改札を出て、地上にでると、すぐにブキティマゲートです。
ここから反対側のタングリンゲートへ向けて園内をぷらぷらと歩きました。

シンガポール2014.11植物園

園内にはこんな素敵な東屋もありました。どこかのグループが楽しそうにピクニックをしていました。

シンガポール2014.11植物園

シンガポール2014.11植物園

園内にはこんな現代アートも置かれていました。
フィリピン系のメイドさん達が記念撮影に列を作っていました。

シンガポール2014.11植物園

「ブーゲンビリアガーデン」と名付けられた一画です。
ブーゲンビリアは、青い空と明るい光に映える植物。午後から雲が多くなったこの日、なんとなく、ブーゲンビリアは、くすんで見えます。

シンガポール2014.11植物園

『シンガポール植物園』の中央にある、ビジターセンターと名付けられた一画です。レストランや記念品などを販売する売店、ツアーバスの乗降場などがあります。
このブログを始める前にシンガポールを訪れたことがありました。その時にこの写真の右手にある“カフェテリア”で朝ごはんを食べました。
トースト、ハム、卵、コーヒーのごく普通のアメリカンブレックファーストでしたが、緑に囲まれたオープンエアのカフェテリア、とてもおいしく感じました。
このエリアには、クロスの敷かれたテーブルサービスのレストランもあります。今度はそこで食事をして見たいと思います。(ちょっとお高いとは思いますが。)

シンガポール2014.11植物園

近くにあったこのような水の流れを眺め、この『シンガポール植物園』で一番有名な『国立ラン園』を訪ねようと、その入口まで行きました。
ところが、少しは見えていた青空がなくなり、遠くから雷鳴が聞こえてきました。しばらく考えて、このまま、入場すると雨に降られる恐れがあるので、撤収することにしました。傘は持っているのですが、この時期のこの時間に降りだす雨は、我々がスコールと呼ぶ豪雨となることがしばしばで、そうなると傘など役に立ちません。
先ほどのビジターセンターに戻りかけましたが、決断が遅かった。
戻る途中でバケツの水をひっくり返したような雨が降り始めてしまいました。大きな木の陰で雨宿りをしましたが、止む様子もなく、雷も怖かったので思い切って走ってビジターセンターに戻りました。
傘のおかげで、体はあまり濡れませんでしたが、足元はビショビショ。カフェのそばにベンチで降り止むまでの1時間ほど、雨宿りをしました。
この時期(雨期)は、このスコールに注意しなければならないのはわかったいたのですが、甘かった~。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/02/11 11:51】 | シンガポール2014.11
【タグ】 シンガポール  植物園  
トラックバック(0) |