FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
タラゴナのラス・ファラレス水道橋に古代ローマへの思いをはせる
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (28) 〕

【 第4日 : 2017.9.16 (土) ③ 】


バルセロナ2017.9タラゴナ水道橋

バスを降りるとバス停の周りは店の一軒もない。
なので案内板に従って歩いてほんの数分でラス・ファラレス水道橋一帯の公園のこの門にたどり着けました。

バルセロナ2017.9タラゴナ水道橋

公園内にあった水道橋の歴史を説明する”案内板”。
こうやって水道橋は造られたんですね。特にアーチ部の建築方法が興味深い。

バルセロナ2017.9タラゴナ水道橋

”案内板”から少し歩くと『ラス・ファラレスの水道橋』が見えました。
スペイン国内に現存する水道橋ではセゴビアについで2番目の大きさだと言います。

バルセロナ2017.9タラゴナ水道橋

下まで降りられるので降りてみて、正面から見上げてみます。
見上げるとなかなかの高さです。

バルセロナ2017.9タラゴナ水道橋

バルセロナ2017.9タラゴナ水道橋

ローマの水道橋にはこのアーチの建築美に心惹かれます。
立ち位置を変えて見上げてみるとアーチの美しさが際立つように思えます。
それにしてもこの空の青さがまたこの美しさに花を添える。

バルセロナ2017.9タラゴナ水道橋

この水道橋は水が流れていたこの部分を歩くことができます。
2000年近く前にここを流れていた水がローマの時代の人々の生活を潤していたと考えると何か言葉では言い表せないものを感じます。これが”歴史ロマン”というものでしょうか。

バルセロナ2017.9タラゴナ水道橋

水道橋歩いて渡っていたらこのようなものが目に入りました。
ローマ時代に既にステンレスのボルトがあった!?
まさか、そのようなことがある訳はなく、現代技術をも取り入れて保存に努めているのでしょうね。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2019/01/06 08:36】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  
トラックバック(0) |
スペイン国鉄に乗ってタラゴナへ小旅行
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (26) 〕

【 第 4 日 : 2017.9.16 (土) ② 】

この日はバルセロナから電車で1時間ほどのところにある”タラゴナ”というローマ時代からある街へ小旅行しました。

バルセロナ2017.鉄道

ホテルから地下鉄でバルセロナ・サンツ駅へ。
このきっぷ売場で目的地のタラゴナまでの乗車券を購入しました。朝も比較的早かったせいか売場は空いていました。

バルセロナ2017.鉄道

そして改札へ。
自動改札は不正防止のためか高めのゲートです。欧米ではしばしばゲートを飛び越える不逞の輩をしばしば見かけます。

バルセロナ2017.鉄道

サンツ駅のホームは地下にありました。
9時3分発のタラゴナ方面行が出発する9,10番ホームで電車の入線を待ちます。
スペインではどのホームから目的の電車が出発するかは直前までわかりません。なのでみんなこの出発案内を見上げてどちらのホームから出るのかずっと見ています。
なんともかったるいシステムですなあ。

バルセロナ2017.鉄道

出発の5分ぐらい前だったでしょうか、やっと出発ホームが決まりました。
自分が乗る電車の最終目的地には関心を払っていませんでしたが、マドリード行きです。普通電車のこの電車は終点・マドリードへの到着時間は夜の18時すぎ、つまり9時間ってことです。

バルセロナ2017.鉄道

普通電車の2等ですが、車内は清潔でクロスシートの座席は座り心地もなかなか。
サンツ駅を出発すると近郊区間は通過駅のある快速運転で郊外になると各駅に止まり始めました。東京でいえば総武快速って感じですかねえ。

バルセロナ2017.鉄道

約1時間でタラゴナに到着しました。
乗ってきた電車は、車両の真ん中にドアがあり、日本では見ないタイプでした。

バルセロナ2017.鉄道

サンツ駅では列車の入線から出発まで時間がなかったのでタラゴナ到着時に先頭車両を撮影しました。
ちょっと武骨であまりおもしろみのない顔立ちですなあ。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/12/15 01:12】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  タラゴナ    
トラックバック(0) |
ホテル近くのベーカリーで簡単な朝食
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (25) 〕

