FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
華麗な美しさのモデルニモス建築:カタルーニャ音楽堂
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (22) 〕

【 第3日 : 2017.9.15 (金) ⑧ 】


バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

ランチをいただいた後は、バルセロナの代表的なモデルニモス建築の一つであるこの『カタルーニャ音楽堂』を訪ねました。
実はこの音楽堂、美しいことで有名。
それ故に現役のコンサートホールですが、空き時間は内部を見学できるんです。

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

チケット売り場からしてこの美しさ。
見学は、30分毎に実施される英語、スペイン語、カタルーニャ語のツアー形式となります。
今回は時間の関係もありスペイン語ツアーに参加しました。(どうせ英語だってわからないんだからいっしょ。)
残念ながら日本語はありません。

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

まずは1階小ホールで音楽堂に関する映像を見せられ、ガイドさんから説明を受けます。
そしてこの階段から音楽堂内のツアーが始まりました。

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

客席に通じる2階ホール。

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

2階ホール前のベランダの柱。
建物外部の柱なのにこの美しさ。すごい!

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

ホールとしては大きくなく、中堅都市の○○市民会館といったところ。
なのに天井、壁、柱、梁などすべてが美しく装飾されている。

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

特にこの天井のステンドグラスのシャンデリアが素晴らしい。
こんなに美しい照明を見たことがない。

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

ホールの窓も全て美しいステンドグラスになっている。
ステンドグラスにもいろいろと謂れがあるらしく説明したくれていたが、わからん。(スペイン語なんで)

バルセロナ2017.9カタルーニャ音楽堂

ステージの背後の壁面にもすばらしい彫刻が施されていました。
そしてここでミニミニコンサートが行われ、音響効果の良さも実感しツアーは終了しました。

カタルーニャ音楽堂、入場料€18(≒2,400円)とちょっとお高いけど、個人的にはサクラダファミリア教会より気に入りました!
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/11/12 21:41】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  カタルーニャ音楽堂  
トラックバック(0) |
ガウディが建てた奇抜な邸宅:カサパトリョ
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (20) 〕

【 第3日 : 2017.9.15 (金) ⑥ 】
雨が少ない地中海性気候の地にあって雨に降られました(T_T)。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

そんな雨の中、次に訪ねたガウディーが建てた建築物は、この『カサ・パトリョ』です。
繊維業界のブルジョアの邸宅だったこの家のテーマは”海”だそうです。
事前にネット予約してあったので待つことなくスムーズに入場できました。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

まずはスマートフォンタイプのオーディオガイド(日本語)を借りました。
ここにもちゃんと日本語のオーディオがあるのがすごい‼

バルセロナ2017.9カサパトリョ

まずは入ってすぐのエントランスから2階へ続く階段。
すでに奇抜な感じが漂っています。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

グランシア通りに面した”中央広間”。
なにか水中にあって外を眺めているような感じさえします。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

”中央広間”にあった天井照明。
20世紀初頭にあって21世紀、近未来的な雰囲気があります。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

暖炉だってガウディーが作ればこんなのになります。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

建物の裏側にあるテラスに通じる出入口。
「この柱、邪魔だなあ」って感じるのは私は、芸術的素養がないってこと?

バルセロナ2017.9カサパトリョ

建物中央にある吹き抜け。
ブルーのタイル壁面でこの建物を象徴的な部分のひとつといっても差支えないだろう。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

最上階部分。
クジラか何かの骨格標本の中を歩いているような気がする。

バルセロナ2017.9カサパトリョ

そして屋上。
見ていて楽しくなるようなデザインです。
これが青空の下であればもっと映えるのになあ。

★     ★     ★     ★     ★     ★ 

超久しぶりのアップです。
いまだ終了しないこのバルセロナ旅行記を始めはまだネタはいっぱいあるのですが、どうもPCに向かう気になれない今日この頃です。
   
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/10/29 23:47】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  
トラックバック(0) |
サクラダファミリア教会:受難のファサードから博物館へ
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (19) 〕

【 第3日 : 2017.9.15 (金) ⑤ 】


バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

聖堂内部を見終わり、一旦、聖堂の外に出ます。そして”受難のファサード”を見上げます。
敷地出入口側の”生誕のファサード”に比べ装飾を排したシンプルさでガウディは受難の苦しみを現わそうとしたらしいです。(深い)

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

完成模型です。
今の姿とは相当イメージが違ったものになるような気がします。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

サクラダファミリア教会には博物館が併設されていて教会建設の関するものの他各種の資料が展示されていました。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

起工式におけるガウディと思われる写真。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

建設開始後間もないころと思われるサクラダファミリア教会。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

建築中のサクラダファミリア教会の装飾の彫刻を作成していると思われる作業場。
何か近代的な工作機械も見られます。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

