FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
今回は、ボタニックガーデン内の有料エリアのナショナルオーキッドガーデンを見学した後、再び一般エリアア内を見ながらタングリンゲートから植物園を出るまでをアップします。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 2日目 : 2015.2.7 ⑦ 》
シンガポール2015.2植物園

オーキッドガーデンを出て、しばらく行くとこのような涼しげな滝がありました。

シンガポール2015.2植物園

そして天使がいるこのようなかわいい池もありました。

シンガポール2015.2植物園

シンガポール2015.2植物園

いつも葉が黄葉しているイエローレインツリーという木に囲まれた「バンダスタンド」といわれる東屋。ここは、ボタニックガーデンの園内案内マップの表紙にもなっていました。
四季のない熱帯で秋のような景色を見られるのは、なんとも不思議な感じです。

シンガポール2015.2植物園

この幹が赤いヤシを見て、20年以上も前に初めてシンガポールを訪れたときに、珍しくてきれいだなあ、と思って写真を撮ったことを思い出しました。
ハワイやミクロネシアでは見たことがないので、東南アジア周辺に分布する植物なのでしょうか。

シンガポール2015.2植物園

「スワンレイク」と名付けられた池の中にはまさに水面から飛び立とうとする白鳥のブロンズ像がありました。
白鳥のブロンズがあるから「スワンレイク」というのか、「スワンレイク」だから白鳥のブロンズがあるのか。

シンガポール2015.2植物園

もうそろそろゲートだなあ、と思って歩いていたら、ふと目に留まった花です。
どなたかのブログをたまたま見ていたらこの花のことが紹介されていて和名で「ネコノヒゲ」というそうです。(納得)

シンガポール2015.2植物園

“タングリンゲート”です。特に正門とはしていないようですが、ブキティマゲートよりりっぱな構えで園内案内マップには“ボタニックガーデンランドマーク”とされていましたので、こちらが正門と言ってもよいのではないかと思います。
暑い中でしたが、緑あふれる園内を堪能しました。観光スポットであるとともに、一般のシンガポーリアン憩いの場でもあるボタニックガーデン。時間があれば、ナショナルオーキッドガーデンだけでなく、園内をゆっくり見てまわってみてください。
今回、私は、午後の予定があるので、ブキティマゲートを午前10時ごろ入園して、途中、さほど休憩もとらずに園内を廻りタングリンゲートまで約2時間かかりました。

【シンガポールボタニックガーデン
行き方 : 地下鉄MRTサークルライン・ボタニックガーデン駅下車すぐ
      オーチャードロードからバス(№7、75、77、105、106、123、174)
入場料 : 無料(国立蘭園は5Sドル)
開閉園 : 5:00~24:00

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/04/09 21:01】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール  ボタニックガーデン  
トラックバック(0) |
前回に続きボタニックガーデンのナショナルオーキッドガーデン(国立蘭園)についてアップします。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 2日目 : 2015.2.7 ⑥ 》
シンガポール2015.2植物園ラン園

「VIPオーキッドガーデン」などを見た後に訪ねたのは、「タン・フーン・シアン・ミストハウス」。ここはその名の通り、多湿な状態に保たれています。
そのため、ここには、鮮やかな多種多様な蘭がありました。

シンガポール2015.2植物園ラン園

シンガポール2015.2植物園ラン園

「ミストハウス」に入るとまずこのようなユニークな石像が迎えてくれました。

シンガポール2015.2植物園ラン園

シンガポール2015.2植物園ラン園

シンガポール2015.2植物園ラン園

シンガポール2015.2植物園ラン園

とにかくここのミストハウスの蘭は、屋外のものよりも色鮮やかです。特に屋外ではあまり見かけない青紫色系統の蘭が見られました。
オーキッドガーデンの中でも特にここのミストハウスは、絶対にお勧めです。

シンガポール2015.2植物園ラン園

ミストハウスに隣接して「ユエン・ペン・マクニース・プロムリアド・コレクション」と名付けられた施設がありました。

シンガポール2015.2植物園ラン園

シンガポール2015.2植物園ラン園

この施設も何が展示されているのか、不明でした。
帰ってから調べて見ると、“パイナップル目”を展示している施設だそうです。でもこの池しか印象になくて・・・。

シンガポール2015.2植物園ラン園

そして「ミストハウス」などからほんの少し離れたところにこの「クールハウス」があります。
その名の通り高地の寒冷な気候を再現した施設ですが、マリーナ地区にある“ガーデンオンザベイ”に比べればはるかに小規模なものです。
内容はともかくとして、とりあえず中に入ってみると涼しくてとっても気持ちがいい。あぁ~、生き返る~~。

