FC2ブログ
ひょんなことからデルタ航空マイレージ『スカイマイル』の「マイラー」になってしまった私、YANABUのマイル獲得旅日記です。マイレージやその他旅の話題も取り上げていくつもりです。
バルセロナ旧市街のカフェで朝ごはん
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (34) 〕

 【 第 5 日 : 2017.9.17 ② 】


バルセロナ2017.9旧市街

旧市街の街歩きに出て、その途中、ふと見かけたこのカフェで朝食をとりました。

バルセロナ2017.9旧市街

ショーケースに並ぶパン類は、ごく一般的なラインナップでしたが、
朝もまだ早いのにワンホールのケーキがいくつか並んでいたのが印象的でした。
昨夜からの売れ残りか、朝からケーキを食べる方がいるのか・・・。

バルセロナ2017.9旧市街

オーダーは、ハムのバゲットサンド、チョコがけクロワッサン、そしてコーヒー。
お値段は記憶にありませんが、確か10€(1,300円)ぐらいだったかと。
お味は、ごくごく普通でした。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2019/03/03 22:01】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  
トラックバック(0) |
最終日の朝、良い天気のもと旧市街をぶらぶら歩き
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (33) 〕

【 第 5 日 : 2017.9.17 ① 】

バルセロナ最終日、フライトは午後なので旧市街をブラブラすることにしました。

バルセロナ2017.9旧市街

ホテルからまず目指したのはここカテドラル。

バルセロナ2017.9旧市街

カテドラル入口を目指して歩いて行き会ったブロンズ像。
由緒や謂れが.あるものかどうかはわかりませんが.、なんなく雰囲気が良かったので。

バルセロナ2017.9旧市街

カテドラルへ続く趣のある小路。
この風景、どっかで見た記憶がある・・・。
そうだ、ベニスの溜息橋だ!~あくまでも個人的感想です。~

バルセロナ2017.9旧市街

カテドラルの中にも入りました。
中で見かけたこれは”噴水”それとも”手水場”。
いづれにしてもちょっと雰囲気があるって思って撮ってみました。

バルセロナ2017.9旧市街

大聖堂のそばにあるこの建物は建築士協会会館だそうです。そしてこの外壁の絵、なんと”ピカソ”だそうです。
落書きのように見えるともいわれますが、”ピカソ”ですぞ!

バルセロナ2017.9旧市街

カテドラルそばにある『王の広場』。
名前の割には地味でパッとしないような気がしないでもないが、あのコロンブスがパトロン(スポンサー)であった女王イサベルに新大陸発見を報告したという由緒ある場所だそうです。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2019/03/02 00:22】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  
トラックバック(0) |
バルセロナ最後の夕食は白いテーブルクロスのレストランで
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (32) 〕

【 第 4 日 : 2017.9.16 ⑧ 】


バルセロナ2017.9グルメ

人気があると聞いたバルで夕食を、と思って行ってみたら考えが甘かった。90分待ちだって。
ディズニーランドじゃあるまいしさっさとあきらめてガイドブック(地球の〇〇〇)でそこからほど近いこちらのレストラン『La Rita ラ・リタ』をみつけてやってきました。 
中を覗いてみるとお高いレストランのシンボルである白いテーブルクロスが・・・。
ガイドブックでは”リーズナブル”だと紹介しているが、このガイドブックは時々やらかしてくれるのでちょっと心配になったが、でも外にでているメニューのお値段はそれほどでもない。
バルセロナ最後の夜だし入ってみるか、と入店。

バルセロナ2017.9グルメ

確かにテーブルクロスは白かったけど、お客さんの服装はカジュアルだし、若者もいるし、ぜんぜん格式ばっていなくてよい雰囲気。

バルセロナ2017.9グルメ

おしゃれなガラスのお皿でサーヴ.されたチキンシーザーサラダ。
シーザーサラダですからお味は想像通りでしたが、フライドチキンが入ってちょとボリューミー。

バルセロナ2017.9グルメ

『フライドカラマリ』。つまり”イカのから揚げ”です。
バルで食事しようと思っていたので”おつまみ”みたいな1品が食べたくなってオーダーしました。
私、飲めないくせにこの手の料理が好きなんです。