2010年7月にローマ教皇を臨席のもと催されたミサの際の写真。
この日をもってサクラダファミリア教会は、工事現場から正式な教会となりました。

いまだ工事の続く『サクラダファミリア教会』ですが、2026年に完成するとのことです。
それなら私の次回バルセロナ訪問は、2026年ということにしましょうかねえ。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/08/21 22:48】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  サクラダファミリア教会  
トラックバック(0) |
荘厳さの中にも新しさがあるサクラダファミリア教会
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (18) 〕

【 第3日 : 2017.9.15 (金) ④ 】

”生誕の門”のファサードから降りてきて今度は聖堂内部を見て回りました。
サクラダファミリア教会は長らく工事中の教会でしたが、2010年7月にローマ教皇ベネディクト16世によるミサが行われ正式に教会として認められました。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

聖堂内部の祭壇方向です。
サクラダファミリア教会の荘厳な中にも新しさがあり、そしてその壮大さもお分かりいただければ。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

祭壇に掲げられた十字架のキリスト像です。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

多くの見学者が思わず見上げて写真を撮ってしまう天井。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

聖堂の正面入り口にあたる部分で建物外部は”栄光のファサード”と名づけられている。
聞くところによるとこの建物外側は土地取得ができていないため手をつけることができなとか。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

正面入り口なので扉自体が他の二つのファサードと明らかに違います。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

聖堂東側には青系のステンドグラスが使われています。
設計者ガウディ自身がそこまで意識したかはわかりませんが、朝の爽やかさを感じさせてくれます。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

西側はオレンジ系のステンドグラスが使われています。
午後遅くは聖堂内部がオレンジ色に染まりそれは見事なんだとか。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

主祭壇後ろのステンドグラス。
建物東側の青系ステンドグラスと西側のオレンジ系のステンドグラスの双方が見られる。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

聖堂内部の独特の形をした柱は、この聖堂内部を一層引き立てている気がします。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/08/19 23:21】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  サクラダファミリア教会  
トラックバック(0) |
 いざ『サクラダファミリア教会』の”生誕のファサード”へ
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (17) 〕

【 第3日 : 2017.9.15 (金) ③ 】

バルセロナ観光の目玉ともいうべき『サクラダファミリア教会』。
入場には事前にネッでト入場、オーディオガイド、鐘楼エレベーター料がセットになった時間指定の”TOP VIEWS”という入場券(€29≒3,800円)を購入しておきました。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

グエル公園から乗ったバスは、ここ『サクラダファリア教会』から少し離れた場所に着き、そこから歩いて教会に到着しました。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

予約した『サクラダファミリア教会』への入場時間は午前9時30分。
入場した出入口はガウディが生きている間に完成したというここ”生誕のファサード”前にありました。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

オーディオガイドは日本語を含め各国語が用意されていました。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

鐘楼へ登るエレベーターは午前9時45分なのでオーディオガイドをもらったらすぐにエレベーター乗場へ。
時間指定なのでさして待つことなく乗ることができました。5,6名乗ればいっぱいの小さなエレベーターなので予約制なのも頷けます。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

エレベーターを降りるとこのようならせん階段を少し上ります。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

そのらせん階段からはこのような眺めが楽しめます。
高いぞ! 高い!

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

こちらは階段を登り切った最上部からの眺めです。
天気は変わらず曇り空、というか今にも降りそうな空模様でした。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

最上部に登ればこのような建物の装飾(?)も間近に見ることができます。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

そして降りるにはこのような細い通路を通り隣の塔へ。
外国ではこのような仲睦まじい高齢なカップルをよくみかけますよね。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

隣の塔への細い通路からは鐘楼の先端を見ることができました。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

そして塔の外側を回るように造られたらせん階段を下りて出口へ。
なるほど先ほどのエレベーターを降りた時のらせん階段はこのような構造になっていたわけね。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

らせん階段が終ると『サクラダファミリア教会』前にある公園の全景を眺めることができます。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

更に進んでいくと途中にバルコニーのような造りになった部分があって出ることができました。
せっかくなのでここから下に手を振ってみました。
誰も気づいてくれなかったけど・・・。

バルセロナ2017.9サクラダファミリア教会

そして最後はこのようならせん階段を下りて出口へと向かいました。

【サクラダファミリア教会の入場予約】
”工事現場”を見るのに入場料、しかもこんなに高い料金をとるところは世界広しといえども『サクラダファミリア教会』以外にないといわれても大人気で特に夏場(7~9月)は予約がないと入場は非常に難しい、と言われています。
個人旅行の私も1カ月ほど前、8月の半ばには予約しました。
時間的には団体客が来る11時前の予約が取りやすいそうです。
さて、その予約ですが、当然に予約サイトはスペイン語と英語です。英語に自信のない方は
『バルセロナウォーカー』というサイトに
非常に詳しくわかりやすく解説されていますので参考にされると良いと思います。
このサイトには『サクラダファミリア教会』の予約以外のこともいろいろと参考にさせていただきました。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2018/08/12 20:59】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  サクラダファミリア教会  
トラックバック(0) |