シンガポール2015.2植物園ラン園

シンガポール2015.2植物園ラン園

「クールハウス」では、寒冷地の蘭を展示していました。蘭は、大きく派手なものはなく、いずれも小さくな可憐な花々でした。

シンガポール2015.2植物園ラン園

クールハウスを出て、こんな園路をぷらぷらと歩きながらオーキッドガーデンの出口へ向かいました。

さすがに有料施設だけあってよく手入れされ見事な蘭が見られます。園内には蘭に囲まれて写真が撮れる撮影スポットも多数用意され、シンガポールに来たら1度は訪れたい観光スポットだと思います。

【ナショナルオーキッドガーデン】
〔開  園〕 8:30~19:00(入場券の販売は18:00まで)
〔休  園〕 なし
〔入場料〕 大人:5Sドル  シニア(60歳以上)・学生:1Sドル こども(12歳以下):無料

次回は、オーキッドガーデンを出た後のボタニックガーデン正門ともいうべきタングリンゲートまでのボタニックガーデン一般エリアについてアップします。
ところで、今年のゴールデンウィークは、5月2日(土)から6日(水)までの5連休なので、どこかに出かけようか、とも思いましたが、仕事の関係もあり、航空運賃も高かったりするので断念。
その代わり4月24日(金)から26日(日)までバンコク弾丸旅行に出かけることにしました。
日本からはシンガポールよりバンコクの方が近いのに運賃は、いつもバンコクの方が高い。今回もそうだったのですが、毎回、シンガポールばかりではおもしろくないのでたまには他のところも行ってみようと思い、今回はバンコクにでかけることにしました。
バンコクは、2回目となります。現在、旅程を計画していますが、宮殿や市場、B級グルメを楽しんでこようと思います。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/04/06 21:33】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール  ボタニックガーデン  
トラックバック(0) |
今回は、シンガポールボタニックガーデン、植物園についてアップします。前回2014年11月の弾丸旅行の際に大雨(スコール)で散策が中途半端に終わったリベンジです。

★          ★         ★        ★        ★

シンガポール国立博物館、植物園とB級グルメ
シンガポール弾丸旅行2015.2
【マイル獲得旅日記】

《 2日目 : 2015.2.7 ④ 》
チャイナタウンからMRT地下鉄を乗り継ぎ、ボタニックガーデン(植物園)へ向かいました。
シンガポール2015.2植物園

MRT地下鉄を降りて地上に出ると、ボタニックガーデン・ブキティマゲートは、目の前です。(このあたりは前回、ご紹介済み)。ボタニックガーデンは、入場無料で早朝から深夜まで開園しています。

シンガポール2015.2植物園

シンガポール2015.2植物園

入園してしばらく歩くと、芝生が広がるエリアに行きつきます。ここには、前回の訪問からわずか2カ月ほどの間にあちこちに現代アートの石の彫像がおかれていました。
なかなか良い雰囲気になっています。

シンガポール2015.2植物園

更に歩いていくと、『エボリューションガーデン』と名付けられたエリアがあります。ここは地球が誕生してからの植物の進化を見ながら歩くことができます。時代ごとにその時代の植生の説明があるのですが、当然、英語表記でまったくわからず。

シンガポール2015.2植物園

太古の植物なのでシダ類などを多く見ることができした。このようなイミテーションもあり、たぶん絶滅してしまった植物なのでしょう。

シンガポール2015.2植物園

シンガポール2015.2植物園

ボタニックガーデンのほぼ中央にあたる部分には「ビジターセンター」といわれるエリアがあり、レストラン、スーベニアショップ、タクシー・観光バス乗降場などがあります。昨年11月の弾丸旅行時のスコールの際に雨宿りをさせていただいたところです。
このあたりにあるレストランは、お好み、ご予算にあわせてセルフのお気軽なものからちょいとお高いものまであります。
朝、早めに入園してまだ人が少ない時間にゆっくりと園内を回り、ここで朝食やブランチを食べるのもお勧めです。

シンガポール2015.2植物園

シンガポール2015.2植物園

ビジターセンターのエリアには、『コーナーハウス』という建物がありました。第二次大戦前後に副園長をしていたコーナー博士の邸宅で、現在はちょっとお高い方のレストランになっているとのことでした。
B級グルメ専門の私には縁がないところですが・・・。

シンガポール2015.2植物園

ビジターセンターから更に歩いていくと、池があり、そこには屋外ステージがあります。そこを見下ろすところには、このようなブロンズ像がありました。確か、ショパン像だったと思います。

次回は、このボタニックガーデン内にある『ナショナルオーキッドガーデン(国立蘭園)』についてアップの予定です。

励みになります。よければ『ブログ村』と『拍手』にクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:シンガポール - ジャンル:旅行

【2015/03/31 22:26】 | シンガポール2015.2
【タグ】 シンガポール  ボタニックガーデン  
トラックバック(0) |