【 第4日 : 2017.9.16 (土) ① 】


バルセロナ2017.9グルメ

この日はちょっと遠出をするので朝食はホテル近くのベーカリーで簡単に済ませました。

バルセロナ2017.9グルメ

店内は、スペイン風でも、ヨーロッパ風でもなく。

バルセロナ2017.9グルメ

生絞りオレンジジュース。
お値段はよく覚えていませんが、結構なお値段でした。日本だったら多分飲まないだろうなあ、ってお値段。

バルセロナ2017.9グルメ

そしてバゲットのハムサンドにコーヒーでこの日をスタートをしたのでした。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/12/06 21:34】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  グルメ  
トラックバック(0) |
華麗な美しさのモデルニモス建築:カタルーニャ音楽堂
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (22) 〕

【 第3日 : 2017.9.15 (金) ⑧ 】


バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

ランチをいただいた後は、バルセロナの代表的なモデルニモス建築の一つであるこの『カタルーニャ音楽堂』を訪ねました。
実はこの音楽堂、美しいことで有名。
それ故に現役のコンサートホールですが、空き時間は内部を見学できるんです。

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

チケット売り場からしてこの美しさ。
見学は、30分毎に実施される英語、スペイン語、カタルーニャ語のツアー形式となります。
今回は時間の関係もありスペイン語ツアーに参加しました。(どうせ英語だってわからないんだからいっしょ。)
残念ながら日本語はありません。

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

まずは1階小ホールで音楽堂に関する映像を見せられ、ガイドさんから説明を受けます。
そしてこの階段から音楽堂内のツアーが始まりました。

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

客席に通じる2階ホール。

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

2階ホール前のベランダの柱。
建物外部の柱なのにこの美しさ。すごい!

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

ホールとしては大きくなく、中堅都市の○○市民会館といったところ。
なのに天井、壁、柱、梁などすべてが美しく装飾されている。

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

特にこの天井のステンドグラスのシャンデリアが素晴らしい。
こんなに美しい照明を見たことがない。

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

ホールの窓も全て美しいステンドグラスになっている。
ステンドグラスにもいろいろと謂れがあるらしく説明したくれていたが、わからん。(スペイン語なんで)

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

ステージの背後の壁面にもすばらしい彫刻が施されていました。
そしてここでミニミニコンサートが行われ、音響効果の良さも実感しツアーは終了しました。

カタルーニャ音楽堂、入場料€18(≒2,400円)とちょっとお高いけど、個人的にはサクラダファミリア教会より気に入りました!
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/11/12 21:41】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  カタルーニャ音楽堂  
トラックバック(1) |
ガウディが建てた奇抜な邸宅:カサパトリョ
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (20) 〕

【 第3日 : 2017.9.15 (金) ⑥ 】
雨が少ない地中海性気候の地にあって雨に降られました(T_T)。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

そんな雨の中、次に訪ねたガウディーが建てた建築物は、この『カサ・パトリョ』です。
繊維業界のブルジョアの邸宅だったこの家のテーマは”海”だそうです。
事前にネット予約してあったので待つことなくスムーズに入場できました。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

まずはスマートフォンタイプのオーディオガイド(日本語)を借りました。
ここにもちゃんと日本語のオーディオがあるのがすごい‼

バルセロナ2017.9カサパトリョ

まずは入ってすぐのエントランスから2階へ続く階段。
すでに奇抜な感じが漂っています。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

グランシア通りに面した”中央広間”。
なにか水中にあって外を眺めているような感じさえします。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

”中央広間”にあった天井照明。
20世紀初頭にあって21世紀、近未来的な雰囲気があります。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

暖炉だってガウディーが作ればこんなのになります。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

建物の裏側にあるテラスに通じる出入口。
「この柱、邪魔だなあ」って感じるのは私は、芸術的素養がないってこと?

バルセロナ2017.9カサパトリョ

建物中央にある吹き抜け。
ブルーのタイル壁面でこの建物を象徴的な部分のひとつといっても差支えないだろう。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

最上階部分。
クジラか何かの骨格標本の中を歩いているような気がする。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

そして屋上。
見ていて楽しくなるようなデザインです。
これが青空の下であればもっと映えるのになあ。

★     ★     ★     ★     ★     ★ 

超久しぶりのアップです。
いまだ終了しないこのバルセロナ旅行記を始めはまだネタはいっぱいあるのですが、どうもPCに向かう気になれない今日この頃です。
   
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/10/29 23:47】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  
トラックバック(0) |