バルセロナ2017.9グルメ

お肉(ポーク)。
料理の名は忘れてしまったけれど甘酸っぱいソースがポークによくあって、肉も柔らかくてとてもおいしかった。

さて、お会計ですが、記録がなく定かではありませんが、日本円で3,500円程度だったかと。
お味も、雰囲気もよく、満足のお店でした。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2019/02/24 07:11】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  
トラックバック(0) |
バルセロナ・サンジョセップ市場は大人気で混雑
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (31) 〕

【 第4日 : 2017.9.16 ⑦ 】


バルセロナ2017.9サンジョセップ市場

タラゴナからバルセロナ市内に戻り訪ねたのは観光地としても有名になった『サンジョセップ市場』。
その様子は写真でお見せできませんが、観光客や地元住民で夕方の市場は大混雑でした。

バルセロナ2017.9サンジョセップ市場

グロテスクなお肉やさんなどももちろんありましたが、
ここは”インスタ映え”ということで『果物屋』の様子です。
お値段はそんなにお安くはありませんでした。

バルセロナ2017.9サンジョセップ市場

再び”インスタ映え”ということでこちらは『お菓子屋さん』。
ちょっと見ただけでは”お菓子”とはわからないものもありました。
その上、日本人の感覚からするとちょっと色が・・・。


タラゴナ駅からバルセロナ市内へ”タルゴ特急”に乗る!

タラゴナからバルセロナに戻った時のエピソード。
タラゴナ駅に行くとバルセロナ行き普通列車の出発まで40分ほどの待ち時間がありました。
ところがその普通列車の前に特急があり、この列車が”タルゴ”(※)だということがわかるとプチ鉄道マニア私はなんだか乗ってみたくなり、既に買ってあった普通列車の乗車券をこのタルゴ特急の乗車券に変更することにしました。
ところがこれが日本と違ってとっても大変でした。20メートルほど離れている通常の出札窓口と予約専用窓口の間をまずはこっち次はあっちと2往復ぐらいしてやっと特急券を手にした時は発車時間の直前でした。
そうして乗った”タルゴ”は、かつて花形であった面影を微かに留めてはいたもののさすがも寄る年波には逆らえませんなあ、って感じでした。
~~『タルゴ』車両とは・・・~~
山が多いためカーブが多くしかも広軌(線路の幅が新幹線より広い)というスペインの鉄道事情を背景開発された。
車輪に横軸がなくそれぞれが独立した車輪により車高を低くし、更に車両の長さを短くし、これによりカーブでの高速運転を可能したスペイン独自の車両。
その昔、線路の幅が違うスペインとフランスを結ぶ国際特急『カタラン・タルゴ』という名物列車が走っていた。国境で車輪の幅を変えて線路の幅が違う二国間を走れるようになっていたこともこの特急を有名にした。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2019/02/19 23:16】 | バルセロナ2017.9
【タグ】 バルセロナ  
トラックバック(0) |
ローマの時代に思いを馳せながらタラゴナ旧市街を歩く
〔 バルセロナ 2017.9.13~9.18 (30) 〕

【 第4日 : 2017.9.16 ⑥ 】

~危機一髪を脱した後に判明したカメラのバッテリー切れというアクシデントでここから先は写真はほとんどありません。~
人間の塔のブロンズ像から旧市街を散策しました。
まずはローマ時代の神殿跡に12世紀から200年かけて造られた”カテドラル”へ。(どんなところだったかあんまり記憶にありません。)
そして”考古学博物館”へ。いかにも地方都市の博物館といった趣でしたが、ローマ時代のモザイク画になかなかのもがありました。
タラゴナ駅に向かいながらローマ時代の”円形競技場”にも立ち寄りました。

バルセロナ2017.9タラゴナ

バルセロナ2017.9タラゴナ

タラゴナの”円形競技場”はローマの”コロッセオ”に比べれば規模も現況もはるかに劣りますが、競技場が面する地中海の青さは当時と変わらないはず。
そんなことを思いながら競技場内を歩きました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

励みになります。よろしければ「拍手」をお願い致します。

FC2blog テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2019/02/11 21:43】 | バルセロナ2017.9
トラックバック(0) |